最終更新日:2024年03月01日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:114,658

アーニングインデックス という競馬予想サイトの口コミ、評判、評価、無料情報の検証のまとめ

▼ アーニングインデックスの無料予想の検証結果

▼ アーニングインデックスの関連サイト情報

▼ アーニングインデックスの無料予想レポート


  1. 【検証①】アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    検証①-1-アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の提供場所

    まずはアーニングインデックスの提供する、無料予想(無料情報)の提供場所を見ていこう。

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ アーニングインデックスの無料予想の提供場所


    アーニングインデックスという競馬予想サイトが提供する無料予想(無料情報)だが、会員ページの一番下に「インフォメーション」とあり、そこでバナー画像が動いている。
    バナーのひとつに「フリー」と書かれた水色のボタンがあるので、そこを押すと無料情報の抽選に参加することができる。(平日に申し込んでおかないと閲覧できない)
    レース開催当日の朝10:00に「抽選結果を確認する」のテキストを押すと、次のページで確認ができる。



    検証①-2-アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想も抽選?

    アーニングインデックスという競馬予想サイトが提供する無料予想コレと同じように抽選制になっている。
    しかも、1.0〜3.0まであるという。

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想も抽選



    検証①-3-アーニングインデックスの無料予想の提供内容は人によって変えている

    5/14、5/15の1週目

    私が実際に提供されたアーニングインデックスの無料予想(無料情報)は、5/14、5/15の1週目3.0の土日提供の予想だった。
    スタッフも登録して確認したところ、この日どれも同じ「3.0」で、提供された無料予想の買い目も、全て同じものだった。


    5/21、5/22の2週目

    しかし2週目、いつも「3.0」の提供かと思っていたが5/21(土)と5/22(日)は、5/21(土)が「1.0」の提供(ひどい予想だった)だけで、翌日5/22(日)は「2.0」の提供は無かった(午前9:30頃から何度も確認していたので間違いない)

    …このように検証結果の追記記事を書いていたら「フリーの1が提供されたら日曜日はないですよー 逆に2が提供されたら土曜日はないです」との口コミを頂いた。

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の手口暴露口コミ


    確かに「1.0〜3.0のいずれかのコースが確実に当選します」と書かれているので、どれかが必ず当選することは分かっていたが、「1.0、もしくは2.0いずれかに当選された方はもう片方の提供はありません」とは書かれていないので、まさか土日片方だけしか提供されないとは思ってもみなかった(笑)

    頂いた別の口コミで「私はフリーの1が1アカウントとフリーの2が4アカウントでした(1.2ともにハズレ) 3はなく、その3だけが的中実績に乗っていました」との情報を頂いたので、このアーニングインデックスの悪質な手口を知ることができた。m(_ _)mドウモアリガトウゴザイマス!


    アーニングインデックスの的中実績を見ると、ホントだ。
    不的中だった1.0、提供の無かった2.0(提供あった人も外れてる)以外の、3.0だけが両レース当たったことになっていた

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの悪質な手口は詐欺サイトの可能性が高い
     

    利用者によって提供内容を変えるのであれば、
    捏造し放題だ。

    そもそも土曜だけの人日曜だけの人土日提供の人と分ける意味がない。
    意味があるとしたら「無料情報の的中したという捏造実績を作るため」以外に考えられない。

    これだと捏造の証拠をなかなか掴めないが「アーニングインデックスの的中実績」は捏造している可能性が高い。と思われた方がいいだろう。
    やはりやることは悪質なグループサイトで「後出し」も発覚した「よろず屋」と同じだ



    (追記:2022/09/05)
    前述のような指摘をしたからだろうか。ここ数週間でアーニングインデックスの無料情報の提供のされ方が変わった

    これまでは抽選だったが、ここ最近は「フリー」と書かれた水色のボタンを押すと、次のページで1鞍(3連複・ワイド・馬連・馬単)4券種の予想が提供される様になった。
    どうやら提供される予想は皆同じようである。

