最終更新日:2024年05月27日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,133

原点 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ 原点の競馬予想サイト情報

  • ■サイト名:
    原点
    ■補足情報:

    玄人向け無料コンテンツが面白い競馬予想サイト

    ■運営会社:

    原点事務局

    ■運営責任者名:

    藤沢武史

    ■電話番号:

    03-6555-5457

    ■メールアドレス:

    info@gentenuma.com

    ■住所:

    東京都杉並区荻窪5-16-20

    ■IPアドレス:

    27.133.152.248

▼ 原点の関連サイト情報

▼ 原点の競馬検証レポート

ページ内目次[]

  1. 原点という競馬予想サイトの口コミ情報、評判、無料情報を検証!

    原点という競馬予想サイトとは

    原点という競馬予想サイト口コミ検証依頼で知ることができた。m(_ _)m<ドウモアリガトウ!

    原点の検証をしてみると、地方競馬と中央競馬の予想を提供しており、これまでの競馬予想サイトとは明らかに異質である。

    原点の検証に関しては、2023年6月24日から抜き打ちで長期検証を開始する予定でいたのだが、今回の「原点」はこの後に続く検証記事を読んで頂ければお分かりのように、無料コンテンツや、提供される予想には常に載っている見解(短評)、それと検証当初からの回収率が高かったので、サイトへの期待が高まり、今回は通常よりも早い段階で「原点」の有料予想の検証もすることになった。

    原点の見解(短評)
    ▲ 原点の見解(短評)


    原点の会員登録前に確認できる文言の検証からも、競馬の知識が高いことが伺える。

    見解のない予想サイトや、在りもしない関係者情報を謳って予想を売っているような悪質なサイトと比較するまでもなく、有益な情報を原点独自の無料コンテンツなどでも確認できる。

    少し玄人向けのコンテンツではあるが、出走馬の特徴が分析されれており、非常に分かりやすいものになっている点も評価できるだろう。



    原点の無料予想と有料予想の直近実績に注目

    的中した有料予想(2024年5月26日)

    2024年5月26日(日)には、ギア1(16,000円)という予想で、2鞍提供されたうちの2鞍がW的中した。
    両方ともしっかりと見解(短評)が載っている


    東京4Rにて、257.7倍

    原点という競馬予想サイトの直近の的中
     

    東京4Rで 257.7倍の配当


    提供されたのは東京4Rと、東京6R。

    次に紹介する東京6Rでも的中となったが、1鞍目の東京4Rでは見事257.7倍の的中となった(20点)

    今回、1番人気とはいえレース経験のない馬を3連単1着固定に抜擢した大胆さを高く評価できる。
    フルゲートの中、点数を20点まで絞り込んでいるにも関わらず、3着の穴馬を見逃していない。

    1点あたり500円程度」と推奨されていたので、1点あたり500円で馬券購入した場合、257.7倍の配当だと最大で500円が12万 8850円の払い戻しとなった。
    (因みにもし仮に800円とかで買っていたら20万超えだ)

    原点の直近的中した買い目



    東京6Rにて、258.4倍

    原点という競馬予想サイトの直近の的中
     

    東京6Rで 258.4倍の配当


    続けて同コース(ギア1)の2鞍目のレース結果だ。

    2鞍目の東京6Rでは258.4倍の的中となり(36点)、こちらは「1点あたり300円程度」と推奨されていたので、1点あたり300円で馬券購入した場合、258.4倍の配当だと最大で7万 7520円の払い戻しとなった。
    (因みにもし仮に500円とかで買っていたら12万超えだ)

    9頭立てと小頭数のレースでも出走馬に応じて点数を36点まで広げ、見事に万馬券を打ち抜いた。
    予想はもちろんだが流石「原点」、馬券の組み立て方にロの術を感じる。

    原点の直近的中した買い目




    原点で検証した地方競馬無料予想

    以下、原点の無料予想を発見翌日の6/25から、毎日地方競馬予想の予想精度を検証していたが、私が初参加した6/30までの回収率は129%だった。

    有料初参加した日の無料予想(中央)は残念ながら不的中だったが、ガミもあるとはいえ6連勝で回収率が高く、見解(短評)も載ってて、魅力的なコンテンツともあれば、競馬やってる人なら期待してしまうのもお分かり頂けるだろう。(因みに7/1に参加した初有料コース「ギア1st」は1つが572.8倍だった)

