最終更新日:2024年05月25日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,102

競馬の楽しみ方〜競馬業界を考察する (記憶する遺伝子〜ディープ、キンカメ) |競馬情報は、競馬のブログ形式の競馬コラムです

  1. 追悼ディープインパクト、キングカメハメハ

  2. 先日「ディープインパクト、死す」で 2019年 7月30日17歳で亡くなったディープインパクトについて書いたが、10日と置かず2019年 8月9日18歳キングカメハメハが亡くなった。

    同じ時期にこの世を去った種牡馬界の二大巨頭であったディープインパクトと、キングカメハメハ

    この2頭がここ数年、競馬界にもたらした功績はここで書き切れるようなものではなく、それでも要点だけを纏めたダイジェストとして今回は「何故この二頭が、日本の生産界ぶ種牡馬として大成功したか」について迫ってみたいと思う。

    キングカメハメハとディープインパクトの死亡
     



  3. ディープインパクト、キングカメハメハ、二大種牡馬の大成功の理由

  4. 今回焦点を当ててみたい、この二頭が種牡馬として成功した理由だが「記憶(気性)と競走能力の関係」が大きく影響を及ぼしていると、私は思っている。

    」というものは基本的には集団で群れて追いかけっこをするのが持って生まれた気性と一般には言われており、仲間の馬と走って追いかけて追い抜いたところで満足して走るのを止めてしまう。あるいは並んで走っているだけで楽しい。…これが馬の持つ「本質」だろう。

    その部分を「レース仕様」に教え込んで、競馬に使えるようになった馬が「サラブレッド」と言われる選び抜かれた馬なのだが、ただ、いくら人間が教え込んだとしても根っこの部分である「本能」とも言える「一緒に走って並んだだけで満足し追い抜こうとしない」とか「追い抜いたら走るのを止めてしまう」といったところは完全には、人間が矯正でいない性質で、競馬用語でいう「ソラを使う」というやつだ。


    この部分を「矯正」する馬具として有名なのが出目金のような「ブリンカー」で、覆面に付いたお椀のようなもので強制的に馬の視界を遮ってしまうのだ。

    これで隣の馬や後方が見えなくなるので、途中で走るのを止めさせないようにする効果があるのだが、ただ、馬は賢い動物なので「ブリンカー」に慣れてしまえば効果は薄れてしまう。
    前に何かで読んだが、ブリンカーの効果が1番大きいのは1回目から3回目くらいまでらしく、あとは慣れてしまうから段々効果が減少するんだとか。…効果が薄れるの、早っw


    つまり、
    ・並んだらそこで止めてしまう。
    ・追い抜いたらソラを使って競馬をやめてしまう。

    という気質の馬は、馬本来が持つ本性を完全に矯正出来なかったということなんだろう。…この本性を「完全に抑え込めたケース」もあり、これに成功すれば

    ・途中で止めない
    ・先頭で走る楽しさを記憶する

    …ということになり、そして、これに成功したのが前出の二頭なのではないか?…と私は個人的に推測しまうのです。
    その根拠だが、ディープインパクトは国内に限って言えば13戦してハーツクライに負けた有馬記念の1度きりの負けだし、キングカメハメハも同様に8戦して1度のポカで、あとは楽勝だった。

    この事実を顧みると、この二頭が「ゴール板を先頭で駆け抜ける」「勝ち切る」という癖を身につけていたという仮説が成り立つのでは無いだろうか。

    もちろん「心技体」という言葉もあるように、武豊も初めて騎乗した時にディープのポテンシャルの高さに驚いてたから、競走能力が高かったことが大前提にはなるけど、これに強靭な「心・魂」が同居してのが前出二頭だったんだろう。


    ディープに限ってはスタート遅いのに、グイグイ抜いていき、最後先頭で駆け抜けることを「楽しさ」として覚えているような走りだった。
    そのような条件が整っていたからこそディープインパクト、キングカメハメハは競走馬として、種牡馬としてスーパーホースとなり得たのと考えられると思う。



  5. 記憶も遺伝する

  6. ディープインパクトキングカメハメハの、二頭の競走実績を振り返ってもわかるように「負けない馬」というのはそういった部分も他の馬に比べ特に秀でていると言える。

    海外に目を向けても、この傾向は見て取れる。
    牡馬でいくらもレースを使っていないのにダービーなどの大きなレースを勝って即、種牡馬入りするというケースが多いのは、もちろん「ブランド」にキズが付かないようにするのもあるが、もしかすると「負け癖を付けさせないまま引退させ、種牡馬にする」狙いもあるのではないだろうか。

