最終更新日:2024年05月25日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,101

競馬の楽しみ方~番外編★ (牝馬三冠に向けて) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

先週のオークスを勝ったアーモンドアイについてルメール騎手はトリプルクラウン(三冠って意味。このアーモンドアイがこの間勝って今2冠、でダービー勝てば三冠になる)と、牝馬三冠を取ることを示唆してた。
ここまで抜けて強い馬であれば言いたくもなるセリフだろー。


三冠馬が出現する年というのは、その馬が抜けて強いのはもちろんだけど、逆に他が弱い年ということも言える。

おそらくディープインパクトが三冠を勝った年は武豊を筆頭に、最初から「無事なら三つ取れる」と関係者も思っていたと思う。
プロの目から見れば世代レベルの強弱というのは最初からわかっているものだからな。


一昨年にダービー、皐月賞をともに2着したサトノダイヤモンド池江寿泰調教師は「皐月賞を叩き台にしてダービーを狙う」と公言してたからな。
言い換えれば、皐月賞を目一杯で使ったらダービーではマカヒキに勝てないかもしれない。と、言っているようなものだった。

この年、皐月賞を勝ったのはディーマジェスティだった。
ディーマジェスティは、マカヒキやサトノダイヤモンドとは対照的に、この年、馬主の大号令の元皐月賞で120%の仕上げを施していた。
おそらく能力的には三頭にそこまでの開きはなかったと思う。
結果的に「差」が出たのは仕上げの匙加減だったと思う。


今年三冠馬になる権利を有しているのは皐月賞を勝ったエポカドーロのみだが、エポカドーロを管理する藤原英昭調教師は「エポカは最初から皐月賞を目指していた」とあるメディアのインタビューに答えてたのを読んだ。
ならばもう「お釣りがないか?」と考えるのは早計だろうが、お釣りを残した仕上げをした陣営の馬や、敢えて皐月賞を使わなかった陣営の馬と比較すれば若干は見劣るだろう。


お釣りを残した仕上げをした馬とはなにか?
まずはキタノコマンドールを挙げなければならない。
この馬は皐月賞5着で権利を取ったが、実際のところは賞金面だけを考えれば2着以内に入らなければダービーには出られない馬だった。
そうなると、ある程度以上の仕上げが必要になる。
「ならば」ということで、勝ち負けは度外視して5着以内は外さない競馬をして欲しいと、ジョッキーに頼んだとしても不思議はなく、デムーロならその程度のことはいとも簡単にやってのけるだろうし、実際ダメージを最小限に抑えて権利取りに成功した。


次に
敢えて皐月賞を使わなかった陣営の馬とは?
筆頭格はブラストワンピースだろうな。
毎日杯を圧勝、レースぶりも余裕をもってのものだったし、誰が見てもダメージは最小限に抑えられた競馬だった。
しかし、皐月賞は毎日杯から中三週で、決してきついローテーションではなかったのだが、あっさり放牧に出してダービーに備えてた。
まだ全く底を見せていないという点でも最も他陣営が脅威と感じている存在だろう。


そして最後に・・・・
前述した三冠馬の権利を持つエポカドーロを管理する藤原英昭調教師は、ダービーに向けて特に気になる馬はという質問に対して

そりゃダノンプレミアムに決まっている。開業して5年目の中内田調教師は今やトップトレーナーになった。見ている方は楽しいかもしれんが、こっちは脅威しかない」と言っている。

おそらく挫石は皐月賞を使いたくないための、体のいい言い訳だと個人的には考えている。
ダノンプレミアムは競馬に行ったら放っておいても自分から全力を出してしまうタイプの馬。
そうなると当然ダメージが懸念される。
ならばそれを防ぐ一番シンプルな方法とは・・・出走しなければいい。シンプル。

二兎を追うものは一兎をも得ず?


