最終更新日:2024年05月25日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,103

2020東京オリンピックの馬術、競馬との違い。馬術と競走馬の血統や、馬の品種などについて

▼ オリンピックの馬術と競馬

  1. オリンピックの馬術、競馬との違い

    オリンピック正式種目の「馬術」と「競馬」について

    2020年東京オリンピックでも正式種目として採用された「馬術」という競技がある。

    馬術」というのは見た目は燕尾服や乗馬服を着て、シルクハットなどの帽子を着用し、優雅さが漂う独特の雰囲気の競技なので、「競馬」と違うのは分かるが、今まであまり気にしてなかったので少し調べてみた

    オリンピックの馬術とは。競馬との違い
     
    「馬術」の歴史はなんと1900年のパラリンピックから競技として採用され、1928年からはパラリンピックでなく正式種目として採用されたそうで、今度の2020年東京オリンピックからすると120年もの歴史があることを改めて知った。



    オリンピック競技の乗馬、馬術とは

    競馬と比較するのは少々難しいところがあるが、例えるならスケート競技に「スピードスケート」と「フィギュアスケート」があるように、「馬術」はフィギュアスケートに近い内容で、演技を採点するというのが主なルールだ。

    1924年からは6種目で得点を競う競技としてオリンピックに定着している。
    (動物を扱う競技ということでどうしても検疫という問題がつきまとうため主催国によっては競技に採用しない場合も稀にあるそうだ)



  2. オリンピックの馬術、馬の品種

    競馬、馬術の馬の品種について

    オリンピックの「馬術」で使用される馬について書く前に、馬の品種の豆知識だ。

    競馬用語で馬の品種を分類する言葉として「軽種」「中間種」「重種」という言葉があるが、競馬のサラブレッドは「軽種」にカテゴライズされる。

    「馬術」に使用される馬は全て「中間種」が使用されるのだが、サラブレッドが「軽種」の馬同士を交配し、素速く躍動感のある走りを求めて馬を作ることを目的としているのに対し、「馬術」に使用される「中間種」の特徴は、乗り手に従順で、走るスピードを求めない代わりに軽快さや機敏さが求められる



    競馬、馬術の馬の違いはどこにある?

    見た目はサラブレッドとそこまで変わらない。
    それより最も違い、互いの競技に重要なところはというと「メンタル」だ。

    サラブレッドは配合の時点である意味狂気を孕んでいるというか、闘争心を持って生まれてくるように種牡馬が脈々と作られてきている。何よりも早く走れるように。

    逆に見た目の品格が重視の「馬場馬術」は、動きの華麗さを競うものなので、従順な気性の馬でないと乗りこなせないのだ。



    「アラブ種」と「中間種」

    今はもう存在しないが、昭和の時代に中央競馬でも「アラブ種」限定のレースがあったのだが、この「アラブ種」や、サラブレッドとアラブ種を交配して生産された馬が主に「中間種」とカテゴライズし「馬術競技」に使用されるのが主流となっている。

    馬の品種、アラブ種とは


    このように「」は「交配」「生産」の時点で用途が決まっているため、「軽種」であるサラブレッドは「馬場馬術」には全く向かないのだ。
    「馬場馬術」に出ても試合にならならず、惨敗だろうw



  3. オリンピックの馬場馬術の騎手(選手)とは

    競馬でいう「騎手」はオリンピックではどんな人?

    競馬でいう「騎手」に関していえば、馬場馬術においては「選手」と呼ばれる。

    日本の馬場馬術の第一人者は、その世界では知らぬ人がいないという「法華津寛」で、1941年生まれの78歳でいまだに現役(2019年8月時点)

    馬場馬術の第一人者、法華津寛氏は東京オリンピック 2020に出るか
     

    馬場馬術」は、オリンピックで唯一動物を使った競技だ。
    そして騎手(選手)が馬と十分なコンタクトを取れるようになるまで最低でも3~4年はかかると言われているため、必然的に選手寿命も長くなるのが特徴で、法華津選手のような年長選手も珍しくない。

    ところで、日本の馬場馬術にこの「法華津寛」しかいないわけではない。



    2020年東京オリンピックで馬術に高田茉莉亜選手?

    今回の2020年東京オリンピックには、若きニューヒロインの誕生も期待されていた。

    その選手とは、高校から慶應義塾に通い、日本馬術連盟アンバサダーライダー高田茉莉亜選手だ。

    日本馬術連盟アンバサダーライダーの高田茉莉亜選手、2020東京オリンピック出場か
    2020年東京オリンピックで馬術に美人女性選手、高田茉莉亜


    当時25歳の高田選手は、法華津選手と比べると40年以上のキャリアの差があるが、9歳から馬術を始め数々の実績を残しオリンピックの最終選考に残っていた。(2020年6月時点)

    馬場馬術では珍しく、競技として男女の区別がないので、その点においては25歳の女性と70歳を超える男性がライバルであるというのも見所として面白い。



  4. 2020東京オリンピック「馬場馬術」

    日本は馬術の後進国だが?