    これだけの馬券種別で提供しているので、当たるのは当然だが、当たってもトリガミが多い



    検証①-4-アーニングインデックスの無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    アーニングインデックスの無料予想の提供時間

    アーニングインデックスという競馬予想サイトでは、毎週土日、レース当日の朝(10:00頃)に予想が提供される。…ことに一応なっているが、かなりいいかげんである。


    アーニングインデックスの無料予想の内容

    アーニングインデックスが提供する無料予想(無料情報)は、2022年9月以降、1日1鞍の提供で、提供される無料予想の馬券券種は、基本的に「3連複・ワイド・馬連・馬単」の4券種提供となる。

    点数は全部で50点ほどとなり、全不的中だった場合、1鞍あたり5万円のマイナスとなる。



  2. 【検証②】アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証②-1-アーニングインデックスの無料予想抜き打ち検証

    アーニングインデックスという競馬予想サイトのサイト情報の徹底検証は行ったが、コチラでも紹介したように、あまりにも他の検証サイトと、私が検証した結果結果と乖離しすぎている(口コミも、他サイトで反映されない悪評がアーニングインデックスだけ極端に多い)

    どこをどう切り取って評価すれば、アーニングインデックスのことを「優良」と評価できるのか不思議なくらいだ。

    金を積んで広告費で優良評価を買っているのかもしれないが、利用を検討している方がいたら、ぜひその前に、以下に続くアーニングインデックスの無料予想の買い目の抜き打ち検証と、その次の項目で紹介する1ヶ月以上にも及ぶ長期検証結果を見て冷静に判断してもらいたいものだ。

    アーニングインデックスの無料予想を分析することで、アーニングインデックスの予想精度が、有料コースに参加しなくてもどのようなものか分かってくる。


    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/10/29(阪神8R)

    以下、2022/10/29に提供されたアーニングインデックスの無料予想の検証結果である。

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ アーニングインデックスの無料予想(2022/10/29)

    以前アカウントによって提供内容を変え、的中実績を捏造していたアーニングインデックスの無料予想(無料情報)だが、4券種の提供となってから、無料予想は前日提供となり、改善されたように見えるが、実際は範囲を広げただけでトータルで見ると回収率は低いまま。予想精度は変わっていないようだ。

    今回検証する無料予想は、土曜阪神8R(3歳以上2勝クラス)であるが、改修後は4券種での提供だ。それぞれの券種を検証しよう。

    まず3連複だが、推奨馬番は1カバーガール(1人気),2ヤマニンルリュール(4人気),3アンジュミニョン(6人気),8メイショウドウドウ(2人気),10ドナウエレン(3人気)と、上位人気でまとめている
    しかし、2着に5リヴェール(8人気)が激走したことからアッサリ外れとなった。
    3連複で4,650円もついたのだから、10頭立ての8番人気は美味しい。マイナス1万円である。

    次にワイドであるが、流石にこれを取らないと面目丸潰れだろう。辛うじて、1着1カバーガール(1人気)×3着3アンジュミニョン(6人気)のワイド500円が獲れていた。マイナス5000円である。

    馬連は、2着の5リヴェール(8人気)を持っていないのだから、当然のことながら外れ。よって、マイナス1万円である。

    指定券種が馬単になると買い目が変わった

    推奨馬番は2ヤマニンルリュール(4人気),4トップキャスト(5人気),8メイショウドウドウ(2人気),9トーカイキング(10人気),10ドナウエレン(3人気)と、明らかに大穴で高配当を狙ったチョイスに変わっているのだ。

    だが、1着1カバーガール(1人気)と2着の5リヴェール(8人気)を外した馬券では、逆立ちをしても獲れない。
    アカウントによって実績を捏造するのを止めた替わりの施策が「3連複・ワイド・馬連のどれかで獲れていれば、馬単は大穴高配当狙いでいいだろ」と、責任者が言ったかどうかは定かでは無いが、そう感じ取れる買い目である。

