最終更新日:2024年02月29日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:114,651

マルっと という競馬予想サイトの口コミ、評判、評価、無料情報の検証のまとめ

▼ マルっとの無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    マルっと
    ■補足情報:

    閉鎖 カチトレ、ウマ生活、ウマラク、ショウリウマ、競馬情報ばかうけ、カチウマ、競馬人SのPN、ファイナルホース、ゴールドラッシュ、裏馬券倶楽部、虎と狼、オールスター、セカンドライフ、エキサイトボート、うま屋総本家、セカンドライフ、競馬タウン、ターフ(TURF)、リーク馬券、(旧:エンタープライズ、サイバーテクノロジー)

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    1ヶ月
    無料予想の的中率
    15%
    無料予想の回収率
    39%

▼ マルっとの関連サイト情報

▼ マルっとの無料予想レポート

  1. オールイン競馬 マルっとという競馬予想サイトの無料予想について

    マルっとという競馬予想サイトの無料予想の提供場所

    マルっとという競馬予想サイトが提供する無料予想(無料情報)だが、会員ページのメニューページに「無料情報」とあるので、そこを押すと次のページで確認ができる。

    オールイン競馬 マルっとという競馬予想サイトの無料予想を確認する

    無料情報」を押すと次のページに「ご購入中のキャンペーン」とあり、すでに提供されているなら「情報公開中」と赤いボタンになっている。
    マルっとという競馬予想サイトの無料予想を確認する


    マルっとという競馬様子サイトの無料予想の詳細

    マルっとの無料予想の提供時間

    マルっとという競馬予想サイトでは、毎週土日、レース当日の朝(11:00頃)に予想が提供されることになって入るが、ほぼ同時期にリリースされた同運営社の「カチトレ」では、提供時間になっても予想が提供されなかったことが何度もあるので、このマルっとも無料情報の公開されない日があるかもしれない。



    マルっとの無料予想の内容

    マルっとで提供される無料予想(無料情報)は、1日1鞍〜2鞍の提供で、提供される無料予想の馬券券種は、基本的に「3連単フォーメーション」の提供となる。

    点数は毎回異なり、1点あたりの推奨金額も違う。
    平均して1レースあたり2万円ほど投資することが多い。


  2. オールイン競馬 マルっとという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    マルっとの無料予想を抜き打ち検証

    マルっとという競馬予想サイトで提供された無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。

    マルっとという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/04/16(阪神11R)

    オールイン競馬 マルっとという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    4/16の阪神11R(-20,000円)、4/17の阪神9R(-20,400円)、同日中山11R(-20,000円)と三連敗となったのは、株式会社ACTの運営する「マルっと」という競馬予想サイトだ。

    今回検証するのは4/16のアーリントンC無料予想だが、1着馬候補に10ダノンスコーピオン(1人気→1着)と12ジュンブロッサム(2人気)を選ぶのは当然と思われるが、本線の相手に4アスクコンナモンダ(8人気)をどうして選ぶか
    まだ1勝クラスも卒業していないし、その結果、納得の9着だった。

    他には、福永騎手の2トゥードジボン(5人気)や岩田望騎手の9ディオ(3人気)、藤岡康騎手の18カワキタレブリー(12人気)等が含まれていたが、それらの結果は6着5着11着というもの。
    前走1着だったから選んだのか、前走スプリングSで5着と掲示板に入っていたから選んだのであろう。

    それなら何故、唯一の重賞勝利馬である1キングエルメスを買い目から切ったのか?
    そして普通ならスピード指数No. 1で阪神コースの馬券圏内率100%の14タイセイディバインを狙うのが筋なのではないのか。
    ここで普通ならと言ったところで、競馬サイトに常識は通用しないだろうし、物事を斜めに見る癖がついているのだろう。

    レースでは、ダノンスコーピオンが先に抜けたタイセイディバインの外に持ち出し、内にモタれることもなく、ゴール寸前で右手前に戻してきっちりと差し切った。
    ディオはスムーズさを欠いてしまい、直線も内に突っ込んだがずっと前が壁になり、ラスト300mでは詰まっていたが、そこからなんとか盛り返して5着に入線。
    トゥードジボンは直線で内外へフラつき、ラスト1ハロン標で前が開いてもピリッとした脚を使えなかった。

    3連単は22,540円の配当が付いたが、買い目のアヤではなく、単なる情報馬の選択ミスなだけに、どうあがいても獲れない馬券であった。唯一の重賞勝利馬を足蹴にするとはとても断念だ。



    マルっとという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/02/19(東京11R)

    マルっとという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    「オールイン競馬マルっと」という(株)ACTによる競馬予想サイトの無料予想検証だが、2/19×(-20,000円)、2/20は2鞍提供されたが東京11R×(-20,000円)、阪神10R×(-22,000円)と、検証後初の週末は連敗となった

    今回検証するのは2/19のダイヤモンドSの無料予想だが、1着馬候補に9テーオーロイヤル(2人気→1着)と10レクセランス(1人気)を選ぶのは当然だが、13ゴースト(10人気)を選んだ理由はどうしてなのか。
    何故、栗東の橋口慎介厩舎に騎乗する北村宏司を狙うのか?

