最終更新日:2024年06月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,463

競馬コラム~騎手編 (2023年注目すべきジョッキーは誰か?) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 2023年注目すべきジョッキーは誰か?

    昨年の年度代表馬も発表(大方の予想通りイクイノックスが選手)され、2023年の新たな競馬シーズンがスタートした。
    クラシック戦線含め、今年はどんな様相になり、どんな馬が活躍するのか非常に楽しみなところ。
     
    …そんな競走馬も気になるが、今週はジョッキーにスポットを当ててみたい。
    2023年注目すべきジョッキーは誰か?個人的な視点で3人選ばせてもらった。
     


    2023注目ジョッキー:岩田望来騎手

    先日も触れたが、武豊騎手とともに競馬界を引っ張ってきた福永祐一騎手が調教師へ転身のため2023年2月で現役を引退する。
    まず、その福永騎手が昨年挙げた『101勝』が誰の手に渡るか…というのがポイントだろう。

    福永騎手の騎乗依頼を仲介(エージェント)しているのは、元競馬ブックで記者をしていた小原氏だ。
    その小原氏が福永騎手以外に担当しているのが岩田康誠岩田望来今村聖奈の3名。
    それぞれに恩恵が渡る…とは思うが、その中でも今後の伸びしろ…というところでは岩田望来騎手への期待は大きいだろう。


    岩田望来騎手
    ▲ 髪が伸びた岩田望来騎手


    岩田望来騎手は、2019年にデビューし、今年がまだ4年目

    3年目の昨シーズンは自身初となる重賞勝利(京都牝馬S・ロータスランド)を達成し、5月にも京都新聞杯(アスクワイルドモア)を勝ってJRA重賞2勝をマークした。
    地方交流ではJBCレディスクラシック(ヴァレーデラルナ)も制した。

    年間通して51勝を挙げ、シーズン途中には自身通算100勝も達成した。
    今シーズンは年始の京都金杯をイルーシヴパンサーで制して早くも重賞勝ちを決めており、2023年さらなる活躍が期待されている。

    所属する藤原英厩舎は福永騎手とも繋がりの深かった厩舎のひとつでもあるだけに、より有力馬に騎乗するチャンスも増えてくるはずだ。
     
    一方ルーキーイヤー大活躍だった今村聖奈騎手については、色々と課題も見えている(このあたりは次週のコラムで?)ところもあるので、グループ内としては岩田望来選手を取り上げておく。
     


    2023注目ジョッキー:川田将雅騎手

    コロナウイルスも社会的に落ち着きを見せ、2023年は、あらゆるシーズンで外国人ジョッキーが日本にやって来るだろう。
    大舞台で日本人ジョッキーの活躍を見たいところだが、なかなか簡単にはいかないかもしれない…
     
    そんな中でも今年悲願のリーディングジョッキーを獲得した、川田将雅騎手がやはり日本の大将格になるのだろう。

    川田将雅騎手
    ▲ 川田将雅騎手


    先の福永騎手の引退で、小原グループ以外でより多く馬が回ってきそうなのが川田騎手でもある。
    これまでも「福永か川田のどちらか…」という選択は厩舎、オーナーの間でよく行われていたことで、それが片方いなくなれば、というところだ。

    普通にいけばルメールが最大のライバルになるのだろうが、いかなる時でもしっかりと計算できる馬を集めて2年連続を目指して欲しい。



    2023注目ジョッキー:戸崎圭太騎手

    また昨年、とくに後半でらしさ』を取り戻してきたのが東の戸崎圭太騎手だ。

    戸崎圭太騎手
    ▲ 戸崎圭太騎手


    2019年の秋に落馬で右肘の開放骨折を負い、翌年はGⅠを勝利(チャンピオンズカップ・チュウワウィザード)したりするものの、万全とはいかないシーズンとなり、翌年の2021年も本来の活躍ができずに年間88勝止まり。

    7年連続で100勝以上を挙げてきたトップジョッキーが、その2年は2ケタ止まりとなった。
    一部では「もうこれ以上は…」と噂されたこともあったが、そんな不安を払拭するかのように昨シーズンは136勝を挙げ、後半では川田騎手に追いつく勢いを見せた。
     
    その昨年で得た信頼があれば、東で川田騎手やルメール騎手らに対抗し、リーディング争いができる存在になることは間違いないだろう。
    40歳を過ぎてベテランの域に入ってきたが、地方競馬で培ったスタミナとタフさがあれば年齢も関係なしだろう。

    川田騎手とともに外国人ジョッキーに立ち塞がる存在として1年頑張って欲しい。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。