最終更新日:2024年07月23日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,856

日本ダービー(5,6月・GⅠ) (第86回日本ダービー、徹底検証) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 第86回日本ダービー<東京優駿>徹底検証

  2. 昨日、第86回 日本ダービーのウィブサイトが「ゴルゴ13」とのコラボをしていることを「2019日本ダービーJRA×ゴルゴ13」というコラムにて書いたが、

    ソレとは別に、今週末にある日本ダービーは、普段、競馬に興味がない人も日本ダービー有馬記念くらいは、イベントとして、エンターテイメントとして観戦するだけでも十分に楽しめるので、レース直前カウントダウンということで、もぅ1本コラムを書くことにした。


    なので、今回の競馬コラムは 5月26日 15時40分発走の、「第86回 日本ダービー」、
    出走予定馬について素人でもわかりやすく」検証したいと思うw



  3. 第86回日本ダービー「優先出走順」に検証してみた

  4. サートゥルナーリア
    牡馬(男馬)クラシックの1冠目である皐月賞を無敗で制し1番人気がほぼ確実な馬だ。
    騎乗するのは、ここ最近の競馬コラムで度々名前が登場しているオーストラリアの新鋭、D.レーン騎手
    先日も「D.レーン騎手、25歳の台風の目」で今競馬界でどれだけの注目株の騎手なのかを書き、「ルメール・ファーストでM.デムーロの心情いかに?」ではD.レーン騎手が「ポスト M.デムーロ」を脅かす存在だということを書いた。
    若干25歳のこの男、豪州での騎乗経験、実績とも豊富で、一連の騎乗からもダービー1番人気馬に乗る資格は十分にある。


    ヴェロックス
    皐月賞では前出サートゥルナーリアに敗れはしたものの、内容はタイム差なしのクビ差。騎乗するのは現在リーディングを独走中の川田雅将騎手。前走の内容からも逆転候補の最右翼と言える。


    ダノンキングリー
    皐月賞3着馬。父は4頭のダービー馬を送り出しているディープインパクトだが若干、一生懸命に走りすぎる癖があるため2,400mへの距離延長が懸念される。騎乗するのは現在関東リーディング1位の戸崎圭太騎手


    リオンリオン
    ダービートライアルの青葉賞を逃げ切って出走権を獲得したリオンリオン。騎乗するのは元々横山典弘騎手の予定だったのだが、先週の競馬で外側に斜行したことで騎乗停止処分となり、息子の横山武史へと乗り替わりとなった。
    息子の横山武史騎手若干20歳で、これまで重賞で三度の騎乗経験があるものの、GⅠ騎乗は初
    誰もが「身内びいき」との噂も立っているが管理する松永幹夫調教師は「横山武史騎手の息子だからというよりも本人の腕を買っている」と話している。実際現在は全国リーディングで18位に位置しており、18頭しか出走でいないダービーに騎乗する資格は十分にあるとみていい。


    クラージュゲリエ
    クラージュゲリエは皐月賞5着以内という優先出走権を得てここに出走。デビューからずっと中長距離を使われてきた馬でスタミナで言うなら距離延長は歓迎と言える。騎乗するのは「三浦皇成騎手が復帰」にも書いたが、大怪我から完全復帰した三浦皇成騎手


    ランフォザローゼス
    ダービートライアルの青葉賞で2着し出走権を獲得。馬名の「ランフォザローゼス」由来はアメリカのケンタッキーダービー優勝馬に送られる薔薇のレイの別称で、騎乗するのは昨年ワグネリアンで初のダービー勝利を飾った福永祐一騎手


    エメラルファイト
    皐月賞トライアルのスプリングSを勝つも、その後、右前肢の球節を捻ったため皐月賞を自重しここまで待機。ただ症状としては軽いもので態勢は整ったと言える。騎乗するのは石川裕紀人騎手ダービーは初騎乗。23歳での騎乗は横山武史騎手に次ぐ若さだが、所属厩舎の馬でもあり癖を知り尽くしているのは強みと言えるか。


    ニシノデイジー
    これまでのベストパフォーマンスが東京スポーツ杯2歳Sだが、その後精彩を欠く競馬が続いているのは右回りの競馬があまり得意でないことが推測される。今回は待望の左回り。血統的にも距離延長は問題なく、ずっと騎乗し続けている勝浦正樹騎手もそろそろ溜飲を下げたいところだろう。


    メイショウテンゲン
    弥生賞を勝ち賞金を加算しここ出走。鞍上はレジェンド武豊騎手。皐月賞は見せ場なく敗退したが、広いコースでこその馬で、馬場が悪化すれば尚歓迎のタイプと言える。まぁ、悪化することは無さそうだが。


    レッドジェニアル
    京都新聞杯を勝ちここに駒を進めてきた馬。騎乗するのはデビュー3戦目から手綱をとり競馬を教え込んできた酒井学騎手。500万条件の身で重賞を勝ったのであれば、ここにきての上昇度は顕著か。距離経験があるのも好材料と言える。


