最終更新日:2024年07月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,830

競馬の楽しみ方~セレクトセール (2022セレクトセールについて) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 2022セレクトセールについて

    セレクトセールで売上レコードをまた更新

    今年も初夏の恒例行事でもある、日本最大の競走馬セリ市場セレクトセールが北海道で開催された。
     
    近年は非常に活発な動きを見せている競走馬のセリ市場で、年々、その年のセレクトセールの売上レコードを更新していくほどだ。

    今年もそのレコードを更新することとなったのだが、 初日の1歳馬セールでは、モシーンの2021(父モーリス)の4億5000万円(落札したのはダノックス)を筆頭に、22頭が1億円以上の値をつけた。
    まさにこの2日間だけは金銭感覚が狂っている(笑)。
    100万円単位ならまだしも、平気で1000万円単位で価格が詰み上がっていく様は実に異様。

    この日は233頭が上場し、そのうち222頭が落札された。
    総売上128億7000万円落札平均額5797万円はどちらも過去最高額となった。
     
     
     

    2022年も札束の殴り合い

    『ダノン』でお馴染みの(株)ダノックス(野田順弘)、ディープインパクトやキングカメハメハなどを所有した金子真人HDがそれぞれ4頭のミリオンホースを落札。 
     
    また、昨年から競走馬オーナーとしての活動を始めたサイバーエージェントの代表取締役社長・藤田晋も1億円超を4頭落札した。 
    デビューイヤーで早速重賞(ニュージーランドT・ジャングロ)を勝つなど、順調に勝ち星を挙げている同馬主(藤田晋)は、昨年のセレクトセールでもミリオンホース2頭を含む4頭を落札していたが、今年はさらに札束のアクセルを踏んできた。 
     
    初日の1歳馬セールで9頭を落札すると、続く2日目の当歳馬セールでは1億円超で8頭も落札。 
    まるでソーシャルゲームでガチャを引くかのように、億単位の金がいとも簡単にポンポン飛び交う様は、ただただ唖然とするばかりだ。
     
     
     

    藤田晋氏の新馬主としての手腕に期待?

    サイバーエージェントの代表取締役社長・藤田晋が1億円超の馬をポンポン買って昨年は「素人が参入して大丈夫なのか?」という声も聞こえていたが、だが心配無用のようで「繁殖まで期待できる牝馬を揃えてそう」と関係者の間では評判のようだ。 
     
    さすが、ただ馬を買って走らせるだけではなく、自身で馬を育成してさらに大きな夢を見るというところまで見据えているということか。これはまさに『リアル・ウマ娘』、これまではちょっとしたネタのレベルだったが、ここまで来るといよいよ現実味が出てきた。
    藤田晋氏自らの手で生産・育成牧場を経営する日も遠くないかもしれない。

     現役の活躍を期待しつつも、今回落札した馬は来年、再来年のデビューとなり、それぞれどこまでの活躍を見せてくれるのか非常に楽しみなところだ。



    新たに参入してくる無名の馬主たち

    また、そんな藤田晋氏のように、ここ最近は新たに馬主として参入してくる人(団体)も少なくない。

    今年のセレクトセールでも、今まで名前を聞かなかった団体の落札が目立った

    ジェイウォークの2021(父ドゥラメンテ)を3億円の超高額で落札した『ツーワンレーシング』。
    ジェットセッティングの2021(父フランケル)を落札した『アメリカンターフ』。
    当歳セールでコールバックの2022(父ドゥラメンテ)を落札した『ビクトリーサークル』などの新参団体が良血馬の落札に参加した。
     
    俺の競馬予想」の「」という人物然り、このようなホームページも見当たらないし、一般的に知名度の低い(むしろほぼ知られていない)得体の知れない団体の参加・入札は過去にもあった。

    こういうケースは元々個人で馬主をやっていた人が名義を変えて参加していたり、複数人での所有を目的とした参加等、様々なケースがあるのだが、現状でその素性が明らかになっていることはなく、どこの誰が購入し、どこでデビューすることになるのかは、その馬が競走馬登録されてようやく分かるケースが殆どだ。 
     
    しかしながら、イキナリでこれだけのマネーゲーム?に参入できるのはタダ者でないことは間違いないだろう。 
    藤田晋氏はもちろん、金子真人氏や故・近藤利一氏(アドマイヤ)のような大物馬主として名を挙げることができるのかは、競馬を楽しむ要素のひとつでもある。 
      