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/19

アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するアナタノケイバの無料予想(無料情報)は、2024/05/19の京都10Rで提供された買い目である。


アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ アナタノケイバの無料予想(2024/05/19)

結果:6-2-3(不的中)


「アナタノケイバ」の推奨馬9カーペンタリアは、昨年の12月に復帰して8→11→12→12着

前走は最下位だった


3歳時に3勝しているが、この時騎乗していたのはレーン2勝、ルメール1勝。

その後3着が一回あるが、休みを挟んでここ4戦は見る影もない。

休み明け2戦は、ともに1番人気に推されていたが8→11着。

この2戦を含む復帰後の4戦は、全て後ろから数えた方が早い着順。

一体このどこに変わり身を感じられるのか?

結果、今回も最下位では全く見る目がないとしか言えない。


1アレグロモデラートは、3勝クラスに上がって格上挑戦の牝馬限定重賞愛知杯で4着があるが、この時のハンデは51kg。3走前の中山牝馬Sも格上挑戦。

50kgのハンデであったが見せ場もなし。


今回は自己条件とは言え56kg。

詰まるところ、軽ハンデで出られるレースにしか現時点では活路のない馬。しかも今回は別定戦。

前進の余地は、どこにあると感じたのか?


8ヒヅルジョウはこれくらいの距離が得意な馬で、前走の5着で復活の兆しが見えたかに思えたかもしれないが、これまでの実績を見てもわかるように後ろから言って何頭抜けるかという競馬ばかり試している馬。


それでいて52kgで5着

今回は56kg、どうやったら前走以上のパフォーマンスが出せると判断できたのか?


複勝狙いということで穴目の馬に触手が動くことはわからないでもないが、馬券になるためにはあくまで走れる状態にあるという前提が必要。

今回のこの3頭にはなかった。


アナタノケイバが提供したレース



2024/05/18

トッカという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するトッカの無料予想(無料情報)は、2024/05/18の新潟10Rで提供された買い目である。


トッカという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トッカの無料予想(2024/05/18)

結果:3-10(不的中)

結果勝ち馬が漏れていたことによって馬券は成立しなかったが、勝ったノーブルクライは2024年の1月に戦列に復帰してから4戦して掲示板を外したのが1回、内2回は新潟、東京コースと左回りで馬券に絡んでいた。

特に前走の荒川峠特別は、後方から進んで上がり最速の脚で0.2秒差2着。

この時は内回りコースであったが、今回は外回りなら追走が楽になる分決め手が発揮しやすいという状況設定。案の定、最速の上がりで差し切った。

騎乗した丹内騎手も新潟リーディングがかかっていたのであれば、勝負の鞍だっただろう。


元々左回りが得意なら、この開催で勝ち上がりたかったところ。

決め手が生きる外回りに条件好転、ジョッキーは勝負騎乗。

血統的にもフィットするハーツクライ産駒であり、これから良くなる明け4歳馬。と、買い要素はふんだん

何故推奨しなかった?


逆に推奨に上がっていたマルクパージュは、未勝利勝ちが芝の1400m、その後2着が2度あるが、ともに芝1400mなら本質この距離は合わないという疑念はなかったか?

血統は悪くないが、常に400kgそこそこの馬体で出走してきているようにいかにも非力

小さいから馬力がないとは一概には言えないが、メリットとは言い難い。

2走前の内容が良かったことからさらに距離を伸ばしてきたが、今回は距離云々よりも非力なために荒れ馬場で力を発揮できなかったようだ。

実際に、2走前はラスト34.8秒で上がってきての4着であったが、今回は出走馬中最遅の38.1秒もかかっての10頭立て9着。


敗因は荒れ馬場と距離だろう。

ここを何故読めないのか?

トッカが提供したレース

もう一頭の推奨馬サンズオブタイムは、2歳時の新潟未勝利で2着があったものの今年は既に6歳。

それまでにただの一度も左回りを経験していないのであれば、陣営の見立ては右回り巧者。

ならば、何故今回の左回りで変われると言えよう?この辺りを俯瞰できていれば組み立ても変えられたはずである。