最終更新日:2023年12月10日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:113,520

競馬の楽しみ方~番外編★ (牝馬三冠に向けて) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

先週のオークスを勝ったアーモンドアイについてルメール騎手はトリプルクラウン(三冠って意味。このアーモンドアイがこの間勝って今2冠、でダービー勝てば三冠になる)と、牝馬三冠を取ることを示唆してた。
ここまで抜けて強い馬であれば言いたくもなるセリフだろー。


三冠馬が出現する年というのは、その馬が抜けて強いのはもちろんだけど、逆に他が弱い年ということも言える。

おそらくディープインパクトが三冠を勝った年は武豊を筆頭に、最初から「無事なら三つ取れる」と関係者も思っていたと思う。
プロの目から見れば世代レベルの強弱というのは最初からわかっているものだからな。


一昨年にダービー、皐月賞をともに2着したサトノダイヤモンド池江寿泰調教師は「皐月賞を叩き台にしてダービーを狙う」と公言してたからな。
言い換えれば、皐月賞を目一杯で使ったらダービーではマカヒキに勝てないかもしれない。と、言っているようなものだった。

この年、皐月賞を勝ったのはディーマジェスティだった。
ディーマジェスティは、マカヒキやサトノダイヤモンドとは対照的に、この年、馬主の大号令の元皐月賞で120%の仕上げを施していた。
おそらく能力的には三頭にそこまでの開きはなかったと思う。
結果的に「差」が出たのは仕上げの匙加減だったと思う。


今年三冠馬になる権利を有しているのは皐月賞を勝ったエポカドーロのみだが、エポカドーロを管理する藤原英昭調教師は「エポカは最初から皐月賞を目指していた」とあるメディアのインタビューに答えてたのを読んだ。
ならばもう「お釣りがないか?」と考えるのは早計だろうが、お釣りを残した仕上げをした陣営の馬や、敢えて皐月賞を使わなかった陣営の馬と比較すれば若干は見劣るだろう。


お釣りを残した仕上げをした馬とはなにか?
まずはキタノコマンドールを挙げなければならない。
この馬は皐月賞5着で権利を取ったが、実際のところは賞金面だけを考えれば2着以内に入らなければダービーには出られない馬だった。
そうなると、ある程度以上の仕上げが必要になる。
「ならば」ということで、勝ち負けは度外視して5着以内は外さない競馬をして欲しいと、ジョッキーに頼んだとしても不思議はなく、デムーロならその程度のことはいとも簡単にやってのけるだろうし、実際ダメージを最小限に抑えて権利取りに成功した。


次に
敢えて皐月賞を使わなかった陣営の馬とは?
筆頭格はブラストワンピースだろうな。
毎日杯を圧勝、レースぶりも余裕をもってのものだったし、誰が見てもダメージは最小限に抑えられた競馬だった。
しかし、皐月賞は毎日杯から中三週で、決してきついローテーションではなかったのだが、あっさり放牧に出してダービーに備えてた。
まだ全く底を見せていないという点でも最も他陣営が脅威と感じている存在だろう。


そして最後に・・・・
前述した三冠馬の権利を持つエポカドーロを管理する藤原英昭調教師は、ダービーに向けて特に気になる馬はという質問に対して

そりゃダノンプレミアムに決まっている。開業して5年目の中内田調教師は今やトップトレーナーになった。見ている方は楽しいかもしれんが、こっちは脅威しかない」と言っている。

おそらく挫石は皐月賞を使いたくないための、体のいい言い訳だと個人的には考えている。
ダノンプレミアムは競馬に行ったら放っておいても自分から全力を出してしまうタイプの馬。
そうなると当然ダメージが懸念される。
ならばそれを防ぐ一番シンプルな方法とは・・・出走しなければいい。シンプル。

二兎を追うものは一兎をも得ず?


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2023/12/03

競馬キャンプという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競馬キャンプという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬キャンプの無料予想(2023/12/03)

競馬キャンプ無料予想(無料情報)だが、12月3日(日)のチャンピオンズCは正直、2着の⑦ウィルソンテソーロのピックアップは苦しかったと思うが、実績を掘り下げてみるとダートに限って言えば9戦7勝

その7勝は全てある程度先行して勝ちに行ってのもの。
前走のJBCクラシックも勝ちに行ったが最後はバテてしまったのであれば、戦法を変えてくる可能性は考える余地はあった。
実際、差しに回ることを示唆しているコメントも出ていた。

あわせて、今回馬券対象としてピックアップされている②メイショウハリオと前走で0.4秒差であったのであれば、同等の扱いができてよかったのではないか?

中央のG1のメンバーに入って重賞実績が交流重賞しかなかったのであれば、これだけのメンバーに入れば評価を下げざるを得なかったかもしれないが、勝ったレモンポップの評価を下げているように、捻りを加えているのであれば、ここも捻ってもよかったのでは。…と、思う。

競馬キャンプが提供したレース

ただ、勝ったレモンポップと同じ列、つまりはレモンポップを1頭目から外していたのであれば馬券としては成り立たない。

レモンポップが3着以下になれば、馬連の配当は上がるという希望的観測が垣間見える組み合わせであるが、レモンポップを嫌う要素は「距離」と「外枠」だけであったはず。

今年のフェブラリーS・G1を勝った際にも距離不安は囁かれたが、陣営としてもその点は百も承知で、1600mに対応できるように調整し勝ち切った。

今回も、始動戦を1600mの南部杯に選んで2着を持ったままで2秒千切っているなら、既に1800m仕様に馬は造られていたのだ。

臨戦過程は余裕残しの状態で、ノーダメージで勝ち上がったように上々で状態もピークだった。

大型馬でありながら機動力に長けており、絶好のポジションを見つければ、すぐに其処を取れる馬。
今回は走り終わった後で杞憂に終わったが、鞍上の坂井瑠星も距離と枠の不利を考慮しスタート後、直ぐに先手を主張。これは最短距離を通ることによりスタミナの消耗を避けるという騎乗であったが終わってみればゴール後もまだ余裕があった。

誰が1800mは保たないと決めたのか?