最終更新日:2024年05月28日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,133

大競馬時代 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ 大競馬時代の競馬予想サイト情報

  • ■サイト名:
    大競馬時代
    ■補足情報:

    大競馬時代」という競馬予想サイトの検証を行うと的中実績がニセモノだと判明。大競馬時代のドメイン取得日より半年前の実績だった(笑)…この世にまだ存在してないサイトの実績とか、ありえない。実績データも大ウソだし、まったく信用ができない。また、大競馬時代のグループサイトだが、2024年に登場したセントラル競馬という競馬予想サイトが完全同一IPだ。

    ■運営会社:

    バリューアップ

    ■運営責任者名:

    小川裕

    ■電話番号:

    03-5962-1815

    ■メールアドレス:

    info@k-jidai.com

    ■住所:

    東京都豊島区南大塚2-11-10 ミモザビル3F

    ■IPアドレス:

    153.127.198.84

▼ 大競馬時代の関連サイト情報

▼ 大競馬時代の競馬検証レポート

目次[]

  1. 【序章】大競馬時代という競馬予想サイトの基本情報や口コミ情報を徹底検証

    1章-大競馬時代という競馬予想サイトとは

    大競馬時代という競馬予想サイトをありとあらゆる角度から検証した。
    大競馬時代の会員登録後に的中実績を確認したところ、大競馬時代の実績が約半年ほど前から的中実績が紹介されていた。大競馬時代のドメイン取得日も調べてみると、大競馬時代の的中実績自作自演のウソだということが判明した

    また、各販売コースの実績紹介として載っていた、大競馬時代の収支データも大ウソだった

    まぁ、大競馬時代がどれだけウソをついているかは後々紹介するとして、とりあえず大競馬時代の無料予想に関しては、検証開始した2022年11月8日から抜き打ちで長期検証を開始します。
    少なくとも3ヶ月、長い時は半年から1年以上かけての検証なので、これ以上の情報は無いでしょう(笑)



    2章-大競馬時代の会員登録前のトップページ

    大競馬時代」という競馬予想サイト会員登録前のトップページはこのようなデザインになっている。

    TOP全体を見ると、ここ最近増えているグループサイトに似ている。

    大競馬時代という競馬予想サイトの非会員ページ
    ▲ 大競馬時代の会員登録前のページ



    登録前ページの解説文言について

    大競馬時代のTOPページに載っている文言を並べ、少し手を加えて読みやすくしてみると。

    現在、日本における競馬人口の増加はネット馬券投票のスムース化、競馬ゲームにより急激に加速しており「競馬は中高年のもの」というのはもはや前時代の考えとなっている。(そうなったのは競馬予想サイトが増えたことで競馬業界が潤い、連動してメディアでも煽っているのが最も大きな要因だろう)

    2021年の有馬記念では490億円という売上を記録し、競馬におけるビッグレースの売り上げは軒並み好調となった。
    大競馬時代を見て抱くものは「競馬での成功」だが、競馬における成功とは当然「本来手にし得ない超高額な配当」これに尽きる。
    競馬のみならず、どんなものでも人が多く集まる場所に金も集まり、そこにチャンスが生まれるものなので、日本競馬は今「過去最大の絶好機」にあると言ってもいいだろう。
    (競馬が当たりやすくなったわけではない)

    現代の競馬では毎週のように万馬券、十万馬券が続出しており、実際に数十万円、数百万円という金額を手にされている人が何千、何万人といる事実。
    仮に100万円を貴方の口座に貯めるのにどの程度の時間がかかるか?…半年?一年?もしかしたらそれ以上かも知れない。

    競馬における生命線は情報。大競馬時代では各地に張り巡らせた情報網と専属の馬券師、アナリストのもとに情報を精査。
    大競馬時代のみが持つ情報も多数あり、結果を裏付けております。
    (…とあるが、コレに関しては会員登録後に会員ページのどこ探しても、馬券師の存在や、独自の情報網を持っているということを裏付けるようなものは一切無い。)

    「毎週続出する万馬券」「連続的中という快挙」「過去の競馬損失を払拭」控え目に言ってもこれらは十分に実現可能な領域である。
    競馬で毎年100%以上の回収値を出せる人間がいるか?
    何故常勝する人間がいるのか?
    それはつまり「勝てる情報さえ手に入れる事ができれば勝てる」ということで、結果に直結する情報を収集するべく大競馬時代が持つ情報網を駆使し、相応の期待値が認められるレースと馬を厳選。それらを踏まえ、入念な精査工程を経て、総合的な回収率が最大と想定される買い目のみを提供。

