最終更新日:2024年07月20日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,815

競馬予想ユニコーン 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ 競馬予想ユニコーンの無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    競馬予想ユニコーン
    ■補足情報:

    にのまえ、うまっぷ、スマート万馬券、ハピネス、エクストラ、HORIZON(ホライズン)、ダビコレ、令和競馬(令和ケイバ)、あしたの万馬券、情熱競馬、チェンジ、すごい競馬、万馬券コンボ、ポケうま、リンカーン、チケラボ、細川達成のTHE・万馬券、JHA、グロリア、競馬学会、TAZUNA、ポケうま、的中総選挙、うまライブ、うまとみらいと、

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    2ヶ月
    無料予想の的中率
    5%
    無料予想の回収率
    5%

▼ 競馬予想ユニコーンの関連サイト情報

▼ 競馬予想ユニコーンの無料予想レポート

  1. ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想の検証

    ユニコーンの無料予想の抜き打ち検証

    ユニコーンという競馬予想サイトで提供された無料予想の買い目を抜き打ちで土日検証してみた。

    ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/07/25(函館11R)

    ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    3週間ほど負けっぱなしユニコーンなのだが、7/242鞍7/252鞍不的中の連敗継続となった。

    その中から以下、7/25の2レース目函館11Rの無料予想の検証といこう。

    結果から言うと、3着の3グラスブルース(8人気)が辛うじて馬券圏内である。
    1着は12ロジペルレスト(12人気)、2着は5アルーフクライ(7人気)。ハンデ戦だから、荒れて当然といえば当然である。

    では、ユニコーンの狙いどころを確認してみよう。
    軸は、6ペイシャキュウ(2人気)→6着
    相手は、3グラスブルース(8人気)→3着
    10シゲルタイタン(6人気)→10着
    11ライジングドラゴン(5人気)→5着
    14ボンオムトゥック(3人気)→7着
    とまあ、2番人気から8番人気の内の5頭である。

    前走と同斤量の54キロならば、チャンスはあるかも。と言われていた6ペイシャキュウ(2人気)とはいえ、牝馬であることから実際には56キロ同然であり、同じく57キロ同然を背負うハギノリュクス(1人気→9着)に次ぐハンデを背負っていた
    流石に前走以上は望めないだろう。何故、軸にしたのか理由が聞きたい。

    ・3グラスブルース(8人気)→3着に関しては天晴れと言いたいところだが、それは的中してこそだろう。
    ・10シゲルタイタン(6人気)→10着は、前走で条件戦を勝ったとはいえ同斤量では旨味なし。
    ・11ライジングドラゴン(5人気)→5着は、ハンデ頭に加えて函館コースは苦手な舞台。
    ・14ボンオムトゥック(3人気)→7着は、ダートに目先を変えて来たのだが、軽ハンデなのが唯一の救い。

    という風に、狙いどころが全てズレているのだ。
    もう少し冷静に馬の状態や力量、陣営の意気込みを見れないものだろうか。
    ハンデ戦は、1番人気を買い目から外してあるからと言って、簡単に取れるものではないぞ(笑)



    ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/04/24(新潟10R)

    ユニコーンの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    先日騎乗機会6連勝した上に、4週連続重賞勝利中川田騎手だが、今年初となる新潟遠征。
    ここで買わず何処で買えというのだろうか。

    何故、乗り難しいワンダーカタリナ(2人気)が軸候補なのか、理解に苦しむ
    しかも中1週での出走であり、この1ヶ月間で3走目となる無理使いである。

    であれば、ここまで使いたい時になかなか自己条件が無いシーンが数回あり、前走しかり格上挑戦を4度使われても崩れないあたりに能力の高さが見受けられる②ディヴィナシオン(1人気)の方が連軸としてはふさわしい

    レースは、ほぼ揃ったスタートから⑧トミケンルーア(4人気)が先頭からすぐの好位で運び、中団の内につけた②ディヴィナシオンは淡々と経済コースを。その斜め後ろの外めに⑦ペプチドルーカス(9人気)が追走。

    直線に向くと②ディヴィナシオンの前がポッカリと開き、そこへ突っ込むと⑦ペプチドルーカスも後を追うように上がって行き、ゴール前100m付近で粘る⑧トミケンルーアを捉えた②ディヴィナシオンが抜け出他ところがゴール。

    ペプチドルーカスよりもさらに後ろのポジションにいた⑪ワンダーカタリナは、②ディヴィナシオンの次に速い上がり(3F34秒1)を使っていたが、使い詰めでエンジンの掛かる反応が鈍くなっていた

    上り調子なのか、下り坂なのか?それは馬にも騎手にも言えることであり、その調子を見極めるのも買い目提供者の仕事だ。
    競馬が終われば復習をして、週が明けたら点と点を繋いで線にした予想を見せて貰いたいものだ。



    ユニコーンという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/02/21(小倉10R)

