最終更新日:2024年06月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,463

ユメウマ 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ ユメウマの無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    ユメウマ
    ■補足情報:

    ユメウマという競馬予想サイトにはこのグループ定番の「ウソついてます宣言」があり、社名はエウロパだったのだが、2024年から。ユメウマは地方競馬の予想も出しているが、予想精度は1ヶ月かけて無料予想の検証をすると、1ヶ月間、全滅という最低なもので、ガチで買ってたらマイナス-19万8000円となってた。

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    1ヶ月
    無料予想の的中率
    0%(11戦0勝 11敗)
    無料予想の回収率
    0%(-19万超)

▼ ユメウマの関連サイト情報

▼ ユメウマの無料予想レポート


  1. 【検証①】ユメウマという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    検証①-1-ユメウマという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の提供場所

    まずはユメウマの提供する、無料予想(無料情報)の提供場所を見ていこう。

    ユメウマという競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ ユメウマの無料予想の提供場所


    ユメウマという競馬予想サイトが提供する無料予想(無料情報)だが、会員ページにある「公開中の買い目」と書かれた水色のボタンから進んで次のページで確認ができる。


    検証①-2-ユメウマの無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    次にユメウマの提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容がどのようなものか見ていこう。

    無料予想・無料情報の提供時間

    ユメウマという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)は、毎週土日、レース当日の朝(10:00)に予想が提供される。


    ユメウマの無料予想・無料情報の内容

    ユメウマで提供される無料予想(無料情報)のは、1日1鞍〜2鞍の提供で(重賞の時に2鞍提供されることがある)無料予想の馬券券種は、基本的に「3連単」の提供となる。

    点数は18点提供が多く、1点あたり1000円を推奨しているので、不的中だった場合、1鞍あたり18,000円のマイナスとなる。



  2. 【検証②】ユメウマという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証②-1-ユメウマの無料予想を抜き打ち検証

    ユメウマという競馬予想サイトのサイト情報の徹底検証は行ったが、実際のユメウマの予想精度はいかがなものか?
    そこでユメウマの無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。

    ユメウマという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/09/04(小倉11R)

    以下、2022/09/04に提供されたユメウマの無料予想の検証結果である。

    ユメウマという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ ユメウマの無料予想(2022/09/04)

    ユメウマの無料予想(無料情報)1ヶ月検証結果が、
    0勝の惨敗に終わり(-19万超え)、1ヶ月経ったのでどんなものかと久々に見ると、8/278/28(1)8/28(2)9/39/4(1)9/4(2)と、2週間6レース全滅
    2週間でマイナス-10万8000円。

    相変わらずユメウマの予想は最低だ(もしかすると検証後も負け続けていたのかもしれない)

    今回検証する無料予想は、日曜に提供された小倉11Rの小倉2歳S(GIII)だ。
    まずユメウマが推奨してきた5頭だが、

    1着候補 7ミカッテヨンデイイ(3人気)→10着
    1着候補 9プロトポロス(1人気)→4着
    2着候補 1ロンドンプラン(4人気)→1着
    2着候補 4メイショウコギク(5人気)→8着
    3着候補 5クリダーム(2人気)→11着

    と、お決まりの上位人気羅列パターン(1〜5人気)である。
    結果、馬券圏内に入ったのは2着候補の1ロンドンプラン(4人気)ただ1頭だけというもの。コレは酷い

    7ミカッテヨンデイイを◎に支持した時点で、完全に今村聖奈ブーム感化されている
    7ミカッテヨンデイイ(3人気)はデビュー戦で、1ロンドンプラン(4人気)に2馬身半差を付けられており、幾ら前走のフェニックス賞を勝ち上がったとはいえ、2歳馬が現時点の力量を逆転するのは至難の技であることは明白だった

    しかも、1ロンドンプラン(4人気)の鞍上は関西リーディングで3位に付けている松山騎手である。幾ら飛ぶ鳥を落とす勢いの今村聖奈騎手であっても、マトモに太刀打ちできる相手ではない。
    この時点で、ユメウマの判断は間違っていた

    13頭立てで、9番人気の11バレリーナが2着、11番人気の13シルフィードレーヴが3着となったが、競走データの少ない2歳戦において、単純に競走タイムで判断することは無謀であり、対戦成績から判断するのが最も無難である。

    よって、グリグリの1番人気であった9プロトポロス(1人気)であるが、デビュー戦で12ウメムスビ(12人気)に付けた差は0秒6であるが、前走のフェニックス賞で12ウメムスビ(12人気)が7ミカッテヨンデイイ(3人気)に付けられた差も同じく0秒6。

    この比較から考えると、デビュー戦で7ミカッテヨンデイイ(3人気)に2馬身半差(0秒3)付けた1ロンドンプラン(4人気)が最上位と考えられるのだ

    競馬場は違うので単純に比較はできないが、デビュー戦の走破タイムでも、

    プロトポロス(中京)1分9秒4
    ロンドンプラン(小倉)1分8秒2

    と中京の坂を考慮しても、ロンドンプランの方が上位と取れる。…そう考えるとユメウマの推奨馬は、最近のトレンドとグリグリの人気馬というメディアとオッズに踊らされたったことが良く分かる。



    ユメウマという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/07/10(小倉9R)

    以下、2022/07/10に提供されたユメウマの無料予想の検証結果である。

    ユメウマという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ ユメウマの無料予想(2022/07/10)