    すべての馬がその価格に見合った走りと実績を残せる訳ではないが、これだけの札束の殴りをしたからには、しっかりとその価格に見合う走りをして欲しいとオーナーたちも思っているのは間違いない(笑)


無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/14

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競馬予想サイトミリオンの無料予想(無料情報)1ヶ月かけて検証したところ、その結果はまさに惨憺たるものであった。こんな予想でよく客から金を取って競馬予想サイトなどを運営できるものだと、呆れ果てるばかりだ。


ミリオンの無料予想は1日に2鞍提供され、1ヶ月で16レース分の予想が提供される。
その結果は驚くべきことに16戦 0勝 16敗という、まさに全敗の結果であった。

収支結果はマイナス-24万円となった


一方、「解体新書」という集客サイトは、ミリオンのことを持ち上げ、「29戦25勝4敗で 回収率849%」などと謳っているが、一体どうやれば「29戦25勝」から「16戦0勝」に化けるのか、理解に苦しむばかりだ。単にミリオンと一緒になって大ボラを吹いているだけか。


さて、この1ヶ月検証の最終日となる2024/07/14の買い目から、今回は福島8Rで提供された買い目を検証する。

とは言っても3連単フォーメーションの1着固定(2)ララヴィエルジュは、12番人気で結果14着
これは、真面目に選んでのものだろうか?

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ミリオンの無料予想(2024/07/14)

結果:9-11-12

ララヴィエルジュは2戦目で未勝利を勝ち上がったあと3戦し、4→8→11着と使うごとに着順を落としている馬だ。

強調材料は、久々をひと叩きされたことしかないが、そもそも馬体重が400kgあるかないかという馬に叩き良化を期待できるのか?
斤量53kgも物理的には有利だが、そもそもがこの成績である。全く理解不能だ

推奨された全ての馬が馬券になっておらずの中で、最先着したのが7着(5)デアパーデタで9番人気。


正直、流石にこれは「ミリオン・クオリティ」の次元を超えている。書き間違いしたとしか思えない
仮に、客から問い合わせが来ても答えようがない組み合わせだと思う。

申し訳ないが、この酷さ故ここまでしか検証できない。

ミリオンが提供したレース

こんな惨状を目の当たりにして、もはやミリオンに信頼を寄せるのは愚かである


集客サイトと、ミリオンに騙されないように、皆さんもくれぐれもご注意を。



2024/07/14

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)を抜き打ちで検証をしているが、そんな無料予想は、検証開始時から6レース、全敗だ。ある意味、さすが「有限会社ルーツ」が運営する予想サイトだとも言える。

予想精度の低さがブレることはない


直近で言えば「ウマミル」のグループサイトである「ミリオン」という競馬予想サイトが集客サイトで29戦25勝4敗などというものだから、競馬検証.comでも長期検証をしてみたところ、その検証結果は16戦0勝 16敗の、マイナス-24万円の大赤字となった。


そんなお先真っ暗な「ウマミル」だが、今回検証するウマミルの無料予想(無料情報)は、2024/07/14の函館7Rで提供された買い目である。


ウマミルという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマミルの無料予想(2024/07/14)

結果:8-1-4

1着候補(4)メジャーデビューは、函館入りしてから当クラス同じ舞台で先行して連続2着。
勝ち馬候補として相応しく見える前々走は、外枠からでて内を見ながらという競馬で、3走前は小林美旬の50kgが利いたし、前走は8頭立てという楽な競馬だった。


今回は、頭数で内枠からの競馬なら引くに引けない展開なら、勝ち切るまでいけるかを懸念するべきではなかったか?
しかも、前に行きたい馬がかなりの頭数揃っていたメンバー。少し安易だったのでは?過大評価しすぎだったのではないか。


実際勝ち馬は、行く馬を行かせてタイミング良く捲り気味に進出して勝ち切っている。展開を読み間違えたか、最初から考えても無理なのか。


もう一頭の勝ち馬候補(11)タマモネフィラは12着。
この馬は、前走の函館で同舞台4着であったが、9頭立ての競馬をかなり楽に先行してのもの。
それでも途中でアッサリ止まったのであれば、これも安易に狙いすぎだったのではないか?

ウマミルが提供したレース

そもそもこのレースは、先行激化が最初から見えていた組み合わせなら、そこを考えての組み合わせが必要だったはずだ。

ただ、ここまで先行馬が多いと何処を中心に組み立てていいのかも悩むところ。ならばいつものことだが、レース選択自体を間違っていたようだ。