    それならば同枠であり翌週に引退・解散を控える藤沢和雄の14ランフォザローゼス(11人気→2着)を狙うのが筋なのではないのか??
    しかも3週前の土曜メイン白富士Sではランフォザローゼスを任されて10着に敗退してしまった田中勝春だったが、4角から積極的に上がっていく競馬で見せ場を作り、長丁場で新味を見せるのではとも囁かれていただけに最後まで集中して走れるようならと期待されていた

    レースでは、外枠でもロスを抑えた競馬はできたゴーストだったが、4角で勝ち馬に来られた時点では手応えがなく、坂下で一杯となってしまった。

    一方のランフォザローゼスは、スタートから一旦下げると後方で脚を温存し、3~4角でひと呼吸を入れてロスを抑えて立ち回り、直線入り口でこじ開けて外へ持ち出すと、渋太く伸びてトーセンカンビーナとの競り合いを制して2着を確保した。

    3連単は317,940円の配当が付き、13ゴーストの買い目配置場所に同枠の14ランフォザローゼスが入っていれば、各500円推奨で158万9700円を獲得していたことになるのだが、「引退・解散厩舎のヤリ・ヤラズ」を何も考えないサイトは、いつも通りの不的中となるのだ。
    この時期にしか使えないせっかくのネタをふいにするとは、勿体ないというか情けない



  3. オールイン競馬 マルっとという競馬予想サイトの無料予想の長期検証

    マルっとという競馬予想サイトの無料予想の長期検証

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、マルっとという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証結果となる。

    マルっとという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、1日に2鞍提供されることもある。
    基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    2/19 無料予想 -20,000円
    2/20 無料予想 -20,000円
    2/20 無料予想 -20,000円
    2/26 無料予想 -20,000円
    2/27 無料予想 -20,000円
    3/5 無料予想 -800円
    3/6 無料予想 -20,000円
    3/6 無料予想 -20,000円
    3/12 無料予想 +41,320円
    3/13 無料予想 -20,000円
    3/13 無料予想 -20,000円
    3/19 無料予想 -20,000円
    3/20 無料予想 +12,400円


    マルっとという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    マルっとという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行ったわけだが、もし仮にマルっとが推奨する金額で1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は24万 2800円にもなり、結果払戻しは9万 3720円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-14万 9080円だ。


    マルっとの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 15%
    回収率 39%
    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    マルっとの検証レポ



マルっとという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は推奨金額が高いので、結果的に68%の、マイナス-19万 7900円のマイナス収支となった。…ウマっち×ウマっちの運営所在地は、スコットランド。ウソだろ?…ウマっち×ウマっちのことを推薦している検証サイトは、今回もかなり怪しいもので、それら集客サイトはどこも回収率がなぜか良くて、運営地などツッコミどころにもスルーだ。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 29%(24戦7勝17敗)
回収率 68%(-19万超)
【悪評】 的中ファーム

的中ファームは「本間一幸」という元厩務員が監修をしてるそうだが、本当だとしたら、無能すぎる。… それと、的中ファームのことを推奨する検証サイトは「無責任な加害者」である。とも言えるだろう。…というのも、的中ファームの1点あたりの平均賭け金を過去の的中実績から算出し、1ヶ月かけて公平に無料予想の予想精度を検証すると、回収率は3%の、回収率はなんと、−131万 900円という、とんでもないマイナス収支となったのだ。

的中ファームという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 70%
回収率 3%(-131万超)

モーカルという競馬予想サイトは、一見すると詳しく分析された買い目を提供しているように見えるが、実際は競馬場特徴ナビや、JRAのHPからそのまま引用しているだけ。モーカルの利用者の声を検証すると、最古の投稿日が、ドメイン取得日のわずか3日後だった。そんなに早くサイト作って、公開して、予想提供して、的中できるわけないと思うのだが?悪評の多い競馬予想サイトだ。

モーカル地方競馬という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 30%(10戦3勝 7敗)
回収率 8%(-4万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/24

