最終更新日:2024年07月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,830

うまスタ 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ うまスタの無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    うまスタ
    ■補足情報:

    うまスタという競馬予想サイトの有料コースの値付けが狂ってる。これ本気で値付けしたのだろうか?…66万円超えの値引き、76万超えの値引きって異常だろ。うまスタへの集客サイトは的中率が100%だと言っているが、1日も欠かさず競馬検証.comが、うまスタの無料予想を1ヶ月かけて検証してみると、検証結果は10戦2勝8敗で、回収率は45%のマイナス-16万円超えの大赤字。どうしてこんなに急に下がるのか。怪しいでしょ。ウマスタ

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    1ヶ月
    無料予想の的中率
    45%(10戦2勝8敗)
    無料予想の回収率
    45%(-16万超)

▼ うまスタの関連サイト情報

▼ うまスタの無料予想レポート


  1. 【検証①】うまスタという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    検証①-1-うまスタという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の提供場所

    うまスタという競馬予想サイトの提供する、無料予想(無料情報)について検証した、まとめページになる。
    先ずはうまスタの無料予想(無料情報)の提供場所を見ていこう。

    うまスタの提供する、無料予想(無料情報)だが、うまスタの有料コースとは違い、会員TOPページにバナー画像が並んでいるので、下の方に下がる
    下の方に「うまスタ 無料情報」と書かれた画像ボタンがあるので、これがうまスタの無料予想だ。

    無料予想に参加して、買い目の公開時刻になったら「予想を見る」と書かれたボタンを押すと、確認ができる。

    うまスタという競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ うまスタの無料予想の提供場所


    検証①-2-うまスタの無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    次にうまスタの提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容がどのようなものか検証する。


    うまスタの無料予想・無料情報の提供時間

    うまスタという競馬予想サイトで提供される無料情報(無料予想)は、基本的にはレース当日の昼(12:00頃)に予想が提供される。



    うまスタの無料予想・無料情報の内容

    うまスタで提供される無料予想(無料情報)の内容は、1日1レースの提供となり、券種は基本的に「3連複」の提供となる。

    点数は9点の提供で1点あたり1500円を推奨している。



  2. 【検証②】うまスタという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証②-1-うまスタの無料予想を抜き打ち検証

    うまスタという競馬予想サイトのサイト情報の徹底検証は行ったが、実際のうまスタの予想精度はいかがなものか?
    そこでうまスタの無料予想の買い目を抜き打ちで検証しようと思う。

    競馬予想サイトの公開直後は、うまスタのことを既に有料評価しているような検証サイトでは、どこもやたら的中したことになっているので、少しタイミングをずらして無料予想の抜き打ち検証をする。

    うまスタの無料予想を分析することで、有料コースに参加しなくてもうまスタの予想精度がどのようなものか分かってくる。




    2024/03/03(阪神5R)に提供されたうまスタの無料予想検証

    今回検証するうまスタの無料予想(無料情報)は、2024/03/03の阪神5Rで提供された買い目である。

    うまスタという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ うまスタの無料予想(2024/03/03)

    結果:2-7-11

    うまスタが軸推奨の⑩プレヴィストは新馬、未勝利とダート1400mを使われ勝ち上がれなかったため前走で距離を短縮してダート1200mで未勝利脱出だが今回は再度ダート1400mに戻った一戦。
    過去3戦を見ても分かるように、スピード任せで押し切るしか現状は競馬の形がない馬で実際に1400m戦ではバテてしまっている。

    今回も同様に先行して大きくバテて負けているように、現状は1400mは長いと判断できた馬だ。
    希望的観測込みで推奨するのも悪い判断ではないが、軸推奨は少し評価が高すぎた。
    ましてや昇級初戦だ

    勝った②ラブオントップは函館の芝で勝ちきれず、一息入れてダートに転戦しいきなりの勝利。
    昇級初戦でも2着と目処が立っていたのであれば、軸はこちらではなかったか?

