最終更新日:2024年05月25日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,102

競馬の楽しみ方~調教師・厩舎編 (調教師の存在意義〜悩める敏腕トレーナー中内田調教師) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 調教師の存在意義〜悩める敏腕トレーナー中内田調教師

    中内田厩舎の、中内田充正調教師

    栗東の中内田厩舎2014年に開業し、今年2月、史上最速となる7年11ヶ月でのJRA通算300勝を達成した。
    昨年は自身初となる全国リーディングを獲得するなど、近年は栗東のリーディング争いの常連となっている。

    管理する中内田充正調教師は、滋賀県出身で、実家はその滋賀にある育成牧場・信楽牧場だ。

    そんな環境下もあり、自然と競馬界へと進路を選ぶことになるのだが、その志は強く、16歳からアイルランドへ修行しに行き、その後はフランス、イギリスといった欧州の競馬強豪国、さらにはアメリカへも渡り、世界の様々な競馬の調教技術・知識を学んだ、まさに国際派トレーナーである。

    中内田厩舎の、中内田充正調教師



    中内田厩舎には「買いか、消し」の傾向がある?

    GIで3勝重賞では26勝と順調に実績を積み重ねている状況なのだが、そんな中内田厩舎にはちょっとした傾向がある

    これは競馬ファンや関係者の間でも話題になっていることなのだが、とりわけマイル以下に良績が集中しているのだ。

    前述のグレードレースの勝ち鞍も、ダノンプレミアムの弥生賞(2018年)と金鯱賞(2019年)以外はすべて2000m以下のレースであり、逆にいうと2000mを超えるレースでは未だ重賞を勝てていないのである。

    平場こそその限りではないものの、中内田厩舎の馬は「マイル以下は買い、2000m以上は消し」というパターン?がにわかに浸透してきているのだ。



    中内田厩舎と外厩との関係性にも影響が

    前述の「マイル以下に良績が集中している」というのも、そんな傾向になっているのは決して偶然ではなく、中内田厩舎の調教・調整方法が影響しているようなのだ。

    具体的に何が、というのはハッキリしないのだが、短い距離向きになっているのは明らかだけに、クラシックを意識できる馬がそれ相応の結果を出せないのはオーナーサイドとしては何とも言えない状況に陥っている。

    そんな中で近年利用が活発になっている外厩との関係も複雑になっているようで、

    ・できる限り在厩で結果を出そうとする厩舎
    ・結果が出ないので外厩調整を進めるオーナーサイド(いわゆるノーザン系)

    という、両者のズレが今ちょっとかみ合わなくなってきているようだ。



    調教師の存在意義

    今や外厩で8割程度まで仕上げ、入厩して2週間ほどでレースへ、という使い方が当たり前となった中央競馬。

    そこにはメリットとデメリットが存在しており、ひと口に良い悪いを判断できない状況でもあるのだが、その中でハッキリと言えるのが「調教師」の存在価値だ。

    個人的には、競走馬は手元で育てて成果を出すことが調教師としての最大の使命であり本質だと思うのだが、それが今は管理している競走馬を上手く循環させて出走させることが主になりつつある。

    帰厩して2週間はある程度決められた時計で走って出走する。そして出走したらすぐに外厩へ放牧。…といった、そんなことの繰り返しをしているだけでは、調教師の存在意義がない。
    とは言え、オーナーあっての競走馬であり、それを管理する厩舎・調教師でもあるだけに、完全に否定することもできない。
    非常に難しい問題だ。


    つまり、サラリーマン調教師になるか。
    それともホースマンとしての意地を貫くか。
    近年の調教師は様々な苦悩と葛藤を抱えて日々頑張っているのである。

    これからの競馬界を引っ張っていく存在になるであろう中内田厩舎としても、ここ数年は真価が問われることになるだろう。
    これからクラシック競走や、古馬王道GIなどを勝ち負けできる馬を育てることができるかどうか。

    先週のNHKマイルCで1番人気を裏切る格好になったセリフォス(4着)をはじめ、今年はまだ重賞を1つも勝てていないだけに、残りの春シーズンはより一層力が入ることになるだろう。

