最終更新日:2024年05月28日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,134

迷惑メール(スパムメール)の対策~競馬予想サイトによる迷惑メールを止める方法と通報について

▼ 迷惑メール(スパム)による被害

  1. 予想サイトへの簡単登録で迷惑メール(スパムメール)による被害

    競馬予想サイト」の業界においても迷惑メール(スパムメール)による被害対策が求められています。
    以下、競馬予想サイトから執拗に届く迷惑メール対策や、迷惑メールの止め方などについて書いています。



    競馬予想サイトへの登録はより簡単に

    基本的に「競馬予想サイト」は登録自体は無料のことが多く、ユーザーの離脱を最小限にする為、競馬予想サイトへの登録自体は最小限の手順となっています。

    その為、一昔前は個人情報を入れるフォームが多かったですが、最近はどこの競馬予想サイトメアドのみでの簡単登録で、予想サイトへの登録が完了します。
    手順としてはサイト内のメアド入力枠に「google」や「yahoo!」などのフリメでも良いから入れて「送信ボタン」を押すだけで仮登録ができるので、基本的には競馬予想サイトに送る情報はそれだけで仮登録が完了します。
    (この時点では銀行の口座番号も、クレジットカードも必要ありません)

    本登録」には登録したメアドに届いた返信メールに記載されているリンクコードを押すか、もしくは「ID,パス」を非会員ページの「ログイン枠」から入力するだけで「本登録」完了です。
    いたって簡単な手順です。
    (最近ではLINEの「友だち追加」などSNSからの会員登録もあります)



    SNSアカウントでの簡単登録とは

    最近の予想サイトには、SNSアカウントで簡単登録できるようになったものもあるが、コレはとても危険で、場合によっては個人情報が予想サイトに漏れる危険性も大いにあります。
    SNSアカウントで簡単登録できる予想サイトだが、個人情報が漏れる危険が
     


    予想サイト使うなら常に警戒心が必要

    競馬予想サイトに限らず、悪質なECサイトでも迷惑メール(スパムメール)の被害は、今や珍しくもなくなりました。
    一度予想サイトで被害にあった人や、用心深い人は、フリーメール(フリメは簡単に作れるし予想サイトは無料登録なので、迷惑メールでメアドが潰れてもなんともない)などを使い、自分がメインで使っているメアドを使用しないようにして、回避しているでしょう。

    問題はまだ免疫のない純粋なユーザーや、警戒心の少ない人です。

    彼らはこれまで使っていた個人用のメアドを使って悪質な競馬予想サイトに登録してしまい、迷惑メール(スパムメール)でメアドが使い物にならなくなってしまうことでしょう。



  2. 迷惑メール(スパムメール)の特徴と対策

    迷惑メール(スパムメール)の特徴

    迷惑メールの特徴は、通常は登録に身の覚えの無いサイトから、多くの迷惑メール(スパムメール)が届くようになります。

    競馬予想サイト以外の運営もしている運営会社であれば、最近は少し下火になったがロトの予想サイトや、出会い系サイトお金貸しますとか、怪しい情報商材等の勧誘メールが届くようになるかもしれません。

    競馬予想サイトから来る迷惑メール
    こんなメールばかり。

    この時点で、悪質なスパムを送りつけてくる運営会社は一人一人を把握しているわけではありません。
    自動送信で手当たり次第に迷惑メール(スパムメール)を送信しており、運営側は貴方の「メアド」しか情報を知りません

    まぁ、細かく個人情報をフォームから入力するタイプのサイトで会員登録してしまっていたら、SNS等のアカウントを乗っ取られたり、送られてくるメールからいつの間にかPCにウィルス流し込まれて個人情報が洩れ、遠隔でPCの中を見られたりすることも十分にあり得ます。

    ただ、基本的にはそこまでスペックの高い技術者は競馬予想詐欺を働く輩にはいませんから安心してください。
    仮にいても一人のユーザーにべったり貼りつく事はありません。



    迷惑メールだけでは怖がる必要は無い

    迷惑メールで勧誘してくる競馬サイトや、怪しい情報商材のサイトは、スパムで勧誘しなければ到底集客もできないようなサイトばかりです。

    全く知らない競馬予想サイトから届く迷惑メール
    ▲ 全く知らない競馬予想サイトから届く迷惑メール



    もし仮にどこかの業者にメアドを転売され、脅迫じみた迷惑メール(スパムメール)が届くようになったとしても、実際はメアドしか抜かれていないので、相手にしないでください。


