最終更新日:2024年06月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,463

競馬の楽しみ方~血統編 (不人気種牡馬のバゴ産駒であったが…) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 不人気種牡馬のバゴ産駒であったが…

    2歳戦スタートどの産駒が活躍を見せるか

    春のGⅠ連続開催の終わりと同時に、2歳戦がスタートした先週の中央競馬開催。

     

    今年デビューする新種牡馬で注目どころと言えば、無敗で皐月賞を制したサートゥルナーリア、ダートGⅠ(JpnⅠ含む)4勝のルヴァンスレーヴあたり。

    ともに「超一流」の期待度…とまでは言えないものの、ともに140頭を超える頭数を産んでおり、生産グループ内でもそれ相応の期待は掛かっている。

      

    その他にも外国から輸入したナダル、フォーウィールドライブ。国産馬でもタワーオブロンドン、ミスターメロディ、フィエールマン、アドマイヤマーズなどが顔を揃えており、どの馬の産駒が活躍を見せるのか非常に楽しみなところ。

     
  2. バゴ産駒で驚きの勝利

    ただ、そんな開幕週の新馬戦でひとつ、驚きの勝利があった

    6月1日(土)、東京5Rの新馬戦(芝1600m)を勝ったのはウィンターベル。その父はバゴだ。

    ウィンターベル
    ▲ ウィンターベル(画像元:netkeiba)


    バゴ産駒と言って思い浮かぶのが、春秋のグランプリを制したクロノジェネシス。その他では初年度産駒で菊花賞を勝ったビッグウィーク、重賞2勝のステラヴェローチェあたりだが、そこからさらに…と言われるとなかなか続かない。


    その記憶、イメージ通り、コンスタントに活躍馬を排出することができず、年々種付け数も少なくなっていき、最初は230万円で設定された種付け料も一時は50万円まで下がる事態に。

    バゴ自体凱旋門賞を制した名馬であり、期待を持って日本に輸入されたものの、完全に期待を裏切る結果になってしまった。


  3. 今後のバゴ産駒の活躍は?

    そんな不人気種牡馬ではあったのだが、前出のクロノジェネシスの輩出で改めて見直しの兆しが…。そんな再チャレンジの1年目が、今シーズンなのである。

     

    バゴは日本軽種馬協会にけい養されており、いわゆる「社台・ノーザン」の大手グループとは繋がりがあまりない存在ではあったのだが、クロノジェネシスが産まれたことで社台・ノーザングループの評価も一転。第二のクロノジェネシスを産み出すべく、バゴとの種付けを積極的に行い始めた、という経緯だ。

     

    今年はノーザンファームとして7頭のバゴ産駒が誕生。これまでノーザンファームでは場産駒を来日から6頭しか種付けしなかったことを考えると、その意気込みは言わずもがなだ。前出のウィンターベルは、ノーザンファームの代表・吉田勝己氏

    まさに幸先の良いスタートを切ったと言っていいだろう。残りの6頭も一流の牝馬…というわけではないが、血統背景のしっかりした馬を相手にしており、近年にはないバゴ産駒の活躍が見られる可能性がある。

     

    ディープインパクト系やキングカメハメハ系の血が色濃くなっている日本において、非ディープ、非キンカメ種牡馬の台頭、血統の構築はここ数年の課題だ

    種牡馬としてはさすがにピークを過ぎてしまったバゴではあるが、ここでもうひと花咲かせて、バゴの血を日本で繫栄させて欲しいところである。

     

    もちろんノーザンファーム以外にもバゴ産駒はいるので、その馬たちにも頑張ってもらいたいところ。今年の2歳戦はちょっと違った視点で楽しみたいと思う



無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。