最終更新日:2024年03月01日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:114,658

競馬の楽しみ方~騎手編 (冬競馬の楽しみ方?(ルメールが目覚めるまでに…)) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 冬競馬の楽しみ方?(ルメールが目覚めるまでに…)

    ルメール恒例の冬休み

    2022年は5日(水)に金杯が行われ、その中2日で3日間開催となった。
    わずか6日の間に4日間の競馬開催を消化した2022年の中央競馬。

    年末からここまでレースと調教を並行して行ってきた関係者の大変さはもちろんだが、新年早々から予想と馬券購入に勤しんだファンや、競馬予想サイトを運営する運営者達もさぞかし大変だったことだろう。…因みに今年はこの後、3日間開催は9月までない。

    今後はしばらくいつも通りのルーティンで、落ち着いて週末の競馬予想に臨みたいところだ。

    …「ルーティン」といえば、
    例年通り、今年もしっかりと正月休みを取ったのが昨年リーディングジョッキーの、ルメール騎手だ。
    正月休みをしっかり取ることは、もはや競馬ファンにはお馴染みの出来事になっている。

    コロナウイルスが流行する前は家族と一緒に海外へバカンスに行ったりしていたが、最近はこのような状況なので国内で余暇を過ごしていたようだ。
    そんな「冬休み」を満喫したルメール>は、他のジョッキーから2日間遅れて、9日(土)から2022年の騎乗をスタートさせた。



    年中通しての競馬開催は日本ならではの文化

    これは色々なところでも触れられているが、日本のように1年中通して競馬開催が行われているのは世界中でもほとんどない

    競走馬は他国の大きいレースを目指したりするので、完全休養となることは少ないが、ヨーロッパやアメリカなどのいわゆる「競馬先進国」は年に数ヶ月の休催期間が設けられている。

    これまでそういった文化でやってきたルメールにとっては、JRAジョッキーになったとはいえ、リフレッシュ期間、家族と過ごす時間を大事にしての選択なのである。

    一部の厩舎関係者やオーナーなどからは不満の声が聞かれないわけではないが、村社会の競馬界とて「働き方改革」が主張される昨今、ルメールの冬休み取得に賛成の声、自身も取得を望む声が徐々に多くなってきているのではないだろうか。



    ルメールのいつものルーティン

    そんなルメールだが開幕週、2日間で13鞍に騎乗して2勝をマークの成績。…普通のジョッキーならば上々の成績と言えるのだが、1番人気を飛ばすこと2回。その他も上位人気馬に騎乗しての結果(2着はわずか1回)だから、乗せた厩舎やオーナーサイドとしてはひと言遺憾だろう。

    本人は一生懸命に騎乗していると思うのだが、勝負の世界かつギャンブルゆえに、何となくしっくりこないところがあるのも正直なところで、これに対し良し悪しは何とも言えないが、この辺はやはり独特な日本の考え方が根付いているのだろう。

    しかしこんな感じなのは今年に限ったわけではない。
    こういうスタートがあるからこそ、1年間充実してレースに臨めるわけで、ここから徐々にペースを上げていき、夏競馬が始まる頃には勝ち星量産となるのが常。
    気が付けばリーディングを独走して年末を迎える…といういつもの「ルーティン」に今年もなるのだろうから、多めに見てあげて良いのではないだろうか。



    今年は代役がいる?

    そんなルメールのスロースタートを尻目に、今年は年始からデムーロ兄弟が荒稼ぎだ。

    昨年末から短期免許を取得して日本に滞在している、弟のCデムーロはこの4日間で8勝をマーク。
    今がまさにヨーロッパ競馬の休催期間になるわけで、帰国するまでに一つでも多く勝って稼ぐべく日々勤しんでいる。

    また、昨年からグッと調子を上げてきた兄のMデムーロは月曜の重賞・フェアリーS(ライラック)で早速今年の初重賞勝ちをゲット。年末にも少し触れたが、近年ルメールにお株を奪われてしまっているだけに「今年こそは」の気持ちでいることだろう。

    デムーロ兄弟もそうだが、日本人ジョッキーとて立場は同じだ。
    ルメールがいない時、まだ調子が上がらないうち?に、少しでも結果を残し、自身のアピールをして1年間良い騎乗馬を確保していけるかは大事なところ。

    とりわけ毎年リーディング争いで涙を呑んでいる川田将雅騎手にとっては、少しでもその牙城を崩し、悲願となるリーディングジョッキーの座を狙っていきたいはず。

    ルメールが本調子に入るまでのこの期間にどのジョッキーがアピールできるのか。
    これが冬競馬別の視点での楽しみ方である。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/24