    「悪質な予想サイト運営社」からすると、重要なのはメールアドレスではありません。

    執拗に迷惑メール(スパムメール)を送り、ふとした気の緩みでサイト内にあるurlをクリックしたり、メール内容に興味を持ち、なにかしらのアクションを起こしたとしたら、その時点で課金する可能性のある貴重なターゲットに入ってしまうでしょう。

    ココではじめて「フラグ」が立ちます。




    エロ情報ほど怖いものはない。

    もしかするとそのurlのリンク先からexeファイルなどが送られてくるかもしれません。

    気を惹くようなことがメールには書いてあり、男なら唆られそうな「無修正画像3000枚」とかいうexeファイルを「実行」してしまうと、開くことを「許可」してしまったことになるので、ウィルスがPCに流し込まれるか、意味不明な情報商材ソフトがインストールされて課金請求される可能性が大いにあるでしょう。

    メアド入力だけで送られてくるスパムメールや、添付されたファイルを開いても、メールで添付されてくる請求書は「メール」の域を出れないのでほっとけば良いのですが、過去に悪質な競馬予想サイトなどで個人情報を登録したり、電話番号を教えていたりすると、面倒なことになるかもしれません。

    とりあえず「身に覚えの無いサイト」から送られてきたメールは開封しないことが一番です。

    物凄い量の迷惑メール(スパムメール)が届くようになり、まず初めに最速で問題解決できる被害対策は、「メアドを捨てる」ことです。



    キャリアからドメインブロックする

    次にdocomo、au、Sofobunk等の各キャリアに相談します。「特定のメアドドメイン」を指定して、フィルター(ブロック)をかけることも可能です。

    《docomo》迷惑メールおまかせブロック

    docomo」には迷惑メールを自動で判定してブロックする「迷惑メールおまかせブロック」という機能があります。

    ドコモの迷惑メールおまかせブロック
     

    《au》迷惑メール自己申告

    au」では迷惑メールの被害にあった場合、受信した「迷惑メールをauへ転送し報告する」機能がありますが、全く役に立ちません

    迷惑メールが来るようになったアカウントは、既にメアドが転売されている可能性もあり、送信元も異なるため、いくらキャリアに転送して報告しても何の意味もありません。
    キャリアへは日本中から連日「スパム報告」が届いているので、自動でメールブロックをしているのでしょうが、送信元もソフト使って送るのでブロックしきれません。
    auの迷惑メール自己申告は意味がない
     

    《softbunk》迷惑メール対策

    softbunk」は「au」のような「迷惑メールの申告」という機能もありますが、これは「対策ページ」の一番下に紹介されています。

    それよりまず先にオススメしている対策は、競馬予想サイト検証.COMでも先述した「メアドの変更」です。

    基本的にはこれで万事解決ですが、どうしてもメアドを変えたくない人に対しては、やはり「迷惑メールのフィルター」となりますね。

    ソフトバンクの迷惑メールスパムメール対策として迷惑メールフィルター
     
    フィルターはしたけど、まだ来る場合は、メールアドレスの部分一致したものに対しフィルターをかけてブロックします。



    警察へ「迷惑メール」の相談

    警察のホームページを見ると、迷惑メールに対する対応窓口は「一般財団法人 日本データ通信協会・迷惑メール相談センター」へ完全に丸投げです。

    その「一般財団法人 日本データ通信協会・迷惑メール相談センター」を見ても「迷惑メールとにどんな種類があるか」とか「迷惑メールを送った運営者に対しどんな罰則があるか」といった、被害者のための情報と言うより加害者のための法律のガイドラインといった感じです。

    被害にあった人が知りたい情報」が殆ど無くて、「迷惑メール」について勉強になるだけで駆け込み寺としては全く役に立たない

    警察の迷惑メールに対する対応ページ
     
    まぁ、警察よりは「消費者センター」の方が対応してくれますが、「警察に相談した事を運営者に伝える」ことができれば、あっさり手を引く事もありますね。


    そんなワケで、
    やっぱ一番いいのは「悪質競馬予想サイトの特徴」に書いたようなサイトには登録しないことと、身に覚えの無いサイトから送られてきたメールは開封しないことが一番です。


