最終更新日:2024年05月25日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,103

競馬の楽しみ方~女性騎手編 (「旬」の今村聖奈騎手vs「旧」アイドルジョッキー対決?) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 「旬」の今村聖奈vs「旧」アイドルジョッキー藤田菜七子が対決?

    今村聖奈騎手が引く手あまたの大人気

    2022年3月のデビューからここまで21勝を挙げ、同期でのトップをひた走る今村聖奈騎手

    以前にも「崖っぷち藤田菜七子騎手と新人・今村聖奈騎手」で今村聖奈騎手のことは取り上げ、「2022年5月・JRA女性騎手の近況」では今村聖奈騎手の5月時の状況をお伝えしたが、過去にデビューした女性騎手デビューイヤーに2ケタ勝利を挙げたのは今村聖奈騎手が初めてだ。

    今村聖奈騎手
    ▲ 今村聖奈騎手


    それだけに10勝という数字だけでも凄いのだが、半年でその倍の勝ち星を挙げていること。さらにはその中には重賞初騎乗初勝利(CBC賞・テイエムスパーダ)が含まれているから、またさらに凄味が増すというものだ。
     
    今村聖奈騎手は今や引く手あまたの人気ぶりで、新人ジョッキーで斤量負担が軽いというメリットはもちろんだが、今村聖奈騎手は性別云々に関係なく、新人としては騎乗技術の評価が高く、勿論さらにこの上を目指そうとするとまだまだ途上なのだから期待されるのは当然だ。 
     
    先行してナンボ…というレースが多くある夏競馬のローカル場であれば、この手のジョッキーの需要は非常に高く、本人としてもこの時期が絶好のアピールの舞台となる。 
     
    後半戦でも引き続きチャンスをつかむためにも、この夏はより一層力が入るところだろう。 
      
     
     

    新旧アイドルジョッキー対決が実現

    その夏競馬、今週いっぱいで福島&小倉開催が終了し(ひと足早く先週で函館開催を終えて札幌が始まるが)、来週からは新潟で開催が行われるのだが、今村聖奈騎手も新潟に参戦予定とのこと(8月まで小倉開催が空くため)で、今から続々と騎乗馬が集まっているそうだ。 
      
    また、この新潟開催でちょっとしたイベントが見られる可能性がある。 
     
    新潟開幕週にGⅢ・アイビスサマーダッシュが行われるのだが、そこで今村聖奈騎手藤田菜七子騎手がそれぞれ騎乗予定で、JRAでは史上初となるグレードレースでの女性騎手の共演が実現するかもしれないのだ。 
     
    今村聖奈騎手オヌシナニモノ(栗東・高橋忠厩舎) 
    藤田菜七子騎手スティクス(栗東・武幸厩舎) 
    に騎乗予定とのこと。 
     
    女性騎手が複数名重賞に騎乗するのは、1999年の新潟3歳S(現新潟2歳S)で、元JRA騎手の細江純子氏と、地方から参戦した山本泉騎手(新潟県競馬所属)が競演したことが1度あるものの、JRA騎手同士というのは過去に例がない。 
    今回実現すれば史上初ということになる。
    (JRAが積極的に女性ジョッキーを増やそうとしているので実現するのも時間の問題だが) 
     
    2人でレースをするわけではないが、なかなかお目にかかれない組み合わせとタイミングだけに、盛り上がることは間違いないだろう。
     


    藤田菜七子の修行の成果に期待できないかも?

    そんな中、最近はすっかり古川奈穂騎手今村聖奈騎手にお株を奪われてしまった感じの藤田菜七子騎手

    彼女のことを「旧」アイドルジョッキーと言ってしまうとやや角が立つかもしれないが、近況の勢いと人気(騎手としての需要)を見ると、明らかに今村聖奈騎手が「旬」でかつ中心的存在であることは間違いない。

    藤田菜七子騎手は5月28日に勝って以降、勝ち星はなく今年ここまで4勝止まりの藤田菜七子騎手は、この成績だけにスポーツ紙などはなかなか取り上げるネタに困る状況で、下火になってしまうのは仕方なし。

    藤田菜七子が停滞ムードの中、先日、週刊文春栗東トレセン関係者との熱愛をスクープされ、思わぬところで世間を賑わすことになったが、「栗東へ修行に行った、というのはそっちの修行かよw」というツッコミは多くの競馬ファンがしたかったはずだ。
     
    週刊文春の藤田菜七子騎手熱愛スクープ
    ▲ 週刊文春の藤田菜七子騎手熱愛スクープ


    このネタもあり、競馬の低評価なので、藤田菜七子騎手大幅下落

    競馬ファンが観たいのは藤田菜七子騎手も含め「女性アスリートが華やかな舞台で活躍する姿だ」と言ってくれるファンの期待を裏切らず、意識を本業に戻し、しっかりと腕を磨き、まだまだやれるところを見せて欲しいものだ。

