最終更新日:2024年03月01日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:114,659

有馬記念 (12月・GⅠ) (2018有馬記念、レイデオロの勝算は?) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 2018有馬記念、レイデオロの勝算は?

  2. 前回の競馬コラムでは「2018有馬記、オジュウチョウサンの勝算は?」というタイトルで記事を書いたので、今回は前回に続き、有馬記念2018年ファン投票1位で、最注目馬の「レイデオロ」に目を向けてみよう。

    おそらく1番人気に推されるのは、ファン投票で堂々1位を獲得したレイデオロだろう。
    2018有馬記念で人気1位のレイデオロという馬の写真画像 
    ↑人気1位だろう、レイデオロ



  3. 2018有馬記念で、レイデオロがなせ注目なのか?

  4. 過去3年のダービー馬が勢ぞろいするか?と当初は思われた2018有馬記念だが、今年のダービー馬ワグネリアンは神戸新聞杯を勝ったものの、その後疲れが取り切れないため年内休養が確定した。

    一昨年のダービー馬マカヒキこそ今回は出走するが、天皇賞(秋)ではレイデオロに完敗している
    ここに向けてどれだけ立て直されてくるかが焦点だったのだが、どうも今ひとつ回復のピッチが上がらず、騎乗予定であった武豊騎手もギリギリまでこの馬の動向を見守り続けてはいたが、本調子にないと判断するや、この馬を袖にしてオジュウチョウサンを選択しているなら、マカヒキの調子の程は推して測るべし。といったところだろう。

    基本的にその世代の頂点に立つ馬というのはダービー馬なので、これらの比較からレイデオロに注目が集まるのは「必然」とも言えるし、また、天皇賞(秋)の完勝劇もコレを後押ししているだろう。

    さらには、出走してくればレイデオロに立ちはだかる可能性があったスワーヴリチャードや、アーモンドアイ などが続々と回避したのもこの馬に注目せざるを得なくなった要因だろう。



  5. 2018有馬記念で、レイデオロが来る理由

  6. 前回書いた「2018有馬記、オジュウチョウサンの勝算は?」という競馬コラムで、2018有馬記念の超・注目馬オジュウチョウサンの「来る理由」と「来ない理由」を3つずつ挙げたのだが、コレが私の周りで好評だったので、今回は「レイデオロ」版で3つずつ個人的な見解を挙げさせていただこうと思う。
    あくまでも個人的なものなので、流し読みして頂けたら幸いだw

    さて「レイデオロが来る理由」だが・・・

    【来る理由その1】
    レイデオロが「来る理由」と考えられる一番のポイントは、もちろん今年秋の始動戦に産経オールカマーを選択して完勝したことにある
    レイデオロの最大のウィークポイントは「スタート」だった。
    3歳時は皐月賞で出遅れ、ダービーでも大きくは出遅れなかったけどスタート後の二の脚はよくなかったがルメール騎手の好判断で途中から動いて行ったことでダービー馬の栄冠を手にできた。
    「スタートが悪い」というファクターは直線の短い中山コースでは弱点とされるもだが、この秋は産経オールカマーでもスタートはしっかり決めているし、二の脚も普通についていたので、「一応」は弱点を克服した(?)とみていいのではないだろうか。


    【来る理由その2】
    天皇賞(秋)では産経オールカマーよりも更に前目の位置で競馬ができ、尚且つ上がりは中団から追い込んだ2着サングレーザーに次ぐ33.6秒なら、ほぼ完璧な競馬であったと言える。
    この2戦において全くと言っていいほど隙を見せていない競馬をしているなら、レイデオロが完成の域に近づいたと言えるだろう。


    【来る理由その3】
    出走馬の中で最も理想的な「ローテーション」を踏んでいるのがレイデオロだ。秋に前哨戦を含め天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念と4戦使い、全てを勝ち切るというのは至難の技。天皇賞(秋)を勝ってからジャパンCをスキップして、ここまで余力十分というのは理想的なローテーションと言えるだろう。