    6/25 画像リンク -2,100円
    6/26 画像リンク +18,000円
    6/27 画像リンク -250円
    6/28 画像リンク +4,000円
    6/29 画像リンク -8,100円
    6/30 画像リンク +4,100円


    原点の会員登録前のトップページ

    原点という競馬予想サイトの会員登録前のトップページだが、原点を知った6/24日時点から微妙に文言が変わっている。3日後だと下画像のようになっている。

    左右から画像や文字が飛び出てくる。かなり作り込んでて凝っている作りなので、どこかの競馬予想サイトの関連サイトなのだろうけど、ページソースを見ても分からない。

    原点という競馬予想サイトの非会員ページ
    ▲ 原点の会員登録前のページ



    登録前に確認できる文言の検証

    原点の非会員TOPには『スピードこそ競馬の「原点」であり「頂点」である』と書かれているが、はじめこれ読んだ時は「??」だったが、読み進めてみると意味が分かった。

    これまでの競馬予想サイトといえば、いかにも競馬を知っているかのように、何の根拠もない「指数ネタ」を持ち出し、関係者情報を主として予想を提供するサイトが多かったが、この「原点」というサイトは、スピード力を細分化し、展開に応じて求められる能力を持ち合わせる馬を予想に落とし込んでいる。

    原点の予想担当者が競馬に詳しいのは伝わる。
    競馬がよく分からないという人でも、スピード能力を細分化して、ちゃんと解説されていれば分かりやすいのかもしれない。
    単にスピードのある馬を推奨するのではなく、レースに求められる能力を分析して見解に記す点に好印象が持てる。

    原点の非会員TOPの文言
    ▲ 原点の非会員TOPの文言について



    登録前に確認できるコンテンツのサンプル

    会員登録後にしっかり検証しているが、登録前にも原点の無料コンテンツサンプル画像を確認できる。

    「原点指数」は、コレを見ればその馬の特徴が一目瞭然で、瞬発力はあるのか、また速い上りが使えるのかどうか、スタートに不安はないか、まで分かるものになっている。

    有料プランでは、この原点指数に加えて「調子」と「展開」まで加味される。

    原点の無料コンテンツ
    ▲ 原点のコンテンツ



    原点の情報検索した結果

    2023年6月24日に競馬予想サイト原点を口コミで知り、原点の情報検索をした時には、まだどこの検証サイトも原点のページを公開していないようだった。口コミに載っていた「チェッカーには載ってなかったです」と書かれており、この「チェッカー」とは「悪質競馬予想checker」のことである。私も「原点」とサイト名を直打ちで確認して見ると、確かにまだ検証ページ?は作られていないようだ。

    …が、3日後に再検索すると1サイトgooleにインデックス(検索エンジンに認識される)されていた。
    見ると「5日前」にインデックスされているので6月23日か。インデックスにはタイムラグがあるので、もっと前かもしれない。口コミ投稿をくれた方はこのサイトで知ったのだろうか。

    原点のサイト情報検索結果
    ▲ 原点の情報検索結果(2023/6/28時点)



  2. 【検証①】原点という競馬予想サイトの基本情報

    検証①-1-原点という競馬予想サイトの運営社情報

    次に、原点の運営社情報について見てみよう。

    原点という競馬予想サイトの運営会社情報
    ▲ 原点の運営社情報


    原点という競馬予想サイトの運営会社情報だが、フッターより原点の特商法に基づく表記(上画像参照)を見ると、原点という競馬予想サイトは「原点事務局」という販売事業者が運営責任を担っているようだが、法人名は公開されていない

    運営サイト 原点
    運営会社 非開示
    販売業者 原点事務局
    販売責任者 藤沢武史
    運営所在地 東京都杉並区荻窪5-16-20


    検証①-2-原点という競馬予想サイトの運営所在地を検証

    次に、原点の住所(運営所在地)について見てみよう。

    原点の特商法に基づく表記(検証①参照)に載っていた住所(東京都杉並区荻窪5-16-20)を調べてみると、このような場所がgoogleマップの検索結果で確認ができた。

    原点という競馬予想サイトの住所検索結果
    ▲ 原点の住所検索結果


    原点の住所画像を拡大してみると「16-20」と書かれているように見える。
    このビルで間違いないだろう。

    部屋番号までは分からないが「東京都杉並区荻窪5-16-20 荻窪ダイヤモンドマンション」というのが正式な住所かと思われる。



    検証①-3-原点の運営社を国税庁サイトから検索

    次に競馬予想サイト「原点」の住所から国税庁サイトにて検索をしてみた。
    検索してみると、原点と同じ住所を使う法人5社見つかった。
    一番下は明らかに違うと思うので、残り4社の中に「原点」の運営社があるのだろうか?

