最終更新日:2024年06月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,463

競馬の楽しみ方~番外編★ (JRAの制裁は30日の騎乗停止処分だけか?) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. JRAの制裁は30日の騎乗停止処分だけか?

    騎乗停止処分になったZ世代ジョッキー達

    Z世代ジョッキー角田大河今村聖奈永島まなみ古川奈穂河原田菜々小林美駒の6名のジョッキーが、開催中にジョッキールームでスマートフォンを使用したとして、騎乗停止処分になったと発表があった。
     
    Z世代ジョッキーが騎乗停止処分になった
    ▲ 騎乗停止処分になったZ世代ジョッキー達


    先週5月6-7日の開催までは騎乗したが、5月13、14日から30日間JRA開催にして開催10日間の騎乗停止となる。…それだけだ。
     
    公正確保のため、競馬開催中は騎手と外部との接触が禁止なのは周知のこと。 
    前日からジョッキーが宿泊している調整ルームにおいても通信機器の使用や、外部との連絡は禁止されているため、違反認定となったというわけだ。 
    (日本中央競馬会競馬施行規程第147条19号「競馬の公正確保について業務上の注意義務に違反した者」) 
      
    公営競技、公営ギャンブルにおいて、通信機器の持ち込み・使用はもってのほか。 
    騎手だけでなく、その他の公営競技選手も選手になる前から、いや、選手でなくても知っている「常識」だ。 
    そんな基本中の基本を、デビューしたばかりのジョッキー達が一緒になってルールを破ってしまったのだ。 

    これって「若い」という言葉では片づけられない大事件だろう。 

    昔から調整ルームに入る前に通信機器を預けるルールではあったが、2011年からはオフラインのデバイスについては、事前の届出があれば持ち込みが可能になっていた

    ただ、今回のケースは開催中のジョッキールームでの使用だ。
    使用することはおろか、持ち込みすら禁止されているハズの状態での行為だから、JRAのチェックの甘さに大注目が集まった。
    騎手同士で通話をしていたというのだから、何とも理解し難い。



    JRAの公式発表がこんなのでいいのか?

    そんな異常事態に対し、JRAの公式発表疑問が残るものだった
     
    公正確保上、重大なものはなかった
     
    ルールをしっかり把握しておらず、誤った解釈をしていたので、30日間の騎乗停止と判断した
     
    …という、どうにもこうにも『仕方がない感』を強調した説明だけ。
    公営競技の根幹である「公正安全」が揺らぐルール違反に対してこの制裁は、非常に甘いのではないか?という指摘が様々なところから聞こえてくる。 

    他の公営競技と比べると、こういった類の違反行為をすると半年から1年の出場停止が普通だ。 
    今回に限らず、過去のJRA騎手の通信機器使用による裁定結果についての緩さが改めて浮き彫りになった格好だ。 

    あまり公営競技を知らない人からしてみたら、「八百長しても1ヶ月で職場復帰できる」という風に思われかねないだろうし、むしろ「八百長してる騎手も多そうだ」くらいに思う人もいそうである。

    改めて規律を正し、馬券を買う人たちの信頼を損ねないよう、競馬界全体で気を引き締め直してもらいたい。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。