  7. 2018有馬記念で、レイデオロが来ない理由

  8. さて次は「レイデオロが来ない理由」だが・・・

    来ない理由1:内枠を引いた場合
    今開催の中山は、初日から最終日まで全て「Aコース開催」だったのだが、先週の時点で馬場の内側がかなり荒れており、最後の直線で位置どりの都合上、内を通らざるを得ない馬の不発が相次いでいる
    スタートが上手くなっているレイデオロだが、内枠を引いて好発を切ってしまった場合は、周りの馬との兼ね合いもあるが、最悪内に押し込められ、悪い馬場に脚を取られ伸びあぐねる可能性も十分に考えられるということだ。


    来ない理由2:出遅れた場合
    ここまでの検証でレイデオロはスタートが上達したと何度も書いているが「出遅れ癖」というのは思い出したように再発するのもまた特徴です。

    天皇賞(秋)を見た人は思う出して欲しい。1番人気に推されたスワーヴリチャードはこれまでもあまりスタートが早い方ではなかったが、この時はまさかの大出遅れを演じてしまった。
    その直後、運の悪いことに同様に出遅れたマカヒキと接触し、さらにリズムを崩したため、その時点で万事休すとなった。騎乗したM.デムーロにとってもこの二重のアクシデントはシュミレーションの想定外だったんだろう。
    結果的にこのレースでスワーヴリチャードはキャリア初の二桁着順に終わった。

    レイデオロも最近はスタートがまともになってきているが、スワーヴリチャード同様に突然「癖」が再発する可能性がある
    ただ騎乗するルメールも、デビューからずっと乗ってきている馬なので過去の癖も知り尽くしている。万が一の時の「プランB」も考えてはいるだろうが「出遅れない」ほうが良いに越したことはないからね。せめて有馬が終わるまでもって欲しいところだ。



    来ない理由3:アクシデントに見舞われた時
    競馬に「絶対」はない。
    一見、中山コースを克服したかのように映るレイデオロだが(2歳時に2勝しているが今回とは相手関係が全く異なるため参考外)、レイデオロの本質は東京のような大箱向きの馬だ

    小回り中山で些細なアクシデントに遭遇しないとも限らない。
    先日行われたマイルCSでも、ルメール騎手が騎乗し1番人気に推されたモズアスコットは、デビュー時から安定感の塊のような走りをずっとしてきてたが、運悪くマイルCSの際には道中、他馬と接触する不利を受けて13着と敗れたからな。

    レイデオロは人気を背負って走らなければいけない立場なので極力、安全運転を心がけながらレースを進めたいのが騎手心理だろうが、裏を返せば勝負どころで攻めに入るところを安全策を取ったばかりに進路が塞がるというアクシデントが起こらないとは言えない。
    東京コースのような「大箱なら」多少の接触等のアクシデントも挽回が効くこともあるが、有馬記念は「小回り中山」なので一瞬の判断ミスが命取りになる確率はかなり高いのです。

    万が一にそんなアクシデントに巻き込まれたら「万事休す」という可能性を秘めるのが中山芝2,500mというコースなのです。



  9. 2018有馬記念、レイデオロの「結論」

  10. 最も理想的な展開と考えられるのは、前回の競馬コラムで書いたオジュウチョウサンの離し気味の逃げに、キセキが番手で睨みを利かす。…という展開になれば、後続馬群はまずバラけるだろう。
    そうなるとレイデオロが不利を受ける可能性は「かなり下がる」と見ていいだろう。

    ただ、この展開で最も恐ろしい結末とは・・・

    オジュウチョウサンが最後まで止まらない場合。

    「え、オジュウチョウサン止まらないよ!?」…となった場合、勝ち負けを意識している騎手の心に焦りが生じるだろうな。
    そうなると、仕掛けどころを誤る可能性が想定され、最初から勝ち負けを度外視した馬の「漁夫の利」、昨年の例で言えば8番人気で2着したクイーンズリングのような「まさかの馬」が漁夫の利をかっさらう可能性も無きにしも非ず、だろうね。


無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/24

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するギガうまの無料予想(無料情報)は、2024/02/24の中山9Rで提供された買い目である。

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ギガうまの無料予想(2024/02/24)

結果:5-4-2

頭数を鑑み少点数で纏めたのは評価できるが、的中しなかったのでは意味がない。

馬券対象として推奨するも圏外となったのは1.ドンアレスと3.ターコイズフリンジの2頭。

ギガうまが提供したレース

1.ドンアレスは中山芝1800mの新馬戦を2着し、小倉の未勝利戦を勝利しての臨戦で、一見買いの手に走りたくなるが、そもそも新馬戦の内容が時計も含めて平凡で好枠を利して上手く乗れたように映る。

3.ターコイズフリンジも似たようなことが言え、新馬戦の勝ち時計は平凡。
さらには530kgを超える巨漢馬であり、腕力で馬を動かすマーカンドの騎乗技術に負う部分も大きかったし、レース間隔が空いていた分太目を懸念する必要があったのではないか?

