最終更新日:2024年06月22日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,474

万馬券パーク 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ 万馬券パークの無料予想の検証結果

▼ 万馬券パークの関連サイト情報

▼ 万馬券パークの無料予想レポート


  1. 【検証①】万馬券パークという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    検証①-1-万馬券パークという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の提供場所

    万馬券パークの提供する無料予想(無料情報)だが、会員ページに入る前のボタンの並ぶページに「まずはお試し 厳選無料情報収集 0円」と記載があるので、そこを押すと次のページで確認ができる。(下画像参照)

    万馬券パークという競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ 万馬券パークの無料予想の提供場所




    検証①-2-万馬券パークの無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    次に万馬券パークの提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容がどのようなものか検証する。

    万馬券パークという競馬予想サイトの無料予想・無料情報の内容・詳細
    ▲ 万馬券パークの無料予想の提供内容


    万馬券パークの無料予想・無料情報の提供時間

    万馬券パークという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)は、毎週土日、レース前日の朝(21:00頃)に予想が提供される。


    万馬券パークの無料予想・無料情報の内容

    万馬券パークで提供される無料予想(無料情報)の内容は「全券種対象」とは書かれているが、グループサイトの「ウマピース」と同じように万馬券パークの検証期間中、少なくとも4レースは全て1日1鞍の提供で、提供される無料予想の馬券券種は、基本的にワイドながし(3点)の提供となっている。

    推奨金額は「1万〜3万円以内」と記されているので、3点以内ということは不的中だった場合、1鞍あたり3万円のマイナスとなる。



  2. 【検証②】万馬券パークという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証②-1-万馬券パークの無料予想を抜き打ち検証

    万馬券パークという競馬予想サイトのサイト情報の徹底検証は既に終わっているが、実際に提供されている万馬券パークの予想精度が気になるところである。
    そこで万馬券パークの無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。

    万馬券パークの無料予想を分析することで、万馬券パークの予想精度が、有料コースに参加しなくてもどのようなものか分かってくる。




    2023/03/05(中山6R)に提供された万馬券パークの無料予想検証

    以下、2023/03/05に提供された万馬券パークの無料予想の検証結果である。

    万馬券パークという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ 万馬券パークの無料予想(2023/03/05)

    万馬券パーク無料予想(無料情報)だが、2/252/263/4、そして今回検証している3/5と、これまでに確認した4鞍全て全滅

    無料予想の4鞍だけでマイナス-12万円の大赤字である。

    さて、検証する日曜の無料情報は中山6R。9頭立ての3歳1勝クラスだ。

    戸崎騎手が乗る6メタルスピードが1番人気で単勝は230円。だが、6メタルスピードは買い目になし

    結果は、6メタルスピードは軽くアオッたが折り合いも楽でレース運びは実にスムーズに、右にモタれる癖も見せずに着差以上に余裕の勝利。
    そうなることは当然であったのだが、万馬券パークの担当者はなぜ選ばなかったのだ。多分、オッズがつかないと思い切ったのであろう。

    しかし、◎本命馬に推奨した4ロッククリークが8着ではどうしようもない。
    まあ、ルメールだから9頭立てなら馬券圏内には入ると思ったのだろう。
    本当に浅はかな考えである

    中山6R

    推奨する▲9ハーエクセレンシー(5人気)が2着に入り、△7キョウエイブリッサ(2人気)が3着に入ったというのに勿体無いことである。

    折り合い面で不安のある4ロッククリークを選んだり、評価が高く1番人気の6メタルスピードは切ったり…
    入手した情報から選ぶのではなく、オッズから選ぶのであれば本末転倒である。



  3. 【検証③】万馬券パークという競馬予想サイトの無料予想の回収率と的中率

    検証③-1-万馬券パークという競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果

    以下、抜き打ちで1ヶ月間かけて検証した、万馬券パークの無料予想の検証結果となる。

    万馬券パークという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    2/18 画像リンク +40,000円
    2/19 画像リンク -30,000円
    2/25 画像リンク -30,000円
    2/26 画像リンク -30,000円
    3/4 画像リンク -30,000円
    3/5 画像リンク -30,000円
    3/11 画像リンク -30,000円
    3/12 画像リンク -30,000円


    検証③-2-万馬券パークの無料予想の予想精度結果発表

    万馬券パークという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行った、万馬券パークの予想精度の結果発表となる。

    もし仮に万馬券パークが推奨する賭け金(1点あたり10,000円)1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は24万円にもなり、結果払戻しは7万円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-17万円だ。


    万馬券パークの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 13%
    回収率 29%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    万馬券パークの検証レポ



万馬券パークという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【悪評】 バビロン(BABYLON)

バビロンという競馬予想サイトの検証当時、5ヶ月も前から100万超えを当て続けてるように実績紹介していたが、競馬検証.comが1ヶ月かけてバビロンの無料予想を検証すると(しばらく提供もなかったので運営すらしてなかったようだ)的中率0%(12戦0勝 12敗)で、回収率0%のマイナス-17万円超えの収支結果となった。何が100万超えだ。完全に自作自演の捏造だろう。また、バビロンは社名も公開しているのでグループサイトがすぐ判明したのが、1ヶ月半検証して全滅だったゴールデンスターズの運営社だ。

バビロン(BABYLON)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 0%(12戦0勝 全滅)
回収率 0%(-17万超)
【悪評】 マイルス

マイルス」という競馬予想サイトは、オープン直後に運営が慣れていないのか、提供した買い目で何度もミスをしていた。そんなマイルスの無料予想だが、競馬検証.comが1ヶ月かけて無料予想の検証した結果は、的中率55%(11戦6勝 5敗)…馬券券種が馬単10点、馬連5点で出してこのレベル 回収率31%で、収支結果は無料予想でマイナス-12万 3300円となった。
こんなマイルスに客集めするマイルスの集客サイトの内容が「明らかにやらせ」で、2サイトの内容がほぼ同じだといった口コミが届いており、マイルスの口コミには悪評が多い。

マイルスという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 55%(11戦6勝 5敗)
回収率 31%(-12万超)
【検討中】 アシスト

アシストという競馬予想サイトは、発見直後にアシストの情報検索をしたがアシストの情報は見つからず。しかしアシストには95個もの口コミが既に投稿されていた。アシストの情報が何も無かったのだから探すことさえ不可能だったはずなのに、集客サイトは2ヶ月前から検証していたと言い、その戦績は「9戦8勝」だったそうだ。…しかし、競馬検証.comが1ヶ月かけて無料予想を検証すると、的中率は22%(27戦6勝 21敗)で回収率は19%のマイナス-10万 6120円となった。

アシストという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 22%(27戦6勝 21敗)
回収率 19%(-10万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。