    理想のローテーションであることを察知し、推奨馬に上がっているだけに悔やまれる選択だ。

    2着⑦クリノオリーブは抜けであったが、芝マイルの新馬戦を使われ破れてからは、即ダートに矛先を変えてダート1400mで連続2着と適性を見せていた。
    勝ち上がるのに時間はかかったが、一貫してダート1400mを使われながら良くなってきていた馬。

    前走の競馬も昇級初戦ながら着順ほど負けてはいない馬で、むしろ1勝クラスの競馬を経験したことで、ペース慣れが見込めると判断できなかったか?

    3着⑪タガノミストも同様に、ダート1400mの新馬戦を勝ち上がってから1勝クラスを2度経験している。
    間隔が空いた前走は8着と破れていたが、叩き台として考えられれば今回良化してくることを予想できてよかった馬だ。

    うまスタが提供したレース

    正直この時期に新馬、未勝利を勝ち上がっている馬はレベル的に落ちるという前提から入れば、もう少し組み立てが変わってきても良かったはず。

    早くに勝ち上がりこのクラスを経験している馬を中心に組み立てれば、的中は難しくなかっただろう。



    2023/10/28(東京3R)に提供されたうまスタの無料予想検証

    以下、2023/10/28に提供されたうまスタの無料予想の検証結果である。

    うまスタという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ うまスタの無料予想(2023/10/28)

    うまスタ無料予想(無料情報)だが、検証するのは10/23の東京3R、3歳未勝利で提供された買い目。

    うまスタが提供したレース

    まず推奨馬③ポットデオは勝利しているので、この選択は間違えてはいない。

    問題は2、3番手推奨の①ベストディシジョン、②パーセルペーパー。
    この2頭は、ともに新馬戦を東京で使っている馬。
    逆に実際に2、3着した馬中山で同じレースを使っている馬だった。

    2着⑨ウイントレメンデスの母イクスキューズはG3(クイーンC)勝ちがあり、兄のウインイクシードは中山金杯2着、その下の全兄はG2目黒記念勝ちという良血
    新馬戦も一番人気に推されているように良血として期待の大きい馬。
    実際に、新馬戦では勝ち馬から0.1秒差の競馬。

    当然叩いての上積みを考えればここは勝機のはずで、鞍上も関東リーディングの横山武史が連続騎乗なら、前進可能な材料は多かったはずなのに何故に評価を下げたのか?

    3着の④ショウナンナツゾラは、追い込みのききにくい中山で後方から長くいい脚を使い追い上げて0.2秒差まで迫っているのであれば、既にこの時点で秘めたる脚力を示しており、この馬こそが東京向きとジャッジできていても良かったはず。

    つまりは、両馬ともに新馬戦で見せ場があったということなのだ。

    対して、①ベストデシジョンは初戦から出遅れて競馬にならず。
    そして、陣営の「しっかりとゲートを出る」という保証はない。ならば疑ってかかっても良かったのではないか?

    ②パーセルペーパーの新馬戦は11頭立て。
    しかも8番人気。この少頭数でこの人気。
    如何に期待されていなかったか窺い知れる。

    少頭数であったが、故に3着まで来れたと考えられていい。

    つまりは「見せ場」はなかったのだ。
    ならば、「見せ場があった馬」である⑨ウイントレメンデスを上位に取り、尚且つ、この馬と0.1秒差の競馬をしていた②パーセルペーパーを推奨していれば馬券は成立していたのだ。

    キャリアの少ない2歳の未勝利戦こそ、使ってきたレースの横の比較馬券攻略の糸口となるのだ。
    そこをもう少し突き詰めて欲しかった。



  3. 【検証③】うまスタという競馬予想サイトの無料予想の回収率と的中率

    検証③-1-うまスタという競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果

    以下、抜き打ちで1ヶ月間かけて検証した、うまスタの無料予想の検証結果となる。

    うまスタという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    9/23 8.6倍 -1,200円
    9/24 4.1倍 -14,700円
    9/30 2.2倍 -19,200円
    10/1 不的中 -27,000円
    10/7 不的中 -27,000円
    10/8 22.4倍 +40,200円
    10/9 不的中 -27,000円
    10/14 不的中 -27,000円
    10/15 不的中 -27,000円
    10/21 6.2倍 -8,400円
    10/22 不的中 -27,000円