いずれにせよ、両頭とも開幕週の高速決着にいきなり対応できるとは言い難かった。

方や馬券になった4.マイネルフランツは、このクラスで2着し時計も優秀なら目処の立っていた馬。
血統的にも中山得意のゴールドシップ産駒、ここを素直に評価できなかったのが悔やまれる。

3着2.リアレストは、中山の未勝利戦を勝っての臨戦であったが、勝ち上がりまでの3戦で使われたレースは全て中山芝。
レース慣れが見込めた馬でもあり、東京戦をパスしてここまで待機していた。
狙ったレースでの仕上げにあったのが明らかなら、その部分を読み解けてもよかったはず。

結論として、馬券になった馬はある程度の実績が既にあった馬で、馬券にならなかった馬は未知の力に期待するしかなかった感。

この時期の3歳馬なら、実績重視が賢明であったと言える結果であった。



2024/02/24

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマっち×ウマっちの無料予想(無料情報)の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は68%の、マイナス-19万超のマイナス収支となった。

その後も定期的に抜き打ち検証をしているのだが、先日だと2/24と、2/25の2日間だけの無料予想の収支結果を見てもマイナス-11万 9200円である。

あまりにインパクトのあるマイナス収支だから、その対策だろうか。日曜に提供された無料の3連単予想は「スペシャルアカウントでのみ提供なんて小細工をしていた。
(てっきり空売りするのかと思ったが、スペシャルアカウントで提供した予想も的中結果に載っていなかったので、不的中だったようだ)

さて、今回検証するウマっち×ウマっちの無料予想は、2024/02/24の中山11R 幕張Sで提供された買い目である。

馬連と、3連単の2券種提供なので順に見ていこう。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマっち×ウマっちの無料予想(2024/02/24)

券種:馬連
買い方:流し

結果:2-5

軸馬推奨の1.スズハロームは、中山マイルで未勝利戦を勝ち上がっており、一見適性ありと判断できそうだが、未勝利と3勝クラスではメンバーの質が全く異なるので、そこをもって適性ありと判断するのは早計ではなかったか?

さらにはその後、積み上げた2勝は芝1400mでのもの
ならば現状は1400mがベストであり、勝ち負けするには距離が長かったとように映る。

またその2勝は中京、京都でのもので、小回り中山は向いていなかったとジャッジできていてもよかったはずだ。
近走が安定していたことを踏まえての推奨であったのだろうが、少し安易ではなかったか?


券種:三連単
買い方:フォーメーション

結果:2-5-7

1着推奨の11.ディオスバリエンテは中山で2勝して入るものの、実際使われたレース数は3度。
一見巧者にも見えるが、実際には東京コース中心に使われてきており、その数11度なら陣営の見立ては左回り巧者というのは明らか

さらには今回は大外枠
開幕週ということを考えれば、ここは大きな不利であり、この状況で勝ち負けを期待するのは無理があったのではないか?

デメリットが2つ重なっている上でのウマっち×ウマっちの推奨には疑問符がつく。
トラックバイアスを考えれば、割引であったことは判断できてよかったのではないか?

対して勝ち馬2.ニシノスーベニアは前走が1枠1番で3着、今回は2枠2番なら既に前走で勝ちパターンの競馬が出来ており、枠にも恵まれていた。
この馬を一列上げるのが本筋ではなかったか?

ただ3着が抜けているので話にはならないが。

ウマっち×ウマっちが提供したレース

結果としてはここも開幕週という馬場状態を考慮すれば、もう少し違ったアプローチが出来ていてもよかったレースで、実際に馬券になった馬は3頭とも比較的内目の枠を引いている
コース攻略」とはこの辺を見るべきものだ。