最終更新日:2023年09月26日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:112,583

競馬の楽しみ方~騎手編 (2021年秋競馬に向け、夏競馬のおさらい) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 2021年秋競馬に向け、夏競馬のおさらい

    2021年秋競馬に向けて、夏競馬のおさらい

    今週から秋競馬が開幕する。
    ローカル競馬場から中山、中京へ場所を戻し、これから始まるGl戦線に向けて人馬ともにペースアップする。
    残念ながらコロナの影響により入場制限が緩和されることはしばらくなさそうだが、2021年の中央競馬、年末までしっかり楽しみたい。

    …とそんな秋競馬に向かう前に、2021夏競馬のおさらいをしておこう。



    熾烈なリーディング争い

    サマーシリーズの結果…は例年通り?それほど盛り上がることなく、つつがなくそれぞれのシリーズが終了した(笑)
    スプリントシリーズは今週末のセントウルSが最終戦だが、ここまでポイントを稼いでいる馬は2、3頭出走するくらい。スプリンターズSの前哨戦の色が強く、このあたりの舞台設定は少し考え直した方がいいかもしれない。

    ここで注目しておきたいのは、ジョッキーの勝ち星(リーディング)争いだ。その時期の各競馬場でより多く勝ち星を挙げたのは誰か?

    ●函館競馬
    横山武史:15勝

    ●札幌競馬
    横山武史:20勝

    ●新潟競馬
    福永祐一:15勝

    ●小倉競馬
    松山弘平:21勝

    ※福島競馬は変則日程の影響で1開催しかなかったため対象外。

    川田、ルメール、デムーロ、武豊といった面々がいないのは、有力馬への騎乗のため毎週違った競馬場で騎乗していることが理由になる。
    ただ、それを差し引いても、函館と札幌の両方で開催リーディングを獲得した横山武史騎手は立派は立派のひと言だ。



    横山武史、気が付けば関東リーディングトップに

    横山武史騎手は春、皐月賞をエフフォーリアで制し、初GI制覇を成し遂げた関東の若手注目株である。
    昨年も函館リーディングを獲得しているのだが、札幌はトップのルメール騎手に届かず2位だっただけに札幌でのリーディング獲得は喜びもひとしお。

    昨年から全体的な騎乗馬の質も確実に上がっており、この北海道シリーズにおいて完全に関係者たちの信用・信頼を勝ち取ったと言っていいだろう。

    これで父である横山典騎手とともに父子での札幌リーディング獲得となった。ちなみに父・横山典騎手は92、96、12年と3回札幌リーディングを獲っている。

    また、兄の横山和生騎手も14勝で開催リーディング3位ということは強調しておきたい。
    弟の大活躍の陰に隠れてしまっているが、兄もしっかりと着実に力をつけている。近い将来、北海道シリーズを横山親子が席巻するシーンを見てみたいものだ。


    この夏で計35勝を積み上げ、ここまで69勝でなんと関東リーディングでも1位
    スムーズなら自身初となる年間100勝も見えてくる数字であり、まだまだこれから…というジョッキーではあるが、横山武史騎手はトップジョッキーとしてこれから関東を引っ張っていく存在になるのは間違いない

    この秋競馬も大舞台に有力馬がスタンバイしている模様で、前述のエフフォーリアはクラシック3冠目・菊花賞を目指さずに天皇賞・秋へ行く。初の古馬との対決になるが、非常に楽しみである。



    2021夏は若手ジョッキーの活躍が目立った

    横山武史騎手以外にも、小倉では松山弘平騎手夏のリーディングを獲得した。2開催=7週で21勝だから、毎週3勝ずつ積み上げていった計算となり、こちらも非常に中身が濃い。

    また、先週の小倉開催をもって今年の小倉開催が終了となり、年間の小倉リーディングも決定した。
    トップに輝いたのは鮫島克駿騎手で、その夏で松山弘平騎手が急追し勝ち星(23勝)で並んだものの、2着の差で鮫島克騎手がリーディングに輝いた。

    一方、松山弘平騎手としては、最終日のメインレース(ショウナンマッハ)、最終レース(リンフレスカンテ)でともにで1番人気馬に騎乗し敗れ、あと1勝していれば…という状況だっただけに、悔しい結果となってしまった。

    それでも20代の若手ジョッキーがベテラン勢を押さえてトップ争いを繰り広げているのは競馬業界(JRA)にとっても喜ばしい限りだ。
    偉大な存在ではあるものの、いつまでも『ユタカ』に頼ってはいられない。

    この夏の勢いを維持して2021秋競馬も存分に活躍して欲しい。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2023/09/24

メザマシケイバという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

メザマシケイバ無料予想(無料情報)だが、メザマシケイバに集客している解体新書による検証だと、6戦6勝とのことだが、競馬検証.comが検証を開始すると不思議と6戦6敗となった(笑)

