最終更新日:2024年07月23日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,856

JRAの美人女性騎手 【藤田菜七子騎手】 について画像を交えてまとめた

▼ JRAの女性騎手 「藤田菜七子騎手」 のまとめ

  1. 藤田菜七子騎手のまとめ

    藤田菜七子騎手といえば、しばらくJRAに不在だった女性騎手として「藤田菜七子フィーバー」を巻き起こし、時の人となった女性ジョッキーだ。

    世間の大注目を浴びた藤田菜七子騎手は、まるでアイドル状態となり、本屋に寄った時も「週刊Gallop」が特集した、ファンにとっては永久保存の藤田菜七子騎手の臨時増刊号(下画像)が売っていた。

    ギャロップが特集した藤田菜七子騎手を臨時増刊号
    ▲ 藤田菜七子騎手の臨時増刊号


    思わず手にとって見ると、まぁカワイイ

    「週刊Gallop」の臨時増刊号は、前回が「JRA重賞年鑑Gallop2018」だった。
    この時は「藤田菜七子騎手だけ」の特集号だから、どれだけ「週刊Gallop」が売上げを見込んで特集組んだのかよくわかる。

    2016年に競馬コラムで「藤田菜七子フィーバー」という見出しで記事書いた時は、まだニキビ顔で「女の子」ってかんじだったのが、流石「ホリプロ」が目をつけただけあり、いつの間に綺麗になったろうw

    ホリプロが目をつけた藤田菜七子騎手
    ▲ ホリプロ所属の藤田菜七子騎手


    …ちなみに福永祐一騎手、川田将雅騎手、それと女性騎手として超注目株となった今村聖奈騎手ホリプロに所属している。

    ますます綺麗になっていく藤田菜七子騎手は競馬界のNo1アイドル
    ↑ますます綺麗になっていく藤田菜七子騎手




  2. 日本人JRA女性騎手、藤田菜七子について

    2018年の藤田菜七子について

    2018年の藤田菜七子は、前に「藤田菜七子のピンチ」という競馬コラムでも書いたように、2018年の6月敏腕エージェントと言われる中村剛士(戸崎、内田博を担当中)との契約を解消したため、苦戦することが予測される声も上がっていた。

    JRAの一輪の華で、しかもカワイイ藤田菜七子騎手だが、その後も騎乗数を減らすことなく着々と勝利数を伸ばし、却って良い方向に向く転機になったと捉えてもよいかもしれなかった。


    これまでエージェントである中村氏と二人三脚でやってきていたが、改めて一人になったことで意識が変わり自身で様々な努力を重ねた結果、エージェントなしでもやっていけるようになったのであれば、もう「競馬アイドル 藤田菜七子」ではなく、立派に1人の「騎手」として成長しているのを誰もが認めることになっただろう。


    2019年の藤田菜七子について

    2019年の藤田菜七子は「打ち出の小槌状態」の大フィーバーとなった。

    前年はエージェント契約していた中村剛士氏(戸崎圭太、内田博幸を担当)と決別するという事件があり、一時は騒然となってたが、結局騎乗依頼の窓口が所属厩舎の調教師である根本調教師に戻るという、いわゆる「元サヤ」となり、波風が立つことなく騎乗し続けているところをみると、根本調教師による差配が上手くいっていると見ていいようだった。

    エージェントなしの状態に戻り、その間にGⅠ騎乗も経験し、女性騎手限定の減量ルールの改正(平場戦に限り斤量3kg減を適用)もあり、「人間万事塞翁が馬」のごとく、藤田菜七子騎手には騎乗依頼が殺到している状況だった。

    人気もさることながら騎乗数を積み重ねることで実力も着実にアップしている藤田菜七子騎手。
    2019年の6月30日には、スウェーデンのブローパーク競馬場で行われたウィメンズジョッキーWCで優勝し、馬主のDr.コパこと小林祥晃氏に「私のテーマは藤田菜七子に重賞を勝たせること」とまで言わせて10月には女性騎手でJRA重賞初勝利となる。
    女性騎手でJRA重賞初勝利で喜ぶ藤田菜七子
     

    だが暗雲はその頃から立ち始めていた。
    絶好調の藤田菜七子だったが、師匠である根本調教師のエージェントから、専門誌「優馬」の久光匡治エージェントが変わることになったのだ。


