最終更新日:2024年04月19日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:115,437

競馬の楽しみ方~女性騎手編 (2023年のJRA女性ジョッキー達) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 2023年のJRA女性ジョッキー達

    デビューイヤーに51勝した、今村聖奈騎手

    2022年にデビューイヤーに51勝を挙げて一気に名前を売ったのは「藤田菜七子」と同じホリプロと契約してる今村聖奈騎手

    今村聖奈騎手
    ▲ 今村聖奈騎手


    過去にデビューイヤーで50勝以上を挙げたのは過去4人だけしかいない。

    ・1960年:加賀武見(58勝)
    ・1987年:武豊(69勝)
    ・1996年:福永祐一(53勝)
    ・2008年:三浦皇成(91勝)

    という錚々たる面々に続いての大記録だから、『凄い』以外の言葉が見当たらない。
     
     
     

    今村聖奈騎手の2年目のジンクス

    今村聖奈騎手の2年目の今年も2週を終えて3勝と上々の滑り出しとなっており、今年はさらなる活躍が期待される…ところだが、好調ゆえに「2年目のジンクス」はやはり気になるところだ。 
     
    騎乗馬の質は昨年同様にある程度約束されると思っていいが、昨年以上に楽な立場でなくなるところが大きい。 
    まだしばらく斤量の恩恵はあるが、他のジョッキーも黙ってスイスイと逃がせるようなことはないだろう。 

    極々一般的な話だが、斤量が軽ければ競走馬への負担が少なくなり、そのぶんスピードが出て前々に行けるのが減量騎手の強みである。

    それをして欲しくて減量騎手に依頼するケースがほとんどであり、馬込みに入ってのレースはそれ相応の技術力が必要になるため、経験の浅いジョッキーでは斤量の恩恵が相殺されてしまう。
    今村聖奈騎手だけではないが、若手ジョッキーが継続して結果を出していくためには、やはり技術力の向上なくしては話にならないのである。

    今村聖奈騎手としても、今年はとにかくレベルアップが最重要課題だ。

    これまで斤量の恩恵がなくなったとたんに勝てなくなり、騎乗依頼も減り…で再浮上できなくなった騎手はたくさんいる。(あの藤田菜七子もいま瀬戸際だ)
    とくに女性ジョッキーともなると、腕っぷしの強い男性ジョッキーたちと戦うわけだから、彼らに負けないくらいのパワーを身に付ける必要もある。
    過去女性ジョッキーたちが志半ばで引退していったのも、そういった壁にぶち当ったケースばかり。
    ジョッキーたるもの、馬を御せてこそ…だ。

     
    そんな今村騎手、エージェント等の繋がりもあり、福永祐一騎手に師事を仰いでいる。 

    追い切りの時などで会話をしているシーンをよく目にする。
    福永騎手が引退してもこの関係はしばらく続くものと思うが、現役のうちにどれだけ教えてもらい、吸収できるかは、本人にとってとても大事なことだ。

    先ほども名前を挙げたが、今、大注目の今村聖奈騎手でさえ藤田菜七子騎手のように一時のブームが終わって苦しむ時期が来ることは、決して他人事ではない。
    あくまで個人的な予想だが、今シーズンの今村騎手は決して順風満帆とはいかないのではないだろうか。
    試練の2年目となるが、どこまで成長できるか、1年間注目して見ていきたい。



    永島まなみ騎手にも注目

    逆に、2年目で成長を遂げたのは、デビュー年の7勝から2年目で3倍の21勝を挙げた永島まなみ騎手だ。

    永島まなみ騎手
    ▲ 永島まなみ騎手


    こちらは栗東滞在をしている横山典騎手が目をかけ始めたことで目覚ましく成長を遂げたようだ。
    今村聖奈騎手ほどコネクションがない中、地道に努力してのこの成績はまた立派と言える。
    今村聖奈騎手のライバルとして立ちはだかる可能性も十分にあるだろう。



    2023年デビューの女性ジョッキー達

    また、2023年は3月に3名の女性ジョッキーがデビュー予定
     
    2023年デビューの女性ジョッキー達・大江原 比呂 ・河原田 菜々 ・小林 美駒
    ▲ 2023年デビューの女性ジョッキー達


    (左)大江原 比呂
    (中)小林 美駒
    (右)河原田 菜々
     
    無事に合格できれば現役の4名と合わせて計7名JRA女性ジョッキーが誕生することになる。 

    全員が全員…という訳にはいかないだろうが、それぞれが個性を発揮して幅広く活躍する将来を楽しみにしたい。 


無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/13

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)は、1日2鞍提供で、土日計4鞍提供される。

・4/13(中山2R)-不的中
・4/13(福島3R)-4.4倍(25点 ガミ)
・4/14(中山3R)-11.3倍(25点 ガミ)
・4/13(福島4R)-不的中

今回検証するエンジョイマイライフの無料予想は2024/04/13の中山2Rで提供された買い目である。

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ エンジョイマイライフの無料予想(2024/04/13)

結果:5-11-12

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)だが、結果として勝ち馬11・アムレートゥムが抜けたことで馬券は成立しなかったがアムレートゥムは中山ダート1800mで近2走連続3着、過去には2着もある。

所謂「コース巧者」である。
何故入れない?

13・カリプソという馬がピックアップされているがデビューから2戦して中山ダート1800mで連続10着
内容も後ろから行って全く伸びず2戦とも2秒近く負けている。

この2頭を比較してどうして13・カリプソが馬券に必要で11・アムレートゥムは必要ないのか?

理解に苦しむを通り越して理解できない。
エンジョイマイライフの予想担当者の今回の推奨理由を聞いてみたいものだ。



2024/04/13

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(無料情報)は、2024/04/13の中山3Rで提供された買い目である。

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(2024/04/13)

結果:11-13-1

競馬LIFE(競馬ライフ)無料予想(無料情報)だが、結果として、勝ち馬が組み立ての中にいないのでは話にならない。

11キングクレオールは、2走前に強敵揃いの阪神で3着がある馬。
しかも、3走前のダート1600mから1200mに短縮して良さが出た。

前走は砂を被って嫌がった分負けているが、今回はその点も馬具工夫で対応してきている。
さらに、今週引退が決まっていた勝浦騎手には有力馬が集まってきていたのは誰もが知りうる事実。

何故入れない????

3エイシンポップ→前走この舞台で3.6秒負け。
6ライズタイガ→今回中山ダート1200m初体験で実績皆無。

この2頭と比較しただけで、簡単に結論は出ていてよかったはずだ。

競馬LIFE(競馬ライフ)が提供したレース

勝ち馬には買いの根拠があった。
前出2頭には見当たらない。

いずれにせよ、3着ナックアテナも抜けていたのであれば、どうしようもない組み合わせ。

1ナックアテナは、交流競争とはいえ2着が2回あった馬。
つまりはクラス実績があったのだ。

全体的にもっと良く調べた方がいいだろう。