最終更新日:2024年04月19日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:115,439

競馬コラム~騎手編 (3桁目前の岩田望来騎手。名門厩舎の宿命) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 3桁目前の岩田望来騎手。名門厩舎の宿命

    騎手という職業にも格差社会

    …世の中色々なことで評価をされ、身分や立場に差がついていく「格差社会」だが、誰もが一流になりたい気持ちはあるが、そういうわけにもいかないのが人生の難しいところ。

    騎手の世界も同様で、毎週のように勝ち星を挙げ、グレードレースでも結果を出して「トップジョッキー」として順風満帆な騎手人生を送る人がいれば、その一方で勝ち星はおろか、毎週騎乗する馬すら確保が難しいジョッキーも中には存在する。

    技術はもちろん、置かれる環境によってもその後の人生が大きく変わってしまうことのある職業が「騎手」なのだが、逆に言えばいかに今あるチャンスをモノにできるか。
    厳しい勝負の世界で戦わなければいけないが、「キッカケひとつ」で大きく流れが変わるのが「騎手」と言う職業である。



    結果がすべて。名門厩舎での宿命

    現在、デビューから94連敗中

    大きな期待をされながらも、いまだに長いトンネルを抜け出せないジョッキーがいる。…それが岩田望来騎手だ。

    岩田望来騎手
     

    …おっと、この『94連敗』とは重賞レースでの成績のこと(笑)

    2019年のデビューから約3年で210勝。
    昨年はリーディング6位の88勝を挙げ、同期の中でも群を抜いて勝ち星を量産しているのだが…肝心な重賞レースではまだ一度も勝ったことがないのである。

    ちなみに同期には2019年3月に書いた競馬コラムでも紹介したが、菅原明良騎手、斎藤新騎手、亀田温心騎手、団野大成騎手らがここまでそれぞれ重賞は2勝を挙げている。
    今年に入り、菅原騎手は京成杯をオニャンコポンで、斎藤騎手は中山金杯をレッドガランで制したのは記憶に新しいところ。

    岩田望来騎手がマスコミ向けには「それほど焦りはない」と言うこともよく目にしているが、いやいや、とてもとても、その本心はそんなに穏やかではないだろう


    「デビューしてまだ4年目、そう焦らなくても…」と、普通なら温かい目で見守ることもできるのだが、岩田望来騎手においては焦ってしまう理由がある。それが所属する厩舎からのバックアップの厚さだ。

    これは通算の勝ち星の要因でもあるのだが、岩田望来騎手が所属する藤原英厩舎は毎年リーディング争いの常連である。
    社台グループの有力馬はもちろん、それ以外の有力馬主からの血統馬の預託も多く、そんな厩舎に所属していれば嫌がおうにも有力馬に騎乗するチャンスは多くなる。

    そんな超・恵まれた環境において、重賞レースで騎乗馬を与えてもらっての94連敗は、とても「気にしていない」で済まされる話でもない。
    94回という重賞騎乗数も同期の他の騎手と比べると圧倒的に多いし、騎乗する馬の質に関しても、言わずもがな、だ。



    3桁目前、今年こそが正念場

    さすがにそろそろ結果を出さないと、馬主からのクレームも…」と声が聞こえてくる。

    騎手育成という観点も大事だが、その上に「馬主の儲け」という大事な役目があるのが騎手だ。結果を出せなければより出せる騎手(厩舎)へと求めるのは自然な流れだし、いつまでも厩舎のスネをかじっていられる訳ではない。

    3桁目前の岩田望来騎手。名門厩舎の宿命
     

    最近重賞レースで人気馬での凡走もよく見る岩田望来騎手。
    まともに乗れていないのは明らかで「重賞で騎乗していると無条件で外す」と私の周りでも言っている。

    そういった意味では、岩田望来騎手にとって今年は正念場となることは間違いない。

    今年結果を出せるかどうかで、今後の騎手人生が大きく変わってくる可能性が大だ。
    某プロ野球ゲームみたいだが「チャンスに強い」「逆境に強い」という能力を兼ね備えてこそ正真正銘のトップジョッキーとして成長できると言える。
    3桁目前の岩田望来騎手である。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/13

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(無料情報)は、2024/04/13の中山3Rで提供された買い目である。

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(2024/04/13)

結果:11-13-1

競馬LIFE(競馬ライフ)無料予想(無料情報)だが、結果として、勝ち馬が組み立ての中にいないのでは話にならない。

11キングクレオールは、2走前に強敵揃いの阪神で3着がある馬。
しかも、3走前のダート1600mから1200mに短縮して良さが出た。

前走は砂を被って嫌がった分負けているが、今回はその点も馬具工夫で対応してきている。
さらに、今週引退が決まっていた勝浦騎手には有力馬が集まってきていたのは誰もが知りうる事実。

何故入れない????

3エイシンポップ→前走この舞台で3.6秒負け。
6ライズタイガ→今回中山ダート1200m初体験で実績皆無。

この2頭と比較しただけで、簡単に結論は出ていてよかったはずだ。

競馬LIFE(競馬ライフ)が提供したレース

勝ち馬には買いの根拠があった。
前出2頭には見当たらない。

いずれにせよ、3着ナックアテナも抜けていたのであれば、どうしようもない組み合わせ。

1ナックアテナは、交流競争とはいえ2着が2回あった馬。
つまりはクラス実績があったのだ。

全体的にもっと良く調べた方がいいだろう。



2024/04/13

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)は、1日2鞍提供で、土日計4鞍提供される。

・4/13(中山2R)-不的中
・4/13(福島3R)-4.4倍(25点 ガミ)
・4/14(中山3R)-11.3倍(25点 ガミ)
・4/13(福島4R)-不的中

今回検証するエンジョイマイライフの無料予想は2024/04/13の中山2Rで提供された買い目である。

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ エンジョイマイライフの無料予想(2024/04/13)

結果:5-11-12

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)だが、結果として勝ち馬11・アムレートゥムが抜けたことで馬券は成立しなかったがアムレートゥムは中山ダート1800mで近2走連続3着、過去には2着もある。

所謂「コース巧者」である。
何故入れない?

13・カリプソという馬がピックアップされているがデビューから2戦して中山ダート1800mで連続10着
内容も後ろから行って全く伸びず2戦とも2秒近く負けている。

この2頭を比較してどうして13・カリプソが馬券に必要で11・アムレートゥムは必要ないのか?

理解に苦しむを通り越して理解できない。
エンジョイマイライフの予想担当者の今回の推奨理由を聞いてみたいものだ。