    このように「負け癖がついていない」ということは裏を返せば「勝ち癖が付いている」ということになりますからな。

    そんな「記憶の部分の遺伝子」が種牡馬となった時に産駒の気性に伝われば「勝負強い」「勝負根性がある」馬が生まれてきても驚けないと思う。


    もしアーモンドアイが牡馬だったら…

    間違いなくもう引退して種牡馬になっているだろう。競走能力抜群。負けたと言う記憶が一度しかないなら、十分この理論に適合する馬となっていただろう。

    記憶も遺伝する

    少々SFチックではあるが、こう考えると納得できる事象が「競馬界」には確かに沢山あるのだ。

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/18

トッカという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するトッカの無料予想(無料情報)は、2024/05/18の新潟10Rで提供された買い目である。


トッカという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トッカの無料予想(2024/05/18)

結果:3-10(不的中)

結果勝ち馬が漏れていたことによって馬券は成立しなかったが、勝ったノーブルクライは2024年の1月に戦列に復帰してから4戦して掲示板を外したのが1回、内2回は新潟、東京コースと左回りで馬券に絡んでいた。

特に前走の荒川峠特別は、後方から進んで上がり最速の脚で0.2秒差2着。

この時は内回りコースであったが、今回は外回りなら追走が楽になる分決め手が発揮しやすいという状況設定。案の定、最速の上がりで差し切った。

騎乗した丹内騎手も新潟リーディングがかかっていたのであれば、勝負の鞍だっただろう。


元々左回りが得意なら、この開催で勝ち上がりたかったところ。

決め手が生きる外回りに条件好転、ジョッキーは勝負騎乗。

血統的にもフィットするハーツクライ産駒であり、これから良くなる明け4歳馬。と、買い要素はふんだん

何故推奨しなかった?


逆に推奨に上がっていたマルクパージュは、未勝利勝ちが芝の1400m、その後2着が2度あるが、ともに芝1400mなら本質この距離は合わないという疑念はなかったか?

血統は悪くないが、常に400kgそこそこの馬体で出走してきているようにいかにも非力

小さいから馬力がないとは一概には言えないが、メリットとは言い難い。

2走前の内容が良かったことからさらに距離を伸ばしてきたが、今回は距離云々よりも非力なために荒れ馬場で力を発揮できなかったようだ。

実際に、2走前はラスト34.8秒で上がってきての4着であったが、今回は出走馬中最遅の38.1秒もかかっての10頭立て9着。


敗因は荒れ馬場と距離だろう。

ここを何故読めないのか?

トッカが提供したレース

もう一頭の推奨馬サンズオブタイムは、2歳時の新潟未勝利で2着があったものの今年は既に6歳。

それまでにただの一度も左回りを経験していないのであれば、陣営の見立ては右回り巧者。

ならば、何故今回の左回りで変われると言えよう?この辺りを俯瞰できていれば組み立ても変えられたはずである。




2024/05/19

アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するアナタノケイバの無料予想(無料情報)は、2024/05/19の京都10Rで提供された買い目である。


アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ アナタノケイバの無料予想(2024/05/19)

結果:6-2-3(不的中)


「アナタノケイバ」の推奨馬9カーペンタリアは、昨年の12月に復帰して8→11→12→12着

前走は最下位だった


3歳時に3勝しているが、この時騎乗していたのはレーン2勝、ルメール1勝。

その後3着が一回あるが、休みを挟んでここ4戦は見る影もない。

休み明け2戦は、ともに1番人気に推されていたが8→11着。

この2戦を含む復帰後の4戦は、全て後ろから数えた方が早い着順。

一体このどこに変わり身を感じられるのか?

結果、今回も最下位では全く見る目がないとしか言えない。


1アレグロモデラートは、3勝クラスに上がって格上挑戦の牝馬限定重賞愛知杯で4着があるが、この時のハンデは51kg。3走前の中山牝馬Sも格上挑戦。

50kgのハンデであったが見せ場もなし。


今回は自己条件とは言え56kg。

詰まるところ、軽ハンデで出られるレースにしか現時点では活路のない馬。しかも今回は別定戦。

前進の余地は、どこにあると感じたのか?


8ヒヅルジョウはこれくらいの距離が得意な馬で、前走の5着で復活の兆しが見えたかに思えたかもしれないが、これまでの実績を見てもわかるように後ろから言って何頭抜けるかという競馬ばかり試している馬。


それでいて52kgで5着

今回は56kg、どうやったら前走以上のパフォーマンスが出せると判断できたのか?


複勝狙いということで穴目の馬に触手が動くことはわからないでもないが、馬券になるためにはあくまで走れる状態にあるという前提が必要。

今回のこの3頭にはなかった。


アナタノケイバが提供したレース