最終更新日:2024年05月28日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,134

競馬の楽しみ方~番外編★ (一時代を築いた名オーナー『ダイワ』が終わった) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 一時代を築いた名オーナー『ダイワ』が終わった

    「ダイワ」がいなくなった

    2020年のエプソムカップを制すなど、約6年のキャリアで8勝(37戦)を挙げたダイワキャグニー(下画像)引退した

    ダイワキャグニーが引退
    ▲ ダイワキャグニーが引退


    一般的には1頭の競走馬のトピックスとだけ見られてしまうのだが、このダイワキャグニーの引退はそれだけは片づけられない

    ダイワ』の冠でお馴染みの故・大城敬三オーナーが所有する競走馬がすべていなくなったことを意味するのだ。
     
    皐月賞などGⅠ5勝、種牡馬としても活躍しているダイワメジャー
    ウオッカとのライバル対決に火花を散らしたGⅠ3勝ダイワスカーレット
    オークスを制したダイワエルシエーロなどのGⅠを勝ち、その他にも多くの活躍馬を所有した『ダイワ』。
     
    2020年に大城敬三氏が逝去し、息子である正一氏に名義が引き継がれたが、その後大城家で馬主を続けることはなく、生前時点で所有していた馬を預かるだけとなり、今回のダイワキャグニーがその最後の1頭となっていたわけである。 
     
    ちなみに地方競馬にまだダイワと名の付く競走馬が走っているが、中央からの転厩に伴いオーナーが変わっており、本当の意味での『ダイワ』の馬はキャグニーが最後となる。 
      
    昨年、ダイワメジャー産駒のセリフォスがマイルCSを制覇し、2015年には母ダイワパッションのエポカドーロが皐月賞を制するなど、長年に渡って中央競馬の一時代を築いてきたダイワの血脈が今もなお引き継がれており、残されていくダイワの子孫たちにはこれからも頑張って欲しいと思うばかりだ。
     
     
     

    中央競馬の馬主たち

    当然、長い競馬の歴史の中でこういった出来事はいつの時代もあった。 
    直近で言えば『アドマイヤ』の近藤利一オーナーも同じだろう。 

    アドマイヤ馬については、妻の近藤旬子氏が引継ぎ、現在も馬主として競走馬を購入し走らせてはいるが、利一氏が所有していた頃と比べるとその勢いは比較にならないものである。 

    馬主という職業?遊び?はあくまでもその個人が愉しみとして続けるものであり、家族が同じその情熱に共感し、その気持ちを引き継げるケースはそうあるものではないと思っている。 
    昨今は一口馬主グループを中心に席巻している状態だが、そんな中でも個人馬主らが夢を見て競走馬を買い、ビッグレースで勝利を手にするシーンは第三者から見ても感動や面白さを味わうことができる。 

    ダビスタ―オーナーこと金子真人氏は近年でナンバーワン個人馬主と言えよう。
    その他にも、メイショウ(松本好雄氏)、シゲル(森中蕃氏)、サトノ(里見治氏)、タガノ(八木良司氏)などの方々も長年中央競馬界でポジションを確立している。

    近年ではサイバーエージェントの代表・藤田晋も馬主になり世間を賑わせたことが記憶に新しいが、そんな時代の流れに沿って、新しい馬主が誕生してくるのもまた楽しみのひとつでもある。

    中央競馬の馬主=成り金の遊び…というイメージで、なかなか一般人の我々には想像もできない世界線なのだが、そういうところも踏まえて競馬には夢があるのだと思う。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/25

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想は日曜の提供は無く、土曜のみだということに最近気づいた。

今回検証するセントラル競馬の無料予想(無料情報)は、2024/05/25の東京8Rで提供された買い目である。


セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ セントラル競馬の無料予想(2024/05/25)

結果:9-4-15(不的中)

勝ったコースタルテラスは1勝クラスで2着、3着が各2回あり、1番人気も4度あった馬なら、状態さえよければ勝ち負けできる力があった馬と判断出来る。

ただ、直近の成績が今一つのため手が出し辛い状態にもあったことも事実。ならば、手を出すには復調のきっかけや変わり身を感じさせる必要があったが、前走の中山戦で久々の掲示板確保の4着と復調の兆しを見せていた


実際今回変わり身を見せ勝利したのだが、その理由には「転厩」という要素があったのは想像に難くない。

厩舎が変われば調教方法も変わるのは当然で、実際前走で変わっていたではないか?


つまりは、前走で走る仕上げを掴んでいたのだ。ならば、過去の実績からも注意しなければならなかったはず。

何かが変わって成績が上向いたのだから、ここをチェック出来なかったのは残念なところ。


3着ブッシュテソーロは、中央でデビューし1戦したのみで佐賀競馬に転出。この時は、芝での一戦であったため度外視できるもの。

その後、佐賀で3連勝して中央に復帰した馬なら、ダート適性が高かったと判断できただろう。

あとは佐賀の3連勝が中央の1勝クラスで通用するかどうかというところだが、叩きつつ着順を上げていたのであれば警戒は必要だったはずでは?


逆に推奨にあった11スーパーマンは、今回初ダートなら走らせてみなければわからない馬(結果4着)。 ここは、一回様子見が妥当ではなかったか?

同じく推奨にあった14番ルージュアズライトは、浦和からの転入初戦(結果6着)。 この馬も様子見が必要ではなかったか?

6アッティラは、いかにも詰めが甘い馬というのは成績を見れば明らか。オシェア騎乗で新味が出ることを期待したかもしれないが、ずっとそれなりの騎手を乗せながらも結果が出なかったのであれば、過剰な期待であったと映る。

セントラル競馬が提供したレース

結果としては、様子見が妥当と言える馬2頭が馬券にならなかったため不的中となったのだが、そもそも様子見状態で出走させてくるのであれば、送り出す厩舎も騎乗する騎手も手探りのはず。

ならばこの組み合わせは安易であったと言えよう。




2024/05/26

TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するTORURU(トルル)の無料予想(無料情報)は、2024/05/26の2鞍提供されたうちの片方、東京12Rで提供された買い目である。


TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ TORURU(トルル)の無料予想(2024/05/26)

結果:9-6-4

勝ったシュトルーヴェは、昇級初戦の前走日経賞がいきなりのGII挑戦で勝利している馬ならば、馬が良くなっていると判断できた馬。

本質、左回りが得意な馬なのは戦績から見てもわかる馬で、今回はモレイラ騎乗だ。 買い材料は満載だった。

何故推奨できなかった?


2着シュヴァリエローズは人気こそなかったものの、距離を伸ばして成績が上がってきていた馬。

実際、前走でも今回とほぼ同じ舞台といえる東京2400mのメトロポリタンSで3着と好走しているし、前々走の京都記念(GII)でも4着と悪くない走りをしている。

今回は、ハンデも56kg。買える馬ではないのか?


TORURU(トルル)の推奨にあったダンディズムは8歳の騙馬であり、過度の期待はどうか?。

今年は小倉で1勝して入るものの、早い時計の決着に難がある馬。実際に、前走の新潟戦では1秒も負けての10着。

少頭数を見込んでの参戦としか思えない馬だ。これのどこをどう推奨できた?

適当としか思えない

TORURU(トルル)が提供したレース

同じく推奨のメイショウブレゲは典型的なステイヤー。時計の速いこの距離で、太刀打ちできるとは思えない馬。

OP実績は芝3000mの万葉Sのみ。しかも、当時は54kgの斤量だった。

この馬も、どう考えても時計勝負では分が悪すぎる。


この組み合わせで当たる方が無理である。