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマっち×ウマっちの無料予想(無料情報)の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は68%の、マイナス-19万超のマイナス収支となった。

その後も定期的に抜き打ち検証をしているのだが、先日だと2/24と、2/25の2日間だけの無料予想の収支結果を見てもマイナス-11万 9200円である。

あまりにインパクトのあるマイナス収支だから、その対策だろうか。日曜に提供された無料の3連単予想は「スペシャルアカウントでのみ提供なんて小細工をしていた。
(てっきり空売りするのかと思ったが、スペシャルアカウントで提供した予想も的中結果に載っていなかったので、不的中だったようだ)

さて、今回検証するウマっち×ウマっちの無料予想は、2024/02/24の中山11R 幕張Sで提供された買い目である。

馬連と、3連単の2券種提供なので順に見ていこう。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマっち×ウマっちの無料予想(2024/02/24)

券種:馬連
買い方:流し

結果:2-5

軸馬推奨の1.スズハロームは、中山マイルで未勝利戦を勝ち上がっており、一見適性ありと判断できそうだが、未勝利と3勝クラスではメンバーの質が全く異なるので、そこをもって適性ありと判断するのは早計ではなかったか?

さらにはその後、積み上げた2勝は芝1400mでのもの
ならば現状は1400mがベストであり、勝ち負けするには距離が長かったとように映る。

またその2勝は中京、京都でのもので、小回り中山は向いていなかったとジャッジできていてもよかったはずだ。
近走が安定していたことを踏まえての推奨であったのだろうが、少し安易ではなかったか?


券種:三連単
買い方:フォーメーション

結果:2-5-7

1着推奨の11.ディオスバリエンテは中山で2勝して入るものの、実際使われたレース数は3度。
一見巧者にも見えるが、実際には東京コース中心に使われてきており、その数11度なら陣営の見立ては左回り巧者というのは明らか

さらには今回は大外枠
開幕週ということを考えれば、ここは大きな不利であり、この状況で勝ち負けを期待するのは無理があったのではないか?

デメリットが2つ重なっている上でのウマっち×ウマっちの推奨には疑問符がつく。
トラックバイアスを考えれば、割引であったことは判断できてよかったのではないか?

対して勝ち馬2.ニシノスーベニアは前走が1枠1番で3着、今回は2枠2番なら既に前走で勝ちパターンの競馬が出来ており、枠にも恵まれていた。
この馬を一列上げるのが本筋ではなかったか?

ただ3着が抜けているので話にはならないが。

ウマっち×ウマっちが提供したレース

結果としてはここも開幕週という馬場状態を考慮すれば、もう少し違ったアプローチが出来ていてもよかったレースで、実際に馬券になった馬は3頭とも比較的内目の枠を引いている
コース攻略」とはこの辺を見るべきものだ。



2024/02/24

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するギガうまの無料予想(無料情報)は、2024/02/24の中山9Rで提供された買い目である。

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ギガうまの無料予想(2024/02/24)

結果:5-4-2

頭数を鑑み少点数で纏めたのは評価できるが、的中しなかったのでは意味がない。

馬券対象として推奨するも圏外となったのは1.ドンアレスと3.ターコイズフリンジの2頭。

ギガうまが提供したレース

1.ドンアレスは中山芝1800mの新馬戦を2着し、小倉の未勝利戦を勝利しての臨戦で、一見買いの手に走りたくなるが、そもそも新馬戦の内容が時計も含めて平凡で好枠を利して上手く乗れたように映る。

3.ターコイズフリンジも似たようなことが言え、新馬戦の勝ち時計は平凡。
さらには530kgを超える巨漢馬であり、腕力で馬を動かすマーカンドの騎乗技術に負う部分も大きかったし、レース間隔が空いていた分太目を懸念する必要があったのではないか?

いずれにせよ、両頭とも開幕週の高速決着にいきなり対応できるとは言い難かった。

方や馬券になった4.マイネルフランツは、このクラスで2着し時計も優秀なら目処の立っていた馬。
血統的にも中山得意のゴールドシップ産駒、ここを素直に評価できなかったのが悔やまれる。

3着2.リアレストは、中山の未勝利戦を勝っての臨戦であったが、勝ち上がりまでの3戦で使われたレースは全て中山芝。
レース慣れが見込めた馬でもあり、東京戦をパスしてここまで待機していた。
狙ったレースでの仕上げにあったのが明らかなら、その部分を読み解けてもよかったはず。

結論として、馬券になった馬はある程度の実績が既にあった馬で、馬券にならなかった馬は未知の力に期待するしかなかった感。

この時期の3歳馬なら、実績重視が賢明であったと言える結果であった。