最終更新日:2023年12月10日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:113,520

競馬の楽しみ方~騎手編 (岩田康誠騎手、勝負師だからこその、発言。) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 岩田康誠騎手、勝負師だからこその、発言。

    岩田康誠騎手、勝負師だからこその、発言

    先日の阪神競馬検量室が一瞬凍りつくシーンがあった。

    それは土曜日のメインレース・若葉Sの終了後の勝利ジョッキーインタビューでの出来事だったのだが、デシエルトに騎乗して勝利した岩田康誠騎手(最近何度かコラムにも登場する岩田望来の父)のインタビュアーへの回答だ。

    「(皐月賞の)権利を獲りましたね!」という最初の問いかけに対し、急にガラッと表情を変えて「権利を獲りに来たんじゃない。勝ちに来たんだ」と語気を強めてバッサリ
    その後、2人の呼吸はかみ合うことなく、居たたまれない空気の中インタビューが終わった。

    一般的なスポーツ選手のインタビューを考えると「あんなに大人げない態度はないだろう」と感じる人が大半なのだが、これを見た競馬ファンたちの反応は様々だったようで、前述のような岩田騎手に対しての批判的なコメントをする声の傍ら、「岩田に対してああいう質問をする方が悪い」「これが岩田」的な意見も多かったのである。笑



    岩田康誠騎手と言えば…

    岩田康誠騎手と言えば地方・園田競馬出身の叩き上げで、ブエナビスタやアドマイヤムーン、ジェンティルドンナ、ロードカナロアなど、JRAに移籍してからはその腕っぷしの強で多くのGIタイトルを獲得してきた名手である。

    50歳目前となった今、そのひと頃ほど勝ち鞍に恵まれなくなったものの、レースに対する情熱は今も変わっていない。

    ただ、その情熱の高さから、少し前にとある若手ジョッキーの騎乗に対して「おんどりゃ!」と暴言を吐き、業界内で大きく問題視された経緯もある。
    擁護するわけではないが、いわゆる不器用なタイプなのだ。
    気の許した人であれば冗談も言うし、カメラが回っていてもおちゃらける、とても難しいが(笑)、悪い人間ではない。

    フォローしておくと、あのインタビューが終わった後、インタビュアーに対して「突っかかって悪かった」と謝っていたそうだ。
    今回もそんな情熱が少し違った形でアウトプットされてしまった、という感じだろうか。
    岩田騎手を贔屓しているわけではないが、これまでにも何度も「不器用」な場面があっただけに、今回のもまぁ大目に見て欲しいと思う(笑)



    今年は年始から好調の岩田康誠騎手

    そんな岩田康誠騎手だが、成績の方は今年は年始から好調で、ここまですでに重賞3勝をマーク
    「検量室が一瞬凍りつく事件」が起こった若葉Sの翌日、中山でのスプリングSではビーアストニッシドで勝利した。2日連続でお手馬を皐月賞へと導いてみせた。

    2017年を境に騎乗数、勝ち鞍ともに減少傾向となり、2018年以降は毎年の重賞勝ち鞍が2〜3つという状況だった。

    その中にあって今年は3ヶ月で3勝(阪急杯・ダイアトニック、根岸S・テイエムサウスダン)だから、本人としてもこの良い流れを続けたい気持ちは強い。
    息子岩田望来騎手の活躍も刺激になっていることだろうし、今年は久々のGI勝ちというシーンも見てみたい。

    ちなみに今年は岩田騎手だけでなく、年始から横山典騎手も重賞を3勝(シンザン記念・マテンロウオリオン、AJCC・キングオブコージ、きさらぎ賞・マテンロウレオ)するなど、ベテランの活躍がここまで目立っている。

    クラシック戦線でも騎乗機会があるだろうし、外国人騎手や勢いのある若手騎手に混じってどのようなレースをしてくれるのかは興味深いところだ。

    どの業界も望まれるは、若手、新星なのだが、そんな中でも頑張るベテランはベテランらしく味があるし、逆に彼らの存在が若手や新星を盛り立てている。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2023/12/03

競馬キャンプという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競馬キャンプという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬キャンプの無料予想(2023/12/03)

競馬キャンプ無料予想(無料情報)だが、12月3日(日)のチャンピオンズCは正直、2着の⑦ウィルソンテソーロのピックアップは苦しかったと思うが、実績を掘り下げてみるとダートに限って言えば9戦7勝

その7勝は全てある程度先行して勝ちに行ってのもの。
前走のJBCクラシックも勝ちに行ったが最後はバテてしまったのであれば、戦法を変えてくる可能性は考える余地はあった。
実際、差しに回ることを示唆しているコメントも出ていた。

あわせて、今回馬券対象としてピックアップされている②メイショウハリオと前走で0.4秒差であったのであれば、同等の扱いができてよかったのではないか?

中央のG1のメンバーに入って重賞実績が交流重賞しかなかったのであれば、これだけのメンバーに入れば評価を下げざるを得なかったかもしれないが、勝ったレモンポップの評価を下げているように、捻りを加えているのであれば、ここも捻ってもよかったのでは。…と、思う。

競馬キャンプが提供したレース

ただ、勝ったレモンポップと同じ列、つまりはレモンポップを1頭目から外していたのであれば馬券としては成り立たない。

レモンポップが3着以下になれば、馬連の配当は上がるという希望的観測が垣間見える組み合わせであるが、レモンポップを嫌う要素は「距離」と「外枠」だけであったはず。

今年のフェブラリーS・G1を勝った際にも距離不安は囁かれたが、陣営としてもその点は百も承知で、1600mに対応できるように調整し勝ち切った。

今回も、始動戦を1600mの南部杯に選んで2着を持ったままで2秒千切っているなら、既に1800m仕様に馬は造られていたのだ。

臨戦過程は余裕残しの状態で、ノーダメージで勝ち上がったように上々で状態もピークだった。

大型馬でありながら機動力に長けており、絶好のポジションを見つければ、すぐに其処を取れる馬。
今回は走り終わった後で杞憂に終わったが、鞍上の坂井瑠星も距離と枠の不利を考慮しスタート後、直ぐに先手を主張。これは最短距離を通ることによりスタミナの消耗を避けるという騎乗であったが終わってみればゴール後もまだ余裕があった。

誰が1800mは保たないと決めたのか?