最終更新日:2024年06月22日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,472

競馬の楽しみ方~番外編★ (「伝説の新馬戦」になるか?) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 「伝説の新馬戦」となるか?

    「伝説の新馬戦」とは

    後に重賞ウィナーを多く輩出することになった新馬戦のことを『伝説の新馬戦』と呼ぶことがある。
     
    過去には、
     

    2008年10月26日(京都5R)

    1着 アンライバルド ⇒皐月賞
    2着 リーチザクラウン ⇒日本ダービー2着
    3着 ブエナビスタ ⇒桜花賞、オークス他GI 5勝
    4着 スリーロールス ⇒菊花賞
    5着 エーシンビートロン ⇒サマーチャンピオン(交流重賞)
     

    2009年10月25日(京都5R)

    1着 ローズキングダム ⇒朝日杯FS、ジャパンC
    2着 ヴィクトワールピサ ⇒皐月賞、有馬記念、ドバイワールドカップ
     

    2018年6月3日(東京5R)

    1着 グランアレグリア ⇒桜花賞他GI 5勝
    2着 ダノンファンタジー ⇒阪神JF
     
     
    など、一緒に出走した馬が揃って活躍する、いわゆるハイレベルなメンバーが集まったレースが数年に一度現れる。 
    全ては結果論なので、競馬ファン同士の話のネタでしかないのだが、こういった語り草もまた競馬の楽しみのひとつである。 
      
     
     

    「伝説の新馬戦」となるか…

    そんな「伝説の新馬戦」なのだが、もしかすると「伝説の新馬戦」になるかもしれないレースが今年ひとつ浮上した。 
      
    先日行われた、セントライト記念でガイアフォースが勝利した。 
    菊花賞への有力候補に名乗りを挙げた訳だが、このガイアフォースのデビュー戦で勝利したのは、後のダービー馬であり、今年の凱旋門賞に挑戦するドウデュースだ。 
     
    ドウデュースに敗れた後は骨折が判明し長期休養となったが、3月に復帰して早々に初勝利。ドウデュースにクビ差接戦を演じた走り本物だったということだろう。 
    7月に2勝目を挙げ、勢いそのままに重賞制覇となった。 

    また、その新馬戦で3着だったのはフェーングロッテン
    7月のラジオNIKKEI賞を勝ち、古馬相手の8月新潟記念でも3着とし、こちらも菊花賞の有力候補となっている。


    2021年9月5日の小倉5Rで1~3着馬が1年以内に重賞ウィナーになったのだ。

     
    4着以下の馬たちは残念ながら…という状況だが、夏競馬終盤の小倉競馬(秋競馬に向けた準備段階のため、古馬も含めてレベルが低くなる傾向がある)でこれほど馬たちを輩出することになったのは実に嬉しい誤算だろう。

    ドウデュース日本ダービーを勝って3歳馬の頂点に。
    凱旋門賞でどこまで海外の強豪相手に走れるかが見どころだ。
     
    前哨戦のニエル賞は4着と敗れてしまったが、フランスに到着してすぐのレースであっただけに、叩き台としては十分な結果と言えるだろう。
    陣営も「本番のための1走」とキッパリ捉えており、本番までしっかろピークに持っていって欲しいところだ。

    また、ガイアフォース、フェーングロッテンはこれからさらに力をつけてGⅠで好走してもらい、いずれはドウデュースとの再戦を期待したい。

    そう毎年毎年、伝説の新馬戦が出てくる訳ではないが、秋競馬クラシックを意識する馬が多くデビューするシーズン。
    今年もそのようなレースができ、来年同じように盛り上がることができると面白い。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。