    原点の住所から国税庁サイト検索
    ▲ この中に運営社があるのか?



    検証①-3-原点という競馬予想サイトのIPアドレスを検証

    原点のIPアドレスは「27.133.152.248」なのだが、これと同一IPの予想サイトは競馬検証.comのDBには無かった。

    IPの部分一致だと、以下の2サイトがヒットした。
    個人的には「競艇レンジャー」の方が原点に似ている気もするが、既に閉鎖しているし証拠は無いので断言はできない

    競艇レンジャー27.133.154.88
    競艇ダンシャリ27.133.153.54

    原点のIPアドレス
    ▲ 原点のIPアドレス



    検証①-4-原点という競馬予想サイトの口座名義について

    次に紹介したい検証情報は、原点に会員登録した後に調べた原点の振込先口座だ。

    これは競馬予想サイト「原点」に会員登録後に調べたことだが、原点の振込先口座を確認するとテレコムクレジットという決済代行会社を利用していたので、口座名義から運営社を特定することはできなかった。



    検証①-5-原点という競馬予想サイトの電話番号を検証

    次は原点の特商法に基づく表記(検証①参照)に載っていた原点の電話番号を競馬検証.comのDBで検証してみた。

    全10桁が完全一致する予想サイトは見つからなかったが、前半分(03-6555)だといくつかヒットした。
    不思議と全て競艇予想サイトだ。そしてこの中に先ほどのIPが部分一致した競艇ダンシャリ」も入っている(全て「競艇検証.com」にて検証済みのサイトばかりだ)
    はたして偶然なのだろうか?

    競艇セントラル
    競艇ジャブジャブ
    競艇アドバンス
    競艇ダンシャリ
    競艇大富豪



    検証①-6-原点を退会する方法について

    原点を退会する方法は、原点の利用規約(下画像参照)を見ると載っている。

    原点を退会する方法
    ▲ 原点を退会する方法



    【手順1】原点に退会申請をする。
    【手順2】退会申請後、最長2週間(14日間)以内に退会完了。


    原点を退会する上での注意点

    1.退会申請及び退会についての手数料等の金銭は一切発生しない。
    2.支払済料金の返還は行わない。
    3.退会にあたり事務手数料などの請求は発生しない。



  3. 【検証②】原点という競馬予想サイトのサイト・サービス内容

    検証②-1-原点という競馬予想サイトへの会員登録の方法

    原点への会員登録方法は、会員登録前ページのメアド送信枠から原点に登録したい自分のメアドを送信する。

    通常であればメアドを送ると画面が仮登録に切り替わるので、そのタイミングで登録したメアドに自動返信(下画像参照)が原点から送られてくるのだが、原点は30秒〜1分くらいかかった。

    送られてきたメール内のリンクコードを押すと、登録完了となり、原点の会員ページにログインすることができるようになる。

    原点という競馬予想サイトへの会員登録
    ▲ 原点からの自動返信



    会員登録ができると、直ぐに簡単ログインできるリンクも送られてくるのだが、そこで届く藤沢武史代表からのメール(自動返信)が他の競馬予想サイトとはまた違っていた。

    実際には「藤沢武史」たる人物が実在するかは確認しようもないし、メールも自動返信ではあるが、そのメールの内容は非会員TOPページの登録前に書ききれなかったことを改めて解説しているような内容だった。
    過去のレースでアツくなっており、陣営から聞き出せているかどうかは分からないが、競馬の知識があることは伝わってきた。



    検証②-2-原点という競馬予想サイトの会員ページ

    原点にログインすると、原点の会員ページ(下画像参照)に入ることができる。
    非会員ページもだが、原点は完全レスポンシブル対応のサイトで、PCもMBも基本同じ。