    検証③-2-うまスタの無料予想の予想精度結果発表

    うまスタという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行った、うまスタの予想精度の結果発表となる。

    もし仮にうまスタが推奨している金額(1鞍あたり27,000円)1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は29万 8000円にもなり、結果払戻しは13万 2700円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス−16万 5300円だ。


    うまスタの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 45%
    回収率 45%
    収支結果 −16万 5300円


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    うまスタの検証レポ



    検証③-3-集客サイトのウソ?

    それにしても、ここ最近の競馬予想サイトの検証サイト(競馬予想サイトの運営社が運営していると言われる集客サイト)が独自に行なったことにしている検証がヒドイ。

    今回の「うまスタ」にしても、

    ガチ競馬(10戦10勝 回収率365%)
    オトナの競馬(10戦10勝 回収率365%)
    オトナの競馬(10戦10勝 回収率365%)

    …このように、3つとも全て同じ日に検証を開始したことになっており、戦績はすべて「10戦10勝の的中率100%」だと言う。

    回収率は365%」とのことなので、うまスタを利用すれば100%儲かる。…ということになっているが、


    実際はぜんぜん違った。



    これが現実

    ▲ これが現実だ。



うまスタという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【悪評】 セントラル競馬

セントラル競馬」という競馬予想サイトを検証すると、どの情報サイトも1日以内にインデックスされたものばかりなのに、集客サイトでは2ヶ月以上も前からセントラル競馬の検証が行われていたと報告されていた。…しかし、詳細に調査すると、セントラル競馬のドメイン契約日のわずか4日後から検証が開始されたことになっていた。ドメイン契約から4日でサイトが完成するのは不自然であり、無名の競馬予想サイトをどのようにして知ったのか疑問が残る(笑)。因みにこの「セントラル競馬」は的中実績や実績紹介が全て捏造だった「大競馬時代」という競馬予想サイトと完全同一IPだった。

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 60%(10戦6勝 4敗)
回収率 75%
【悪評】 ヒットザマーク

ヒットザマークという競馬予想サイトは「有限会社ルーツ」が運営している、予想が下手すぎて存在自体が恥でしかない2016年から続く老舗競馬予想サイトだ。以前の検証で的中実績の捏造の証拠も掴んだ。…2024年に入り、ヒットザマークを推奨する集客サイトが目立つが、ウソばっか。競馬検証.comが2ヶ月かけて無料予想を検証すると、第1回目は的中率11%(18戦2勝 16敗)の回収率25%-17万 6200円)となり、第2回目は的中率6%(17戦1勝 16敗回収率5%-21万 3940円)と更に酷かった。

ヒットザマークという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 2ヶ月(60日)
的中率 9%(35戦3勝 32敗)
回収率 15%(-39万超)

馬クイックは『会員登録で5万円分のポイント還元する』と書いているのに、実際登録すると、10時間待っても還元されずポイント還元はウソだった。…他にも、リアル会員数が5人ほどしかいないのに、会員からのレビューが99個もあったりと、捏造だらけ
1ヶ月かけて検証した無料予想の検証結果は、賭金が44万円以上もかかり、結果マイナス-22万超えの大赤字。

馬クイック(ウマクイック)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 30%(10戦3勝 7敗)
回収率 48%(-22万 9500円)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/07/14

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競馬予想サイトミリオンの無料予想(無料情報)1ヶ月かけて検証したところ、その結果はまさに惨憺たるものであった。こんな予想でよく客から金を取って競馬予想サイトなどを運営できるものだと、呆れ果てるばかりだ。


