最終更新日:2024年05月28日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,133

ウマセラ 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ ウマセラの無料予想の検証結果

▼ ウマセラの関連サイト情報

▼ ウマセラの無料予想レポート


  1. 【検証①】ウマセラという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    検証①-1-ウマセラという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の提供場所

    ウマセラという競馬予想サイトの提供する、無料予想(無料情報)について検証した、まとめページになる。
    先ずはウマセラの無料予想(無料情報)の提供場所を見ていこう。

    ウマセラという競馬予想サイトが提供する無料予想(無料情報)だが、会員ページに入る前のメニューページ(下画像)に「情報公開ページ」と書かれたボタンがある。

    ウマセラの「情報公開ページ」ボタン
    ▲ ウマセラの「情報公開ページ」ボタン


    情報公開ページ」を押すと「無料予想情報」にタブが切り替わった状態のTOPページに入るので、少し下に下がると下の画像のような「続きを読む」と書かれたテキストリンクを押すと、提供される予想の確認ページになり、次のページで提供予想を確認できる。

    ウマセラという競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ ウマセラの無料予想の提供場所



    検証①-2-ウマセラの無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    次にウマセラの提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容がどのようなものか検証する。

    ウマセラの無料予想・無料情報の提供時間

    ウマセラという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)は、毎週土日、レース当日の朝(10:00頃)に予想が提供される。


    ウマセラの無料予想・無料情報の内容

    ウマセラで提供される無料予想(無料情報)の内容は、1日1鞍の提供というのは基本的に変わらないが、提供される無料予想の馬券券種は、12/3のレースでは、3連複フォーメーション(300円/15点 -4500円)、馬連ながし(700円/7点 -4900円)、ワイドながし(700円/7点 -4900円)だったが、12/25のレースでは、3連複BOX(500円/10点 -5000円)、馬単マルチ(500円/10点 -5000円)と、固定ではなく日によって変えている。



  2. 【検証②】ウマセラという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証②-1-ウマセラの無料予想を抜き打ち検証

    ウマセラという競馬予想サイトのサイト情報の徹底検証は行ったが、実際のウマセラの予想精度はいかがなものか?
    そこでウマセラの無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。


    2023/02/12(小倉9R)に提供されたウマセラの無料予想検証

    ウマセラ無料予想(無料情報)だが、昨年12月から1ヶ月かけて無料予想の長期検証を行ったのだが、その後、あまりに不的中が続き、1回目検証時と予想精度が異なったので、そのままもう1ヶ月続けて検証をした

    その結果たるや最悪なもので、

    的中率、10%
    回収率、1%

    という無惨な結果となった。
    1ヶ月間、ウマセラの推奨通りに馬券を買っていたら、無料予想でもマイナス-15万9,600円となっていただろう。

    12/17〜2/12までの17レース、全敗中となっているウマセラの無料予想だが、とりあえずウマセラを検証して2ヶ月経ったので、ここでもう一度「抜き打ち検証」をすることにした。

    ウマセラという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ ウマセラの無料予想(2023/02/12)


    検証するのは2/12小倉9R日曜のあすなろ賞の無料情報だ。

    1番人気の12アイスグリーンが買い目の3着付けにしか指定しておらず、2番人気の4バロッサヴァレーは買い目の2,3着付けにしか指定されていなかった。

    オッズが全てという訳ではないが、どちらかが1着になるのではという想像は働いていた。

    小倉9

    結果は、案の定1番人気の12アイスグリーンが勝利し、2番人気の4バロッサヴァレーは4着にとどまった。
    この時点でハズれてはいるのだが、2着の8ブレイヴロッカー(8人気)も3着の9アウフヘーベン(14人気)も買い目には入っていなかったことから、騎手と単勝オッズを見て切ったのだろう。