    馬券師、アナリスト、各方面からの情報を総合的に精査期待値によるレース、競走馬の選定を行う事により実績に繋がっております。
    (まるで長年運営していて実力、実績があるようにも受け取れるが、実際はコンテンツにしてもなにも書かれておらず、稼働していたのかも怪しいところ。的中実績も捏造したものだったので、その真価は不明)



    3章-大競馬時代の情報検索した結果

    次に今回検証している競馬予想サイト、大競馬時代の情報検索をしてみる。

    2022年11月8日の時点でネットで「大競馬時代 競馬予想サイト」という複合キーワードで大競馬時代の情報検索をしてみると、このような検索結果となった。

    大競馬時代のサイト情報検索結果
    ▲ 大競馬時代の情報検索結果(2022/11/08時点)


    一番上はいつもの「チェッカー」なので、特に大競馬時代の検証記事など無い。
    我先にと大競馬時代のページだけ設けて公開したかんじで、どういうわけか11/3から大競馬時代の口コミが入っている。

    2番目にgooleにインデックス(検索エンジンに認識される)されてるのは「クチコミ競馬予想」という検証サイトで、こちらでは早くも評価がC評価となっていた。
    大競馬時代の口コミでは11月7日に発見(1日前)したとあり、「的中実績は半年前くらいから載せてるけど、そんな時期に大競馬時代を見たことない」と書いてある

    この口コミの言うとおり、後ほど私も大競馬時代に会員登録して的中実績を確認したところ、確かに半年ほど前から的中実績が紹介されており、大競馬時代のドメイン取得日も調べてみると、大競馬時代の的中実績が自作自演のウソだということが判明した。

    3つ目のサイトも口コミは11月7日からとなっており、大競馬時代が一般公開されたのは11月7日からではないかと思える。(だとすると後程大競馬時代に登録して、確認したらコンテンツが何も無かったのも納得だ)



  2. 【検証①】大競馬時代という競馬予想サイトの基本情報

    検証①-1-大競馬時代という競馬予想サイトの運営社情報

    次に、大競馬時代の運営社情報について見てみよう。

    大競馬時代という競馬予想サイトの運営会社情報
    ▲ 大競馬時代の運営社情報


    大競馬時代という競馬予想サイトの運営会社情報だが、フッターより大競馬時代の特商法に基づく表記を見ると、大競馬時代という競馬予想サイトは「バリューアップ」という法人?が運営していることになっていた。

    しかし「株式会社」や「合同会社」などなにも書かれていないので、この「バリューアップ」というのが法人名なのか何だかわからない

    運営サイト 大競馬時代
    運営会社 バリューアップ
    販売責任者 小川裕
    運営所在地 東京都豊島区南大塚2-11-10 3F

    検証①-2-大競馬時代の運営社を国税庁サイトから検索

    「大競馬時代」という競馬予想サイトが「バリューアップ」という運営会社?によって運営していることが分かったので、国税庁サイトから検索してみた。

    しかし「バリューアップ」と付く法人が多すぎるのと、特商法ページに載っている大競馬時代の住所と一致するものが見つからない



    検証①-3-大競馬時代という競馬予想サイトの運営所在地を検証

    大競馬時代の住所(運営所在地)を国税庁サイトから検索すると、481件も同じ住所を使う法人が見つかった。

    この「ミモザビル3F」というのはバーチャルオフィスとして有名で、「株式会社エウロパ」の作り出す競馬予想サイトも全てこの住所を使っている。
    なので、大競馬時代の運営社も「住所表記」の為にこの住所を使っているだけで、実際に大競馬時代の運営者がここにいるわけではない。

    大競馬時代という競馬予想サイトの住所検索結果
    ▲ 大競馬時代の住所検索結果


    住所から→バリューアップ」という順で大競馬時代の運営会社を探そうとしたが、残念ながらこの481件の中に「バリューアップ」は無かった。

    もしかするとこの特商法の情報デタラメかもしれない



    検証①-4-大競馬時代という競馬予想サイトのIPアドレスを検証

    大競馬時代のIPアドレスは「153.127.198.84」だ。

    大競馬時代のIPアドレス
    ▲ 大競馬時代のIPアドレス


    大競馬時代のIPと完全一致する競馬予想サイトは見つからなかったが、部分一致する予想サイトは以下の2サイトになる。
    ひとつは競艇予想サイトで、もうひとつは既に閉鎖した競馬予想サイトだ。

    トリプルクラウン(153.127.198.139)
    競馬21(153.127.195.188)