    2020年の藤田菜七子について

    2020年の初めは「神スタート」などと言われ、好調な出だしだったのだが、2020年2月15日に小倉5Rでランサムトラップに騎乗した藤田菜七子騎手が落馬した
    2020年2月15日小倉5R 藤田菜七子騎手がランサムトラップから落馬
    2/15 小倉5R 藤田菜七子落馬

    ここから藤田菜七子は負のスパイラル期となる。
    約1ヶ月間の療養期間を経て予定通りに復帰したものの、連敗が続く。

    重賞4勝馬コパノキッキングと挑んだ東京スプリントG3でも、圧倒的1番人気の、単勝1.5倍で落とし、5着に敗れてしまう

    ついにはDr.コパにも愛想尽かされ、最強のお手馬コパノキッキングも取り上げられてしまう。

    更にはコロナウィルスの影響と、新エージェント久光匡治の力不足なのか、良い馬を集められていないようで、落馬の精神的後遺症馬質が落ちたことにより、連敗が止まらない。
    藤田菜七子騎手の新しいエージェント優馬の久光匡治氏は頼りになるのか?
     



  3. 2019年、藤田菜七子の為の「菜七子ルール」?

    女性騎手の減量特典復活

    2018年は「女性騎手」としての歴代最多勝利数を更新した藤田菜七子騎手だが、初の実力ある女性ジョッキー誕生で、ここでJRAも新ルールを作ることとなった

    2019年の1月、1kg減の斤量で騎乗していて「減量の恩恵」があまりなくなってきたと思いきや、同年の3月から女性騎手の減量特典を緩和する「新ルール」が施行されることとなった。

    再度減量の恩恵が復活することとなる。
    その「減量騎手の恩恵のロジック」については「藤田菜七子 50勝の壁」でも書いているが「新ルール」においては女性騎手0~30勝の騎手は-4kgの恩恵、31~50勝だと-3kg51~100勝だと-3kg、そして101勝以上だと-2kgの負担重量ずっと続くのだ。(6年目以上は-2kg)

    藤田菜七子騎手の場合、2019年の3月から再び「-3kg」の斤量での出走となったが、2020年に100勝を超え、今後は性転換でもしない限りずっと-2kgの減量の恩恵が受け続けられることになる。

    因みにこのルールは新馬、未勝利、平場戦(一般競走)にのみ適用され、特別戦(重賞)は除かれる


    新ルール発表のタイミングについて

    JRAでは日本人の女性騎手が 藤田騎手のみということで、新ルール発表当初は「菜七子ルール」というやっかみ声もチラホラと聞こえていたが、実は藤田菜七子騎手が騎手としてデビューする前から「騎手会」が要望として提出していたものがこのタイミングで実現しただけらしい。

    つまりこの「ルール改正」は彼女の人気にあやかったわけではないそうだ。
    今後も騎手を目指す女性の増加が考えられるとして、この流れを世界基準の考え方で支えるという意味で改正されたというのが正しい解釈なのだ。


    世界を見ると女性ジョッキーはいる

    実際2019年競馬学校には2人も女性騎手候補が在籍しており、藤田菜七子に続く女性騎手を育てていきたいというJRAの方針の一環から「新ルール」が出来たのだが、実は海外では既にスタンダードなルールとなっており、ある意味で女性騎手後進国であった日本が、世界基準に倣おうという姿勢の表れを感じ取れる事象なのだ。

    2019年後半には藤田菜七子騎手の人気を脅かす、世界レベルの超美人ジョッキー「ミカエル・ミシェル騎手」が来日した。
    そして短期免許取得で勝ち星をあげている。

    強敵「ミカエル・ミシェル騎手」の登場で、藤田菜七子騎手も美に対しても磨きをかけてもらいたいw
    これまでとは違った意味でも競馬が盛り上がりを見せるのは競馬ファンとて、純粋に良いことだと思っている。
    今後の競馬界は長い目で見て藤田菜七子騎手のみならず、女性騎手の活躍が増えていくこととなるだろう。


