最終更新日:2024年05月25日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,102

アルカナム(ARCANUM) 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ アルカナム(ARCANUM)の無料予想の検証結果

▼ アルカナム(ARCANUM)の関連サイト情報

▼ アルカナム(ARCANUM)の無料予想レポート

  1. アルカナム(ARCANUM)という競馬予想サイトの無料予想について

    アルカナムの無料予想の提供場所

    アルカナム(ARCANUM)という競馬予想サイトが提供する無料情報(無料予想)だが、発見時のコース一覧には無料予想を彷彿させる画像は無かったのだが、前述した「ヒッキーの競馬予想ブログ」では無料予想の検証済み。ということなので、待ってみると、レース前日に公開された。


    アルカナム(ARCANUM)という競馬予想サイトが提供する無料情報(無料予想)だが、会員ページに「フリープラン ナンバーズ無償版」と書かれた画像ボタンがあるので、そこを押すと次のページで確認ができる。

    アルカナム(ARCANUM)という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)を確認する



    アルカナム(ARCANUM)の無料情報(無料予想)の詳細

    アルカナム(ARCANUM)の無料予想の提供時間

    アルカナム(ARCANUM)という競馬予想サイトでは、毎週土日、レース前日の朝(22:00頃)には予想が提供されている。


    アルカナム(ARCANUM)の無料予想の内容

    アルカナム(ARCANUM)で提供される無料予想(無料情報)は、1日2鞍

    提供される無料予想(無料情報)の馬券券種馬連と、馬単の2券種だ。

    点数馬連10点、馬単20点の、合計30点と、かなり多く、1点あたり100円〜1000円を推奨しているので、不的中だった場合、1鞍あたり3万円のマイナスとなる。



  2. アルカナム(ARCANUM)という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の検証結果

    アルカナムの無料予想の抜き打ち検証

    アルカナムという競馬予想サイトで提供された無料予想(無料情報)の買い目を、抜き打ちで検証してみた。

    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/04/16(中山R)

    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    これまでも何度かアルカナムの無料情報(無料予想)の抜打ち検証をしてきたが、1年以上経っても全く成長が見られない
    相変わらず酷い買い目を平気で出している。

    1日2鞍提供されるアルカナムだが、4/16は連敗。4/17は初めのレースがガミで、2日合計でマイナス-11万 4200円の収支結果となった。

    4/17阪神9Rも酷いものだったが、今回検証するのは4/16中山11Rとする。…まぁ、酷い買い目だ。

    馬連馬単予想であったが、7オジュウチョウサンが1着にも関わらず、見事に大ハズレである。

    7オジュウチョウサン(1人気)は固定で、6ケンホファヴァルト(2人気)と8ビレッジイーグル(4人気)を選択することで、必然的に1ブラゾンダムール(3人気)と2マイネルレオーネ(5人気)を切り捨てたのであろう。

    要するに、[2人気と4人気]で行くか、[3人気と5人気]で行くかの選択が今回の勝負どころだったのかもしれない。
    障害のGI競走で大穴をあける馬はそうそういないので、9頭立てと雖も上位5頭で提供した方が的中する確率が高かった(結果的にはトリガミ)わけであるが、ハズレるよりはマシだったはず。

    昨年の2着馬6ケンホファヴァルト(2人気)は、外傷の手術明けという大きなハンデがあったことから見た目以上にタフな馬場状態に苦戦し、8ビレッジイーグル(4人気)は重賞(しかもJ-GI)となるとまだ荷が重く、集中力を欠く感じで物見が凄く、勝負どころでオジュウチョウサンやブラゾンダムールに来られた時に抵抗できなかった。

    残りの大穴2頭である、5マイネルプロンプト(8人気)と9キタノテイオウ(9人気)は、経験が豊富も人気通りの走りでラストはどちらも脚が上がっていた。

    少しでも配当があれば「次こそは」という気持ちが生まれるものであるのだが、このアルカナムの買い目それすら無視しているように思えてならない。



    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/01/30(小倉4R・小倉9R)

    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    1/29は2鞍不的中で、計6万のマイナス
    翌日1/30も2鞍不的中で、計6万のマイナスとなった。
    今回検証する無料予想は、1/30の2鞍だ。

    小倉4Rのレース検証
    日曜の小倉4R障害の4歳以上未勝利戦何故このレースを選んだのか?

