最終更新日:2024年04月19日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:115,437

競馬コラム~騎手編 (春GI、波乱の立役者〜横山武史騎手) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 春GI、波乱の立役者〜横山武史騎手

    春GI、波乱の立役者

    2022年の中央競馬は、東西の金杯を皮切りに、2月21日の小倉大賞典(勝ち馬アリーヴォ)まで1番人気が勝てないという事象が続いた。

    そんな波乱の中でスタートした今年だが、春のGIシリーズでもその余波?が続いている。

    ・高松宮記念
    《勝ち馬》 ナランフレグ(8番人気)
    《1番人気》レシステンシア(6着)

    ・大阪杯
    《勝ち馬》 ポタジェ(8番人気)
    《1番人気》エフフォーリア(9着)

    ・桜花賞
    《勝ち馬》 スターズオンアース(7番人気)
    《1番人気》ナミュール(10着)

    …と、ここまで1番人気がどれも馬券に絡めていない状態だ。

    そして、注目すべきはその1番人気馬に騎乗しているジョッキーがすべて同じということ

    昨年、大ブレイクを果たし、飛ぶ鳥を落とす勢いの横山武史騎手だ。

    横山武史騎手の写真画像
     


    負の連鎖を断ち切って、GIで結果を残したい横山武史騎手

    先週時点で39勝。
    今年も年間100勝を超えるペースで勝ち星を挙げ、全体的に見れば及第点、もしくはそれ以上の評価をしていい成績を挙げているが、ことGIだけにフォーカスを当てるとその評価が大きく揺らいでしまいそうなくらいである。

    誤解のないよう言っておくが、ここまでの連敗は決してジョッキーのミスでがすべてではない。
    レース前にアクシデントがあった馬もいたし、展開などレースの中で上手くかみ合わなかったことによるもの。


    ただしこうも流れが悪いのはアスリート、勝負師としては良くない。
    何としてもこの負の連鎖を断ち切って、結果を残していかないとあっという間に需要がなくなってしまいかねない。

    どこまで影響が出てくるかは分からないが、先日、4月末からオーストラリアのトップジョッキー・ダミアンレーン騎手短期免許取得も発表された

    約1年9ヶ月ぶりの来日となるが、前回はリスグラシューで宝塚記念、有馬記念。
    ノームコアでヴィクトリアマイルを制し、国内の競馬ファンへ一気に名前を売った。

    どうやらすでにGIをはじめとした主要レースへの騎乗依頼が進んでいるとのことで、短期来日ではあるものの、ここ最近出来上がってきた「武史ブーム」が影を潜めてしまう可能性は少なくない。



    横山武史騎手の踏ん張りどころ

    横山武史騎手は比較的デビューからここまで順風満帆にきた印象はあるだけに、今ジョッキー人生最初の踏ん張りどころがやってきたと言ってもいい。

    今週末に皐月賞が行われるが、上位混戦でどの馬が1番人気になるかは発売が始まってみないと分からないところだが、武史ジョッキーが騎乗するキラーアビリティは間違いなく上位人気には推されるだろう。

    こういう場合は「いつも通りの騎乗」でいいのだが、もはや1番人気にならなくても皐月賞の結果は注目されて状況になってきている気がするが、本人としては少しでもプレッシャーのない状況でレースに臨みたいに違いない。

    思い起こせば横山武史騎手の初GI勝利は昨年のこの皐月賞(エフフォーリア)だった。
    競馬界の将来を背負う若手のホープ、この壁を乗り越えてまた一段成長して欲しい。

    ちなみにその皐月賞だが、前走ホープフルS勝ち馬の直行は、一昨年のコントレイル、3年前のサートゥルナーリアがともに勝利。キラーアビリティにとっては心強いデータだ。

    過去10年で1番人気は【3-1-1-5】
    勝率3割と決して高くはなく、引き続き波乱含みの様相を呈しているが、今年は果たしてどうなるか。

    馬券を買うファンとしても、最近は「1番人気は自動的に消し」という雰囲気ができつつある。
    個人的にも、そろそろ「みんなに優しいGIレース」に戻ってもらいたい限りだ。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/13

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)は、1日2鞍提供で、土日計4鞍提供される。

・4/13(中山2R)-不的中
・4/13(福島3R)-4.4倍(25点 ガミ)
・4/14(中山3R)-11.3倍(25点 ガミ)
・4/13(福島4R)-不的中

今回検証するエンジョイマイライフの無料予想は2024/04/13の中山2Rで提供された買い目である。

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ エンジョイマイライフの無料予想(2024/04/13)

結果:5-11-12

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)だが、結果として勝ち馬11・アムレートゥムが抜けたことで馬券は成立しなかったがアムレートゥムは中山ダート1800mで近2走連続3着、過去には2着もある。

所謂「コース巧者」である。
何故入れない?

13・カリプソという馬がピックアップされているがデビューから2戦して中山ダート1800mで連続10着
内容も後ろから行って全く伸びず2戦とも2秒近く負けている。

この2頭を比較してどうして13・カリプソが馬券に必要で11・アムレートゥムは必要ないのか?

理解に苦しむを通り越して理解できない。
エンジョイマイライフの予想担当者の今回の推奨理由を聞いてみたいものだ。



2024/04/13

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(無料情報)は、2024/04/13の中山3Rで提供された買い目である。

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(2024/04/13)

結果:11-13-1

競馬LIFE(競馬ライフ)無料予想(無料情報)だが、結果として、勝ち馬が組み立ての中にいないのでは話にならない。

11キングクレオールは、2走前に強敵揃いの阪神で3着がある馬。
しかも、3走前のダート1600mから1200mに短縮して良さが出た。

前走は砂を被って嫌がった分負けているが、今回はその点も馬具工夫で対応してきている。
さらに、今週引退が決まっていた勝浦騎手には有力馬が集まってきていたのは誰もが知りうる事実。

何故入れない????

3エイシンポップ→前走この舞台で3.6秒負け。
6ライズタイガ→今回中山ダート1200m初体験で実績皆無。

この2頭と比較しただけで、簡単に結論は出ていてよかったはずだ。

競馬LIFE(競馬ライフ)が提供したレース

勝ち馬には買いの根拠があった。
前出2頭には見当たらない。

いずれにせよ、3着ナックアテナも抜けていたのであれば、どうしようもない組み合わせ。

1ナックアテナは、交流競争とはいえ2着が2回あった馬。
つまりはクラス実績があったのだ。

全体的にもっと良く調べた方がいいだろう。