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマっち×ウマっちの無料予想(無料情報)の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は68%の、マイナス-19万超のマイナス収支となった。

その後も定期的に抜き打ち検証をしているのだが、先日だと2/24と、2/25の2日間だけの無料予想の収支結果を見てもマイナス-11万 9200円である。

あまりにインパクトのあるマイナス収支だから、その対策だろうか。日曜に提供された無料の3連単予想は「スペシャルアカウントでのみ提供なんて小細工をしていた。
(てっきり空売りするのかと思ったが、スペシャルアカウントで提供した予想も的中結果に載っていなかったので、不的中だったようだ)

さて、今回検証するウマっち×ウマっちの無料予想は、2024/02/24の中山11R 幕張Sで提供された買い目である。

馬連と、3連単の2券種提供なので順に見ていこう。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマっち×ウマっちの無料予想(2024/02/24)

券種:馬連
買い方:流し

結果:2-5

軸馬推奨の1.スズハロームは、中山マイルで未勝利戦を勝ち上がっており、一見適性ありと判断できそうだが、未勝利と3勝クラスではメンバーの質が全く異なるので、そこをもって適性ありと判断するのは早計ではなかったか?

さらにはその後、積み上げた2勝は芝1400mでのもの
ならば現状は1400mがベストであり、勝ち負けするには距離が長かったとように映る。

またその2勝は中京、京都でのもので、小回り中山は向いていなかったとジャッジできていてもよかったはずだ。
近走が安定していたことを踏まえての推奨であったのだろうが、少し安易ではなかったか?


券種:三連単
買い方:フォーメーション

結果:2-5-7

1着推奨の11.ディオスバリエンテは中山で2勝して入るものの、実際使われたレース数は3度。
一見巧者にも見えるが、実際には東京コース中心に使われてきており、その数11度なら陣営の見立ては左回り巧者というのは明らか

さらには今回は大外枠
開幕週ということを考えれば、ここは大きな不利であり、この状況で勝ち負けを期待するのは無理があったのではないか?

デメリットが2つ重なっている上でのウマっち×ウマっちの推奨には疑問符がつく。
トラックバイアスを考えれば、割引であったことは判断できてよかったのではないか?

対して勝ち馬2.ニシノスーベニアは前走が1枠1番で3着、今回は2枠2番なら既に前走で勝ちパターンの競馬が出来ており、枠にも恵まれていた。
この馬を一列上げるのが本筋ではなかったか?

ただ3着が抜けているので話にはならないが。

ウマっち×ウマっちが提供したレース

結果としてはここも開幕週という馬場状態を考慮すれば、もう少し違ったアプローチが出来ていてもよかったレースで、実際に馬券になった馬は3頭とも比較的内目の枠を引いている
コース攻略」とはこの辺を見るべきものだ。



2024/02/24

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するギガうまの無料予想(無料情報)は、2024/02/24の中山9Rで提供された買い目である。

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ギガうまの無料予想(2024/02/24)

結果:5-4-2

頭数を鑑み少点数で纏めたのは評価できるが、的中しなかったのでは意味がない。

馬券対象として推奨するも圏外となったのは1.ドンアレスと3.ターコイズフリンジの2頭。

ギガうまが提供したレース

1.ドンアレスは中山芝1800mの新馬戦を2着し、小倉の未勝利戦を勝利しての臨戦で、一見買いの手に走りたくなるが、そもそも新馬戦の内容が時計も含めて平凡で好枠を利して上手く乗れたように映る。

3.ターコイズフリンジも似たようなことが言え、新馬戦の勝ち時計は平凡。
さらには530kgを超える巨漢馬であり、腕力で馬を動かすマーカンドの騎乗技術に負う部分も大きかったし、レース間隔が空いていた分太目を懸念する必要があったのではないか?

いずれにせよ、両頭とも開幕週の高速決着にいきなり対応できるとは言い難かった。

方や馬券になった4.マイネルフランツは、このクラスで2着し時計も優秀なら目処の立っていた馬。
血統的にも中山得意のゴールドシップ産駒、ここを素直に評価できなかったのが悔やまれる。

3着2.リアレストは、中山の未勝利戦を勝っての臨戦であったが、勝ち上がりまでの3戦で使われたレースは全て中山芝。
レース慣れが見込めた馬でもあり、東京戦をパスしてここまで待機していた。
狙ったレースでの仕上げにあったのが明らかなら、その部分を読み解けてもよかったはず。

結論として、馬券になった馬はある程度の実績が既にあった馬で、馬券にならなかった馬は未知の力に期待するしかなかった感。

この時期の3歳馬なら、実績重視が賢明であったと言える結果であった。