    障害戦に詳しい情報通でもいるのならまだしも、サイト側が推奨してきたのは、12-4-1-6-5番人気である。

    結果的には、1着11グランドレグルス(2人気)、2着10サンティーニ(3人気)、3着8レッドゼノン(1人気)であり、なんと1着と2着が抜けという大失態なのである。
    ヒモ荒れを狙って、2,3人気は切ったのか。(アルカナムじゃそこまで狙えてないか…)

    1着11グランドレグルスは、厩舎が練習通りに飛越は上手かったし、終いもいい脚を使っていた」と言っていたし、2着10サンティーニも「距離を詰めるので、リラックスして走れればチャンスがありそうだ」と言っていた。
    勿体ない。オッズだけで買い目を決めるからこうなる。
    こんな予想に馬連で1万円馬単で2万円の、合計3万円の出費は痛すぎだ。

    小倉9Rのレース検証
    日曜小倉の宝満山特別であるが、2番人気と5番人気で決まり、馬連3,120円・馬単5,100円で決まった美味しいレース。
    1着で2番人気の9トーホウバロンの方が抜け目となりハズす、常識ではあり得ない買い目であった。

    サイトが推奨してきた人気順は、3-4-5-6-8番人気という、何故か1,2人気を切った買い目なのである。
    しかも、3着には10頭立て中9番人気の4マイネルクロンヌが入線し、3連単であれば12万9900円もついた美味しい馬券なのだ。

    1着の9トーホウバロン(2人気)については、陣営が「距離を延ばして内容は安定。ジョッキーとの手も合う印象」とかなりトーンが上がっていた。もはやアルカナムには期待をするだけ無駄ということだろう。

    予想の傾向をみると、機械的に人気馬を外している
    根拠もなくやっているようにしか思えない。



    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/11/7(東京4R)

    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    アルカナムの無料予想は毎回2鞍提供されるのだが、11/7は両方とも不的中。点数が多いので当たったとしてもほぼトリガミ。
    実際前週も今週と同じ×2つ×とガミだった。

    今回の無料予想の検証は11/7東京4Rにするが、結果から言うと、買い目情報の馬が1頭も馬券に絡まないという、情けないものだった。

    10頭だてのメイクデビュー東京から、5頭も選んでて何故、このような買い目になるのか?
    想像するに、ルメール騎乗の10アイレスアン(2人気)を中心に考えているのだろう。
    アイレスアン(2人気)からの馬連/馬単を相手人気薄で獲りたいという意図が伝わる。

    1ミツカネヴィーナス(5人気)は歩様が硬くて不器用な馬と言う印象が強く、後半から猛然と追い上げて来たが届かなかった。
    2ギンリン(10人気)は、出遅れの上に道中何も出来ずに終わってしまった。
    4ジュングローリー(6人気)も出遅れの上に集中して走れず全く力を出し切れなかった。
    9ガンガディン(8人気)は掲示板には載ったが、まだ全体的に子供っぽくて集中し切れていなかった。
    10アイレスアン(2人気)は、追ってからが案外で、前とは大きく離されてしまい、ちょっと負け過ぎ。

    上位着順3頭の情報分析をやってなかったんだろう。
    そして、買い目の5頭の情報分析もやっていないだろう。
    なんだか過去に見てきたアルカナムの傾向を思い返すと「ルメールから穴馬へ」これがアルカナム流の使えない方程式なのではないだろうか?



