最終更新日:2024年07月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,830

【女性騎手】美人ジョッキーM.ミシェル騎手 (女性騎手ミカエル・ミシェルの落馬と、再来日。) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 女性騎手ミカエル・ミシェルの落馬と、再来日。

    女性騎手ミカエル・ミシェルが落馬。遠のく再来日

    2019年に『美しすぎるジョッキー』として、日本でも一大ブームを巻き起こしたフランスの女性騎手ミカエル・ミシェルだったが、先日、競走中に落馬負傷し、大怪我を負ったというニュースが日本にも届いた。

    美人ジョッキーで有名な女性騎手ミカエル・ミシェルが落馬事故
     

    女性騎手ミカエル・ミシェルの落馬事故の詳細だが、2021年12月2日、フランスのル・クロワゼ=ラロッシュ競馬場でのレースにて、他馬の転倒に巻き込まれる形でミシェルが騎乗していた馬も転倒し落馬

    診断の結果、首(頭蓋骨後部)の骨折、左鎖骨の骨折、前頭葉の打撲血種という重症であることが分かった。

    幸いにも競走馬は4頭すべて無事だったとのことだが、このアクシデントに巻き込まれたジョッキー4名は骨折等の負傷してしまったという。

    全治期間は明らかになっていないが、最低でも1ヶ月近くの完全療養が必要とのことで、復帰まではかなりの時間を要すことになりそうだ。
    美人ジョッキーで有名な女性騎手ミカエル・ミシェルが落馬事故病室より
     


    女性騎手ミカエル・ミシェルのフランスに戻っての生活

    2020年3月まで南関東競馬で短期免許を取得して日本に滞在し、日本でも一躍大人気となったミカエル・ミシェルだが、その後フランスへ帰国

    滞在当時からJRAの騎手免許試験を受験すると表明しており、再来日を目指していたのだが、当年の年末、審査自体は通過したものの、コロナウイルスの影響で来日許可が降りず昨年の受験を断念することとなった。

    日本を発ってからここまでの約1年半は、母国フランスを拠点にしながら、ヨーロッパ各地の競馬場でレースに騎乗している。

    「とても日本が気に入った」という、一見メディア向けのパフォーマンスとも思われたミシェルの発言だが、騎手免許を取得するという想いは本物で、フランスに戻っても日本語の勉強を続けているそうで、来るべき日に向けて着実に準備を進めているとのことだ。

    前回、日本に来日した時は関東圏での生活だったため、「今度日本に戻れた時は、大阪や京都にも行ってみたい」と以前のインタビューでも答えており、日本への想いは膨らむばかりといったところ。

    また、目標とするジョッキーは、母国フランスの先輩であるルメール騎手と、大井競馬の的場文男騎手だという。
    南関東で騎乗している時に色々アドバイスをもらったという間柄ではあるのだが、武豊騎手ではなく的場文男騎手と言うあたり、コアな競馬ファンをも虜にするミシェルはさすがのひと言だ。笑



    女性騎手ミカエル・ミシェル、3人目を目指して。

    前述のC・ルメールと、イタリアのM・デムーロに続く、3人目のJRA騎手免許取得に挑む女性騎手ミカエル・ミシェル。

    その壁は決して低いものではないが、今年の夏、その外国人騎手に課せられる試験の一部緩和が決まり、本人にとっては追い風が吹いている。

    ただ、やはりここで一番のカギとなるのが言語だ。
    以前、香港のモレイラ騎手が受験したものの、日本語が喋れずに不合格となったという報道があった。
    現状の要綱において、「技術に関する口頭試験」は日本語での回答がマストになっており、そこで100点満点中60点以上を取らなければいけない。

    どれだけ技術があっても、日本語を話せないとそもそものスタートラインには立てない。
    これに関しては多方で賛否両論の声が挙がっているが、前提として『日本人とのコミュニケーションが取れないと支障がある』という解釈からくるもの。(当然と言えば当然だがw)

    「通訳を使えばいいじゃないか?」という意見にも納得するところはあるが、反面で相撲界のように、有象無象に外国人騎手を迎えると日本人ジョッキーの騎乗機会が減る。という課題も出てくるだけに、なかなか難しいところである。

    女性騎手ミカエル・ミシェルも、ここはルールに従うしかない、ということで「クリアすべき課題」として試験に臨んで欲しい。
    彼女の復帰時期がいつになるかはわからないし、コロナウイルス新種株の今後も見えないなかではあるが、上手くいけば来年にチャンスが訪れるかもしれない。

