最終更新日:2024年07月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,830

有馬記念 (12月・GⅠ) (2019グランプリ有馬記念の展望) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 2019グランプリ有馬記念の展望


  2. 今週はいよいよグランプリ、

    2019 有馬記念だ。



    当然、注目馬アーモンドアイ

    アーモンドアイは当初、2019有馬記念へ出走未定だったため、主戦ルメールはフィエールマンに騎乗と発表されてたが、アーモンドアイが一週前追い切りを終えて厩舎サイドからGOサインが出たため、ルメールは速攻でアーモンドアイスライド騎乗となった。


    ここで鞍上が空いてしまったフィエールマンにはビュイック騎手にスライドという噂になっていたのだが、そのビュイック騎手は先週の競馬で進路を妨害したため、2020年 1月5日までの16日間(開催4日間)騎乗停止となってしまい、急遽フィエールマン池添騎手での参戦となった。


    普段は安定感を欠く池添騎手だが、今年はマイルCSをテン乗りでインディチャンプを勝たしていたし、昨年の勝利ジョッキーでもあるから、なんとも不気味な存在だ。

    実は池添騎手、トリビアな記録ながら、
    有馬記念で現役最多の 4勝を誇る記録の持ち主。
    ますますもって不気味だ。


    …そんなフィエールマンだが、凱旋門賞最下位だったのは記憶に鮮明に残っている。

    しかも、凱旋門賞でブービーのブラストワンピースから15馬身も離されての哀れなもので、字面から見れば最低最悪の着順だが、裏を返せば騎乗したルメールが早々と諦め、ほとんど何もしないまま終わったと解釈もできる。(みっともなかった)

    …で、今回の2019有馬記念なのだが、厩舎関係者からは「凱旋門賞とは出来が違う」という若干意味不明の強気コメントが出ている。…まぁ、状態は良いのかもしれないが、これ以上失望させないでもらいたいものだ。


    巻き返しが期待できるのはサートゥルナーリアか。

    この血統は燃えすぎることが難点とされている。
    サートゥルナーリアの場合「上の兄弟でよりはマシ」と言われていたが、それでも潜在的にそんな要素は若干見え隠れしている。

    どーも東京2400mのダービーやJCといったスタンド前発走で大観衆の声援に対してスイッチが入ってしまうのが、入れ込む原因なのではないか?と、言われているようだ。

    今回はスタート地点が過去の2戦よりはましなので、上手く行くかも?しれない。
    有馬記念は中山芝2500m
    言わずと知れた小回り競馬


    コースということを考えれば先行有利なのだが、そうなるとまず逃げることが決定的なアエロリット要注意だろう。

    アエロリットは突出したスピードがあるため、2000mくらいまでを主戦としてきてたが、血統的にはスタミナも十分にある。
    ましてやスローになることのの多い有馬記念なので、残りめも警戒しなければならない。


    同じことが言えるのがキセキか。
    おそらくアエロリットの番手に控える競馬になるだろうが、展開は絶好と言えると思う。
    凱旋門賞から上手く再仕上げできていたら、キセキにも十分にチャンスはあるだろうと思う。

    加えればキセキの鞍上は、ようやくエンジンがかかってきたムーア騎手。とても心強いパートナーとなるだろう。

    2週間前はわずか9頭の登録で、一体どうなるんだ?…と思われた今年の有馬記念だったが、ここにきて俄然盛り上がりを見せている。


    前期した以外にも今年のJC馬スワーヴリチャードや、菊花賞馬ワーループレミア、3歳勢ではヴェロックスもスタンバイだ。

    グランプリらしくなってきた!


    ん?