    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/08/28(小倉2R・小倉8R)

    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    1日に2鞍の無料予想が提供されるアルカナムだが、8/282鞍とも不的中で、8/29は1つが×、次はガミとなった。
    以下8/28の無料予想の検証となる。

    小倉2R
    ここの運営社(グループサイト)は、やはり選んでくるレースは少頭数のレースばかりである。
    1着の7 キラーアビリティ(1人気)はどうにか買い目に入っていた。
    ディープインパクト産駒であり、1回使ってシッカリしており稽古での動きも良く、あとは折り合いだけだった。
    そして、もう一頭のディープインパクト産駒である3 パーソナルハイ(3人気)は、何故買い目から漏れたのか??
    前向きさもあり、前進は必至と目されていた。買い目に入れる為の抽選でもあったのか?意味不明である。
    三連複や三連単を狙っている訳ではないので、下手なのだから変な穴狙いはやめて欲しいものだ。

    小倉8R
    このレースの予想は酷い
    8頭立てであるが、なんと買い目に選ばれなかった方の3頭で決まるという屈辱的な結果となった。

    アルカナムの無料買い目は、毎回馬連・馬単を予想しているのだが、完全な穴狙いであることは一目瞭然。

    適当な穴狙いをやっているから、こんな羽目に会うのだ。
    要するに関係者の情報なんて見ていないし、馬の状態など何も知らないのだろう。人気だけを見て、あわよくば当たればいいやという低い意識で買い目を作っている。…と、言われても仕方のない買い目だった。



    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/06/19(阪神9R)

    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    アルカナムは7頭立てのレースを選んできた。
    まぁ、配当見てもわかるようにこれを当てられなかったら、看板下ろすしかないでしょ。…というレベルの、予想売ってるなら「当てて当然」といったレースである。
    どの専門紙を見ても1.2.4で決まりでしょ、みたいな雰囲気しかなかった。

    結果は、1-2-4でハズしている。
    しかも、1着スカーフェイス(3人気)が買い目に入っていない

    左回りは今一つということで、この阪神開催まで待機しており、3走前は同舞台で目の醒めるような勝ちっぷりであったスカーフェイスだが、多分買い目を考える担当者は、前2走(中京)9着→9着を判断して嫌ったのだろう。
    そこまで見てたかどうかも怪しいとこだが、だとしたら初心者にありがちな判断と言える。

    鞍上は岩田康誠騎手であり、それはそれは酷い騎乗ぶりで最後方から一気の捲くりで差し切った。ゴール前、1着が決まった状態からもムチを入れていた…。

    2着ワールドバローズ(1人気)と3着アトリビュート(2人気)に関しては、共に前走が1着であり、専門紙にも◎と○が並んでいたから、否が応でも入れたのだろう。

    6着の⑦スラッシュメタル(6人気)や7着の③テーオーアマゾン(7人気)を入れるぐらいなら、点数減らしてでも1着の①スカーフェイス(3人気)を入れるのが競馬の常識だと思うのだが(笑)



    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/03/27(ドバイゴールデンシャヒーン)

    アルカナム(ARCANUM)の無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    アルカナムの無料予想1日に2鞍提供される。
    3/27も、3/28も不的中で、全てまともに買ってたら、無料予想とはいえ2日で12万のマイナスだ。

    さて今回は「2021ドバイミーティング回顧」でも競馬コラムを書いた3/27ドバイゴールデンシャヒーン(GI)の無料予想の検証になる。

    買い目を見ると、シンガリ人気のゼンデン(USA)(13人気)を買い目に入れたのは評価できる、が、何故レッドルゼル(JPN)(4人気)を買い目から切り捨てたのか、と思う。
    鞍上が、北村友一と言う訳でも川田将雅と言う訳でも無く、アイルランドのA.オブライエン厩舎の主戦を務める、かつてはスノーフェアリーの主戦騎手として名を馳せたライアン・ムーアなのに切ってしまった