    原点という競馬予想サイトの会員ページ
    ▲ 原点の会員ページ



    検証②-3-原点という競馬予想サイトのポイント還元を検証

    競馬予想サイトに会員登録をすると、初回会員登録をした利用者に対し、ポイント還元をする予想サイトもあるが、今回検証している今回検証している競馬予想サイト原点にも登録時に100pt還元がある

    原点のポイント還元を検証
    ▲ 原点の初期保有ポイント


    原点の最安コースは「ギア1st」という160ptで販売されているコースになるかと思うので、このコースであれば初回登録で付与された100ptを使えば、6,000円の自己負担で1回原点の有料コースに参加できる。というわけだ。



    検証②-4-原点の「無料コンテンツ」の検証

    「原点」という競馬予想サイトには無料コンテンツがある。
    無料コンテンツといえば、俺の競馬予想レープロのように事前にレースの戦略を陣営から聞き出せているような信頼に値するものもあれば、逆に日刊競馬9のように、中途半端なコンテンツだと逆に競馬に対する情報や知識が薄弱だと際立ってしまうものもある。

    本当に予想ができる予想師であれば、予想提供に至る根拠を提示すれば利用者の信頼にも繋がるので、開示するといいだろう。

    競馬予想サイト原点の無料コンテンツは会員登録前でも紹介されていたもので、登録すると「原点指数」と「重賞原点」の2つを確認できた。
    どちらも解説が付いているが、玄人向け?のコンテンツである。

    原点の無料コンテンツの場所
    ▲ 原点の無料コンテンツの場所



    原点の無料コンテンツ「原点指数」

    原点の無料コンテンツ「原点指数」
    ▲ 原点の「原点指数」


    原点指数はレース当日の朝更新される
    出走馬の特徴をS・A・B・Cで評価し、点数をつけたものだ。
    1頭でずつ見ると原点指数は常に同じになることはなく、出走メンバーも載っているので相対的に能力比較した上で数値化されているようである。

    「原点指数」の上部に解説が載っており、私は理解できたが、ここだけはもう少し分かりやすく解説した方が良いのではないかと思う。勿体ない

    私がレース前に確認できたのは6月25日からだったので、6/25 甲州街道ステークスの「原点指数」を例に挙げると、6月25日の東京10Rではヴァーンフリートがピックアップされていた。
    スタートダッシュがBと微妙な評価。
    結果はレースではダッシュが付かず後方からの競馬で直線追い上げての6着。
    本来のポジションであれば勝ち負けになっていた可能性もあるが、スタートダッシュの評価だけが微妙だったとことを考えれば、出遅れるリスクも含んでいたということになる。

    どうやら前走は相手比較で原点指数が高かったとしても、今回相手メンバーも揃っているならば前走よりも原点指数は低くなるというわけだ。
    高評価の部分に目が行きがちになるが、逆に評価が低い点も注目しているのはコンテンツとして良い

    原点指数を見ればその馬の特徴が一目瞭然で、瞬発力はあるのか、また速い上りが使えるのかどうか、スタートに不安はないか、まで分かるものになっているのだ。



    原点の無料コンテンツ「重賞原点」

    原点無料コンテンツ「重賞原点」
    ▲ 原点の「重賞原点」


    これも原点指数はレース当日の朝更新されるコンテンツだ。

    6月25日に行われた「宝塚記念」の原点指数を検証してみると、イクイノックスが「SSA」という最上位評価となっている。

    これに対しコメントで状態がメイチでないことも公開している。
    原点指数だけではなく、コメントから予想する上で必要な情報が取得できるのも良いが、指数から予想を組み立てるのは中級者向けなので、競馬初心者は普通に無料予想どおり買うのが良いと思う。

    基本的に競馬予想サイトを使用するユーザーは競馬素人だと思うので、このコンテンツもちょっと一般利用者向けじゃない気もする。
    せっかくのコンテンツも理解してもらえなければ、そこらの適当に指数を並べてる胡散臭いサイトと同じ印象を持たれてしまうのではないだろうか。



    検証②-5-原点という競馬予想サイトを利用するメリット

    原点を利用するメリットだが、「原点」という競馬予想サイトは登録前ページや原点の会員登録した後の無料コンテンツを見る限り、競馬に詳しい人物が運営しているようだし、他の競馬予想サイトに比べて興味がそそられる。