    マイナス2万円ということで、合計でマイナス4万5000円となった。5万円遣って、マイナス-4万5000円だ。

    要するに、アーニングインデックスには確たる情報が入って来ていないから、このような暗中模索のような買い目が誕生してしまうのだろう。
    翌日の日曜の予想も同じようなもので、これが毎週
    やはりこのようなサイトは、情報など無いから何をやっても予想精度を上げることなど出来やしない。
    さすがに、毎週こんな買い目には付き合ってられないだろう。
    いま改めて1ヶ月の長期検証を行ったら、エグい結果となるのは間違いない



    アーニングインデックスの無料予想検証
    2022/09/03(小倉9R)

    以下、2022/09/03に提供されたアーニングインデックスの無料予想の検証結果である。

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ アーニングインデックスの無料予想(2022/09/03)

    アカウントによって提供内容を変え的中を捏造している」と、評判の悪かったアーニングインデックスの無料予想(無料情報)だが、ここ最近少し変わった

    どの利用者も同じ予想が提供されるようになり(たぶん)、以前は3連複のみだったのが、ワイド・馬連・馬単も含めた4券種の提供となった
    当然的中率は上がるのだが、土曜小倉9Rの筑後川特別あまりに酷い買い目に絶句した。

    10頭立てのレースで、「的中比重」を謳う監修河内氏の出した買い目は、

    1アナゴサン(2人気)→1着
    3メイショウカクウン(7人気)→8着
    4ムーンライト(6人気)→6着
    5カケル(8人気)→10着
    8タイクーンバゴ(9人気)→4着

    と、馬券圏内に入った馬が「1アナゴサン(2人気)→1着」のたった1頭だけという有様である。
    ゴールは、アナゴサンと上げ下げのタイミングで2着となったのだが、関係者が「器用な馬なのでハナにはこだわらない」と、展開とメンバー次第だと言っていた2ヤマニンサルバム(1人気)を切るとは、トンデモないガセ情報でも摑まされたのだろうか。

    もう一つの予想者である、「配当比重」を謳う監修溝口氏の買い目にも2着の2ヤマニンサルバム(1人気)が入っていないのだから、2人ともどこを見てるのか。(実際しないだろうが)
    監修溝口氏の買い目は、

    1アナゴサン(2人気)→1着
    3メイショウカクウン(7人気)→8着
    4ムーンライト(6人気)→6着
    7ホウオウジョルノ(3人気)→3着
    9イベリア(10人気)→9着

    と、辛うじて3着の7ホウオウジョルノ(3人気)が買い目に入っていたのだが、馬単指定なのでハズレである。
    これらの買い目は、明らかに低配当の組み合わせを排除した、好配当狙いのものである。

    いつものアーニングインデックスの予想のように低配当でトリガミになるよりは「一か八かで好配当になる人気薄を相手に構成する」というものであろうが、そもそも、10頭立てのレースを選ぶことから間違っている

    このレースは、少頭数なりに少点数で仕留めるレースであることを認識せずに狙ったこと自体が素人極まりない

    翌日の買い目提供では、何があったのか、しばらくこのようなエラー表示になっていた(笑)



    競馬予想サイト「アーニングインデックス」の無料予想検証
    2022/06/18(函館6R)

    以下、2022/06/18に提供されたアーニングインデックスの無料予想の検証結果である。

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ アーニングインデックスの無料予想(2022/06/18)

    函館6Rは2歳新馬戦だが、アーニングインデックスは8頭立ての人気通りの簡単なレース見事に外した

    1着5オマツリオトコ(1人気)
    2着3リンデザ(3人気)
    3着6ダンツターセル(2人気)

