最終更新日:2024年04月19日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:115,439

競馬コラム~騎手編 (藤岡佑介ジョッキーが今年はひと味違う?) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 藤岡佑介ジョッキーが今年はひと味違う?

    今年はひと味違う藤岡佑介ジョッキー

    毎年『今年はひと味違う』という成績を挙げるジョッキーがいるが、今年ここまでで言うと藤岡佑介ジョッキーがそれにあたる。

    藤岡佑介ジョッキー
    ▲ 藤岡佑介ジョッキー


    記憶に新しく、とくに印象的なのがフェブラリーS、ペプチドナイルでの制覇だろう。

    11番人気の低評価を覆しての勝利というサプライズだったが、藤岡佑介ジョッキー自身、2018年のNHKマイルカップ・ケイアイノーテック以来となる8年ぶりのGⅠ勝利でもあった。

    そんなGⅠのインパクトが強いものの、それまでにもローカルながら小倉で開催リーディング争いをする9勝を挙げ、先週終了時点で19勝。
    昨年の勝ち鞍が44勝、これまでも年間40勝前後の成績であることを踏まえると、今年はキャリアハイ(2008年 85勝)も狙える状態と言っていいだろう。



    藤岡佑介ジョッキーの勝率、連帯率、複勝率

    また、その勝ち鞍以上に特筆すべき数字として、17日までの勝率、連帯率、複勝率、を見て欲しい。

    『勝率』.155
    『連対率』.252
    『複勝率』.369

    ちなみに、現在リーディング5位(26勝)につけている松山弘平騎手は…
     
    『勝率』.126 
    『連対率』.275
    『複勝率』.391

    という感じで、ほぼ同じような質の結果を出していることになる。
    ルメール、川田あたりは勝率.300、連対率・複勝率.500超なので比較対象にはならず(笑)


    騎乗数に差がある(藤岡佑…100鞍、松山…200鞍)ので、そう簡単な話ではないのだが、単純計算で倍にするとそう簡単な話ではないのだが、リーリーディング争いをする位置に。。。
    とかく今年は競馬ファンにとって非常に旨味のあるジョッキーとなっているのである。



    大舞台での勝負が弱い?

    GⅠ勝ち鞍の話に戻るが、藤岡佑介ジョッキーといえば「大舞台での勝負弱さ」の印象が強い。

    結果論での話だが、最近ではジャックドール、ひと昔前ではスーパーホーネットなど、GⅠを獲れるところまで行きながら、自身の手でそのチャンスを掴むことができなかったということが多く、そういったことが影響してか、近年はGⅠでの騎乗数も少しずつ減っている状況ではあった。

    そんな中でのフェブラリーS制覇。
    さらには直近、クラシックのトライアルレースで騎乗した馬すべてを勝ち上がらせる(チューリップ賞・セキトバイースト2着、フィリーズレビュー・エトヴプレ1着、若葉S・ミスタージーティー1着)という確変ぶりを見せ、春競馬でのさらなる活躍が期待される状態になっている。

    同期には、今では雲の上の存在にはなってしまったが、デビューから切磋琢磨し合っていた川田将雅騎手

    今年の藤岡佑介ジョッキーの勢いなら、これから始まる大舞台で、同期ワンツーというファン待望のシーンに立ち会うことができるかもしれない。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/13

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(無料情報)は、2024/04/13の中山3Rで提供された買い目である。

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(2024/04/13)

結果:11-13-1

競馬LIFE(競馬ライフ)無料予想(無料情報)だが、結果として、勝ち馬が組み立ての中にいないのでは話にならない。

11キングクレオールは、2走前に強敵揃いの阪神で3着がある馬。
しかも、3走前のダート1600mから1200mに短縮して良さが出た。

前走は砂を被って嫌がった分負けているが、今回はその点も馬具工夫で対応してきている。
さらに、今週引退が決まっていた勝浦騎手には有力馬が集まってきていたのは誰もが知りうる事実。

何故入れない????

3エイシンポップ→前走この舞台で3.6秒負け。
6ライズタイガ→今回中山ダート1200m初体験で実績皆無。

この2頭と比較しただけで、簡単に結論は出ていてよかったはずだ。

競馬LIFE(競馬ライフ)が提供したレース

勝ち馬には買いの根拠があった。
前出2頭には見当たらない。

いずれにせよ、3着ナックアテナも抜けていたのであれば、どうしようもない組み合わせ。

1ナックアテナは、交流競争とはいえ2着が2回あった馬。
つまりはクラス実績があったのだ。

全体的にもっと良く調べた方がいいだろう。



2024/04/13

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)は、1日2鞍提供で、土日計4鞍提供される。

・4/13(中山2R)-不的中
・4/13(福島3R)-4.4倍(25点 ガミ)
・4/14(中山3R)-11.3倍(25点 ガミ)
・4/13(福島4R)-不的中

今回検証するエンジョイマイライフの無料予想は2024/04/13の中山2Rで提供された買い目である。

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ エンジョイマイライフの無料予想(2024/04/13)

結果:5-11-12

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)だが、結果として勝ち馬11・アムレートゥムが抜けたことで馬券は成立しなかったがアムレートゥムは中山ダート1800mで近2走連続3着、過去には2着もある。

所謂「コース巧者」である。
何故入れない?

13・カリプソという馬がピックアップされているがデビューから2戦して中山ダート1800mで連続10着
内容も後ろから行って全く伸びず2戦とも2秒近く負けている。

この2頭を比較してどうして13・カリプソが馬券に必要で11・アムレートゥムは必要ないのか?

理解に苦しむを通り越して理解できない。
エンジョイマイライフの予想担当者の今回の推奨理由を聞いてみたいものだ。