    兎にも角にも治療とリハビリに専念し、1日でも早く元気にターフへ戻ってくることを願う。


無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/14

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)を抜き打ちで検証をしているが、そんな無料予想は、検証開始時から6レース、全敗だ。ある意味、さすが「有限会社ルーツ」が運営する予想サイトだとも言える。

予想精度の低さがブレることはない


直近で言えば「ウマミル」のグループサイトである「ミリオン」という競馬予想サイトが集客サイトで29戦25勝4敗などというものだから、競馬検証.comでも長期検証をしてみたところ、その検証結果は16戦0勝 16敗の、マイナス-24万円の大赤字となった。


そんなお先真っ暗な「ウマミル」だが、今回検証するウマミルの無料予想(無料情報)は、2024/07/14の函館7Rで提供された買い目である。


ウマミルという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマミルの無料予想(2024/07/14)

結果:8-1-4

1着候補(4)メジャーデビューは、函館入りしてから当クラス同じ舞台で先行して連続2着。
勝ち馬候補として相応しく見える前々走は、外枠からでて内を見ながらという競馬で、3走前は小林美旬の50kgが利いたし、前走は8頭立てという楽な競馬だった。


今回は、頭数で内枠からの競馬なら引くに引けない展開なら、勝ち切るまでいけるかを懸念するべきではなかったか?
しかも、前に行きたい馬がかなりの頭数揃っていたメンバー。少し安易だったのでは?過大評価しすぎだったのではないか。


実際勝ち馬は、行く馬を行かせてタイミング良く捲り気味に進出して勝ち切っている。展開を読み間違えたか、最初から考えても無理なのか。


もう一頭の勝ち馬候補(11)タマモネフィラは12着。
この馬は、前走の函館で同舞台4着であったが、9頭立ての競馬をかなり楽に先行してのもの。
それでも途中でアッサリ止まったのであれば、これも安易に狙いすぎだったのではないか?

ウマミルが提供したレース

そもそもこのレースは、先行激化が最初から見えていた組み合わせなら、そこを考えての組み合わせが必要だったはずだ。

ただ、ここまで先行馬が多いと何処を中心に組み立てていいのかも悩むところ。ならばいつものことだが、レース選択自体を間違っていたようだ。



2024/07/14

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競馬予想サイトミリオンの無料予想(無料情報)1ヶ月かけて検証したところ、その結果はまさに惨憺たるものであった。こんな予想でよく客から金を取って競馬予想サイトなどを運営できるものだと、呆れ果てるばかりだ。


ミリオンの無料予想は1日に2鞍提供され、1ヶ月で16レース分の予想が提供される。
その結果は驚くべきことに16戦 0勝 16敗という、まさに全敗の結果であった。

収支結果はマイナス-24万円となった


一方、「解体新書」という集客サイトは、ミリオンのことを持ち上げ、「29戦25勝4敗で 回収率849%」などと謳っているが、一体どうやれば「29戦25勝」から「16戦0勝」に化けるのか、理解に苦しむばかりだ。単にミリオンと一緒になって大ボラを吹いているだけか。


さて、この1ヶ月検証の最終日となる2024/07/14の買い目から、今回は福島8Rで提供された買い目を検証する。

とは言っても3連単フォーメーションの1着固定(2)ララヴィエルジュは、12番人気で結果14着
これは、真面目に選んでのものだろうか?

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ミリオンの無料予想(2024/07/14)

結果:9-11-12

ララヴィエルジュは2戦目で未勝利を勝ち上がったあと3戦し、4→8→11着と使うごとに着順を落としている馬だ。

強調材料は、久々をひと叩きされたことしかないが、そもそも馬体重が400kgあるかないかという馬に叩き良化を期待できるのか?
斤量53kgも物理的には有利だが、そもそもがこの成績である。全く理解不能だ

推奨された全ての馬が馬券になっておらずの中で、最先着したのが7着(5)デアパーデタで9番人気。


正直、流石にこれは「ミリオン・クオリティ」の次元を超えている。書き間違いしたとしか思えない
仮に、客から問い合わせが来ても答えようがない組み合わせだと思う。

申し訳ないが、この酷さ故ここまでしか検証できない。

ミリオンが提供したレース

こんな惨状を目の当たりにして、もはやミリオンに信頼を寄せるのは愚かである


集客サイトと、ミリオンに騙されないように、皆さんもくれぐれもご注意を。