最終更新日:2024年06月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,463

競馬コラム~騎手編 (ビュイック騎手の判断力) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

野球評論家の野村克也は、今年のプロ野球日本シリーズ優勝の立役者、ソフトバンクの『甲斐キャノン』こと甲斐拓也の『瞬時の判断力』を絶賛していた。

競馬界の『瞬時の判断力』で見事だったのは先日の11月18日(日)に行われたマイルCSでの一幕

3歳馬のステルヴィオを勝利に導いたウィリアム・ビュイック騎手の騎乗ぶりも『世界レベルの瞬間芸』で、
レースでは前を行くアルアイン を目標に進んでいった勝負どころで一瞬前が詰まり、アルアイン の外に出すか内にを突くかという判断をしなければならない場面でビュイック騎手は『瞬時の判断』でムチを左手に持ち替えて一閃しステルヴィオを内へと誘導し、2着に猛然と追い込んだペルシアンナイトを封じ込んでの優勝となった。


結果的にペルシアンナイトのデムーロ騎手も内を狙っていたので、着差を考えると、万が一にビュイック騎手が「外」という進路を選択していたら1、2着が入れ替わっていてもおかしくないほどの接戦だった。

一瞬の判断ミスが命取りとなるマイル戦でW.ビュイックの『音速の判断』で伏兵の域を出なかったステルヴィオのことを勝利へと導いた。
ウィリアム・ビュイック騎手とステルヴィオのマイルCS競馬情報 
↑時代は『瞬時の判断力』を持つアスリートが一流と呼ばれるのが潮流。


今を時めく「モレイラ騎手」とつい比較したくなる超1流騎手、W.ビュイック
ビュイックとは所属グループが被らないので(モレイラは今でこそ日本ですが、基本主戦場は香港で、来年は香港で乗るそうだ)比較が難しいが、キャリアではモレイラに軍配というところだろうな。



それでもW.ビュイック、流石は齢30歳でゴドルフィン軍団と専属契約を結ぶ世界の名手だ。

ゴドルフィン軍団とは…調べてみると…
ゴドルフィンはUAE・ドバイの王族マクトゥーム家による競走馬管理団体で、UAE(アラブ首長国連邦)の副大統領でドバイの首長であるムハンマド・ビン=ラーシド・アール=マクトゥームが中心となって出資している。
世界の優秀な馬を積極的に購買することでも知られ、各地の競馬界に強い影響を及ぼしているが、実はUAE(アラブ首長国連邦)では宗教上の理由で馬券が発売できないんだと。

将来的に原油が枯渇した時に備え、競馬を産業として取り入れたとの説もあるが、それは嘘だろー。
馬券発売収益が得られない国なので、純粋に生産とレースに出て賞金を稼いで、その後は種牡馬にすることで利を得ている。

2006年のドバイWCにてゴドルフィンマイル(G2)を勝利した金子真人ホールディングス所有のユートピアの移籍話は日本でも大きな注目を集め、その血統背景(フォーティナイナー産駒であり後継種牡馬としての価値を見出したため)と勝ちっぷりを評価され、レース後すぐに購買交渉が行われたことでさらに注目された。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。