    この条件でライアン・ムーア騎手を外すのはかなりの冒険なのだが、それをやってしまった。

    結果は大外からトップスタートを切ったゼンデン(13人気)が逃げ切って優勝したのだが、4頭いた日本調教馬では、最後方から追い込んだレッドルゼル(4人気)がR.ムーア騎乗で2着と最高着順となった

    これも理由が分からないが、日本調教馬で唯一ジャスティン(6人気)を買い目に入れていたのだが、11着である
    まさか、R.ムーア騎手よりも坂井瑠星騎手の方が力量があるとでも思っているのか?
    ジョッキーのことも、馬との組み合わせ、レースの展開を全く読めていなかったようだ。

    海外競馬に手を出す前にこの買い目では日本の競馬も当てるのは難しいと判断せざるを得ない。
    実際、翌日の3/28の中山も2レースとも外してるしな。



    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/02/28(阪神11R)

    アルカナム(ARCANUM)の無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    今回検証するのは「阪神11R 阪急杯G3」だが、3 カツジ(8人気)は、ナイだろ

    素人競馬の「令和ケイバ」と同グループなだけにアルカナムもマグレ一発狙いか?
    武豊騎手は5番人気以内でないと、中々馬券には絡んでくれない。
    相変わらずスタートのタイミングが合わず、思った位置が取れなかったし。

    10 インディチャンプ(3人気)は、もはや出がらし状態
    あんまり馬のことを貶したくはないが、鞍上の名前で人気になっているだけ。
    スタートは良かったが、もう少し前を取りたかったのだろう。あと100mで止まってしまったのは、休み明けの分もあるのかかもな。

    11 ザイツィンガー(13人気)を入れているのだが、こんなのを何故入れたのか理由を聞きたい。
    レースではうまくゲートを出て後ろからいい脚を使っていたが、もう少し進路が開けば良かったのだろう。
    まだまだこれからの馬なので馬券にいれる理由がわからない。

    17 ベストアクター(5人気)は、多分「3連勝中の上がり馬」ってことだけ。
    返し馬に行く前からテンションがおかしかったが、ゲートを出るとスムーズに運べた。
    大外枠で外々を回る展開になった分ラストは厳しくなったのと、1年ぶりが響いたものと思われるが、そこを見抜けない時点で情報以前の問題だ。

    集中力が続くようになった2着 6ミッキーブリランテの本格化を見抜けるようになれば、立派な競馬人だと思う。



    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/02/07(中京8R)

    アルカナム(ARCANUM)の無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    そもそも、プロの予想家が馬連・馬単をBOXで出すなんてことがまかり通ってることが問題だと思うのだが、まぁ「無料予想」は客引きパンダなのでしょうがないとしよう。
    …ただ馬連・馬単なのにこんなに点数が多く(馬連10点、馬単20点の、合計30点)基本当たって当然なのだが、負けると、笑えない金額となる

    このアルカナムも例の如く1・3・5番人気と下位人気の2頭を混ぜる」という単純明快な買い目だった。
    そんなので当たるのなら、予想家の出る幕はないだろう。
    でも、現実は4・5・2番人気での決着である。

    1〜5番人気の5頭を入れておけば良かったというオチ。
    ⑥のタマモサンシーロ(4人気)は逃げ宣言が出ていたと言うから、情報を持っていれば買えたのではないだろうか。
    あと、③アドマイヤビーナス(2人気)だが、実績のある広い中京で見直せなかったのか疑問が残る。



    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/02/07(小倉11R)

    もぅひとつの買い目だが、どうしてこのメインレースを無料予想で出だしのか?

