最終更新日:2024年03月01日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:114,659

競馬の楽しみ方~番外編★ (2022年は1番人気が勝てない?珍記録・新記録) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 2022年は1番人気が勝てない?珍記録・新記録

    珍記録・新記録

    馬券が当たらない」というセリフは、これまでに何度言ったかわからないが(笑)、今年の中央競馬はとくに難解と感じている人は多いのではないだろうか。

    今回検証したいのは重賞レースで、なんと年明けの金杯を皮切りに、先週までなんと1番人気が1頭も勝てておらず16連敗となっている。

    これまでのJRA重賞での1番人気連敗記録2016年の10連敗があったが、今年2022年はそれを大きく上回っていて更新中なのである。


    2022年1番人気馬の着順を調べる

    2022年の、ここまでの1番人気馬の結果を整理してみた。

    レース名 1番人気馬 着順
    中山金杯 ヒートオンビート 3着
    京都金杯 エアロロノア 6着
    新参記念 ラスール 7着
    フェアリーS スターズオンアース 2着
    愛知杯 アンドヴァラナウト 11着
    日経新春杯 ステラヴェローチェ 2着
    京成杯 アライバル 4着
    東海S オーヴェルニュ 2着
    AJCC オーソクレース 6着
    シルクロードS カレンモエ 7着
    根岸S ソリストサンダー 9着
    きさらぎ賞 ストロングウィル 5着
    東京新聞杯 ファインルージュ 2着
    クイーンC スターズオンアース 2着
    京都記念 ユーバーレーベン 5着
    共同通信杯 ジオグリフ 2着


    今年はファンも迷っている

    …こうやって一覧にしてみると、敗れて納得できるような1番人気馬もチラホラいる。
    まぁ終わったことなのでいくらでも偉そうに言えるのだが、いわゆる「危険な人気馬」的な馬が結構多かった印象がある。

    とりわけ、きさらぎ賞でストロングウィル1番人気になった時は驚いた
    勝ったマテンロウレオ、2着のダンテスヴューはともに重賞で好走実績のある馬だったのだが、そんな面々を差し置いて、未勝利を勝ったばかりのストロングウィルが1番人気に支持されたのである。

    もちろんその未勝利戦の勝ちっぷりがよく十分に期待できる存在では確かにあったのだが、まさか1番人気にまで推されるとはマスコミはもちろん、厩舎関係者らも予想していなかった様子だった。
    ただ、それだけ馬券を買うファンも悩んでいるということだろう。

    これまた結果論だが、今年ここまでの重賞レースで簡単に買えたレースは少なかったように思う。
    ハンデ戦などにおいても、確固たる軸馬や「まず負けない」と思える馬がおらず、オッズ以上に能力拮抗なメンバー構成のレースが多かった。

    そこに今年は「1番人気は怪しいから」といった妙な邪念が入り、さらに馬券予想を難しくしているようである。



    注目の2022年GI一発目、連敗記録ストップとなるか

    そして今週は、2022年のGI一発目となるフェブラリーSが開催される。
    先日の「日本ダート界のスターが不在」というタイトルで書いた競馬コラムでも少し取り上げたように、今のダート界は文字通りの混戦模様だ。

    こと中距離だけで言えばテーオーケインズ、チュウワウィザードが今年も引っ張っていってくれそうだが、このマイル(+短距離)戦線はとにかく大混戦となっている

    気になる1番人気はどの馬になるのだろうか
    下馬評ではカフェファラオか…という状況だが、これもまた押し出されるような形での支持。
    ディフェンディングチャンピオンとして力は見せてほしいところだが、前走チャンピオンズカップ凡走以来の一戦となるだけに果たしてどうなることやら。

    その他の有力どころは…

    再度のダート挑戦となるソダシ

    ややマイルが長い嫌いのあるレッドルゼル

    逆にマイルは忙しそうなスワーヴアラミス

    …やはり混戦である。


    フェブラリーSの前日には東西で2つの重賞(ダイヤモンドS、京都牝馬S)があり、そして同日に小倉大賞典が行われるが、そこで連敗記録ストップとなるのか。はたまた記録を18にしてフェブラリーSを迎えるのか。

    競馬ファンとしては、いつも以上にオッズのとの闘いを強いられる週末になりそうだが、連敗も不的中もいつかは終わりがくるものだ(笑)


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/24

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマっち×ウマっちの無料予想(無料情報)の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は68%の、マイナス-19万超のマイナス収支となった。

