最終更新日:2024年06月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,463

競馬コラム~騎手編 (スランプなジョッキー達) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. スランプなジョッキー達

    和田竜二騎手、205戦ぶりの勝利

    先週の日曜、中京12Rでアップデート(牡4)が勝利。
    騎乗した和田竜二騎手は、これが2023年の初勝利となった。

    和田竜二騎手とアップデート
    ▲ 和田竜二騎手205戦ぶりの勝利


    2023年が始まって約1ヶ月。それまでの間に勝ち負けを見込める馬への騎乗チャンスは何度かあったが、それらをモノにできず2月に入ってようやく片目を開けることができた…のだが、このスランプはなんと今年だけの話ではないのである。

    遡ること昨年の11月。
    11月19日の阪神8R(イスラアネーロ)以来、先週までの約2ヶ月半近く勝ち星から見放されていたのだ。

    騎乗数にして205戦ぶりの勝利
    その間の勝率は…書くまでもなく悲惨なものだ(苦笑)
    しんどかったですけど、とりあえずホッとしました」とは先週、その勝利を挙げた後の本人談だ。

    テイエムオペラオーとのコンビで一世を風靡した和田竜二騎手も45歳のベテランとなり、ひと頃に比べると騎乗数も決して十分に集められているわけではないし、トップジョッキーほど毎週のように有力馬が回ってくる状況でもない。
    見方を変えればこういう時期があっても決して不思議ではないかもしれないが、やはり本人としては気が気でなかったはずだ。
    これを機にポンポンと勝ち星を積み重ねていって欲しいところだ。
     
    良い記録と同じくらい、悪い記録は表に出されやすいもので、昨年「3桁目前の岩田望来騎手。名門厩舎の宿命」でも書いたように岩田望来騎手が重賞での連敗記録を続けていた時も同じように取り沙汰されていた。

    良くない流れの時は何をやっても上手くいかないし、一度トンネルを抜ければ何事もなかったように順調にいくことが多い。



    デムーロ騎手も、過去ワースト記録を更新中

    そんな悪い流れ引き寄せているジョッキーが今もう1人いる。
    それがデムーロ騎手だ。

    デムーロ騎手は、今年1月14日に勝ってからここまでの期間、49戦未勝利を続けている

    和田竜二騎手の4分の1なら…と思いたいところだが、こちらは近年の成績を見てわかる通り騎乗馬の質和田騎手とは雲泥の差だ

    勝利前提での騎乗依頼もこれまで沢山あっただけに、これには本人もそうだが関係者も頭を抱えてしまっている。

    デムーロ騎手、過去に44連敗という記録を持っていたが、今はそれを上回ってのワースト記録を更新中で、こちらのトンネル脱出も非常に気になるところである。

    クラシック戦線に向けて各ステップレースなどでの騎乗予定もすでに入ってきている状況だけに、少しでも早い段階で本来のペースを取り戻したいだろう。

    昨年はGⅠ未勝利に終わり、日本での同期デビューでもあるルメール騎手には大きく差をつけられている状況だ。
    奮起が期待される今シーズンだけに、気合が入り過ぎて空回り…とならなければいいのだが。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。