    ダノンチェイサー
    きさらぎ賞を勝ち、皐月賞を自重して挑んだNHKマイルCが4着だったが、道中の不利がなければもう一つ二つ上の着順が狙えたのかも?…という内容なだけに不気味な存在と言える。騎乗する豪州のB.アヴドゥラ騎手は今週が短期免許の最終週となり、ここは渾身の騎乗が期待できる。


    アドマイヤジャスタ
    本来はスタートの悪い馬ではないが皐月賞はまともに出遅れて8着なら度外視できる内容。未勝利勝ちが中京の1800mなら左回りで良さが出る可能性もあり、騎乗するのも先週のオークスを制したM.デムーロなら、その勢いで一発があっても驚けないだろう。


    サトノルークス
    未勝利戦を2着した後オープンのすみれSまで3連勝したディープインパクト産駒。皐月賞では全く良さが出なかったのでノーカウントにして広いコースが合うディープ産駒なら、今度は変わってきていい。騎乗するのは池添謙一騎手


    ロジャーバローズ
    京都新聞杯で2着して賞金加算しここ参戦。この馬も広いコースの合うディープインパクト産駒で2走前の中山戦以外は全て連対しているならここでも見せ場以上があっていい。騎乗するのは浜中俊騎手


    ナイママ
    門別競馬でデビューし地方馬の身ながら昨年札幌のコスモス賞を勝ちその後、札幌2歳Sで2着し、賞金加算してここ出走。門別で4戦した後、川崎競馬に移籍し、その後美浦の武藤善則厩舎に移籍。前走の京都新聞杯は4着であるがアレ以上を望むのは少々酷か。騎乗するのは柴田大知騎手。無いかな。


    シュヴァルツリーゼ
    弥生賞2着で賞金を加算しここ出走。皐月賞は見せ場なく敗退したが、血統、走法から見ても東京向きは明らかで、ここは変わってきて良さそうな馬。騎乗するのは石橋脩騎手


    タガノディアマンテ
    きさらぎ賞2着で18番目の枠にギリギリ滑り込めたのは運があるといえる。1勝馬で実績らしい実績はない馬だが、逆に常に大きく負けないのもこの馬のキャラクターで、展開がハマればよもやの一発があるかも?…騎乗するのは田辺裕信騎手

    注)優先出走順位上位のザダルは出走回避の見込みだ。


無料予想のある、優良競馬予想サイト

  • 【優良】

    高配当21という競馬予想サイトの特筆すべき点は、やはり「有料コースが激安」というところだろう。
    販売コースには、500円1000円2000円といった破格のものが多く存在する。筆者は2000円コースを気に入っている。500円コースは常に提供されているわけではないが、提供される予想には推奨金額や見解は載っていないものの、点数も常識的であり、回収率が高い。これにより、高配当21は非常にコストパフォーマンスの高いサイトと言えるだろう。

     7/21にはなんと、わずか20pt予想(2000円)で参加できるコースで、福島4Rにて477.2倍50倍29倍の3券種的中した。…仮に500円で全て買ってたら、今回は2000円予想で合計27万 8100円の配当だ。
    数年前には1000円予想3237.5倍他全2券種的中といい、すごい。…因みに過去最強は、1000円予想で当てた6479.2倍だ(コレ)。

  • 【優良】

    タイムマシンという競馬予想サイトは、なんと言っても無料予想の回収率がズバ抜けて高かったところが評価できる。3ヶ月かけて検証した無料予想は、1回目の回収率が163%、2回目が206%、3回目が534%だった。
    もちろん、毎回当たるわけではなく、回収率が低い時もある。しかし、2024年には150ptで参加できる「アーリータイムズという有料コースでも2382.1倍小倉2R)という的中があった。これは運営社にとっても予想外の的中だったと思われるが、低額コースであったため、参加者も大勢いたのではないだろうか。

     7/21 にはアブソリュートワンというコースで小倉11Rにて226.7倍の的中となった。推奨金額の最大900円で購入していたら20万 4030円の払い戻しだ。7/7アーリータイムズ(150pt)で当てた、2382.1倍(214万 3890円の払い戻し)にはとても及ばないが、コンスタントに当てているのが良い。
    無料予想の3ヶ月かけて検証した結果は、はじめの1ヶ月の回収率が163% 、更に続けた無料予想の、2回目の1ヶ月回収率が206%、そして3回目の1ヶ月回収率は534%だった。

  • 【優良】

    レープロという競馬予想サイトの無料コンテンツで、現場記者による現地からのX(ツイッター)が面白い。
    また、無料予想の回収率が高いところも高評価だ。

    無料予想回収率が高く無料予想が注目されがちなレープロだが、7/20にはいつもの「クラブ法人」で285.1倍の的中となり、1点1000円の推奨だと28万 5100円の獲得となった
    …現場からのトレセンの写真とツイート(X)超生情報で、新聞では知れない情報が同日に何度も更新される。

  • 【優良】
    原点 (280)