    なので、私と同じように「原点」に興味がある方は、先ずはご自身で原点の無料予想を数週間ほど検証してみて、原点の予想精度がどれほどのものか見られるといいだろう。



    検証②-6-原点という競馬予想サイトを利用するデメリット

    原点という競馬予想サイトを検証してて、特に悪質な詐欺っぽい要素は感じなかった。
    ただ、やはり原点を利用するデメリットといえば、無料予想を実際に買ってみて、収支結果がマイナスとなった時だと思うので、やはり無料予想で先ずは検証することを薦める。

    サイトも公開されたばかりのようだし、しばらくは運営者がお勧めするキャンペーンとかにも手を出さず、少なくとも1,2週間は無料予想を検証してからでもいいだろう。



  4. 【検証③】原点という競馬予想サイトが提供する競馬予想について

    検証③-1-原点が販売する競馬予想(有料情報)

    原点が販売する競馬予想(有料情報)についてだ。

    原点という競馬予想サイトが提供する競馬予想は、基本的に地方競馬予想中央競馬予想の販売を行なっているため、常に有料コースを販売している。

    原点が販売している競馬予想は、会員ページのメニュータブに「プラン一覧」とあるので、ここから全コースのバナー画像と詳細を確認できる。

    原点という競馬予想サイトが提供する競馬予想
    ▲ 原点の有料情報の販売場所



    検証③-2-原点という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)について

    原点の提供する、無料予想(無料情報)だが、コチラは前述の無料コンテンツと同じところから確認ができる。

    会員ページのメニューにある「無料コンテンツ」もしくは切替えタブの「厳選無料コンテンツ」を押すと、原点の提供する無料コンテンツページになるので、その一番下に無料予想のリンクバナーがある。

    買い目の公開時刻になったら「無料予想を見る」と書かれたボタンを押すと、確認ができる。
    無料予想は公開前から事前申込みができるので、前もって申込みをしておいた方がいいだろう(たまに完売になるサイトもあるので)

    原点の無料予想に事前申込み
    ▲ 原点の無料予想に事前申込み



  5. 【検証④】原点という競馬予想サイトの口コミ・評判

    検証④-1-原点という競馬予想サイトの口コミを厳選紹介

    原点という競馬予想サイトに対し、競馬様子サイト検証.COMに投稿された口コミ情報の中から、原点の、気になる口コミを抽出してみました。
    (長い口コミの場合、一部抜粋することもあります。)
    原点の参考口コミ1
    まだ「原点」に関する情報の含まれた口コミは届いておりません。
    競馬検証.com」では引き続き原点という競馬予想サイトの検証は続けていくつもりですが、もしも原点をご利用された方や、被害・不満と思われている方、原点の「関連サイト情報」などをお持ちの方、または原点からの電話営業など証拠の残らない営業を受けられた方などいらっしゃいましたら、どんな些細な情報でも構いませんので、口コミ情報のご提供にご協力頂けると幸いです。m(_ _;)m


  6. 【検証⑤】原点という競馬予想サイトのコース一覧と料金プランについて

    検証⑤-1-原点という競馬予想サイトの料金プラン(ポイント情報)について

    競馬予想サイトの原点が販売している料金プランについて見てみよう。

    予想サイトの目標金額などまったくアテにならないので、あえて記載していない。

    以下の販売価格を見れば、原点がいくらくらいに設定しているか?、コース名と売値だけ変えてるのではないか?、コースだけ増やして「空売り」しやすいようにしているのではないか?…といったことも推測できるのではないだろうか。
    参考になればと思います。


    原点の基本有料コース一覧

    中央競馬ギア1-GearFirst-
    提供レース:1日2レース提供
    券種:3連単
    点数:15点~50点前後
    推奨投資金額:1レース1万円程度
    参加費:160pt
    中央競馬ギア2-GearSecond-
    提供レース:1日2レース提供
    券種:3連単
    点数:15点~36点前後
    推奨投資金額:1レース1万円程度
    参加費:230pt
    中央競馬ギア3-GearThird-
    提供レース:1日2レース提供
    券種:3連単
    点数:12点~30点前後
    推奨投資金額:1レース15,000円程度
    参加費:300pt
    中央競馬ギア4-GearFourth-
    提供レース:1日2レース提供
    券種:3連単
    点数:4点~20点前後
    推奨投資金額:1レース2万円程度
    参加費:580pt