    なんと、1番人気の5オマツリオトコを押さえてないのである。
    さらに軸の1キースケデシュ(8人気)は、8頭中シンガリ負けなのだ。

    何故、1キースケデシュ(8人気)を軸に推奨したのか、破れかぶれの予想にしか思えない。

    そして、2着に5馬身をつけて圧勝した1番人気の5オマツリオトコ、何か重要な不安情報でもあったのか?…「芝コースでいい動きをしていた。スピードがありこの条件は向く」と文句のない評価通りに、圧勝してみせた。
    アーニングインデックスに戦略を陣営から聞き出せるような人脈も無いので、本当に「なにも分からない」のかもしれない。

    一方の、軸とした1キースケデシュ(8人気)は「3キロの減量は効きそうなのでどこまでやれるか」というもので、手探り状態だった

    想像するに、一か八かの大荒れに賭けたのだろう。
    無料だから責任も無いし理由もいらない。

    アーニングインデックスの無料情報は3パターンの抽選制だし、不的中続けば「空売り」で誤魔化せる。きっとそんな無責任な気持ちで予想を売っているのだろう。

    結果はほぼ人気通りの決着
    会員はそんな無駄な大博打に付き合わされたのだ。
    このレースだけでも、アーニングインデックスの適当加減がわかるというものだ。



    競馬予想サイト「アーニングインデックス」の無料予想検証
    2022/05/21(東京4R)

    以下、2022/05/21に提供されたアーニングインデックスの無料予想の検証結果である。

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ アーニングインデックスの無料予想(2022/05/21)

    こんなのも当てられないのか??」と、レースを見直した。
    予想サイトでここまで酷い買い目もなかなか無いだろう。
    提供された土曜東京4Rは、オークス前日の9頭立ての3歳未勝利戦だ。

    アーニングインデックスが提供してきた買い目は、3連複1頭軸流しの相手5頭。
    この時点で2/3を買い目に入れていることになる。

    プロ(有料サイト)として運営している立場上、無料情報とはいえ9頭中6頭を選択した以上、当てることは必須であり、最悪ハズれても軸を読み間違える程度ならしょうがない。

    …しかし、その結果は、なんと本命推奨ルメール騎乗の4ミルヴィオ(2人気)は8着惨敗であり、相手馬に指定した内の1頭レーン騎乗の6アルバスドラコ(1人気)が、辛うじて3着という散々なものだった。

    翌日のオークスで、久々となるGI制覇を遂げたルメールをにしていたわけだ。
    午前中のレースではそこまで信頼が置けないのだが、4ミルヴィオ(2人気)は5ヶ月の休養明けということもあり、新聞でも◎はそれ程付いておらず、▲や×がパラパラという程度であった。

    実際に、ルメール騎手が馬体に余裕があったと言っており、馬場入り後のテンションは少し高めであり出遅れもあって4角手前から押っつけ通しで、ラストは全く伸びなかった。
    何でもかんでもルーメール騎手から行っても、確率論から言うと5回中4回は負けるわけだし、取れたとしても実入りは少ない。

    一方の、買い目に選ばれなかった1着9エンドロール(4人気)と2着7ビーウォーター(3人気)であるが、買い目から斬る必要性があったのか?

    血統的にも距離が保つだろうし、前半にゆったり運んだ方が良さそうなので距離延長で臨んできた9エンドロールは、終い勝負に徹して直線大外から上がり600mで一気に伸びて差し切っての1着となった。
    そして、前走で未勝利突破のメドは立った7ビーウォーターは、後方から向正面で馬群の外から一気に動くと3角先頭。ペース判断は的確に、勝ち馬の決め手も上回っての2着。これら2頭を斬り捨てるとは、どういう競馬観をお持ちなのか?と質問したくなる。

    7着2ウェルシュゴールド(9人気)や9着8チャレンジャー(7人気)は、あわよくば高配当になるかもという希望的観測でしかない。
    「外国人騎手×人気薄」のパターンで簡単に獲れていれば、誰も苦労しない。素人予想である。

    翌日日曜は私には提供が無かったが、他の方はあったようだ。しかもハズレ。
    …利用者によって提供内容を変え、1.0と2.0が提供されていたことは確認できたが、確認できていない3.0だけが、的中実績的中したことになっていた。素直に信用はできない。