無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/25

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想は日曜の提供は無く、土曜のみだということに最近気づいた。

今回検証するセントラル競馬の無料予想(無料情報)は、2024/05/25の東京8Rで提供された買い目である。


セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ セントラル競馬の無料予想(2024/05/25)

結果:9-4-15(不的中)

勝ったコースタルテラスは1勝クラスで2着、3着が各2回あり、1番人気も4度あった馬なら、状態さえよければ勝ち負けできる力があった馬と判断出来る。

ただ、直近の成績が今一つのため手が出し辛い状態にもあったことも事実。ならば、手を出すには復調のきっかけや変わり身を感じさせる必要があったが、前走の中山戦で久々の掲示板確保の4着と復調の兆しを見せていた


実際今回変わり身を見せ勝利したのだが、その理由には「転厩」という要素があったのは想像に難くない。

厩舎が変われば調教方法も変わるのは当然で、実際前走で変わっていたではないか?


つまりは、前走で走る仕上げを掴んでいたのだ。ならば、過去の実績からも注意しなければならなかったはず。

何かが変わって成績が上向いたのだから、ここをチェック出来なかったのは残念なところ。


3着ブッシュテソーロは、中央でデビューし1戦したのみで佐賀競馬に転出。この時は、芝での一戦であったため度外視できるもの。

その後、佐賀で3連勝して中央に復帰した馬なら、ダート適性が高かったと判断できただろう。

あとは佐賀の3連勝が中央の1勝クラスで通用するかどうかというところだが、叩きつつ着順を上げていたのであれば警戒は必要だったはずでは?


逆に推奨にあった11スーパーマンは、今回初ダートなら走らせてみなければわからない馬(結果4着)。 ここは、一回様子見が妥当ではなかったか?

同じく推奨にあった14番ルージュアズライトは、浦和からの転入初戦(結果6着)。 この馬も様子見が必要ではなかったか?

6アッティラは、いかにも詰めが甘い馬というのは成績を見れば明らか。オシェア騎乗で新味が出ることを期待したかもしれないが、ずっとそれなりの騎手を乗せながらも結果が出なかったのであれば、過剰な期待であったと映る。

セントラル競馬が提供したレース

結果としては、様子見が妥当と言える馬2頭が馬券にならなかったため不的中となったのだが、そもそも様子見状態で出走させてくるのであれば、送り出す厩舎も騎乗する騎手も手探りのはず。

ならばこの組み合わせは安易であったと言えよう。




2024/05/26

TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するTORURU(トルル)の無料予想(無料情報)は、2024/05/26の2鞍提供されたうちの片方、東京12Rで提供された買い目である。


TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ TORURU(トルル)の無料予想(2024/05/26)

結果:9-6-4

勝ったシュトルーヴェは、昇級初戦の前走日経賞がいきなりのGII挑戦で勝利している馬ならば、馬が良くなっていると判断できた馬。

本質、左回りが得意な馬なのは戦績から見てもわかる馬で、今回はモレイラ騎乗だ。 買い材料は満載だった。

何故推奨できなかった?


2着シュヴァリエローズは人気こそなかったものの、距離を伸ばして成績が上がってきていた馬。

実際、前走でも今回とほぼ同じ舞台といえる東京2400mのメトロポリタンSで3着と好走しているし、前々走の京都記念(GII)でも4着と悪くない走りをしている。

今回は、ハンデも56kg。買える馬ではないのか?


TORURU(トルル)の推奨にあったダンディズムは8歳の騙馬であり、過度の期待はどうか?。

今年は小倉で1勝して入るものの、早い時計の決着に難がある馬。実際に、前走の新潟戦では1秒も負けての10着。

少頭数を見込んでの参戦としか思えない馬だ。これのどこをどう推奨できた?

適当としか思えない

TORURU(トルル)が提供したレース

同じく推奨のメイショウブレゲは典型的なステイヤー。時計の速いこの距離で、太刀打ちできるとは思えない馬。

OP実績は芝3000mの万葉Sのみ。しかも、当時は54kgの斤量だった。

この馬も、どう考えても時計勝負では分が悪すぎる。


この組み合わせで当たる方が無理である。