    パンサラッサ(3人気)は、追い日以外にコースでの運動量を増やして体力強化を図り、27日の坂路では51秒2と攻めも動いていたのに買い目に入れない理由が分からない

    ワールドウインズも、前走小倉で楽な勝ち方をしており、陣営も「ここにきて馬が良くなっている」と自信ありそうだったが情報が入って来ていない証拠ではないだろうか。
    今回の買い目だが、1,2着を当てる馬連・馬単で、1,2着抜けは重症



  3. アルカナム(ARCANUM)という競馬予想サイトの無料予想の長期検証

    アルカナムの無料予想の長期検証

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、アルカナムの無料予想の検証結果となる。

    アルカナムという競馬予想サイトの無料予想の検証は、基本的に検証の開始を始めた日から、提供日は毎日できる限り無料予想(無料情報)のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出しています。

    3/20 無料予想 -30,000円
    3/20 無料予想 -30,000円
    3/21 無料予想 -30,000円
    3/21 無料予想 -30,000円
    3/27 無料予想 +2,100円
    3/27 無料予想 -19,500円
    3/27 海外無料 -30,000円
    3/27 海外無料 -30,000円
    3/28 無料予想 -30,000円
    3/28 無料予想 -30,000円
    4/3 無料予想 +30,800円
    4/3 無料予想 +13,000円
    4/4 無料予想 -30,000円
    4/4 無料予想 -30,000円
    4/10 無料予想 -30,000円
    4/10 無料予想 -30,000円
    4/11 無料予想 -30,000円
    4/11 無料予想 +85,300円
    4/17 無料予想 -30,000円
    4/17 無料予想 -400円
    4/18 無料予想 -30,000円
    4/18 無料予想 -30,000円


    アルカナムの無料予想(無料情報)の検証結果

    アルカナム無料予想(無料情報)の検証を1ヶ月間行ったわけだが、もし仮にアルカナムが提示する推奨金額で(1鞍あたり3万円)1ヶ月間毎日買い続けた場合、賭金は66万円もかかり、結果払戻しは19万 1300円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-36万 8700円だ。


    アルカナムの無料予想(無料情報)の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 27%
    回収率 44%
    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    アルカナムの検証レポ



アルカナム(ARCANUM)という競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

ウマビッグ(UMABIG)という競馬予想サイトは、1ヶ月の無料予想での検証結果が回収率45%(-16万超)うまスタという競馬予想サイトと、まったく同じ電話番号だった。…ウマビッグの情報検索をすると、1サイトもインデックスされていなかったが、集客サイトは初めからウマビッグ(UMABIG)を絶賛。グループサイトが全然ダメだったのに、急に的中率100%なんてなるか?
…実際にウマビッグの無料予想を1ヶ月かけて検証すると、うまスタより回収率は良かったが、的中率は50%(10戦5勝)(3連複フォーメーション)と半分。やはり初めから絶賛してる集客サイトより、競馬検証.comが検証すると必ず下がるから不思議w

ウマビッグ(UMABIG)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 50%(10戦5勝 5敗)
回収率 87%(-3万超)
【検討中】 馬争の頂

馬争の頂という競馬予想サイトの所在地はイギリス。馬争の頂には他サイトを真似た「ウソをついてる宣言」が載っていた。これで馬争の頂のグループサイトはがほほ確定だ。馬争の頂の「お喜びの声」もウソだった。馬争の頂の集客サイトは的中率100%の回収率は618%などと大絶賛していたが、競馬検証.comが1ヶ月かけて馬争の頂の検証をしてみると、33戦19勝 14敗の的中率58%、回収率は73%のマイナスー35万 2660円となった。またいつものようにぜんぜん違う結果となった。

馬争の頂という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 58%(33戦19勝 14敗)
回収率 73%(-35万超)
【検討中】 成金競馬道

成金競馬道集客サイト怪しい。…情報検索すると57分前にインデックスされてなかったのに、1ヶ月前から検証していたという。
集客サイトの戦績8戦8勝の的中率100%と、大絶賛だが、競馬検証.comが無料予想を検証した結果回収率27%の、24レースで、マイナスー45万 150円。いくらなんでも乖離しすぎではないのか?