    全国の女性ジョッキーに注目が集まる。

    また、藤田菜七子騎手や、超美人のミカエル・ミシェル騎手の活躍により、全国の女性ジョッキーにも注目が集まっている。

    2020年時点での「全国の女性ジョッキー」については別コンテンツでまとめたので是非。



  4. 藤田菜七子騎手のファンが更新するサイト

    ハッシュタグ「藤田菜七子騎手」などをまとめてみた

    #藤田菜七子(Twitter)
    #藤田菜七子騎手
    菜七子Info(Twitter)
    HORIPRO(藤田菜七子)
    #藤田菜七子(LINE BLOG)


藤田菜七子騎手の、関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

  • 【優良】

    高配当21という競馬予想サイトの特筆すべき点は、やはり「有料コースが激安」というところだろう。
    販売コースには、500円1000円2000円といった破格のものが多く存在する。筆者は2000円コースを気に入っている。500円コースは常に提供されているわけではないが、提供される予想には推奨金額や見解は載っていないものの、点数も常識的であり、回収率が高い。これにより、高配当21は非常にコストパフォーマンスの高いサイトと言えるだろう。

     7/21にはなんと、わずか20pt予想(2000円)で参加できるコースで、福島4Rにて477.2倍50倍29倍の3券種的中した。…仮に500円で全て買ってたら、今回は2000円予想で合計27万 8100円の配当だ。
    数年前には1000円予想3237.5倍他全2券種的中といい、すごい。…因みに過去最強は、1000円予想で当てた6479.2倍だ(コレ)。

  • 【優良】

    タイムマシンという競馬予想サイトは、なんと言っても無料予想の回収率がズバ抜けて高かったところが評価できる。3ヶ月かけて検証した無料予想は、1回目の回収率が163%、2回目が206%、3回目が534%だった。
    もちろん、毎回当たるわけではなく、回収率が低い時もある。しかし、2024年には150ptで参加できる「アーリータイムズという有料コースでも2382.1倍小倉2R)という的中があった。これは運営社にとっても予想外の的中だったと思われるが、低額コースであったため、参加者も大勢いたのではないだろうか。

     7/21 にはアブソリュートワンというコースで小倉11Rにて226.7倍の的中となった。推奨金額の最大900円で購入していたら20万 4030円の払い戻しだ。7/7アーリータイムズ(150pt)で当てた、2382.1倍(214万 3890円の払い戻し)にはとても及ばないが、コンスタントに当てているのが良い。
    無料予想の3ヶ月かけて検証した結果は、はじめの1ヶ月の回収率が163% 、更に続けた無料予想の、2回目の1ヶ月回収率が206%、そして3回目の1ヶ月回収率は534%だった。

  • 【優良】

    レープロという競馬予想サイトの無料コンテンツで、現場記者による現地からのX(ツイッター)が面白い。
    また、無料予想の回収率が高いところも高評価だ。

    無料予想回収率が高く無料予想が注目されがちなレープロだが、7/20にはいつもの「クラブ法人」で285.1倍の的中となり、1点1000円の推奨だと28万 5100円の獲得となった
    …現場からのトレセンの写真とツイート(X)超生情報で、新聞では知れない情報が同日に何度も更新される。

  • 【優良】
    原点 (280)

    原点という競馬予想サイトは、玄人でも満足できる無料コンテンツが充実している競馬予想サイト。提供される予想にも見解が載っている

     7/20 には「ギア2」というコースで札幌5Rにて222.6倍の配当となった。いつもの如く500円での購入が推奨されていたので、記載どおりに馬券購入したら11万 1300円の払い戻しとなった。
    「原点」独自の無料コンテンツ や、提供される予想には常に載っている見解(短評)、それと検証当初から連日的中で地方競馬の回収率も高かったので「原点」への期待は高まるばかりだ。今後も楽しみである

  • 【優良】

    覆面被った馬主、唯一無二のスゴい競馬予想サイト

     7/14にはいきなり万馬券で阿武隈ステークスにて615.2倍を当てた。払い戻しは推奨金額600円が36万 9120円に。ココは常に論理的で今回も説得力がスゴかった!本物の馬主に、現役の記者による唯一無二のサイト!
    「俺の競馬予想」のサイト内ブログは、新聞や雑誌では知れないネタが満載。