    7/9(土)7/10(日)は両方とも不的中となり、2日合計で-36,000円のマイナス収支となった。

    検証するのは7/10(日)小倉9Rタイランドカップ、このレースは小倉で開催される平地競走の最長距離なのだが、ユメウマの予想担当は「長距離だから人気で決まる」とでも思ったのだろうか。
    ユメウマが出してきた買い目は、なんと1番人気から5番人気の5頭だ。(前日の予想も1番人気から5番人気の5頭)

    その結果は、
    1着8スズノマーベリック(2人気)
    2着2ミステリーウェイ(4人気)
    3着7エイカイファントム(7人気)

    であり、3着7エイカイファントム(7人気)が抜けになり、不的中となった。
    教科書のようなハズレ買い目であった。

    スタミナがあるので長丁場が合っている」と、昇級戦でどこまでやれるか楽しみだと言っていた1着8スズノマーベリック(2人気)は、抑えて当然であり1着まで入れなくてはならない1頭だ。
    そして、近走はダート戦ばかりだが、昨年のこのレースの2着馬である2着2ミステリーウェイ(4人気)は、2着までには抑えれなくてはならない1頭。
    しかし、3着しか抑えておらず、この時点で不的中確定だ。

    3着の7エイカイファントム(7人気)だが、人気云々の前に「前走10着」と「岡田騎手」に食指が動かなかったのではないだろうか?…しかし「自分のリズムで合っているし距離も良さそう」と言っていた陣営の気持ちとかきっと知らないのだろう。

    確かに上位人気で揃えれば、確率的には拾える可能性は高くなるだろうが、一捻りが入らないと当たるものも当たらないし、予想サイトとしての存在価値がない。

    7/9の土曜のレースも、7/10と同じで、1〜5番人気で構成されていたが、そんな数字を並べるだけの作業には誰も期待していないので、真摯な情報精査を求めたい。



  3. 【検証③】ユメウマという競馬予想サイトの無料予想の回収率と的中率

    検証③-1-ユメウマの無料予想の長期検証結果

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、ユメウマという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証結果となる。

    ユメウマという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    7/16 無料予想 -18,000円
    7/17 無料予想 -18,000円
    7/23 無料予想 -18,000円
    7/24 無料予想 -18,000円
    7/30 無料予想 -18,000円
    7/31 無料予想 -18,000円
    7/31 無料予想 -18,000円
    8/6 無料予想 -18,000円
    8/7 無料予想 -18,000円
    8/13 無料予想 -18,000円
    8/14 無料予想 -18,000円


    検証③-2-ユメウマの無料予想の予想精度結果発表

    ユメウマという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行った、ユメウマの予想精度の結果発表となる。

    もし仮に1鞍あたり18,000円1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は19万 8000円にもなった。

    結果、払戻しはなんと1ヶ月間、全滅だったので0円となっていただろう。(ユメウマの無料情報は、日に2鞍提供することもある)

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-19万 8000円だ。



    (追記:2022/08/29)
    因みに検証の終わった翌週8/20190.9倍という高配当を的中させた。

    しかしその翌日の8/21札幌11Rも、小倉11Rも不的中。

    更にその翌週も8/27札幌11Rが不的中で、翌日8/28新潟8R札幌11Rと、やはり当たる気配すらない。

    改めて検証開始前の7/162レース7/9と、7/10)も不的中だったことを考えると、検証期間前後のレースを含めた、

    全19鞍中1鞍しか当てられてないところを見ると、8/20の190.9倍はマグレ当たりと見ていいだろう。


    予想が下手なサイトである。


    ユメウマの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 0%
    回収率 0%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    ユメウマの検証レポ



ユメウマという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【検討中】 地方競馬の帝王

地方競馬の帝王という競馬予想サイトはサイト内に現金画像を多用しているのだが、それらは捏造したもので、ウソをついていることがバレた集客サイトは完全スルー。初めから地方競馬の帝王を絶賛している不自然な集客サイトはどこも9戦9勝の的中率100%と大絶賛だが、競馬検証.comが検証開始した途端に負け、予想精度的中率16%(19戦3勝 16敗)の、回収率はわずか10%となった。収支結果はマイナス-15万 9800円の大赤字。あれ?的中率100%だったのでは?

地方競馬の帝王という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 約1ヶ月分(19戦)
的中率 的中率16%(19戦3勝 16敗)
回収率 10%(-15万超)
【悪評】 成金競馬道

成金競馬道集客サイト怪しい。…情報検索すると57分前にインデックスされてなかったのに、1ヶ月前から検証していたという。
集客サイトの戦績8戦8勝の的中率100%と、大絶賛だが、競馬検証.comが無料予想を検証した結果回収率27%の、24レースで、マイナスー45万 150円。いくらなんでも乖離しすぎではないのか?

成金競馬道という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月(24レース)
的中率 29%(24戦7勝17敗)
回収率 27%(-45万超)
【悪評】 ヒットザマーク

ヒットザマークという競馬予想サイトは、2014年現在から8年も前の2016年に検証した競馬予想サイト。ヒットザマークの運営社は1ヶ月の無料予想精度が的中率0%(14戦0勝)となった「ゴールデンスターズ」や、同じく1ヶ月検証で的中率0%(12戦0勝)の「バビロン」といった、異次元レベルの素人予想を平気で売る有限会社ルーツだ。8年前にはしてなかったヒットザマークの無料予想検証を開始すると、初っ端から2連敗。しかもその内容もヒドイ。… ボートテクニカル、ヴィーナスボート、レッツボート、ボートタウン、中央競馬投資会ウィナーズ、ハイブリッド、プライド、競馬総本舗ミリオン 、プレミアムと同一IP

ヒットザマークという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 11%(18戦2勝 16敗)
回収率 25%(-17万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。