最終更新日:2024年06月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,463

競馬コラム~騎手編 (戸崎圭太騎手、悲願のダービージョッキーへ10度目の挑戦) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 戸崎圭太騎手、悲願のダービージョッキーへ10度目の挑戦

    戸崎圭太騎手とは

    地方・南関東競馬(大井競馬所属)出身の戸崎圭太騎手は、1998年の騎手デビューからJRA騎手免許を取得するまでの2013年の間で積み重ねた勝ち星は2400を超える

    また、JRAへ移籍してからも常にリーディング争いに顔を出し、数々のGⅠレースで勝利し、関東のトップジョッキーとして今もなお活躍中だ。

    JRAでの勝ち星は1400勝超、ジョッキーとして通算4000勝の大台も見えている、まさにレジェンドである。

     
    戸崎圭太騎手
    ▲戸崎圭太騎手



  2. 「ダービージョッキー」という称号

    ただ、そんな戸崎騎手でも、未だに果たせていない夢がある。それがダービージョッキー』の称号を得ることだ。


    南関東競馬所属時代、東京ダービーこそ3度勝っているが、いわゆる日本競馬の最高峰・東京優駿(日本ダービー)にはまだ手が届いていない

     

    ・2010年 トゥザグローリー           7着

    ・2013年 アクションスター           16着

    ・2014年 ベルキャニオン              8着

    ・2016年 スマートオーディン       6着

    ・2017年 ペルシアンナイト           7着

    ・2018年 エポカドーロ                  2着

    ・2019年 ダノンキングリー           2着

    ・2021年 グレートマジシャン       4着

    ・2023年 シーズンリッチ              7着


     

    これまで9度、日本ダービーに騎乗して2着2回。積極果敢な逃げであわやのシーンを作った2018年のエポカドーロ。

    直線の追い込みでクビ差まで迫った2019年ダノンキングリー。栄冠はもうすぐそこまできているのだが、そう簡単に勝たせてもらえないのが、やはり日本ダービー』というところだろう。



    通算2500勝の元ジョッキー・蛯名正義氏(現調教師)は残念ながら手が届かずに引退した

    同じく調教師に転身した福永祐一氏もデビューから19回目(デビュー22年目)の挑戦(2018年 ワグネリアン)で。

    今もなお現役を続けるあの横山典弘騎手15回目(デビュー24年目)の挑戦(2009年 ロジユニヴァース)でようやく手した栄冠だ。

    あの武豊ですら10回目(1998年 スペシャルウィーク)だ。

     
     
     
  3. 10度目の日本ダービー挑戦

    今年は自身の節目となる10度目の日本ダービー挑戦となる。今年はおそらく大本命となるであろう、皐月賞馬・ジャスティンミラノとのコンビで頂点を目指す。


    ジャスティンミラノの調教をつけていたのが、3月落馬により命を落とした藤岡康太騎手だった。

    陣営はもちろんのこと、戸崎騎手自身もこの一戦に懸ける想いの強さはここで言うまでもない。

    自身の悲願と同じくらいの強い思いを持って臨む今年だけに、最高の結果が待っていることを期待したい。



関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。