最終更新日:2024年05月25日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,102

競馬の楽しみ方~女性騎手編 (2023年のJRA女性ジョッキー達) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 2023年のJRA女性ジョッキー達

    デビューイヤーに51勝した、今村聖奈騎手

    2022年にデビューイヤーに51勝を挙げて一気に名前を売ったのは「藤田菜七子」と同じホリプロと契約してる今村聖奈騎手

    今村聖奈騎手
    ▲ 今村聖奈騎手


    過去にデビューイヤーで50勝以上を挙げたのは過去4人だけしかいない。

    ・1960年:加賀武見(58勝)
    ・1987年:武豊(69勝)
    ・1996年:福永祐一(53勝)
    ・2008年:三浦皇成(91勝)

    という錚々たる面々に続いての大記録だから、『凄い』以外の言葉が見当たらない。
     
     
     

    今村聖奈騎手の2年目のジンクス

    今村聖奈騎手の2年目の今年も2週を終えて3勝と上々の滑り出しとなっており、今年はさらなる活躍が期待される…ところだが、好調ゆえに「2年目のジンクス」はやはり気になるところだ。 
     
    騎乗馬の質は昨年同様にある程度約束されると思っていいが、昨年以上に楽な立場でなくなるところが大きい。 
    まだしばらく斤量の恩恵はあるが、他のジョッキーも黙ってスイスイと逃がせるようなことはないだろう。 

    極々一般的な話だが、斤量が軽ければ競走馬への負担が少なくなり、そのぶんスピードが出て前々に行けるのが減量騎手の強みである。

    それをして欲しくて減量騎手に依頼するケースがほとんどであり、馬込みに入ってのレースはそれ相応の技術力が必要になるため、経験の浅いジョッキーでは斤量の恩恵が相殺されてしまう。
    今村聖奈騎手だけではないが、若手ジョッキーが継続して結果を出していくためには、やはり技術力の向上なくしては話にならないのである。

    今村聖奈騎手としても、今年はとにかくレベルアップが最重要課題だ。

    これまで斤量の恩恵がなくなったとたんに勝てなくなり、騎乗依頼も減り…で再浮上できなくなった騎手はたくさんいる。(あの藤田菜七子もいま瀬戸際だ)
    とくに女性ジョッキーともなると、腕っぷしの強い男性ジョッキーたちと戦うわけだから、彼らに負けないくらいのパワーを身に付ける必要もある。
    過去女性ジョッキーたちが志半ばで引退していったのも、そういった壁にぶち当ったケースばかり。
    ジョッキーたるもの、馬を御せてこそ…だ。

     
    そんな今村騎手、エージェント等の繋がりもあり、福永祐一騎手に師事を仰いでいる。 

    追い切りの時などで会話をしているシーンをよく目にする。
    福永騎手が引退してもこの関係はしばらく続くものと思うが、現役のうちにどれだけ教えてもらい、吸収できるかは、本人にとってとても大事なことだ。

    先ほども名前を挙げたが、今、大注目の今村聖奈騎手でさえ藤田菜七子騎手のように一時のブームが終わって苦しむ時期が来ることは、決して他人事ではない。
    あくまで個人的な予想だが、今シーズンの今村騎手は決して順風満帆とはいかないのではないだろうか。
    試練の2年目となるが、どこまで成長できるか、1年間注目して見ていきたい。



    永島まなみ騎手にも注目

    逆に、2年目で成長を遂げたのは、デビュー年の7勝から2年目で3倍の21勝を挙げた永島まなみ騎手だ。

    永島まなみ騎手
    ▲ 永島まなみ騎手


    こちらは栗東滞在をしている横山典騎手が目をかけ始めたことで目覚ましく成長を遂げたようだ。
    今村聖奈騎手ほどコネクションがない中、地道に努力してのこの成績はまた立派と言える。
    今村聖奈騎手のライバルとして立ちはだかる可能性も十分にあるだろう。



    2023年デビューの女性ジョッキー達

    また、2023年は3月に3名の女性ジョッキーがデビュー予定
     
    2023年デビューの女性ジョッキー達・大江原 比呂 ・河原田 菜々 ・小林 美駒
    ▲ 2023年デビューの女性ジョッキー達


    (左)大江原 比呂
    (中)小林 美駒
    (右)河原田 菜々
     
    無事に合格できれば現役の4名と合わせて計7名JRA女性ジョッキーが誕生することになる。 

    全員が全員…という訳にはいかないだろうが、それぞれが個性を発揮して幅広く活躍する将来を楽しみにしたい。 


無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/18

トッカという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するトッカの無料予想(無料情報)は、2024/05/18の新潟10Rで提供された買い目である。