    10スカパラダイス(10人気)を買い目に入れたのは、単純に今村聖奈騎手だったからワンチャンあるかもしれないとでも思ったのかも知れない。

    流石に3着の9アウフヘーベン(14人気)は太宰騎手だから、箸にも棒にもかからないとでも思ったのか?
    10Rに「太宰府特別」があったから気になって調べたところ、偶然なのか過去20年ほど「太宰府特別」のある日に太宰騎手が出走してきた日は、普段よりも太宰騎手の連対率及び馬券県内率が倍増どころか激増していた

    昔から誕生日の週には騎手・調教師の馬券圏内率が上がったり勝つことが多い。
    先日も、2/4のメインレースを酒井騎手が勝ったり、高野厩舎がその週に8頭出して6頭が馬券に絡んでいた。

    騎手にとっても特別な日であれば、普段よりも頑張る気持ちがアップするようで、記念日や同名のレースでは、その辺りも加味してほしいものだ。

    3連複で34,680円、3連単で142,640円の払い戻しとなっているだけに、非常に勿体ないレースを取り逃がした。
    これが本当のウマセラクオリティだ。



    ウマセラという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/12/24(阪神7R)

    以下、2022/12/24に提供されたウマセラの無料予想の検証結果である。

    ウマセラという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ ウマセラの無料予想(2022/12/24)

    ウマセラの無料予想(無料情報)だが、12/24(上画像の買い目)と、12/25連日不的中となった。

    検証するのは12月24日の阪神7Rの無料情報(上画像の買い目)
    このレースは3グリューヴルム2.2倍の1番人気に推されたのだが、4着となり結果を出せなかった。

    この時点では、馬単軸1頭マルチ軸が4メイショウマントル(3人気)だっただけに、3連複BOXも可能性は残していたのだが…4メイショウマントル(3人気)は6着に敗退し、残るは3連複BOXのみ。

    3連複BOXに指定された2•3•4•5•8であるが、2→9着•3→4着•4→6着•5→5着•8→2着となり、こちらもジ・エンド。
    1着の9ラッキーモー買い目に入っておらずB.ムルザバエフ騎手腕を甘くみたことから痛いシッペ返しを食らうこととなった。

    日本に出稼ぎで来ている外国人ジョッキー甘く見ると、こういう結果になるという悪い例である(同じ週に検証した大競馬時代と同じミス)

    1着の9ラッキーモーは、8着に負けたものの前走の内容は悪くなく、同じ1800mでと虎視眈々と2勝目を狙っていた。
    B.ムルザバエフ騎手が過去のレースを見て研究していたことと、ブリンカーを外したことも幸いしたのだろう。
    全てが良い方向に向かったレースである。

    こういうレースを獲ってこその競馬サイトだとは思うが、中途半端な競馬サイトこそこういうレースが一番厄介なのかもしれない。



  3. 【検証③】ウマセラという競馬予想サイトの長期検証結果(検証1回目)

    検証③-1-ウマセラという競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果(検証1回目)

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、ウマセラという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証結果となる。

    ウマセラという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    1回目の検証結果がウマセラの実力と見ない方がいいだろう。
    この1回目検証の検証結果の後、ウマセラの無料予想は負け続けたので、そのまま続けてもう1ヶ月かけて検証した

    2回目の検証結果もご覧ください


    12/3 無料予想 -14,300円
    12/4 無料予想 -8,400円
    12/10 無料予想 +1,560円
    12/11 無料予想 +18,850円
    12/17 無料予想 -12,750円
    12/18 無料予想 -13,950円
    12/24 無料予想 -10,000円
    12/25 無料予想 -10,000円
    1/7 無料予想 -9,800円
    1/8 無料予想 -9,800円
    1/9 無料予想 -9,800円


    検証③-2-ウマセラの無料予想の予想精度結果発表(1回目)

    ウマセラという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行った、ウマセラの予想精度の結果発表となる。

    もし仮にウマセラの推奨する金額で1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は13万 9300円にもなり、結果払戻しは6万 910円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-7万 8390円だ。