メザマシケイバという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ メザマシケイバの無料予想(2023/09/24)

さて今回検証する無料予想買い目は、メザマシケイバの重賞プレゼントの神戸新聞杯であるが、ダービー3着馬のハーツコンチェルト、現在3連勝中のナイトインロンドンを3連単フォーメーションの1着2頭に入れるのは悪くないアプローチであったが、結果的に勝ち馬サトノグランツは重賞勝ち馬。

勝ち馬の実績と比較すると、前出2頭の実績はといえばハーツコンチェルトはダービー3着だが、とは言え1勝馬。
つまりは詰めが甘い。さらには大外枠。割引材料は多かった。

そこを考えると勝ち馬候補に据えるのは、可能性に賭ける気持ちはわからないではないが、若干希望的観測という要素が強かったのではないか?

ナイトインロンドンは3連勝の内容が秀逸で、勢いを考えればこちらの抜擢も悪くはないとは思うが、その3連勝の相手は全て条件馬。
今回は相手が一気に強化しているなら、こちらもハーツコンチェルトと同様に希望的観測に頼ったものに見える。

勝ったサトノグランツはダービーこそ大きく負けているが、フルゲートの大外枠で隣の馬が落馬しリズムを崩し位置取りを悪くし良さを出せなかったのであれば、敗因がはっきりしており度外視できる一戦。
実際ダービーでは7番人気に推されていたなら、評価を上げてもよかっただろう。

実際に、その前の3連勝は着差こそ少ないものの、最後は必ず抜け出しているなら気持ちの強さを表していた。
それでいてイレ込む馬ではないなら、勝負根性とセンスを認めてよかったはず。

中締めとして、ここまでの組み立ては決して悪くはなかったと評価はする。
前出3頭は仕上がりも良かっただけに「引き」が悪かったともいえよう。

ただサヴォーナ抜けは残念。
春には勝ち馬のサトノグランツとゆきやなぎ賞で対戦し0.1秒差の競馬。その後勝ち馬のサトノグランツは重賞勝ち。サヴォーナも次走であっさり自己条件を突破しているなら、春の時点で同等といっても過言でない力を示していたのだ。

さらには、その後、自己条件とはいえ1勝を積み上げているなら評価できてもよかった。

3着候補にマイネルラウレアが入っているが、この馬も京都新聞杯でサトノグランツの0.1秒差5着の実績があれば馬券候補に入れる資格はある馬で、横の比較ではサヴォーナと同じくらいの評価ができておかしくない馬だ。

メザマシケイバが提供したレース

ここまで検証してみたが、以前の予想と比べると全体のアプローチは決して悪くはないというのが率直な感想

どこかが決定的に足りていないという事もないが、結果的に的中に至らなかったのであれば足りないところはやはりあったのだ。

その「足りない部分」を補う要素は、レースの立ち位置を俯瞰できる経験か?もう少し言えば、今回のメンバーは現世代のOP馬でどの辺りのレベルの馬が集まっているかを前提とできなかったことが今回の敗因と言えるであろう。



2023/09/24

ウマッシュという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

このサイトはかなり特殊で、ウマッシュ無料予想(無料情報)「前日にしか」申し込みができない

公開されるのはレース当日なのだが、レース前日(土曜の買い目なら金曜の夜)にしか申し込みを受け付けておらず、前日申し込みをせずにレース当日の10:00に確認すると、すでに「完売」となっていて当日だと朝でも申し込みは受け付けていないのだ。

その為、1ヶ月経った今もなかなか慣れずにいて、未だに土曜の参加ができていない。
ちなみにここ1ヶ月の「日曜だけ」の予想精度で見ると、9/29/109/179/24と、全滅だ
(この4日だけでもマイナスー78,900円だ)

これまで土曜で当たった日があるのか分からないが、こんなレベルだからこの奇妙な前日申し込みシステムにして、極力無料予想の参加者を減らしたいのではないだろうか。

…とりあえず1回目の無料予想の「抜き打ち検証」は9/24の買い目だが、全体の表示が全くもって雑
これは内容はともかく、サイトに掲載するに値しないと断言できよう。

ウマッシュという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマッシュの無料予想(2023/09/24)

そもそも中山11Rオールカマーはメインレースなのだから
(17:50発走予定)
という表記はあり得ない。

メインレースであれば、「15:45発走予定と書くのが正解だ

馬連の下に番号が3つ表記されているが、合計点数が3点とあるのでBOXであることと推察されるが、わからない人が見るとわからないだろう

もしこれがお金を取っての提供なのであれば噴飯ものである。

買い目の出来、不出来を論ずる以前の問題
最低評価とする。

ウマッシュが提供したレース