その後も定期的に抜き打ち検証をしているのだが、先日だと2/24と、2/25の2日間だけの無料予想の収支結果を見てもマイナス-11万 9200円である。

あまりにインパクトのあるマイナス収支だから、その対策だろうか。日曜に提供された無料の3連単予想は「スペシャルアカウントでのみ提供なんて小細工をしていた。
(てっきり空売りするのかと思ったが、スペシャルアカウントで提供した予想も的中結果に載っていなかったので、不的中だったようだ)

さて、今回検証するウマっち×ウマっちの無料予想は、2024/02/24の中山11R 幕張Sで提供された買い目である。

馬連と、3連単の2券種提供なので順に見ていこう。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマっち×ウマっちの無料予想(2024/02/24)

券種:馬連
買い方:流し

結果:2-5

軸馬推奨の1.スズハロームは、中山マイルで未勝利戦を勝ち上がっており、一見適性ありと判断できそうだが、未勝利と3勝クラスではメンバーの質が全く異なるので、そこをもって適性ありと判断するのは早計ではなかったか?

さらにはその後、積み上げた2勝は芝1400mでのもの
ならば現状は1400mがベストであり、勝ち負けするには距離が長かったとように映る。

またその2勝は中京、京都でのもので、小回り中山は向いていなかったとジャッジできていてもよかったはずだ。
近走が安定していたことを踏まえての推奨であったのだろうが、少し安易ではなかったか?


券種:三連単
買い方:フォーメーション

結果:2-5-7

1着推奨の11.ディオスバリエンテは中山で2勝して入るものの、実際使われたレース数は3度。
一見巧者にも見えるが、実際には東京コース中心に使われてきており、その数11度なら陣営の見立ては左回り巧者というのは明らか

さらには今回は大外枠
開幕週ということを考えれば、ここは大きな不利であり、この状況で勝ち負けを期待するのは無理があったのではないか?

デメリットが2つ重なっている上でのウマっち×ウマっちの推奨には疑問符がつく。
トラックバイアスを考えれば、割引であったことは判断できてよかったのではないか?

対して勝ち馬2.ニシノスーベニアは前走が1枠1番で3着、今回は2枠2番なら既に前走で勝ちパターンの競馬が出来ており、枠にも恵まれていた。
この馬を一列上げるのが本筋ではなかったか?

ただ3着が抜けているので話にはならないが。

ウマっち×ウマっちが提供したレース

結果としてはここも開幕週という馬場状態を考慮すれば、もう少し違ったアプローチが出来ていてもよかったレースで、実際に馬券になった馬は3頭とも比較的内目の枠を引いている
コース攻略」とはこの辺を見るべきものだ。



2024/02/24

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するギガうまの無料予想(無料情報)は、2024/02/24の中山9Rで提供された買い目である。

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ギガうまの無料予想(2024/02/24)

結果:5-4-2

頭数を鑑み少点数で纏めたのは評価できるが、的中しなかったのでは意味がない。

馬券対象として推奨するも圏外となったのは1.ドンアレスと3.ターコイズフリンジの2頭。

ギガうまが提供したレース

1.ドンアレスは中山芝1800mの新馬戦を2着し、小倉の未勝利戦を勝利しての臨戦で、一見買いの手に走りたくなるが、そもそも新馬戦の内容が時計も含めて平凡で好枠を利して上手く乗れたように映る。

3.ターコイズフリンジも似たようなことが言え、新馬戦の勝ち時計は平凡。
さらには530kgを超える巨漢馬であり、腕力で馬を動かすマーカンドの騎乗技術に負う部分も大きかったし、レース間隔が空いていた分太目を懸念する必要があったのではないか?

いずれにせよ、両頭とも開幕週の高速決着にいきなり対応できるとは言い難かった。

方や馬券になった4.マイネルフランツは、このクラスで2着し時計も優秀なら目処の立っていた馬。
血統的にも中山得意のゴールドシップ産駒、ここを素直に評価できなかったのが悔やまれる。

3着2.リアレストは、中山の未勝利戦を勝っての臨戦であったが、勝ち上がりまでの3戦で使われたレースは全て中山芝。
レース慣れが見込めた馬でもあり、東京戦をパスしてここまで待機していた。
狙ったレースでの仕上げにあったのが明らかなら、その部分を読み解けてもよかったはず。

結論として、馬券になった馬はある程度の実績が既にあった馬で、馬券にならなかった馬は未知の力に期待するしかなかった感。

この時期の3歳馬なら、実績重視が賢明であったと言える結果であった。