最終更新日:2024年04月19日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:115,438

競馬の楽しみ方~注目馬編 (新種牡馬のブレイクするタイミング) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 新種牡馬のブレイクするタイミング

    レイデオロ産駒、待望の初勝利

    7月23日中京5R、芝2000mの新馬戦をマテンロウゴールドが制した。
    マテンロウゴールドのは、今年が産駒デビュー年となるレイデオロであり、この勝利が父レイデオロとしての初勝利となった。
     
    マテンロウゴールドと父レイデオロ
    ▲ マテンロウゴールドと父レイデオロ


    この年のレイデオロは196頭の牝馬に種付けを行い、その種付け数は新種牡馬の中でトップだ。
    名伯楽・藤沢和雄元調教師に『ダービートレーナー』の称号をプレゼントした馬となる。
     
    父はキングカメハメハ、母はラドラーダで、このラドラーダの母レディブロンドは、ディープインパクトの半妹という超良血。 
    ディープインパクト産駒との配合相性も期待されて種牡馬入りとなった。
     
    しかし、6月の2歳戦スタートからここまで、レイデオロ産駒は計9頭デビューしたものの、どれも勝ち上がれず
    期待度の高さもあってか上位人気に推される馬も何頭かいたが、期待に応えられず。という状況が続いた。
    そして、今回のマテンロウゴールドでようやく初勝利の運びとなった。 
     
    「失敗種牡馬だったか?」という声がチラホラ聞こえ始めていた状況だけに、生産グループとしてもホッとひと安心といったところだろう。

    少し前のモーリスがそうであったように、なかなか新種牡馬のブレイクするタイミングや条件というのは、走ってみないと分からないもの。
    やや足踏みはしてしまったものの、これをキッカケに流れに乗って欲しい。
     
     
     

    セレクトセールでのレイデオロ産駒

    ただ、そんなスタートダッシュ失敗の影響もあってか、先日行われたセレクトセールでは、レイデオロ産駒が高額で取引されるシーンは少なかった。
     
    億超えは1頭のみ(ティファニーズオナーの2022…1億2000万円)で、コントレイルなどの新種牡馬に注目が集まっていた、という見方もできるが、セレクトセールにあたって6月の2歳戦の結果はどうやっても左右されてしまうので、これは当然の流れと言えるだろう。
     
    と言っても、レイデオロ産駒の真打ちはこれから。
    かなり昔の競馬コラムでも良血牝馬との配合で産まれた馬たちは夏終わり、秋ごろに向けて始動する馬が多い。ということを書いた記憶があるが、デビュー3戦目でGⅡ(12月ホープフルS)を勝つほどの完成度の高い馬ではあったが、デビュー自体は10月だった。

    いわゆる「早熟」ではないため、このタイミングで色々と評価してしまうのは早計だ。
    ここから各有力厩舎からも満を持して登場となるだろう。
     
    キングカメハメハの後継種牡馬としての期待がかかるレイデオロ。
    目指すはやはりクラシック戦線、秋には大物が現れることを楽しみにしたい。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/13

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)は、1日2鞍提供で、土日計4鞍提供される。

・4/13(中山2R)-不的中
・4/13(福島3R)-4.4倍(25点 ガミ)
・4/14(中山3R)-11.3倍(25点 ガミ)
・4/13(福島4R)-不的中

今回検証するエンジョイマイライフの無料予想は2024/04/13の中山2Rで提供された買い目である。

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ エンジョイマイライフの無料予想(2024/04/13)

結果:5-11-12

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)だが、結果として勝ち馬11・アムレートゥムが抜けたことで馬券は成立しなかったがアムレートゥムは中山ダート1800mで近2走連続3着、過去には2着もある。

所謂「コース巧者」である。
何故入れない?

13・カリプソという馬がピックアップされているがデビューから2戦して中山ダート1800mで連続10着
内容も後ろから行って全く伸びず2戦とも2秒近く負けている。

この2頭を比較してどうして13・カリプソが馬券に必要で11・アムレートゥムは必要ないのか?

理解に苦しむを通り越して理解できない。
エンジョイマイライフの予想担当者の今回の推奨理由を聞いてみたいものだ。



2024/04/13

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(無料情報)は、2024/04/13の中山3Rで提供された買い目である。

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(2024/04/13)

結果:11-13-1

競馬LIFE(競馬ライフ)無料予想(無料情報)だが、結果として、勝ち馬が組み立ての中にいないのでは話にならない。

11キングクレオールは、2走前に強敵揃いの阪神で3着がある馬。
しかも、3走前のダート1600mから1200mに短縮して良さが出た。

前走は砂を被って嫌がった分負けているが、今回はその点も馬具工夫で対応してきている。
さらに、今週引退が決まっていた勝浦騎手には有力馬が集まってきていたのは誰もが知りうる事実。

何故入れない????

3エイシンポップ→前走この舞台で3.6秒負け。
6ライズタイガ→今回中山ダート1200m初体験で実績皆無。

この2頭と比較しただけで、簡単に結論は出ていてよかったはずだ。

競馬LIFE(競馬ライフ)が提供したレース

勝ち馬には買いの根拠があった。
前出2頭には見当たらない。

いずれにせよ、3着ナックアテナも抜けていたのであれば、どうしようもない組み合わせ。

1ナックアテナは、交流競争とはいえ2着が2回あった馬。
つまりはクラス実績があったのだ。

全体的にもっと良く調べた方がいいだろう。