最終更新日:2024年04月19日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:115,437

【女性騎手】藤田菜七子について (藤田菜七子、2019新潟の女王に君臨) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 藤田菜七子、2019新潟の女王に君臨

  2. JRA唯一の女性騎手藤田菜七子が、これまで数々の記録を打ち立てていた「藤田菜七子騎手」に新たなタイトルが2つ加わった

    そのタイトルとは、

    年間新潟リーディング
    秋の新潟リーディング

    の2つ。
    年間リーディング」の方は、土曜の時点で既に確定していた。
    春・夏と開催リーディングのタイトルは取れていなかったが、それでも着実に勝ち星を積み重ね、合算では年間新潟最多勝が確定していた。


    問題は「秋の新潟リーディング」だったが、始まる前は斎藤誠調教師の長男で、2位の新人騎手である斎藤新騎手一勝差で、どう転ぶかわからない部分はあったが、早々と土曜に2勝を挙げ、堂々と秋の新潟リーディングを確定させた2019新潟の女王、藤田菜七子騎手であった。
    藤田菜七子、2019新潟の女王リーディング首位に君臨
     
    これで現在40勝で騎手リーディングで全国リーディングでは26位に付けた。
    全国リーディング26位の騎手が常に平場戦では3kg減。これを使わない手はない。

    そして11月4日はJBCデイ。
    藤田菜七子騎手はまたしてもコパノキッキングでJBCスプリントに参戦する。

    ここで交流GⅠを勝とうものなら藤田菜七子株は鰻登りとなること間違いないだろう。



  3. 斎藤新騎手の将来性も相当なモノ

  4. それにしてもJRA女性ジョッキーの快進撃の方が華があり、メディアも喜んで取り上げるが、秋の新潟リーディングで藤田菜七子騎手を脅かした斎藤新騎手相当なモンなんだけどな。

    デビュ1年目にして開催リーディングに迫る勢いを見せたあたりは、相当な将来性を感じる
    藤田菜七子騎手の好敵手、斎藤誠調教師の長男、斎藤新騎手

    減量」のハンデが取れてからどうなるかは未知だが、素質は一級と見ていいだろう。

    とりあえず「減量が取れるまで」は信頼していい騎手と言える(笑)


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/13

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)は、1日2鞍提供で、土日計4鞍提供される。

・4/13(中山2R)-不的中
・4/13(福島3R)-4.4倍(25点 ガミ)
・4/14(中山3R)-11.3倍(25点 ガミ)
・4/13(福島4R)-不的中

今回検証するエンジョイマイライフの無料予想は2024/04/13の中山2Rで提供された買い目である。

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ エンジョイマイライフの無料予想(2024/04/13)

結果:5-11-12

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)だが、結果として勝ち馬11・アムレートゥムが抜けたことで馬券は成立しなかったがアムレートゥムは中山ダート1800mで近2走連続3着、過去には2着もある。

所謂「コース巧者」である。
何故入れない?

13・カリプソという馬がピックアップされているがデビューから2戦して中山ダート1800mで連続10着
内容も後ろから行って全く伸びず2戦とも2秒近く負けている。

この2頭を比較してどうして13・カリプソが馬券に必要で11・アムレートゥムは必要ないのか?

理解に苦しむを通り越して理解できない。
エンジョイマイライフの予想担当者の今回の推奨理由を聞いてみたいものだ。



2024/04/13

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(無料情報)は、2024/04/13の中山3Rで提供された買い目である。

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(2024/04/13)

結果:11-13-1

競馬LIFE(競馬ライフ)無料予想(無料情報)だが、結果として、勝ち馬が組み立ての中にいないのでは話にならない。

11キングクレオールは、2走前に強敵揃いの阪神で3着がある馬。
しかも、3走前のダート1600mから1200mに短縮して良さが出た。

前走は砂を被って嫌がった分負けているが、今回はその点も馬具工夫で対応してきている。
さらに、今週引退が決まっていた勝浦騎手には有力馬が集まってきていたのは誰もが知りうる事実。

何故入れない????

3エイシンポップ→前走この舞台で3.6秒負け。
6ライズタイガ→今回中山ダート1200m初体験で実績皆無。

この2頭と比較しただけで、簡単に結論は出ていてよかったはずだ。

競馬LIFE(競馬ライフ)が提供したレース

勝ち馬には買いの根拠があった。
前出2頭には見当たらない。

いずれにせよ、3着ナックアテナも抜けていたのであれば、どうしようもない組み合わせ。

1ナックアテナは、交流競争とはいえ2着が2回あった馬。
つまりはクラス実績があったのだ。

全体的にもっと良く調べた方がいいだろう。