成金競馬道という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月(24レース)
的中率 29%(24戦7勝17敗)
回収率 27%(-45万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/18

トッカという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するトッカの無料予想(無料情報)は、2024/05/18の新潟10Rで提供された買い目である。


トッカという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トッカの無料予想(2024/05/18)

結果:3-10(不的中)

結果勝ち馬が漏れていたことによって馬券は成立しなかったが、勝ったノーブルクライは2024年の1月に戦列に復帰してから4戦して掲示板を外したのが1回、内2回は新潟、東京コースと左回りで馬券に絡んでいた。

特に前走の荒川峠特別は、後方から進んで上がり最速の脚で0.2秒差2着。

この時は内回りコースであったが、今回は外回りなら追走が楽になる分決め手が発揮しやすいという状況設定。案の定、最速の上がりで差し切った。

騎乗した丹内騎手も新潟リーディングがかかっていたのであれば、勝負の鞍だっただろう。


元々左回りが得意なら、この開催で勝ち上がりたかったところ。

決め手が生きる外回りに条件好転、ジョッキーは勝負騎乗。

血統的にもフィットするハーツクライ産駒であり、これから良くなる明け4歳馬。と、買い要素はふんだん

何故推奨しなかった?


逆に推奨に上がっていたマルクパージュは、未勝利勝ちが芝の1400m、その後2着が2度あるが、ともに芝1400mなら本質この距離は合わないという疑念はなかったか?

血統は悪くないが、常に400kgそこそこの馬体で出走してきているようにいかにも非力

小さいから馬力がないとは一概には言えないが、メリットとは言い難い。

2走前の内容が良かったことからさらに距離を伸ばしてきたが、今回は距離云々よりも非力なために荒れ馬場で力を発揮できなかったようだ。

実際に、2走前はラスト34.8秒で上がってきての4着であったが、今回は出走馬中最遅の38.1秒もかかっての10頭立て9着。


敗因は荒れ馬場と距離だろう。

ここを何故読めないのか?

トッカが提供したレース

もう一頭の推奨馬サンズオブタイムは、2歳時の新潟未勝利で2着があったものの今年は既に6歳。

それまでにただの一度も左回りを経験していないのであれば、陣営の見立ては右回り巧者。

ならば、何故今回の左回りで変われると言えよう?この辺りを俯瞰できていれば組み立ても変えられたはずである。




2024/05/19

アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するアナタノケイバの無料予想(無料情報)は、2024/05/19の京都10Rで提供された買い目である。


アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ アナタノケイバの無料予想(2024/05/19)

結果:6-2-3(不的中)


「アナタノケイバ」の推奨馬9カーペンタリアは、昨年の12月に復帰して8→11→12→12着

前走は最下位だった


3歳時に3勝しているが、この時騎乗していたのはレーン2勝、ルメール1勝。

その後3着が一回あるが、休みを挟んでここ4戦は見る影もない。

休み明け2戦は、ともに1番人気に推されていたが8→11着。

この2戦を含む復帰後の4戦は、全て後ろから数えた方が早い着順。

一体このどこに変わり身を感じられるのか?

結果、今回も最下位では全く見る目がないとしか言えない。


1アレグロモデラートは、3勝クラスに上がって格上挑戦の牝馬限定重賞愛知杯で4着があるが、この時のハンデは51kg。3走前の中山牝馬Sも格上挑戦。

50kgのハンデであったが見せ場もなし。


今回は自己条件とは言え56kg。

詰まるところ、軽ハンデで出られるレースにしか現時点では活路のない馬。しかも今回は別定戦。

前進の余地は、どこにあると感じたのか?


8ヒヅルジョウはこれくらいの距離が得意な馬で、前走の5着で復活の兆しが見えたかに思えたかもしれないが、これまでの実績を見てもわかるように後ろから言って何頭抜けるかという競馬ばかり試している馬。


それでいて52kgで5着

今回は56kg、どうやったら前走以上のパフォーマンスが出せると判断できたのか?


複勝狙いということで穴目の馬に触手が動くことはわからないでもないが、馬券になるためにはあくまで走れる状態にあるという前提が必要。

今回のこの3頭にはなかった。


アナタノケイバが提供したレース