  3. 【検証③】アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の回収率と的中率

    検証③-1-アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証結果となる。

    アーニングインデックスの場合、前述のように利用者によって提供内容を変えているため、提供されない日もあった。
    そこで競馬予想サイト検証.COMでは、1ヶ月分のデータとなる「7週間分のデータ」を元に予想精度を算出してみた。

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    5/21 無料予想 -10,000円
    5/22 提供なし
    5/28 無料予想 -10,000円
    5/29 無料予想 -10,000円
    6/4 無料予想 -10,000円
    6/5 無料予想 -10,000円
    6/11 無料予想 -5,200円
    5/12 提供なし
    6/18 無料予想 -10,000円
    6/19 無料予想 -2,400円
    6/25 無料予想 -10,000円
    6/26 提供なし
    7/2 無料予想 -10,000円
    7/3 無料予想 -10,000円


    検証③-2-アーニングインデックスの無料予想の予想精度結果発表

    アーニングインデックスという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月分間行った、アーニングインデックスの予想精度の結果発表となる。

    もし仮にアーニングインデックスが推奨する1鞍あたり10,000円1ヶ月分の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は11万円にもなり、結果払戻しは1万 2400円となっていただろう。

    1ヶ月間分で収支結果は、

    マイナス-9万 7600円だ。


    アーニングインデックスの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 18%
    回収率 11%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    アーニングインデックスの検証レポ



アーニングインデックスという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【検討中】 じゃじゃウマちゃん

じゃじゃウマちゃんの「利用者の声」は全てに的中画像が付いている。「問い合わせ」から画像は送れないのでメールから送るしかないのだが、皆が同じような画質、同じようなキャプ画像で画像送るか?…これらすべて自作自演の捏造か?
じゃじゃウマちゃんを絶賛する検証サイトは17戦17勝の、的中率100%っていうが、1ヶ月検証したら13戦4勝の、的中率31%、マイナス-17万超えの大赤字だったぞ?(笑)

じゃじゃウマちゃんという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 31%
回収率 33%(-17万超)
【悪評】 スター競馬

スター競馬の利用者の写真はどれも写真素材の偽物。スター競馬がサイト内で記載してることにはウソが多い。サイトオープン時からTOPページに3ヶ月間の利用で300万以上の回収に成功と書いてあるし、利用者の声も149個って、盛り過ぎだろ(笑)利用者の声は投稿日の記載も無いし、全く信用できない。1ヶ月検証した結果回収率は55%で、マイナス-11万超えのマイナス収支

スター競馬という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 54%
回収率 55%
【悪評】 的中ファーム

的中ファームは「本間一幸」という元厩務員が監修をしてるそうだが、本当だとしたら、無能すぎる。… それと、的中ファームのことを推奨する検証サイトは「無責任な加害者」である。とも言えるだろう。…というのも、的中ファームの1点あたりの平均賭け金を過去の的中実績から算出し、1ヶ月かけて公平に無料予想の予想精度を検証すると、回収率は3%の、回収率はなんと、−131万 900円という、とんでもないマイナス収支となったのだ。

的中ファームという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 70%
回収率 3%(-131万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/24

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するギガうまの無料予想(無料情報)は、2024/02/24の中山9Rで提供された買い目である。

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ギガうまの無料予想(2024/02/24)

結果:5-4-2

頭数を鑑み少点数で纏めたのは評価できるが、的中しなかったのでは意味がない。

馬券対象として推奨するも圏外となったのは1.ドンアレスと3.ターコイズフリンジの2頭。

ギガうまが提供したレース

1.ドンアレスは中山芝1800mの新馬戦を2着し、小倉の未勝利戦を勝利しての臨戦で、一見買いの手に走りたくなるが、そもそも新馬戦の内容が時計も含めて平凡で好枠を利して上手く乗れたように映る。

3.ターコイズフリンジも似たようなことが言え、新馬戦の勝ち時計は平凡。
さらには530kgを超える巨漢馬であり、腕力で馬を動かすマーカンドの騎乗技術に負う部分も大きかったし、レース間隔が空いていた分太目を懸念する必要があったのではないか?