    ※他、地方競馬も中央と同じようにコロガシがある。

    トップスピード
    提供レース:1レース提供
    券種:3連単
    点数:15点前後
    推奨投資金額:1レース3万円程度
    参加費:800pt(8万円)
    スピードダッシュ
    提供レース:1レース提供
    券種:3連単
    点数:15点前後
    推奨投資金額:1レース3万円程度
    参加費:600pt(6万円)
    ハイパワースピード
    提供レース:1レース提供
    券種:3連単
    点数:15点前後
    推奨投資金額:1レース3万円程度
    参加費:700pt(7万円)


▼ 原点の口コミ・評価・評判

1
2
3
4
5
6
...
25
  • 投稿者 : 名無しさん

    有料情報は実際どうなのか参加してないから分からないけど、無料情報は2連勝してるね。
    馬券の組み立て方が他社と違って上手いなと思った。
    これなら有料情報も安心して良さそう。

    原点の口コミ情報
  • 投稿者 : まきさん

    今日の無料予想お見事でしたね。
    1点300円で買っていたので2万くらいは稼げました。
    無料予想で3連単提供している予想会社は中々ないので、原点はかなり好印象です。
    買い目コピーしたので貼り付けておりますね。

    【無料情報】
    ━━━━━━━━━━━━━━━
    5/20(月)
    浦和11R『早苗月特別』17:45発走
    ━━━━━━━━━━━━━━━
    【買い目の結論】
    [種別] 3連単フォーメーション

    [1着] 5
    [2着] 2,9,12
    [3着] 2,6,8,9,10,11,12

    計18点/均等配分
    ━━━━━━━━━━━━━━━

    原点の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    本物の予想会社といった雰囲気が出ていますが、実際の所はどうなのでしょうか?
    まだ登録間もないので何とも言えませんが、コンテンツがあったり、予想に見解があったりと他社より手が込んでいますよね。
    競馬検証comさんが優良判定を下しているので一度有料情報に参加してみます。

    原点の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    新規ポイント購入後に申し込むタイプの案内が来てその通り申し込んだのですが完売との連絡
    これのためにポイント購入したのに他の情報進めてきました

    原点の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    お世話になっております。
    スマうま運営事務局でございます。

    あれ?どういういこと?関連会社なの???

    ◆管理人>「スマうま」と「原点」の関連性は検証済みで、検証時に2サイトの関連は何も見つかりませんでした。
    予想精度もまるで違うし、「スマうま」のグループサイトと「原点」が同じだとは考えにくいですね。
    多分競馬検証.comの見解で間違ってないと思いますが…なぜこのようなことが起きたんだろう???再検証してみます。
    このメールがなぜこのようになったのか不明ですが、恐らく「原点」のメルマガ担当が他社のメルマガを参考にしたのではないかと思います。

    原点の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    note読みました。馬主関係者XさんのXって原点とは関係ないですよね?原点のコンテンツみたいな書き込み多いのでそうかと思ってましたが違いますよね?

    原点の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    今日も無料予想当たってますね。
    無料予想が当たる予想サイトは信用できるって話聞いたことあるので、そろそろ有料情報に参加してみようと思います。

    原点の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    無料予想あたりました。人気順に並べれば誰でもとれる決着でしたが、当たったのでよかった。

    原点の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    ↓の人、その5/9の参加確定、5/10の半額、それは両方参加したの?その案内をもらってポイント買って参加しようとした人が、完売にされて参加できなかったという報告をしてますよ。

    原点の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    ちょっと絶賛され過ぎなのでは?商品の販売方法や特別情報増えてるのは戸惑います。Xやインスタ使うのはいいのですが、公式サイトにリンクくらいは貼ってほしいです。できるだけあちこち行かないようにサイト内で完結するようなサイト作りをして欲しいです。
    ↓の方私は5.9のスタートダッシュ参加確定、5.10は半額での確定販売がありました。