    ユニコーンの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    ユニコーンの無料予想結果だが、土曜小倉8R×、小倉11R×、日曜小倉3R8.4倍、小倉10Rも外した。
    そんなユニコーンの日曜、小倉10Rの検証をしてみよう。

    1着3番ミニーアイル(1人気)の末脚は堅実だし、出遅れさえなければ小倉でも届く
    この馬を軸にしたのは正解(誰もがするだろうがw)

    2着7番ニシノリース(3人気)は、前走は混合戦で最速の上がりを使って4着とメドは立てていた。
    陣営も後方からの競馬でもラストは上々で、今回は牝馬限定戦だし、チャンスはあると思う。と、強気だったこともあって選んだのだろう。(どこまで情報を得られてたかは分からないが)

    ただ3着12番ピュアエール(15人気)は選べる馬だった。

    普通なら15番人気を見た瞬間に消してしまうのだろうが、しかし、鞍上の原田和真騎手は今年の小倉開催では、30回の騎乗の中で22回も人気よりも上位の着順に持って来ていて、今回も入れると5回も馬券に絡んでいる

    原田和真騎手はビシバシ穴を開けている、小倉穴男なのだ。(知らなかったかな?)
    だから3連複なら、相手の最後に入れても損はない騎手だと思うな。



  2. ユニコーンという競馬予想サイトの無料無料予想の長期検証

    ユニコーンの無料予想の長期検証

    以下、抜き打ちで2ヶ月間検証したユニコーンという競馬予想サイトの無料情報(無料情報)の検証結果となる。

    ユニコーンの無料予想(無料情報)の検証は、基本的に検証の開始を始めた日から、できる限り毎週(3日開催の日も)提供された無料予想(無料情報)のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出しています。

    ※8/8が抜けてます。当たってるかどうか分かりませんが、多分不的中でしょうw
    6/6 無料情報 -4,800円
    6/7 無料情報 -5,000円
    6/13 無料情報 -5,000円
    6/14 無料情報 -5,000円
    6/20 無料情報 -4,800円
    6/21 無料情報 -4,800円
    6/27 無料情報 +640円
    6/28 無料情報 -4,800円
    7/4 無料情報 -4,800円
    7/5 無料情報 -5,000円
    7/11 無料情報 -4,800円
    7/12 無料情報 -5,000円
    7/18 無料情報 -4,800円
    7/19 無料情報 -5,000円
    7/25 無料情報 -4,800円
    7/26 無料情報 -4,800円
    8/1 無料情報 -4,800円
    8/2 無料情報 -4,800円
    8/9 無料情報 -4,800円
    8/15 無料情報 -4,800円
    8/16 無料情報 -4,800円


    ユニコーンの無料予想の検証結果

    競馬予想ユニコーンの無料予想の検証を約2ヶ月もの間行ったわけだが、結果を見ていただければ分かるように、的中率も回収率も絶望的だ

    仮に競馬予想ユニコーンが推奨している金額通りに1点あたり4,800円〜5,000円2ヶ月間の検証期間中、馬券を買い続けていたら、かかった賭金は10万 7,000円となり、結果払戻しはわずか640円大赤字となっていた

    2ヶ月間で収支結果は、

    マイナス10万 1,560円だ。


    ユニコーンの無料予想の検証結果

    検証期間 2ヶ月
    的中率 5%
    回収率 5%
    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    ユニコーンの検証レポ


競馬予想ユニコーンという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【悪評】 セントラル競馬

セントラル競馬」という競馬予想サイトを検証すると、どの情報サイトも1日以内にインデックスされたものばかりなのに、集客サイトでは2ヶ月以上も前からセントラル競馬の検証が行われていたと報告されていた。…しかし、詳細に調査すると、セントラル競馬のドメイン契約日のわずか4日後から検証が開始されたことになっていた。ドメイン契約から4日でサイトが完成するのは不自然であり、無名の競馬予想サイトをどのようにして知ったのか疑問が残る(笑)。因みにこの「セントラル競馬」は的中実績や実績紹介が全て捏造だった「大競馬時代」という競馬予想サイトと完全同一IPだった。

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 60%(10戦6勝 4敗)
回収率 75%
【検討中】 地方競馬の帝王

地方競馬の帝王という競馬予想サイトはサイト内に現金画像を多用しているのだが、それらは捏造したもので、ウソをついていることがバレた集客サイトは完全スルー。初めから地方競馬の帝王を絶賛している不自然な集客サイトはどこも9戦9勝の的中率100%と大絶賛だが、競馬検証.comが検証開始した途端に負け、予想精度的中率16%(19戦3勝 16敗)の、回収率はわずか10%となった。収支結果はマイナス-15万 9800円の大赤字。あれ?的中率100%だったのでは?