  • 【優良】

    タイムマシンと同じ住所

    7/14には中央競馬(福島7R)で提供された無料予想(0円)で、いつものように3券種提供があり、その全て305.5倍、66.9倍、22.0倍全3券種が的中した。
    …仮に500円で全て買っていたとしたら、無料予想で合計19万 7200円の配当だ。
    …平日は地方競馬、土日は他と同じで中央競馬の予想を提供。予想に見解などは載っていないが、無料予想を長期検証した結果116%となり、今後に期待したい。

  • 【優良】

    無料情報の回収率が高く、漫画コンテンツがある。

    1ヶ月以上無料予想を検証 して、無料の回収率は162%。検証後も的中が続き、手堅くも取りこぼさない安定感はバツグン。どの無料情報にも必ず載ってる短評(最近少し短いw)も、有益情報で必見だ。
    また、7/13には「ルーキカップ」で1鞍目268.9倍(20点)と、同日2鞍目77.9倍(20点)のW的中をさせ、安心の少額賭け金の300円で、2つ合計10万超えの払戻しとなった。

  • 【優良】

    トレセンリアルリポートは必見だ。 Yahoo!ウォレット認定されてている。

     7/7 には「最速攻略ラボ」で、福島4Rにて 190.4倍の的中となった。1点あたり最大の500円で購入していたら9万 5200円の払い戻しとなった。
    ターフビジョンの無料予想の長期検証結果は回収率130%となる。ターフビジョンの画像付、美穂と栗東の両方からの関係者の現地取材レポートは超濃厚で、競馬新聞では得られない貴重な情報だ。

  • 競馬、競艇、競輪の予想販売をしている3競、三競競馬

    6/11ツ星」で京都10Rにて230.8倍ついた。今回もレース選定の根拠が明確で納得できる。いつもの安心推奨金額300円 で買ってたら6万超の払い戻し。…1ヶ月以上の徹底検証の末、無料予想の3連複の精度も高く、馬券の組み立て方が上手い。

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/21

うまスピンという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

不的中の原因は、3番モーニングスター抜けた事に尽きる。この馬はダート血統モーニンの産駒で、新馬戦をお試しで芝を使い0.5秒差5着なら、ある程度は目処が立ったといえる競馬だ。

一度叩いて適性がより高いと思われるダート使いなら手を出しても良いはず。 しかも、この頭数である

うまスピンが提供したレース

さらに、7頭立てのレースで減量52kgは3頭のみで、内2頭が馬券に絡んでいる。

小細工のいらないダート1000mなら、より軽い斤量が活きることは明白だ。
折角1、2着馬を推奨できていたのだから、もう少し考えればなんとかなっていたレースだろう。


多分、うまスピンの競馬予想担当者は、新聞の印を見て予想しているのだろうが、馬柱の見方すらわからないのだろうか?



2024/07/20

暁という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するの無料予想(無料情報)は、2024/07/20の小倉5Rで提供された買い目である。


暁という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 暁の無料予想(2024/07/20)

結果:7-6-9

勝ったジュンライデンはレイデオロ産駒でノーザンファーム産で関西の名門・友道厩舎が送り出している馬である。
セレクトセールでも1億円弱で取引されたこの馬は、素質馬が揃う友道厩舎の期待の2歳馬の一頭だ。厩舎には多くの素質馬が在籍しているため、早期に勝ち上がる必要がある宿命を背負っており、この馬も例外ではない。

それなのに全くの「抜け」とは首をかしげる。
競馬界の常識すら知らないのだろうか?


2着メイショウツヨキは冠号メイショウの馬で、新種牡馬アドマイヤマーズの父がダイワメジャーなら仕上がり早が予想できた馬。
あわせて、メイショウの馬新馬戦に勝つと、オーナーが個人的に祝儀を出すのが慣例であり、これは厩舎関係者なら誰でも知っていることだ。

その意気込みは鞍上の坂井瑠星を確保することで表れていたため、狙い目と見られていたが、結果は振るわなかった。

暁が提供したレース

新馬戦取捨選択の要素が少ないため、予想は難しくなるがある程度の要素を盛り込めば結果は自ずと出るものだ。
実際に、ジュンライデンとメイショウツヨキにはその要素があった。

新馬戦を情報として提供するのであれば、その辺りを考慮すべきである。