  3. 【検証②】大競馬時代という競馬予想サイトのサイト・サービス内容

    検証②-1-大競馬時代という競馬予想サイトへの会員登録の方法

    さていよいよ大競馬時代という競馬予想サイトへ会員登録をしてみる。
    大競馬時代への会員登録は、会員登録前ページのメアド送信枠から大競馬時代に登録したい自分のメアドを送信する。

    メアドを送ると画面が仮登録に切り替わるので、そのタイミングで登録したメアドに自動返信が大競馬時代から送られてくる。
    送られてきたメール内のリンクコードを押すと、登録完了となり、大競馬時代の会員ページにログインすることができるようになる。



    検証②-2-大競馬時代という競馬予想サイトの会員ページ

    大競馬時代にログインすると、大競馬時代の会員ページに入ることができる。

    大競馬時代という競馬予想サイトの会員ページ
    ▲ 大競馬時代の会員ページ



    検証②-3-大競馬時代という競馬予想サイトのポイント還元を検証

    競馬予想サイトに会員登録をすると、初回会員登録をした利用者に対し、ポイント還元をする予想サイトもあるが、今回の大競馬時代にはポイント還元が無い

    所持ポイントを見ると「0ポイント」のままなので、何も還元されていないのが分かる。



    検証②-4-競馬予想サイト「大競馬時代」の的中実績がウソだった

    大競馬時代の的中実績が半年前からあると、この口コミに書いてあったので確認すると、本当だ

    最古のものは2022年5月14日となっている。

    しかし大競馬時代の的中実績を調べてみると、大競馬時代がサイトURLを契約したのは「2022年7月22日」だ。

    つまり、大競馬時代の最古の的中実績である2022年5月14日に、まだ「大競馬時代」という競馬予想サイトはこの世に誕生していなかった。ということになる

    競馬予想サイト「大競馬時代」の的中実績を検証
    ▲ 大競馬時代の的中実績は自作自演


    100%、捏造したニセモノ。



    検証②-5-大競馬時代の実績データも大ウソだった

    大競馬時代の各販売コースには、過去にこのコースに参加して、どれだけのプラス収支になったのか、円グラフで紹介しているコースもあった。

    だが、見ると2021年1月〜12月の集計となっている

    前述のように大競馬時代のドメイン取得日は「2022年7月22日」なので、2021年にまだ大競馬時代は無かったはず

    大ウソである。


    大競馬時代の実績データも大ウソだった
    ▲ 大競馬時代の実績データも大ウソだった



    検証②-6-大競馬時代は稼働していなかった?

    大競馬時代の会員ページの下の方にコンテンツのようなものがある。

    その中の一つに「無料コラム」というのがあるが、このコンテンツを見てみると何も書かれていない
    バックナンバーも何もない

    本当に大競馬時代は稼働していたのだろうか?

    本当に大競馬時代は稼働していたのだろうか?
    ▲ 大競馬時代は稼働していたのか?



  4. 【検証③】大競馬時代という競馬予想サイトが提供する競馬予想について

    検証③-1-大競馬時代が販売する競馬予想(有料情報)

    大競馬時代が販売する競馬予想(有料情報)の場所は、会員ページのTOPに並んでいるので見逃すことはないだろう。

    大競馬時代という競馬予想サイトの提供する競馬予想は、毎週週明けの月曜日から有料コースを販売開始している。

    大競馬時代という競馬予想サイトが提供する競馬予想
    ▲ 大競馬時代の有料情報の販売場所



  5. 【検証④】大競馬時代という競馬予想サイトの口コミ・評判

    検証④-1-大競馬時代という競馬予想サイトの口コミを厳選紹介

    大競馬時代という競馬予想サイトに対し、競馬様子サイト検証.COMに投稿された口コミ情報の中から、大競馬時代の、気になる口コミを抽出してみました。
    (長い口コミの場合、一部抜粋することもあります。)
    大競馬時代の参考口コミ1
    まだ「大競馬時代」に関する情報の含まれた口コミは届いておりません。
    競馬予想サイト検証.COM」では引き続き大競馬時代という競馬予想サイトの検証は続けていくつもりですが、もしも大競馬時代をご利用された方や、被害・不満と思われている方、大競馬時代の「関連サイト情報」などをお持ちの方、または大競馬時代からの電話営業など証拠の残らない営業を受けられた方などいらっしゃいましたら、どんな些細な情報でも構いませんので、口コミ情報のご提供にご協力頂けると幸いです。m(_ _;)m


