最終更新日:2024年04月19日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:115,437

【女性騎手】藤田菜七子について (藤田菜七子、新人を返り討ち?) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 藤田菜七子、新人を返り討ち?

    「藤田菜七子、ここにあり」

    前回の「藤田菜七子にとって新潟開幕は、究極の背水の陣」の続きとなるが、先週から一回新潟が開幕した

    前回書いたように、ここで巻き返さないと存在感が薄れる一方の藤田菜七子であったが、得意新潟で新人騎手を封じ込め初日から2勝し「菜七子ここにあり」と見せつけることができた。



    古川奈穂と、藤田菜七子の違いに刮目せよ。

    ここまでで通算5勝、一応は新人騎手リーティング古川奈穂騎手と並んだ形になった。

    古川奈穂騎手と藤田菜七子騎手
     

    ただ、ここで注目したいのは古川奈穂騎手と藤田菜七子騎手では、乗っている馬の「質」が全く違うというところだ。

    ここでも紹介したが、古川奈穂騎手の5勝は全て所属厩舎の矢作厩舎の馬

    さらに言えば初勝利を飾ったバスラットレオンは先日のNZT・G2を藤岡佑介騎乗で逃げてぶっちぎった馬だ。

    去年の最強・全国リーディング厩舎が、古川奈穂騎手に勝てそうな馬をどんどん回しているのに対し、藤田菜七子騎手に回ってくる馬は、古川奈穂騎手が乗っているような「誰が乗っても勝てる」という馬ではないのだ。

    それと藤田菜七子騎手の5勝は全て関東馬によるもので、ここでも馬の質が違うことが推測できる。

    しかも負担重量は新人よりも重いとなれば苦戦を強いられるのは明らかで、その中で2勝を挙げたのは藤田菜七子の「意地」とも言えるだろう。



    G1騎乗を果たし、新潟女王の座を取り戻せるか?

    日曜(4/11中山6R)は中山に移動した。
    藤田菜七子としては、本来なら新潟に残りたかっただろうが、お手馬であるレッジャードロ中山の自己条件に出走するということで、ある意味この馬のために中山へ出向いたのだ。

    ただ、ここでは10頭立ての9着に敗退してしまう。
    今回は珍しく出遅れなかったのだが中団キープからアッサリ失速。
    それにしてもドゥラメンテ産駒は牡馬でも牝馬でも気性が非常に難しく、このために期待に応えられない馬がかなりいるのが現状。
    これでオークスへの出走はかなり厳しくなった

    オークス出走への権利取りチャンスはあと1回と言えるだろう。
    自己条件を勝って2勝目を挙げるか、トライアルを使って権利を取るか?

    選択肢は、
    オークストライアルであるフローラS・G2を使うか?
    もうひとつのトライアル、スイートピーSを使うか?
    スイートピーSの同日に行われる自己条件を勝つか?
    いずれにせよ東京に戻らなければならない。

    そして、このレッジャードロために得意の新潟を離れるのはあまり得策ではないといえるが、それでも「クラシックに騎乗すること」は他のレースに騎乗することとは全く違う意味がある。

    先日のコラムでも書いたように、今年の春の新潟開催は福島競馬場が先の地震のため使用不能となり、新潟競馬場が代替開催として7週間のロングラン開催となった。(藤田菜七子としてはこれはチャンスだ)

    G1騎乗を果たし、尚且つ得意新潟をフルに活かして再度新潟女王の座を取り戻したいところだろう。


関連コラム

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/04/13

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証する競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(無料情報)は、2024/04/13の中山3Rで提供された買い目である。

競馬LIFE(競馬ライフ)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬LIFE(競馬ライフ)の無料予想(2024/04/13)

結果:11-13-1

競馬LIFE(競馬ライフ)無料予想(無料情報)だが、結果として、勝ち馬が組み立ての中にいないのでは話にならない。

11キングクレオールは、2走前に強敵揃いの阪神で3着がある馬。
しかも、3走前のダート1600mから1200mに短縮して良さが出た。

前走は砂を被って嫌がった分負けているが、今回はその点も馬具工夫で対応してきている。
さらに、今週引退が決まっていた勝浦騎手には有力馬が集まってきていたのは誰もが知りうる事実。

何故入れない????

3エイシンポップ→前走この舞台で3.6秒負け。
6ライズタイガ→今回中山ダート1200m初体験で実績皆無。

この2頭と比較しただけで、簡単に結論は出ていてよかったはずだ。

競馬LIFE(競馬ライフ)が提供したレース

勝ち馬には買いの根拠があった。
前出2頭には見当たらない。

いずれにせよ、3着ナックアテナも抜けていたのであれば、どうしようもない組み合わせ。

1ナックアテナは、交流競争とはいえ2着が2回あった馬。
つまりはクラス実績があったのだ。

全体的にもっと良く調べた方がいいだろう。



2024/04/13

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)は、1日2鞍提供で、土日計4鞍提供される。

・4/13(中山2R)-不的中
・4/13(福島3R)-4.4倍(25点 ガミ)
・4/14(中山3R)-11.3倍(25点 ガミ)
・4/13(福島4R)-不的中

今回検証するエンジョイマイライフの無料予想は2024/04/13の中山2Rで提供された買い目である。

エンジョイマイライフという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ エンジョイマイライフの無料予想(2024/04/13)

結果:5-11-12

エンジョイマイライフの無料予想(無料情報)だが、結果として勝ち馬11・アムレートゥムが抜けたことで馬券は成立しなかったがアムレートゥムは中山ダート1800mで近2走連続3着、過去には2着もある。

所謂「コース巧者」である。
何故入れない?

13・カリプソという馬がピックアップされているがデビューから2戦して中山ダート1800mで連続10着
内容も後ろから行って全く伸びず2戦とも2秒近く負けている。

この2頭を比較してどうして13・カリプソが馬券に必要で11・アムレートゥムは必要ないのか?

理解に苦しむを通り越して理解できない。
エンジョイマイライフの予想担当者の今回の推奨理由を聞いてみたいものだ。