    原点という競馬予想サイトは、玄人でも満足できる無料コンテンツが充実している競馬予想サイト。提供される予想にも見解が載っている

     7/20 には「ギア2」というコースで札幌5Rにて222.6倍の配当となった。いつもの如く500円での購入が推奨されていたので、記載どおりに馬券購入したら11万 1300円の払い戻しとなった。
    「原点」独自の無料コンテンツ や、提供される予想には常に載っている見解(短評)、それと検証当初から連日的中で地方競馬の回収率も高かったので「原点」への期待は高まるばかりだ。今後も楽しみである

  • 【優良】

    覆面被った馬主、唯一無二のスゴい競馬予想サイト

     7/14にはいきなり万馬券で阿武隈ステークスにて615.2倍を当てた。払い戻しは推奨金額600円が36万 9120円に。ココは常に論理的で今回も説得力がスゴかった!本物の馬主に、現役の記者による唯一無二のサイト!
    「俺の競馬予想」のサイト内ブログは、新聞や雑誌では知れないネタが満載。

  • 【優良】

    タイムマシンと同じ住所

    7/14には中央競馬(福島7R)で提供された無料予想(0円)で、いつものように3券種提供があり、その全て305.5倍、66.9倍、22.0倍全3券種が的中した。
    …仮に500円で全て買っていたとしたら、無料予想で合計19万 7200円の配当だ。
    …平日は地方競馬、土日は他と同じで中央競馬の予想を提供。予想に見解などは載っていないが、無料予想を長期検証した結果116%となり、今後に期待したい。

  • 【優良】

    無料情報の回収率が高く、漫画コンテンツがある。

    1ヶ月以上無料予想を検証 して、無料の回収率は162%。検証後も的中が続き、手堅くも取りこぼさない安定感はバツグン。どの無料情報にも必ず載ってる短評(最近少し短いw)も、有益情報で必見だ。
    また、7/13には「ルーキカップ」で1鞍目268.9倍(20点)と、同日2鞍目77.9倍(20点)のW的中をさせ、安心の少額賭け金の300円で、2つ合計10万超えの払戻しとなった。

  • 【優良】

    トレセンリアルリポートは必見だ。 Yahoo!ウォレット認定されてている。

     7/7 には「最速攻略ラボ」で、福島4Rにて 190.4倍の的中となった。1点あたり最大の500円で購入していたら9万 5200円の払い戻しとなった。
    ターフビジョンの無料予想の長期検証結果は回収率130%となる。ターフビジョンの画像付、美穂と栗東の両方からの関係者の現地取材レポートは超濃厚で、競馬新聞では得られない貴重な情報だ。

  • 競馬、競艇、競輪の予想販売をしている3競、三競競馬

    6/11ツ星」で京都10Rにて230.8倍ついた。今回もレース選定の根拠が明確で納得できる。いつもの安心推奨金額300円 で買ってたら6万超の払い戻し。…1ヶ月以上の徹底検証の末、無料予想の3連複の精度も高く、馬券の組み立て方が上手い。

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/21

うまスピンという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

不的中の原因は、3番モーニングスター抜けた事に尽きる。この馬はダート血統モーニンの産駒で、新馬戦をお試しで芝を使い0.5秒差5着なら、ある程度は目処が立ったといえる競馬だ。

一度叩いて適性がより高いと思われるダート使いなら手を出しても良いはず。 しかも、この頭数である

うまスピンが提供したレース

さらに、7頭立てのレースで減量52kgは3頭のみで、内2頭が馬券に絡んでいる。

小細工のいらないダート1000mなら、より軽い斤量が活きることは明白だ。
折角1、2着馬を推奨できていたのだから、もう少し考えればなんとかなっていたレースだろう。


多分、うまスピンの競馬予想担当者は、新聞の印を見て予想しているのだろうが、馬柱の見方すらわからないのだろうか?



2024/07/20

暁という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するの無料予想(無料情報)は、2024/07/20の小倉5Rで提供された買い目である。


暁という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 暁の無料予想(2024/07/20)

結果:7-6-9

勝ったジュンライデンはレイデオロ産駒でノーザンファーム産で関西の名門・友道厩舎が送り出している馬である。
セレクトセールでも1億円弱で取引されたこの馬は、素質馬が揃う友道厩舎の期待の2歳馬の一頭だ。厩舎には多くの素質馬が在籍しているため、早期に勝ち上がる必要がある宿命を背負っており、この馬も例外ではない。

それなのに全くの「抜け」とは首をかしげる。
競馬界の常識すら知らないのだろうか?


2着メイショウツヨキは冠号メイショウの馬で、新種牡馬アドマイヤマーズの父がダイワメジャーなら仕上がり早が予想できた馬。
あわせて、メイショウの馬新馬戦に勝つと、オーナーが個人的に祝儀を出すのが慣例であり、これは厩舎関係者なら誰でも知っていることだ。

その意気込みは鞍上の坂井瑠星を確保することで表れていたため、狙い目と見られていたが、結果は振るわなかった。

暁が提供したレース

新馬戦取捨選択の要素が少ないため、予想は難しくなるがある程度の要素を盛り込めば結果は自ずと出るものだ。
実際に、ジュンライデンとメイショウツヨキにはその要素があった。

新馬戦を情報として提供するのであれば、その辺りを考慮すべきである。