  6. 【検証⑤】大競馬時代という競馬予想サイトのコース一覧と料金プランについて

    検証⑤-1-競馬予想サイト「大競馬時代」の料金プランについて

    大競馬時代という競馬予想サイトが販売している料金プランについて見てみよう。


    大競馬時代のハイグレード情報

    資産100倍計画
    提供レース:不明
    券種:三連単フォーメーション
    点数:12点〜18点くらい
    推奨投資金額:1点300円?
    情報料金:29,800円
    Bakuro
    提供レース:土日4鞍
    券種:三連単
    点数:12点〜18点くらい?
    推奨投資金額:1鞍5,000円前後
    情報料金:59,200円
    シーズンヴィクトリー
    提供レース:土日2鞍
    券種:三連単
    点数:不明
    推奨投資金額:1鞍5,000円前後
    情報料金:41,000円
    フロンティア
    提供レース:土日2鞍
    券種:三連単
    点数:不明
    推奨投資金額:1鞍5,000円前後
    情報料金:30,600円
    馬券の流儀
    提供レース:土日2鞍
    券種:三連単
    点数:不明
    推奨投資金額:1鞍5,000円前後
    情報料金:28,800円
    BLアルゴ
    提供レース:土日2鞍
    券種:三連単
    点数:不明
    推奨投資金額:1鞍5,000円前後
    参加費:30,800円
    ジョッキーズヴィジョン
    提供レース:土日2鞍
    券種:三連単
    点数:不明
    推奨投資金額:1鞍5,000円前後
    参加費:26,600円

    大競馬時代のハイグレード情報

    冨田義弘
    提供レース:不明
    券種:不明
    点数:不明
    推奨投資金額:不明
    参加費:不明
    レアコミット
    提供レース:不明
    券種:不明
    点数:不明
    推奨投資金額:不明
    参加費:350pt
    一撃のデコーダー
    提供レース:不明
    券種:不明
    点数:不明
    推奨投資金額:不明
    参加費:450pt


大競馬時代という競馬予想サイトの「無料予想レポート」も見てみる。

▼ 大競馬時代の口コミ・評価・評判

1
2
  • 投稿者 : のさん

    言ってることは大層だが、毎回無料予想は素人に毛が生えた感じで、なんていうか、これで有料が凄いって言われても信じられないです

    大競馬時代の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    有料云々の前に無料の精度が悪い。
    軸すら合わないです。これじゃどんなに条件よく勧められても購入する気にならないです。

    大競馬時代の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    有馬記念の売り上げがどうとか、JRAの年間売り上げが伸びてるとかって書いてるサイトって大抵当たらない。
    なんか、何億円とか凄そうな数字だけで誇張して、あたかも自分たちの実績だみたいなノリで喋ってて痛い。
    ここはいつも口先だけで的中結果を出さないし、有料ではずれても次のプランを買え買え言ってくるだけ。
    もう懲りたよ。

    大競馬時代の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    毎回、謝罪メールで「とことん会員様と向き合う」とか「必ずや巻き返します」と言っていますが、これが1年以上続くと、怒りがこみ上げてきます。
    口先だけの言葉でしょう。
    とにかく気をつけてくださいとだけ伝えます。
    あとは、自己責任ですから。

    大競馬時代の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    担当が勧めてくるプランは買いません。自分は毎回複勝の馬が馬券にならない時は馬連BOXはハズれる。そして複勝の馬が馬券になっても大概馬連BOXはハズれている。という「ルール」を見つけました。結局は複勝の馬が馬券になってもトータルではマイナスというパターンになります。

    大競馬時代の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    担当がススメてくるプランって、ハズレばかり。
    こんなにハズレ続けるのはある意味奇跡的だよ。
    トリガミくらい当たってもいいんじゃないかと思うんだけど。
    他のサイト含めてここまでハズレまくるサイトは見たことない。
    マジで呆れる。

    大競馬時代の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    大競馬時代だなんて仰々しいサイト名のくせに全く当たらない。
    複勝で挙げた馬が7着って、どんな情報精査してんだよ。
    ワイドBOXの他の2頭も10着と4着で1頭も馬券に絡まないとか素人以下やん。

    大競馬時代の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    土曜東京12R、複勝14って1番人気のくせに、9着だもんなーなんだよこのクソ予想がっ、と思ったら、馬連の買い目は残りの2頭が1着と3着、惜しいけどハズレはハズレだわー残念無念

    大競馬時代の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    無料情報にしても馬連BOX10点とか、どんだけ自信ないんだよと思ってしまう。
    せめて5点以内で出せよっていう話。

    大競馬時代の口コミ情報
  • 投稿者 : 名無しさん

    阪神最終レース無料情報で買ってみたよ。複勝1点で自身ありげに選ばれた馬が10着とは驚いたよ。10着はないだろ、競馬素人の俺がいうのもなんだけど、今日の試合は難しかったのかな?

