最終更新日:2024年02月29日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:114,647

競馬予想ユニコーン という競馬予想サイトの口コミ、評判、評価、無料情報の検証のまとめ

▼ 競馬予想ユニコーンの無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    競馬予想ユニコーン
    ■補足情報:

    にのまえ、うまっぷ、スマート万馬券、ハピネス、エクストラ、HORIZON(ホライズン)、ダビコレ、令和競馬(令和ケイバ)、あしたの万馬券、情熱競馬、チェンジ、すごい競馬、万馬券コンボ、ポケうま、リンカーン、チケラボ、細川達成のTHE・万馬券、JHA、グロリア、競馬学会、TAZUNA、ポケうま、的中総選挙、うまライブ、うまとみらいと、

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    2ヶ月
    無料予想の的中率
    5%
    無料予想の回収率
    5%

▼ 競馬予想ユニコーンの関連サイト情報

▼ 競馬予想ユニコーンの無料予想レポート

  1. ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想の検証

    ユニコーンの無料予想の抜き打ち検証

    ユニコーンという競馬予想サイトで提供された無料予想の買い目を抜き打ちで土日検証してみた。

    ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/07/25(函館11R)

    ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    3週間ほど負けっぱなしユニコーンなのだが、7/242鞍7/252鞍不的中の連敗継続となった。

    その中から以下、7/25の2レース目函館11Rの無料予想の検証といこう。

    結果から言うと、3着の3グラスブルース(8人気)が辛うじて馬券圏内である。
    1着は12ロジペルレスト(12人気)、2着は5アルーフクライ(7人気)。ハンデ戦だから、荒れて当然といえば当然である。

    では、ユニコーンの狙いどころを確認してみよう。
    軸は、6ペイシャキュウ(2人気)→6着
    相手は、3グラスブルース(8人気)→3着
    10シゲルタイタン(6人気)→10着
    11ライジングドラゴン(5人気)→5着
    14ボンオムトゥック(3人気)→7着
    とまあ、2番人気から8番人気の内の5頭である。

    前走と同斤量の54キロならば、チャンスはあるかも。と言われていた6ペイシャキュウ(2人気)とはいえ、牝馬であることから実際には56キロ同然であり、同じく57キロ同然を背負うハギノリュクス(1人気→9着)に次ぐハンデを背負っていた
    流石に前走以上は望めないだろう。何故、軸にしたのか理由が聞きたい。

    ・3グラスブルース(8人気)→3着に関しては天晴れと言いたいところだが、それは的中してこそだろう。
    ・10シゲルタイタン(6人気)→10着は、前走で条件戦を勝ったとはいえ同斤量では旨味なし。
    ・11ライジングドラゴン(5人気)→5着は、ハンデ頭に加えて函館コースは苦手な舞台。
    ・14ボンオムトゥック(3人気)→7着は、ダートに目先を変えて来たのだが、軽ハンデなのが唯一の救い。

    という風に、狙いどころが全てズレているのだ。
    もう少し冷静に馬の状態や力量、陣営の意気込みを見れないものだろうか。
    ハンデ戦は、1番人気を買い目から外してあるからと言って、簡単に取れるものではないぞ(笑)



    ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/04/24(新潟10R)

    ユニコーンの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    先日騎乗機会6連勝した上に、4週連続重賞勝利中川田騎手だが、今年初となる新潟遠征。
    ここで買わず何処で買えというのだろうか。

    何故、乗り難しいワンダーカタリナ(2人気)が軸候補なのか、理解に苦しむ
    しかも中1週での出走であり、この1ヶ月間で3走目となる無理使いである。

    であれば、ここまで使いたい時になかなか自己条件が無いシーンが数回あり、前走しかり格上挑戦を4度使われても崩れないあたりに能力の高さが見受けられる②ディヴィナシオン(1人気)の方が連軸としてはふさわしい

    レースは、ほぼ揃ったスタートから⑧トミケンルーア(4人気)が先頭からすぐの好位で運び、中団の内につけた②ディヴィナシオンは淡々と経済コースを。その斜め後ろの外めに⑦ペプチドルーカス(9人気)が追走。

    直線に向くと②ディヴィナシオンの前がポッカリと開き、そこへ突っ込むと⑦ペプチドルーカスも後を追うように上がって行き、ゴール前100m付近で粘る⑧トミケンルーアを捉えた②ディヴィナシオンが抜け出他ところがゴール。

    ペプチドルーカスよりもさらに後ろのポジションにいた⑪ワンダーカタリナは、②ディヴィナシオンの次に速い上がり(3F34秒1)を使っていたが、使い詰めでエンジンの掛かる反応が鈍くなっていた

    上り調子なのか、下り坂なのか?それは馬にも騎手にも言えることであり、その調子を見極めるのも買い目提供者の仕事だ。
    競馬が終われば復習をして、週が明けたら点と点を繋いで線にした予想を見せて貰いたいものだ。



    ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/02/21(小倉10R)

    ユニコーンの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    ユニコーンの無料予想結果だが、土曜小倉8R×、小倉11R×、日曜小倉3R8.4倍、小倉10Rも外した。
    そんなユニコーンの日曜、小倉10Rの検証をしてみよう。

    1着3番ミニーアイル(1人気)の末脚は堅実だし、出遅れさえなければ小倉でも届く
    この馬を軸にしたのは正解(誰もがするだろうがw)

    2着7番ニシノリース(3人気)は、前走は混合戦で最速の上がりを使って4着とメドは立てていた。
    陣営も後方からの競馬でもラストは上々で、今回は牝馬限定戦だし、チャンスはあると思う。と、強気だったこともあって選んだのだろう。(どこまで情報を得られてたかは分からないが)

    ただ3着12番ピュアエール(15人気)は選べる馬だった。

    普通なら15番人気を見た瞬間に消してしまうのだろうが、しかし、鞍上の原田和真騎手は今年の小倉開催では、30回の騎乗の中で22回も人気よりも上位の着順に持って来ていて、今回も入れると5回も馬券に絡んでいる

    原田和真騎手はビシバシ穴を開けている、小倉穴男なのだ。(知らなかったかな?)
    だから3連複なら、相手の最後に入れても損はない騎手だと思うな。



  2. ユニコーンという競馬予想サイトの無料無料予想の長期検証

    ユニコーンの無料予想の長期検証

    以下、抜き打ちで2ヶ月間検証したユニコーンという競馬予想サイトの無料情報(無料情報)の検証結果となる。

    ユニコーンの無料予想(無料情報)の検証は、基本的に検証の開始を始めた日から、できる限り毎週(3日開催の日も)提供された無料予想(無料情報)のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出しています。

    ※8/8が抜けてます。当たってるかどうか分かりませんが、多分不的中でしょうw
    6/6 無料情報 -4,800円
    6/7 無料情報 -5,000円
    6/13 無料情報 -5,000円
    6/14 無料情報 -5,000円
    6/20 無料情報 -4,800円
    6/21 無料情報 -4,800円
    6/27 無料情報 +640円
    6/28 無料情報 -4,800円
    7/4 無料情報 -4,800円
    7/5 無料情報 -5,000円
    7/11 無料情報 -4,800円
    7/12 無料情報 -5,000円
    7/18 無料情報 -4,800円
    7/19 無料情報 -5,000円
    7/25 無料情報 -4,800円
    7/26 無料情報 -4,800円
    8/1 無料情報 -4,800円
    8/2 無料情報 -4,800円
    8/9 無料情報 -4,800円
    8/15 無料情報 -4,800円
    8/16 無料情報 -4,800円


    ユニコーンの無料予想の検証結果

    競馬予想ユニコーンの無料予想の検証を約2ヶ月もの間行ったわけだが、結果を見ていただければ分かるように、的中率も回収率も絶望的だ

    仮に競馬予想ユニコーンが推奨している金額通りに1点あたり4,800円〜5,000円2ヶ月間の検証期間中、馬券を買い続けていたら、かかった賭金は10万 7,000円となり、結果払戻しはわずか640円大赤字となっていた

    2ヶ月間で収支結果は、

    マイナス10万 1,560円だ。


    ユニコーンの無料予想の検証結果

    検証期間 2ヶ月
    的中率 5%
    回収率 5%
    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    ユニコーンの検証レポ


競馬予想ユニコーンという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【悪評】 的中ファーム

的中ファームは「本間一幸」という元厩務員が監修をしてるそうだが、本当だとしたら、無能すぎる。… それと、的中ファームのことを推奨する検証サイトは「無責任な加害者」である。とも言えるだろう。…というのも、的中ファームの1点あたりの平均賭け金を過去の的中実績から算出し、1ヶ月かけて公平に無料予想の予想精度を検証すると、回収率は3%の、回収率はなんと、−131万 900円という、とんでもないマイナス収支となったのだ。

的中ファームという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 70%
回収率 3%(-131万超)
【悪評】 スター競馬

スター競馬の利用者の写真はどれも写真素材の偽物。スター競馬がサイト内で記載してることにはウソが多い。サイトオープン時からTOPページに3ヶ月間の利用で300万以上の回収に成功と書いてあるし、利用者の声も149個って、盛り過ぎだろ(笑)利用者の声は投稿日の記載も無いし、全く信用できない。1ヶ月検証した結果回収率は55%で、マイナス-11万超えのマイナス収支

スター競馬という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 54%
回収率 55%

モーカルという競馬予想サイトは、一見すると詳しく分析された買い目を提供しているように見えるが、実際は競馬場特徴ナビや、JRAのHPからそのまま引用しているだけ。モーカルの利用者の声を検証すると、最古の投稿日が、ドメイン取得日のわずか3日後だった。そんなに早くサイト作って、公開して、予想提供して、的中できるわけないと思うのだが?悪評の多い競馬予想サイトだ。