地方競馬の帝王という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 約1ヶ月分(19戦)
的中率 的中率16%(19戦3勝 16敗)
回収率 10%(-15万超)
【悪評】 ヒットザマーク

ヒットザマークという競馬予想サイトは「有限会社ルーツ」が運営している、予想が下手すぎて存在自体が恥でしかない2016年から続く老舗競馬予想サイトだ。以前の検証で的中実績の捏造の証拠も掴んだ。…2024年に入り、ヒットザマークを推奨する集客サイトが目立つが、ウソばっか。競馬検証.comが2ヶ月かけて無料予想を検証すると、第1回目は的中率11%(18戦2勝 16敗)の回収率25%-17万 6200円)となり、第2回目は的中率6%(17戦1勝 16敗回収率5%-21万 3940円)と更に酷かった。

ヒットザマークという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 2ヶ月(60日)
的中率 9%(35戦3勝 32敗)
回収率 15%(-39万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/14

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競馬予想サイトミリオンの無料予想(無料情報)1ヶ月かけて検証したところ、その結果はまさに惨憺たるものであった。こんな予想でよく客から金を取って競馬予想サイトなどを運営できるものだと、呆れ果てるばかりだ。


ミリオンの無料予想は1日に2鞍提供され、1ヶ月で16レース分の予想が提供される。
その結果は驚くべきことに16戦 0勝 16敗という、まさに全敗の結果であった。

収支結果はマイナス-24万円となった


一方、「解体新書」という集客サイトは、ミリオンのことを持ち上げ、「29戦25勝4敗で 回収率849%」などと謳っているが、一体どうやれば「29戦25勝」から「16戦0勝」に化けるのか、理解に苦しむばかりだ。単にミリオンと一緒になって大ボラを吹いているだけか。


さて、この1ヶ月検証の最終日となる2024/07/14の買い目から、今回は福島8Rで提供された買い目を検証する。

とは言っても3連単フォーメーションの1着固定(2)ララヴィエルジュは、12番人気で結果14着
これは、真面目に選んでのものだろうか?

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ミリオンの無料予想(2024/07/14)

結果:9-11-12

ララヴィエルジュは2戦目で未勝利を勝ち上がったあと3戦し、4→8→11着と使うごとに着順を落としている馬だ。

強調材料は、久々をひと叩きされたことしかないが、そもそも馬体重が400kgあるかないかという馬に叩き良化を期待できるのか?
斤量53kgも物理的には有利だが、そもそもがこの成績である。全く理解不能だ

推奨された全ての馬が馬券になっておらずの中で、最先着したのが7着(5)デアパーデタで9番人気。


正直、流石にこれは「ミリオン・クオリティ」の次元を超えている。書き間違いしたとしか思えない
仮に、客から問い合わせが来ても答えようがない組み合わせだと思う。

申し訳ないが、この酷さ故ここまでしか検証できない。

ミリオンが提供したレース

こんな惨状を目の当たりにして、もはやミリオンに信頼を寄せるのは愚かである


集客サイトと、ミリオンに騙されないように、皆さんもくれぐれもご注意を。



2024/07/14

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)を抜き打ちで検証をしているが、そんな無料予想は、検証開始時から6レース、全敗だ。ある意味、さすが「有限会社ルーツ」が運営する予想サイトだとも言える。

予想精度の低さがブレることはない


直近で言えば「ウマミル」のグループサイトである「ミリオン」という競馬予想サイトが集客サイトで29戦25勝4敗などというものだから、競馬検証.comでも長期検証をしてみたところ、その検証結果は16戦0勝 16敗の、マイナス-24万円の大赤字となった。


そんなお先真っ暗な「ウマミル」だが、今回検証するウマミルの無料予想(無料情報)は、2024/07/14の函館7Rで提供された買い目である。


ウマミルという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマミルの無料予想(2024/07/14)

結果:8-1-4

1着候補(4)メジャーデビューは、函館入りしてから当クラス同じ舞台で先行して連続2着。
勝ち馬候補として相応しく見える前々走は、外枠からでて内を見ながらという競馬で、3走前は小林美旬の50kgが利いたし、前走は8頭立てという楽な競馬だった。


今回は、頭数で内枠からの競馬なら引くに引けない展開なら、勝ち切るまでいけるかを懸念するべきではなかったか?
しかも、前に行きたい馬がかなりの頭数揃っていたメンバー。少し安易だったのでは?過大評価しすぎだったのではないか。


実際勝ち馬は、行く馬を行かせてタイミング良く捲り気味に進出して勝ち切っている。展開を読み間違えたか、最初から考えても無理なのか。


もう一頭の勝ち馬候補(11)タマモネフィラは12着。
この馬は、前走の函館で同舞台4着であったが、9頭立ての競馬をかなり楽に先行してのもの。
それでも途中でアッサリ止まったのであれば、これも安易に狙いすぎだったのではないか?

ウマミルが提供したレース

そもそもこのレースは、先行激化が最初から見えていた組み合わせなら、そこを考えての組み合わせが必要だったはずだ。

ただ、ここまで先行馬が多いと何処を中心に組み立てていいのかも悩むところ。ならばいつものことだが、レース選択自体を間違っていたようだ。