    大競馬時代の口コミ情報
1
2

▼ 大競馬時代の口コミを投稿する

投稿者 ※任意
口コミの内容 ※必須
個人評価 ※必須

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/25

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想は日曜の提供は無く、土曜のみだということに最近気づいた。

今回検証するセントラル競馬の無料予想(無料情報)は、2024/05/25の東京8Rで提供された買い目である。


セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ セントラル競馬の無料予想(2024/05/25)

結果:9-4-15(不的中)

勝ったコースタルテラスは1勝クラスで2着、3着が各2回あり、1番人気も4度あった馬なら、状態さえよければ勝ち負けできる力があった馬と判断出来る。

ただ、直近の成績が今一つのため手が出し辛い状態にもあったことも事実。ならば、手を出すには復調のきっかけや変わり身を感じさせる必要があったが、前走の中山戦で久々の掲示板確保の4着と復調の兆しを見せていた


実際今回変わり身を見せ勝利したのだが、その理由には「転厩」という要素があったのは想像に難くない。

厩舎が変われば調教方法も変わるのは当然で、実際前走で変わっていたではないか?


つまりは、前走で走る仕上げを掴んでいたのだ。ならば、過去の実績からも注意しなければならなかったはず。

何かが変わって成績が上向いたのだから、ここをチェック出来なかったのは残念なところ。


3着ブッシュテソーロは、中央でデビューし1戦したのみで佐賀競馬に転出。この時は、芝での一戦であったため度外視できるもの。

その後、佐賀で3連勝して中央に復帰した馬なら、ダート適性が高かったと判断できただろう。

あとは佐賀の3連勝が中央の1勝クラスで通用するかどうかというところだが、叩きつつ着順を上げていたのであれば警戒は必要だったはずでは?


逆に推奨にあった11スーパーマンは、今回初ダートなら走らせてみなければわからない馬(結果4着)。 ここは、一回様子見が妥当ではなかったか?

同じく推奨にあった14番ルージュアズライトは、浦和からの転入初戦(結果6着)。 この馬も様子見が必要ではなかったか?

6アッティラは、いかにも詰めが甘い馬というのは成績を見れば明らか。オシェア騎乗で新味が出ることを期待したかもしれないが、ずっとそれなりの騎手を乗せながらも結果が出なかったのであれば、過剰な期待であったと映る。

セントラル競馬が提供したレース

結果としては、様子見が妥当と言える馬2頭が馬券にならなかったため不的中となったのだが、そもそも様子見状態で出走させてくるのであれば、送り出す厩舎も騎乗する騎手も手探りのはず。

ならばこの組み合わせは安易であったと言えよう。




2024/05/26

TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するTORURU(トルル)の無料予想(無料情報)は、2024/05/26の2鞍提供されたうちの片方、東京12Rで提供された買い目である。


TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ TORURU(トルル)の無料予想(2024/05/26)

結果:9-6-4

勝ったシュトルーヴェは、昇級初戦の前走日経賞がいきなりのGII挑戦で勝利している馬ならば、馬が良くなっていると判断できた馬。

本質、左回りが得意な馬なのは戦績から見てもわかる馬で、今回はモレイラ騎乗だ。 買い材料は満載だった。

何故推奨できなかった?


2着シュヴァリエローズは人気こそなかったものの、距離を伸ばして成績が上がってきていた馬。

実際、前走でも今回とほぼ同じ舞台といえる東京2400mのメトロポリタンSで3着と好走しているし、前々走の京都記念(GII)でも4着と悪くない走りをしている。

今回は、ハンデも56kg。買える馬ではないのか?


TORURU(トルル)の推奨にあったダンディズムは8歳の騙馬であり、過度の期待はどうか?。

今年は小倉で1勝して入るものの、早い時計の決着に難がある馬。実際に、前走の新潟戦では1秒も負けての10着。

少頭数を見込んでの参戦としか思えない馬だ。これのどこをどう推奨できた?

適当としか思えない

TORURU(トルル)が提供したレース

同じく推奨のメイショウブレゲは典型的なステイヤー。時計の速いこの距離で、太刀打ちできるとは思えない馬。

OP実績は芝3000mの万葉Sのみ。しかも、当時は54kgの斤量だった。

この馬も、どう考えても時計勝負では分が悪すぎる。


この組み合わせで当たる方が無理である。