トッカという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トッカの無料予想(2024/05/18)

結果:3-10(不的中)

結果勝ち馬が漏れていたことによって馬券は成立しなかったが、勝ったノーブルクライは2024年の1月に戦列に復帰してから4戦して掲示板を外したのが1回、内2回は新潟、東京コースと左回りで馬券に絡んでいた。

特に前走の荒川峠特別は、後方から進んで上がり最速の脚で0.2秒差2着。

この時は内回りコースであったが、今回は外回りなら追走が楽になる分決め手が発揮しやすいという状況設定。案の定、最速の上がりで差し切った。

騎乗した丹内騎手も新潟リーディングがかかっていたのであれば、勝負の鞍だっただろう。


元々左回りが得意なら、この開催で勝ち上がりたかったところ。

決め手が生きる外回りに条件好転、ジョッキーは勝負騎乗。

血統的にもフィットするハーツクライ産駒であり、これから良くなる明け4歳馬。と、買い要素はふんだん

何故推奨しなかった?


逆に推奨に上がっていたマルクパージュは、未勝利勝ちが芝の1400m、その後2着が2度あるが、ともに芝1400mなら本質この距離は合わないという疑念はなかったか?

血統は悪くないが、常に400kgそこそこの馬体で出走してきているようにいかにも非力

小さいから馬力がないとは一概には言えないが、メリットとは言い難い。

2走前の内容が良かったことからさらに距離を伸ばしてきたが、今回は距離云々よりも非力なために荒れ馬場で力を発揮できなかったようだ。

実際に、2走前はラスト34.8秒で上がってきての4着であったが、今回は出走馬中最遅の38.1秒もかかっての10頭立て9着。


敗因は荒れ馬場と距離だろう。

ここを何故読めないのか?

トッカが提供したレース

もう一頭の推奨馬サンズオブタイムは、2歳時の新潟未勝利で2着があったものの今年は既に6歳。

それまでにただの一度も左回りを経験していないのであれば、陣営の見立ては右回り巧者。

ならば、何故今回の左回りで変われると言えよう?この辺りを俯瞰できていれば組み立ても変えられたはずである。




2024/05/19

アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するアナタノケイバの無料予想(無料情報)は、2024/05/19の京都10Rで提供された買い目である。


アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ アナタノケイバの無料予想(2024/05/19)

結果:6-2-3(不的中)


「アナタノケイバ」の推奨馬9カーペンタリアは、昨年の12月に復帰して8→11→12→12着

前走は最下位だった


3歳時に3勝しているが、この時騎乗していたのはレーン2勝、ルメール1勝。

その後3着が一回あるが、休みを挟んでここ4戦は見る影もない。

休み明け2戦は、ともに1番人気に推されていたが8→11着。

この2戦を含む復帰後の4戦は、全て後ろから数えた方が早い着順。

一体このどこに変わり身を感じられるのか?

結果、今回も最下位では全く見る目がないとしか言えない。


1アレグロモデラートは、3勝クラスに上がって格上挑戦の牝馬限定重賞愛知杯で4着があるが、この時のハンデは51kg。3走前の中山牝馬Sも格上挑戦。

50kgのハンデであったが見せ場もなし。


今回は自己条件とは言え56kg。

詰まるところ、軽ハンデで出られるレースにしか現時点では活路のない馬。しかも今回は別定戦。

前進の余地は、どこにあると感じたのか?


8ヒヅルジョウはこれくらいの距離が得意な馬で、前走の5着で復活の兆しが見えたかに思えたかもしれないが、これまでの実績を見てもわかるように後ろから言って何頭抜けるかという競馬ばかり試している馬。


それでいて52kgで5着

今回は56kg、どうやったら前走以上のパフォーマンスが出せると判断できたのか?


複勝狙いということで穴目の馬に触手が動くことはわからないでもないが、馬券になるためにはあくまで走れる状態にあるという前提が必要。

今回のこの3頭にはなかった。


アナタノケイバが提供したレース