    ウマセラの無料予想の検証結果(1回目)

    検証期間 1ヶ月
    的中率 45%
    回収率 44%


  4. 【検証④】ウマセラという競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果(検証2回目)

    検証④-1-ウマセラという競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果(検証2回目)

    ウマセラの無料予想の予想精度が、1回目と比べて随分と差があるのが分かるだろう。
    これが本当のウマセラの実力と見てもいいかもしれない。

    以下、抜き打ちで1ヶ月間かけて検証した、ウマセラの無料予想の2回目の検証結果となる。
    (今回の検証で抜けてる日は1日もありません)

    1/14 画像リンク -9,800円
    1/15 画像リンク -9,800円
    1/21/th> 画像リンク -9,800円
    1/22 画像リンク -14,600円
    1/28 画像リンク -19,600円
    1/29 画像リンク -17,600円
    2/4 画像リンク -19,600円
    2/5 画像リンク -19,600円
    2/11 画像リンク -19,600円
    2/12 画像リンク -19,600円


    検証④-2-ウマセラの無料予想の予想精度結果発表(2回目)

    ウマセラという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行った、ウマセラの予想精度の2回目の結果発表となる。

    1回目と同じで仮にウマセラの推奨する金額で1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、今回かかった賭金は16万 1600円にもなり、結果払戻しはたったの2,000円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-15万 9600円だ。


    ウマセラの無料予想の検証結果(2回目)

    検証期間 1ヶ月
    的中率 10%
    回収率 1%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    ウマセラの検証レポ



ウマセラという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【検討中】 アシスト

アシストという競馬予想サイトは、発見直後にアシストの情報検索をしたがアシストの情報は見つからず。しかしアシストには95個もの口コミが既に投稿されていた。アシストの情報が何も無かったのだから探すことさえ不可能だったはずなのに、集客サイトは2ヶ月前から検証していたと言い、その戦績は「9戦8勝」だったそうだ。…しかし、競馬検証.comが1ヶ月かけて無料予想を検証すると、的中率は22%(27戦6勝 21敗)で回収率は19%のマイナス-10万 6120円となった。

アシストという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 22%(27戦6勝 21敗)
回収率 19%(-10万超)
【検討中】 馬争の頂

馬争の頂という競馬予想サイトの所在地はイギリス。馬争の頂には他サイトを真似た「ウソをついてる宣言」が載っていた。これで馬争の頂のグループサイトはがほほ確定だ。馬争の頂の「お喜びの声」もウソだった。馬争の頂の集客サイトは的中率100%の回収率は618%などと大絶賛していたが、競馬検証.comが1ヶ月かけて馬争の頂の検証をしてみると、33戦19勝 14敗の的中率58%、回収率は73%のマイナスー35万 2660円となった。またいつものようにぜんぜん違う結果となった。

馬争の頂という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 58%(33戦19勝 14敗)
回収率 73%(-35万超)
【検討中】 地方競馬の帝王

地方競馬の帝王という競馬予想サイトはサイト内に現金画像を多用しているのだが、それらは捏造したもので、ウソをついていることがバレた集客サイトは完全スルー。初めから地方競馬の帝王を絶賛している不自然な集客サイトはどこも9戦9勝の的中率100%と大絶賛だが、競馬検証.comが検証開始した途端に負け、予想精度的中率16%(19戦3勝 16敗)の、回収率はわずか10%となった。収支結果はマイナス-15万 9800円の大赤字。あれ?的中率100%だったのでは?