モーカル地方競馬という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 30%(10戦3勝 7敗)
回収率 8%(-4万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/24

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマっち×ウマっちの無料予想(無料情報)の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は68%の、マイナス-19万超のマイナス収支となった。

その後も定期的に抜き打ち検証をしているのだが、先日だと2/24と、2/25の2日間だけの無料予想の収支結果を見てもマイナス-11万 9200円である。

あまりにインパクトのあるマイナス収支だから、その対策だろうか。日曜に提供された無料の3連単予想は「スペシャルアカウントでのみ提供なんて小細工をしていた。
(てっきり空売りするのかと思ったが、スペシャルアカウントで提供した予想も的中結果に載っていなかったので、不的中だったようだ)

さて、今回検証するウマっち×ウマっちの無料予想は、2024/02/24の中山11R 幕張Sで提供された買い目である。

馬連と、3連単の2券種提供なので順に見ていこう。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマっち×ウマっちの無料予想(2024/02/24)

券種:馬連
買い方:流し

結果:2-5

軸馬推奨の1.スズハロームは、中山マイルで未勝利戦を勝ち上がっており、一見適性ありと判断できそうだが、未勝利と3勝クラスではメンバーの質が全く異なるので、そこをもって適性ありと判断するのは早計ではなかったか?

さらにはその後、積み上げた2勝は芝1400mでのもの
ならば現状は1400mがベストであり、勝ち負けするには距離が長かったとように映る。

またその2勝は中京、京都でのもので、小回り中山は向いていなかったとジャッジできていてもよかったはずだ。
近走が安定していたことを踏まえての推奨であったのだろうが、少し安易ではなかったか?


券種:三連単
買い方:フォーメーション

結果:2-5-7

1着推奨の11.ディオスバリエンテは中山で2勝して入るものの、実際使われたレース数は3度。
一見巧者にも見えるが、実際には東京コース中心に使われてきており、その数11度なら陣営の見立ては左回り巧者というのは明らか

さらには今回は大外枠
開幕週ということを考えれば、ここは大きな不利であり、この状況で勝ち負けを期待するのは無理があったのではないか?

デメリットが2つ重なっている上でのウマっち×ウマっちの推奨には疑問符がつく。
トラックバイアスを考えれば、割引であったことは判断できてよかったのではないか?

対して勝ち馬2.ニシノスーベニアは前走が1枠1番で3着、今回は2枠2番なら既に前走で勝ちパターンの競馬が出来ており、枠にも恵まれていた。
この馬を一列上げるのが本筋ではなかったか?

ただ3着が抜けているので話にはならないが。

ウマっち×ウマっちが提供したレース

結果としてはここも開幕週という馬場状態を考慮すれば、もう少し違ったアプローチが出来ていてもよかったレースで、実際に馬券になった馬は3頭とも比較的内目の枠を引いている
コース攻略」とはこの辺を見るべきものだ。



2024/02/24

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するギガうまの無料予想(無料情報)は、2024/02/24の中山9Rで提供された買い目である。

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ギガうまの無料予想(2024/02/24)

結果:5-4-2

頭数を鑑み少点数で纏めたのは評価できるが、的中しなかったのでは意味がない。

馬券対象として推奨するも圏外となったのは1.ドンアレスと3.ターコイズフリンジの2頭。

ギガうまが提供したレース

1.ドンアレスは中山芝1800mの新馬戦を2着し、小倉の未勝利戦を勝利しての臨戦で、一見買いの手に走りたくなるが、そもそも新馬戦の内容が時計も含めて平凡で好枠を利して上手く乗れたように映る。

3.ターコイズフリンジも似たようなことが言え、新馬戦の勝ち時計は平凡。
さらには530kgを超える巨漢馬であり、腕力で馬を動かすマーカンドの騎乗技術に負う部分も大きかったし、レース間隔が空いていた分太目を懸念する必要があったのではないか?

いずれにせよ、両頭とも開幕週の高速決着にいきなり対応できるとは言い難かった。

方や馬券になった4.マイネルフランツは、このクラスで2着し時計も優秀なら目処の立っていた馬。
血統的にも中山得意のゴールドシップ産駒、ここを素直に評価できなかったのが悔やまれる。

3着2.リアレストは、中山の未勝利戦を勝っての臨戦であったが、勝ち上がりまでの3戦で使われたレースは全て中山芝。
レース慣れが見込めた馬でもあり、東京戦をパスしてここまで待機していた。
狙ったレースでの仕上げにあったのが明らかなら、その部分を読み解けてもよかったはず。

結論として、馬券になった馬はある程度の実績が既にあった馬で、馬券にならなかった馬は未知の力に期待するしかなかった感。

この時期の3歳馬なら、実績重視が賢明であったと言える結果であった。