    女性ジョッキーの成績を見ると、
    今村聖奈騎手が、21勝
    古川奈穂騎手が、8勝
    永島まなみ騎手が、6勝
    藤田菜七子騎手が、4勝

    という今年ここまでの成績。
    藤田菜七子騎手は先輩ジョッキーとしても、最低この古川奈穂騎手と永島まなみ騎手よりも好成績を挙げておきたいものだ。

    藤田菜七子騎手は来週からは新潟を主戦場として騎乗を続ける予定だが、新潟は関西のトップジョッキーも頻繁に騎乗することが増え、なかなか福島のように騎乗馬を集めることが難しくなることも想定される。

    藤田菜七子騎手にとって、この夏はキビシイ勝負どころとなるだろう。


無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/19

アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するアナタノケイバの無料予想(無料情報)は、2024/05/19の京都10Rで提供された買い目である。


アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ アナタノケイバの無料予想(2024/05/19)

結果:6-2-3(不的中)


「アナタノケイバ」の推奨馬9カーペンタリアは、昨年の12月に復帰して8→11→12→12着

前走は最下位だった


3歳時に3勝しているが、この時騎乗していたのはレーン2勝、ルメール1勝。

その後3着が一回あるが、休みを挟んでここ4戦は見る影もない。

休み明け2戦は、ともに1番人気に推されていたが8→11着。

この2戦を含む復帰後の4戦は、全て後ろから数えた方が早い着順。

一体このどこに変わり身を感じられるのか?

結果、今回も最下位では全く見る目がないとしか言えない。


1アレグロモデラートは、3勝クラスに上がって格上挑戦の牝馬限定重賞愛知杯で4着があるが、この時のハンデは51kg。3走前の中山牝馬Sも格上挑戦。

50kgのハンデであったが見せ場もなし。


今回は自己条件とは言え56kg。

詰まるところ、軽ハンデで出られるレースにしか現時点では活路のない馬。しかも今回は別定戦。

前進の余地は、どこにあると感じたのか?


8ヒヅルジョウはこれくらいの距離が得意な馬で、前走の5着で復活の兆しが見えたかに思えたかもしれないが、これまでの実績を見てもわかるように後ろから言って何頭抜けるかという競馬ばかり試している馬。


それでいて52kgで5着

今回は56kg、どうやったら前走以上のパフォーマンスが出せると判断できたのか?


複勝狙いということで穴目の馬に触手が動くことはわからないでもないが、馬券になるためにはあくまで走れる状態にあるという前提が必要。

今回のこの3頭にはなかった。


アナタノケイバが提供したレース



2024/05/18

トッカという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するトッカの無料予想(無料情報)は、2024/05/18の新潟10Rで提供された買い目である。


トッカという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トッカの無料予想(2024/05/18)

結果:3-10(不的中)

結果勝ち馬が漏れていたことによって馬券は成立しなかったが、勝ったノーブルクライは2024年の1月に戦列に復帰してから4戦して掲示板を外したのが1回、内2回は新潟、東京コースと左回りで馬券に絡んでいた。

特に前走の荒川峠特別は、後方から進んで上がり最速の脚で0.2秒差2着。

この時は内回りコースであったが、今回は外回りなら追走が楽になる分決め手が発揮しやすいという状況設定。案の定、最速の上がりで差し切った。

騎乗した丹内騎手も新潟リーディングがかかっていたのであれば、勝負の鞍だっただろう。


元々左回りが得意なら、この開催で勝ち上がりたかったところ。

決め手が生きる外回りに条件好転、ジョッキーは勝負騎乗。

血統的にもフィットするハーツクライ産駒であり、これから良くなる明け4歳馬。と、買い要素はふんだん

何故推奨しなかった?


逆に推奨に上がっていたマルクパージュは、未勝利勝ちが芝の1400m、その後2着が2度あるが、ともに芝1400mなら本質この距離は合わないという疑念はなかったか?

血統は悪くないが、常に400kgそこそこの馬体で出走してきているようにいかにも非力

小さいから馬力がないとは一概には言えないが、メリットとは言い難い。

2走前の内容が良かったことからさらに距離を伸ばしてきたが、今回は距離云々よりも非力なために荒れ馬場で力を発揮できなかったようだ。

実際に、2走前はラスト34.8秒で上がってきての4着であったが、今回は出走馬中最遅の38.1秒もかかっての10頭立て9着。


敗因は荒れ馬場と距離だろう。

ここを何故読めないのか?

トッカが提供したレース

もう一頭の推奨馬サンズオブタイムは、2歳時の新潟未勝利で2着があったものの今年は既に6歳。

それまでにただの一度も左回りを経験していないのであれば、陣営の見立ては右回り巧者。

ならば、何故今回の左回りで変われると言えよう?この辺りを俯瞰できていれば組み立ても変えられたはずである。