地方競馬の帝王という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 約1ヶ月分(19戦)
的中率 的中率16%(19戦3勝 16敗)
回収率 10%(-15万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/25

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想は日曜の提供は無く、土曜のみだということに最近気づいた。

今回検証するセントラル競馬の無料予想(無料情報)は、2024/05/25の東京8Rで提供された買い目である。


セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ セントラル競馬の無料予想(2024/05/25)

結果:9-4-15(不的中)

勝ったコースタルテラスは1勝クラスで2着、3着が各2回あり、1番人気も4度あった馬なら、状態さえよければ勝ち負けできる力があった馬と判断出来る。

ただ、直近の成績が今一つのため手が出し辛い状態にもあったことも事実。ならば、手を出すには復調のきっかけや変わり身を感じさせる必要があったが、前走の中山戦で久々の掲示板確保の4着と復調の兆しを見せていた


実際今回変わり身を見せ勝利したのだが、その理由には「転厩」という要素があったのは想像に難くない。

厩舎が変われば調教方法も変わるのは当然で、実際前走で変わっていたではないか?


つまりは、前走で走る仕上げを掴んでいたのだ。ならば、過去の実績からも注意しなければならなかったはず。

何かが変わって成績が上向いたのだから、ここをチェック出来なかったのは残念なところ。


3着ブッシュテソーロは、中央でデビューし1戦したのみで佐賀競馬に転出。この時は、芝での一戦であったため度外視できるもの。

その後、佐賀で3連勝して中央に復帰した馬なら、ダート適性が高かったと判断できただろう。

あとは佐賀の3連勝が中央の1勝クラスで通用するかどうかというところだが、叩きつつ着順を上げていたのであれば警戒は必要だったはずでは?


逆に推奨にあった11スーパーマンは、今回初ダートなら走らせてみなければわからない馬(結果4着)。 ここは、一回様子見が妥当ではなかったか?

同じく推奨にあった14番ルージュアズライトは、浦和からの転入初戦(結果6着)。 この馬も様子見が必要ではなかったか?

6アッティラは、いかにも詰めが甘い馬というのは成績を見れば明らか。オシェア騎乗で新味が出ることを期待したかもしれないが、ずっとそれなりの騎手を乗せながらも結果が出なかったのであれば、過剰な期待であったと映る。

セントラル競馬が提供したレース

結果としては、様子見が妥当と言える馬2頭が馬券にならなかったため不的中となったのだが、そもそも様子見状態で出走させてくるのであれば、送り出す厩舎も騎乗する騎手も手探りのはず。

ならばこの組み合わせは安易であったと言えよう。




2024/05/26

TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するTORURU(トルル)の無料予想(無料情報)は、2024/05/26の2鞍提供されたうちの片方、東京12Rで提供された買い目である。


TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ TORURU(トルル)の無料予想(2024/05/26)

結果:9-6-4

勝ったシュトルーヴェは、昇級初戦の前走日経賞がいきなりのGII挑戦で勝利している馬ならば、馬が良くなっていると判断できた馬。

本質、左回りが得意な馬なのは戦績から見てもわかる馬で、今回はモレイラ騎乗だ。 買い材料は満載だった。

何故推奨できなかった?


2着シュヴァリエローズは人気こそなかったものの、距離を伸ばして成績が上がってきていた馬。

実際、前走でも今回とほぼ同じ舞台といえる東京2400mのメトロポリタンSで3着と好走しているし、前々走の京都記念(GII)でも4着と悪くない走りをしている。

今回は、ハンデも56kg。買える馬ではないのか?


TORURU(トルル)の推奨にあったダンディズムは8歳の騙馬であり、過度の期待はどうか?。

今年は小倉で1勝して入るものの、早い時計の決着に難がある馬。実際に、前走の新潟戦では1秒も負けての10着。

少頭数を見込んでの参戦としか思えない馬だ。これのどこをどう推奨できた?

適当としか思えない

TORURU(トルル)が提供したレース

同じく推奨のメイショウブレゲは典型的なステイヤー。時計の速いこの距離で、太刀打ちできるとは思えない馬。

OP実績は芝3000mの万葉Sのみ。しかも、当時は54kgの斤量だった。

この馬も、どう考えても時計勝負では分が悪すぎる。


この組み合わせで当たる方が無理である。