    原点の口コミ情報
1
2
3
4
5
6
...
25

▼ 原点の口コミを投稿する

投稿者 ※任意
口コミの内容 ※必須
個人評価 ※必須

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/25

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想は日曜の提供は無く、土曜のみだということに最近気づいた。

今回検証するセントラル競馬の無料予想(無料情報)は、2024/05/25の東京8Rで提供された買い目である。


セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ セントラル競馬の無料予想(2024/05/25)

結果:9-4-15(不的中)

勝ったコースタルテラスは1勝クラスで2着、3着が各2回あり、1番人気も4度あった馬なら、状態さえよければ勝ち負けできる力があった馬と判断出来る。

ただ、直近の成績が今一つのため手が出し辛い状態にもあったことも事実。ならば、手を出すには復調のきっかけや変わり身を感じさせる必要があったが、前走の中山戦で久々の掲示板確保の4着と復調の兆しを見せていた


実際今回変わり身を見せ勝利したのだが、その理由には「転厩」という要素があったのは想像に難くない。

厩舎が変われば調教方法も変わるのは当然で、実際前走で変わっていたではないか?


つまりは、前走で走る仕上げを掴んでいたのだ。ならば、過去の実績からも注意しなければならなかったはず。

何かが変わって成績が上向いたのだから、ここをチェック出来なかったのは残念なところ。


3着ブッシュテソーロは、中央でデビューし1戦したのみで佐賀競馬に転出。この時は、芝での一戦であったため度外視できるもの。

その後、佐賀で3連勝して中央に復帰した馬なら、ダート適性が高かったと判断できただろう。

あとは佐賀の3連勝が中央の1勝クラスで通用するかどうかというところだが、叩きつつ着順を上げていたのであれば警戒は必要だったはずでは?


逆に推奨にあった11スーパーマンは、今回初ダートなら走らせてみなければわからない馬(結果4着)。 ここは、一回様子見が妥当ではなかったか?

同じく推奨にあった14番ルージュアズライトは、浦和からの転入初戦(結果6着)。 この馬も様子見が必要ではなかったか?

6アッティラは、いかにも詰めが甘い馬というのは成績を見れば明らか。オシェア騎乗で新味が出ることを期待したかもしれないが、ずっとそれなりの騎手を乗せながらも結果が出なかったのであれば、過剰な期待であったと映る。

セントラル競馬が提供したレース

結果としては、様子見が妥当と言える馬2頭が馬券にならなかったため不的中となったのだが、そもそも様子見状態で出走させてくるのであれば、送り出す厩舎も騎乗する騎手も手探りのはず。

ならばこの組み合わせは安易であったと言えよう。




2024/05/26

TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するTORURU(トルル)の無料予想(無料情報)は、2024/05/26の2鞍提供されたうちの片方、東京12Rで提供された買い目である。


TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ TORURU(トルル)の無料予想(2024/05/26)

結果:9-6-4

勝ったシュトルーヴェは、昇級初戦の前走日経賞がいきなりのGII挑戦で勝利している馬ならば、馬が良くなっていると判断できた馬。

本質、左回りが得意な馬なのは戦績から見てもわかる馬で、今回はモレイラ騎乗だ。 買い材料は満載だった。

何故推奨できなかった?


2着シュヴァリエローズは人気こそなかったものの、距離を伸ばして成績が上がってきていた馬。

実際、前走でも今回とほぼ同じ舞台といえる東京2400mのメトロポリタンSで3着と好走しているし、前々走の京都記念(GII)でも4着と悪くない走りをしている。

今回は、ハンデも56kg。買える馬ではないのか?


TORURU(トルル)の推奨にあったダンディズムは8歳の騙馬であり、過度の期待はどうか?。

今年は小倉で1勝して入るものの、早い時計の決着に難がある馬。実際に、前走の新潟戦では1秒も負けての10着。

少頭数を見込んでの参戦としか思えない馬だ。これのどこをどう推奨できた?

適当としか思えない

TORURU(トルル)が提供したレース

同じく推奨のメイショウブレゲは典型的なステイヤー。時計の速いこの距離で、太刀打ちできるとは思えない馬。

OP実績は芝3000mの万葉Sのみ。しかも、当時は54kgの斤量だった。

この馬も、どう考えても時計勝負では分が悪すぎる。


この組み合わせで当たる方が無理である。