    競馬の世界でもそうだが「馬を扱う」という部分においては欧米に比べ日本は馬場馬術においても後進国

    そんな日本の「馬場馬術」は、過去にメダルを獲得したのは87年も前1932年のロスアンゼルスオリンピックの馬術障害飛越競技において、西竹一選手金メダルを獲得したのが最初で最後だ。

    71歳の法華津選手が、その年齢でオリンピック選手候補として名を連ねるというくらいなので、なんだか若干閉鎖的な競技というイメージだが、25歳の高田選手が選出され、尚且つオリンピックで活躍すれば競技としての知名度は格段に上がっただろう。

    まぁ世界の「馬場馬術」の技術はかなり高いので、はじめから期待はできなかったのだが。


    東京オリンピックでの結果はというと、

    コロナで東京オリンピックの開催予定日がずれ、オープニングセレモニーも期待外れの東京オリンピックとなってしまった。
    実際の開催は2020年ではないが、東京オリンピック「馬場馬術」に高田茉莉亜選手選手としての参加は叶わなかった

    代表となった林伸伍選手のグルーム(馬のお世話をするスタッフ)としてteam JAPANに参加した。

    東京オリンピックに出場した馬場馬術のteam JAPAN
    ▲ 東京オリンピックに出場したteam JAPAN


    東京オリンピック 馬場馬術競技(団体予選 グランプリ規定演技)の出番表
    ・2021年7月24日(土)
    17:27 佐渡一毅選手 & ルードウィッヒ
    ・2021年7月25日(日)
    18:54 林伸伍選手 & スコラリ
    20:48 北原広之選手 & ウラカン

    東京オリンピック2020の馬術の結果
    ▲ 東京オリンピック2020の馬術の結果


    2020東京オリンピック公式(馬術)結果発表

    メダルの獲得、0個


    番組でもほぼ特集などされていなかったので、いつ開催されていたのかも私は分からなかったが、結果としてメダルの取得ならず。
    今後も頑張ってもらいたい。


無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/19

アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するアナタノケイバの無料予想(無料情報)は、2024/05/19の京都10Rで提供された買い目である。


アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ アナタノケイバの無料予想(2024/05/19)

結果:6-2-3(不的中)


「アナタノケイバ」の推奨馬9カーペンタリアは、昨年の12月に復帰して8→11→12→12着

前走は最下位だった


3歳時に3勝しているが、この時騎乗していたのはレーン2勝、ルメール1勝。

その後3着が一回あるが、休みを挟んでここ4戦は見る影もない。

休み明け2戦は、ともに1番人気に推されていたが8→11着。

この2戦を含む復帰後の4戦は、全て後ろから数えた方が早い着順。

一体このどこに変わり身を感じられるのか?

結果、今回も最下位では全く見る目がないとしか言えない。


1アレグロモデラートは、3勝クラスに上がって格上挑戦の牝馬限定重賞愛知杯で4着があるが、この時のハンデは51kg。3走前の中山牝馬Sも格上挑戦。

50kgのハンデであったが見せ場もなし。


今回は自己条件とは言え56kg。

詰まるところ、軽ハンデで出られるレースにしか現時点では活路のない馬。しかも今回は別定戦。

前進の余地は、どこにあると感じたのか?


8ヒヅルジョウはこれくらいの距離が得意な馬で、前走の5着で復活の兆しが見えたかに思えたかもしれないが、これまでの実績を見てもわかるように後ろから言って何頭抜けるかという競馬ばかり試している馬。


それでいて52kgで5着

今回は56kg、どうやったら前走以上のパフォーマンスが出せると判断できたのか?


複勝狙いということで穴目の馬に触手が動くことはわからないでもないが、馬券になるためにはあくまで走れる状態にあるという前提が必要。

今回のこの3頭にはなかった。


アナタノケイバが提供したレース



2024/05/18

トッカという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するトッカの無料予想(無料情報)は、2024/05/18の新潟10Rで提供された買い目である。


トッカという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トッカの無料予想(2024/05/18)

結果:3-10(不的中)

結果勝ち馬が漏れていたことによって馬券は成立しなかったが、勝ったノーブルクライは2024年の1月に戦列に復帰してから4戦して掲示板を外したのが1回、内2回は新潟、東京コースと左回りで馬券に絡んでいた。

特に前走の荒川峠特別は、後方から進んで上がり最速の脚で0.2秒差2着。

この時は内回りコースであったが、今回は外回りなら追走が楽になる分決め手が発揮しやすいという状況設定。案の定、最速の上がりで差し切った。

騎乗した丹内騎手も新潟リーディングがかかっていたのであれば、勝負の鞍だっただろう。


元々左回りが得意なら、この開催で勝ち上がりたかったところ。

決め手が生きる外回りに条件好転、ジョッキーは勝負騎乗。

血統的にもフィットするハーツクライ産駒であり、これから良くなる明け4歳馬。と、買い要素はふんだん

何故推奨しなかった?


逆に推奨に上がっていたマルクパージュは、未勝利勝ちが芝の1400m、その後2着が2度あるが、ともに芝1400mなら本質この距離は合わないという疑念はなかったか?

血統は悪くないが、常に400kgそこそこの馬体で出走してきているようにいかにも非力

小さいから馬力がないとは一概には言えないが、メリットとは言い難い。

2走前の内容が良かったことからさらに距離を伸ばしてきたが、今回は距離云々よりも非力なために荒れ馬場で力を発揮できなかったようだ。

実際に、2走前はラスト34.8秒で上がってきての4着であったが、今回は出走馬中最遅の38.1秒もかかっての10頭立て9着。


敗因は荒れ馬場と距離だろう。

ここを何故読めないのか?

トッカが提供したレース

もう一頭の推奨馬サンズオブタイムは、2歳時の新潟未勝利で2着があったものの今年は既に6歳。

それまでにただの一度も左回りを経験していないのであれば、陣営の見立ては右回り巧者。

ならば、何故今回の左回りで変われると言えよう?この辺りを俯瞰できていれば組み立ても変えられたはずである。