    埋もれてしまっては勿体ない存在だけに、何とか頑張って欲しい。


無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/18

トッカという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するトッカの無料予想(無料情報)は、2024/05/18の新潟10Rで提供された買い目である。


トッカという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トッカの無料予想(2024/05/18)

結果:3-10(不的中)

結果勝ち馬が漏れていたことによって馬券は成立しなかったが、勝ったノーブルクライは2024年の1月に戦列に復帰してから4戦して掲示板を外したのが1回、内2回は新潟、東京コースと左回りで馬券に絡んでいた。

特に前走の荒川峠特別は、後方から進んで上がり最速の脚で0.2秒差2着。

この時は内回りコースであったが、今回は外回りなら追走が楽になる分決め手が発揮しやすいという状況設定。案の定、最速の上がりで差し切った。

騎乗した丹内騎手も新潟リーディングがかかっていたのであれば、勝負の鞍だっただろう。


元々左回りが得意なら、この開催で勝ち上がりたかったところ。

決め手が生きる外回りに条件好転、ジョッキーは勝負騎乗。

血統的にもフィットするハーツクライ産駒であり、これから良くなる明け4歳馬。と、買い要素はふんだん

何故推奨しなかった?


逆に推奨に上がっていたマルクパージュは、未勝利勝ちが芝の1400m、その後2着が2度あるが、ともに芝1400mなら本質この距離は合わないという疑念はなかったか?

血統は悪くないが、常に400kgそこそこの馬体で出走してきているようにいかにも非力

小さいから馬力がないとは一概には言えないが、メリットとは言い難い。

2走前の内容が良かったことからさらに距離を伸ばしてきたが、今回は距離云々よりも非力なために荒れ馬場で力を発揮できなかったようだ。

実際に、2走前はラスト34.8秒で上がってきての4着であったが、今回は出走馬中最遅の38.1秒もかかっての10頭立て9着。


敗因は荒れ馬場と距離だろう。

ここを何故読めないのか?

トッカが提供したレース

もう一頭の推奨馬サンズオブタイムは、2歳時の新潟未勝利で2着があったものの今年は既に6歳。

それまでにただの一度も左回りを経験していないのであれば、陣営の見立ては右回り巧者。

ならば、何故今回の左回りで変われると言えよう?この辺りを俯瞰できていれば組み立ても変えられたはずである。




2024/05/19

アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するアナタノケイバの無料予想(無料情報)は、2024/05/19の京都10Rで提供された買い目である。


アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ アナタノケイバの無料予想(2024/05/19)

結果:6-2-3(不的中)


「アナタノケイバ」の推奨馬9カーペンタリアは、昨年の12月に復帰して8→11→12→12着

前走は最下位だった


3歳時に3勝しているが、この時騎乗していたのはレーン2勝、ルメール1勝。

その後3着が一回あるが、休みを挟んでここ4戦は見る影もない。

休み明け2戦は、ともに1番人気に推されていたが8→11着。

この2戦を含む復帰後の4戦は、全て後ろから数えた方が早い着順。

一体このどこに変わり身を感じられるのか?

結果、今回も最下位では全く見る目がないとしか言えない。


1アレグロモデラートは、3勝クラスに上がって格上挑戦の牝馬限定重賞愛知杯で4着があるが、この時のハンデは51kg。3走前の中山牝馬Sも格上挑戦。

50kgのハンデであったが見せ場もなし。


今回は自己条件とは言え56kg。

詰まるところ、軽ハンデで出られるレースにしか現時点では活路のない馬。しかも今回は別定戦。

前進の余地は、どこにあると感じたのか?


8ヒヅルジョウはこれくらいの距離が得意な馬で、前走の5着で復活の兆しが見えたかに思えたかもしれないが、これまでの実績を見てもわかるように後ろから言って何頭抜けるかという競馬ばかり試している馬。


それでいて52kgで5着

今回は56kg、どうやったら前走以上のパフォーマンスが出せると判断できたのか?


複勝狙いということで穴目の馬に触手が動くことはわからないでもないが、馬券になるためにはあくまで走れる状態にあるという前提が必要。

今回のこの3頭にはなかった。


アナタノケイバが提供したレース