    あれ? デムーロの名前が無い
    コレも今年を象徴する事象でしょうw



無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/14

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)を抜き打ちで検証をしているが、そんな無料予想は、検証開始時から6レース、全敗だ。ある意味、さすが「有限会社ルーツ」が運営する予想サイトだとも言える。

予想精度の低さがブレることはない


直近で言えば「ウマミル」のグループサイトである「ミリオン」という競馬予想サイトが集客サイトで29戦25勝4敗などというものだから、競馬検証.comでも長期検証をしてみたところ、その検証結果は16戦0勝 16敗の、マイナス-24万円の大赤字となった。


そんなお先真っ暗な「ウマミル」だが、今回検証するウマミルの無料予想(無料情報)は、2024/07/14の函館7Rで提供された買い目である。


ウマミルという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマミルの無料予想(2024/07/14)

結果:8-1-4

1着候補(4)メジャーデビューは、函館入りしてから当クラス同じ舞台で先行して連続2着。
勝ち馬候補として相応しく見える前々走は、外枠からでて内を見ながらという競馬で、3走前は小林美旬の50kgが利いたし、前走は8頭立てという楽な競馬だった。


今回は、頭数で内枠からの競馬なら引くに引けない展開なら、勝ち切るまでいけるかを懸念するべきではなかったか?
しかも、前に行きたい馬がかなりの頭数揃っていたメンバー。少し安易だったのでは?過大評価しすぎだったのではないか。


実際勝ち馬は、行く馬を行かせてタイミング良く捲り気味に進出して勝ち切っている。展開を読み間違えたか、最初から考えても無理なのか。


もう一頭の勝ち馬候補(11)タマモネフィラは12着。
この馬は、前走の函館で同舞台4着であったが、9頭立ての競馬をかなり楽に先行してのもの。
それでも途中でアッサリ止まったのであれば、これも安易に狙いすぎだったのではないか?

ウマミルが提供したレース

そもそもこのレースは、先行激化が最初から見えていた組み合わせなら、そこを考えての組み合わせが必要だったはずだ。

ただ、ここまで先行馬が多いと何処を中心に組み立てていいのかも悩むところ。ならばいつものことだが、レース選択自体を間違っていたようだ。



2024/07/14

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競馬予想サイトミリオンの無料予想(無料情報)1ヶ月かけて検証したところ、その結果はまさに惨憺たるものであった。こんな予想でよく客から金を取って競馬予想サイトなどを運営できるものだと、呆れ果てるばかりだ。


ミリオンの無料予想は1日に2鞍提供され、1ヶ月で16レース分の予想が提供される。
その結果は驚くべきことに16戦 0勝 16敗という、まさに全敗の結果であった。

収支結果はマイナス-24万円となった


一方、「解体新書」という集客サイトは、ミリオンのことを持ち上げ、「29戦25勝4敗で 回収率849%」などと謳っているが、一体どうやれば「29戦25勝」から「16戦0勝」に化けるのか、理解に苦しむばかりだ。単にミリオンと一緒になって大ボラを吹いているだけか。


さて、この1ヶ月検証の最終日となる2024/07/14の買い目から、今回は福島8Rで提供された買い目を検証する。

とは言っても3連単フォーメーションの1着固定(2)ララヴィエルジュは、12番人気で結果14着
これは、真面目に選んでのものだろうか?

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ミリオンの無料予想(2024/07/14)

結果:9-11-12

ララヴィエルジュは2戦目で未勝利を勝ち上がったあと3戦し、4→8→11着と使うごとに着順を落としている馬だ。

強調材料は、久々をひと叩きされたことしかないが、そもそも馬体重が400kgあるかないかという馬に叩き良化を期待できるのか?
斤量53kgも物理的には有利だが、そもそもがこの成績である。全く理解不能だ

推奨された全ての馬が馬券になっておらずの中で、最先着したのが7着(5)デアパーデタで9番人気。


正直、流石にこれは「ミリオン・クオリティ」の次元を超えている。書き間違いしたとしか思えない
仮に、客から問い合わせが来ても答えようがない組み合わせだと思う。

申し訳ないが、この酷さ故ここまでしか検証できない。

ミリオンが提供したレース

こんな惨状を目の当たりにして、もはやミリオンに信頼を寄せるのは愚かである


集客サイトと、ミリオンに騙されないように、皆さんもくれぐれもご注意を。