いずれにせよ、両頭とも開幕週の高速決着にいきなり対応できるとは言い難かった。

方や馬券になった4.マイネルフランツは、このクラスで2着し時計も優秀なら目処の立っていた馬。
血統的にも中山得意のゴールドシップ産駒、ここを素直に評価できなかったのが悔やまれる。

3着2.リアレストは、中山の未勝利戦を勝っての臨戦であったが、勝ち上がりまでの3戦で使われたレースは全て中山芝。
レース慣れが見込めた馬でもあり、東京戦をパスしてここまで待機していた。
狙ったレースでの仕上げにあったのが明らかなら、その部分を読み解けてもよかったはず。

結論として、馬券になった馬はある程度の実績が既にあった馬で、馬券にならなかった馬は未知の力に期待するしかなかった感。

この時期の3歳馬なら、実績重視が賢明であったと言える結果であった。



2024/02/24

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマっち×ウマっちの無料予想(無料情報)の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は68%の、マイナス-19万超のマイナス収支となった。

その後も定期的に抜き打ち検証をしているのだが、先日だと2/24と、2/25の2日間だけの無料予想の収支結果を見てもマイナス-11万 9200円である。

あまりにインパクトのあるマイナス収支だから、その対策だろうか。日曜に提供された無料の3連単予想は「スペシャルアカウントでのみ提供なんて小細工をしていた。
(てっきり空売りするのかと思ったが、スペシャルアカウントで提供した予想も的中結果に載っていなかったので、不的中だったようだ)

さて、今回検証するウマっち×ウマっちの無料予想は、2024/02/24の中山11R 幕張Sで提供された買い目である。

馬連と、3連単の2券種提供なので順に見ていこう。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマっち×ウマっちの無料予想(2024/02/24)

券種:馬連
買い方:流し

結果:2-5

軸馬推奨の1.スズハロームは、中山マイルで未勝利戦を勝ち上がっており、一見適性ありと判断できそうだが、未勝利と3勝クラスではメンバーの質が全く異なるので、そこをもって適性ありと判断するのは早計ではなかったか?

さらにはその後、積み上げた2勝は芝1400mでのもの
ならば現状は1400mがベストであり、勝ち負けするには距離が長かったとように映る。

またその2勝は中京、京都でのもので、小回り中山は向いていなかったとジャッジできていてもよかったはずだ。
近走が安定していたことを踏まえての推奨であったのだろうが、少し安易ではなかったか?


券種:三連単
買い方:フォーメーション

結果:2-5-7

1着推奨の11.ディオスバリエンテは中山で2勝して入るものの、実際使われたレース数は3度。
一見巧者にも見えるが、実際には東京コース中心に使われてきており、その数11度なら陣営の見立ては左回り巧者というのは明らか

さらには今回は大外枠
開幕週ということを考えれば、ここは大きな不利であり、この状況で勝ち負けを期待するのは無理があったのではないか?

デメリットが2つ重なっている上でのウマっち×ウマっちの推奨には疑問符がつく。
トラックバイアスを考えれば、割引であったことは判断できてよかったのではないか?

対して勝ち馬2.ニシノスーベニアは前走が1枠1番で3着、今回は2枠2番なら既に前走で勝ちパターンの競馬が出来ており、枠にも恵まれていた。
この馬を一列上げるのが本筋ではなかったか?

ただ3着が抜けているので話にはならないが。

ウマっち×ウマっちが提供したレース

結果としてはここも開幕週という馬場状態を考慮すれば、もう少し違ったアプローチが出来ていてもよかったレースで、実際に馬券になった馬は3頭とも比較的内目の枠を引いている
コース攻略」とはこの辺を見るべきものだ。