ミリオンの無料予想は1日に2鞍提供され、1ヶ月で16レース分の予想が提供される。
その結果は驚くべきことに16戦 0勝 16敗という、まさに全敗の結果であった。

収支結果はマイナス-24万円となった


一方、「解体新書」という集客サイトは、ミリオンのことを持ち上げ、「29戦25勝4敗で 回収率849%」などと謳っているが、一体どうやれば「29戦25勝」から「16戦0勝」に化けるのか、理解に苦しむばかりだ。単にミリオンと一緒になって大ボラを吹いているだけか。


さて、この1ヶ月検証の最終日となる2024/07/14の買い目から、今回は福島8Rで提供された買い目を検証する。

とは言っても3連単フォーメーションの1着固定(2)ララヴィエルジュは、12番人気で結果14着
これは、真面目に選んでのものだろうか?

ミリオンという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ミリオンの無料予想(2024/07/14)

結果:9-11-12

ララヴィエルジュは2戦目で未勝利を勝ち上がったあと3戦し、4→8→11着と使うごとに着順を落としている馬だ。

強調材料は、久々をひと叩きされたことしかないが、そもそも馬体重が400kgあるかないかという馬に叩き良化を期待できるのか?
斤量53kgも物理的には有利だが、そもそもがこの成績である。全く理解不能だ

推奨された全ての馬が馬券になっておらずの中で、最先着したのが7着(5)デアパーデタで9番人気。


正直、流石にこれは「ミリオン・クオリティ」の次元を超えている。書き間違いしたとしか思えない
仮に、客から問い合わせが来ても答えようがない組み合わせだと思う。

申し訳ないが、この酷さ故ここまでしか検証できない。

ミリオンが提供したレース

こんな惨状を目の当たりにして、もはやミリオンに信頼を寄せるのは愚かである


集客サイトと、ミリオンに騙されないように、皆さんもくれぐれもご注意を。



2024/07/14

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマミルという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)を抜き打ちで検証をしているが、そんな無料予想は、検証開始時から6レース、全敗だ。ある意味、さすが「有限会社ルーツ」が運営する予想サイトだとも言える。

予想精度の低さがブレることはない


直近で言えば「ウマミル」のグループサイトである「ミリオン」という競馬予想サイトが集客サイトで29戦25勝4敗などというものだから、競馬検証.comでも長期検証をしてみたところ、その検証結果は16戦0勝 16敗の、マイナス-24万円の大赤字となった。


そんなお先真っ暗な「ウマミル」だが、今回検証するウマミルの無料予想(無料情報)は、2024/07/14の函館7Rで提供された買い目である。


ウマミルという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマミルの無料予想(2024/07/14)

結果:8-1-4

1着候補(4)メジャーデビューは、函館入りしてから当クラス同じ舞台で先行して連続2着。
勝ち馬候補として相応しく見える前々走は、外枠からでて内を見ながらという競馬で、3走前は小林美旬の50kgが利いたし、前走は8頭立てという楽な競馬だった。


今回は、頭数で内枠からの競馬なら引くに引けない展開なら、勝ち切るまでいけるかを懸念するべきではなかったか?
しかも、前に行きたい馬がかなりの頭数揃っていたメンバー。少し安易だったのでは?過大評価しすぎだったのではないか。


実際勝ち馬は、行く馬を行かせてタイミング良く捲り気味に進出して勝ち切っている。展開を読み間違えたか、最初から考えても無理なのか。


もう一頭の勝ち馬候補(11)タマモネフィラは12着。
この馬は、前走の函館で同舞台4着であったが、9頭立ての競馬をかなり楽に先行してのもの。
それでも途中でアッサリ止まったのであれば、これも安易に狙いすぎだったのではないか?

ウマミルが提供したレース

そもそもこのレースは、先行激化が最初から見えていた組み合わせなら、そこを考えての組み合わせが必要だったはずだ。

ただ、ここまで先行馬が多いと何処を中心に組み立てていいのかも悩むところ。ならばいつものことだが、レース選択自体を間違っていたようだ。