最終更新日:2024年06月21日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,463

キャロット 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ キャロットの無料予想の検証結果

▼ キャロットの関連サイト情報

▼ キャロットの無料予想レポート


  1. 【検証①】キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    検証①-1-キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の提供場所

    キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの提供する、無料予想(無料情報)の提供場所を見ていこう。

    キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ キャロット(CARROT)の無料予想の提供場所

    キャロット(CARROT)という競艇予想サイトが提供する無料予想(無料情報)だが、会員ページに入る前に「無料情報」と書かれたボタンがあるので、そこを押す。
    予想が公開されている時だと次のページで「無料予想情報」とピンクの文字で書かれた下に「続きを読む」と黒いボタンがあるので、そこを押すと予想を確認できる

    尚、予想の公開時刻以外に確認すると、無料予想の提供される時間帯の確認ができる。


    検証①-2-キャロット(CARROT)の無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    次にキャロット(CARROT)の提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容がどのようなものか見ていこう。

    キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料予想・無料情報の内容・詳細
    ▲ キャロット(CARROT)の無料予想の提供内容


    キャロット(CARROT)の無料予想・無料情報の提供時間

    キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)は、

    【平日】は火曜〜金曜まで地方競馬予想
    【週末】は土曜・日曜は中央競馬予想

    が提供され、提供時刻はこのようになってる。

    【平日 地方競馬】レース当日9時頃
    【週末 中央競馬】レース前日22時頃


    キャロット(CARROT)の無料予想・無料情報の内容

    キャロット(CARROT)で提供される無料予想(無料情報)の内容は、1日2鞍の提供で、提供される無料予想の馬券券種は、基本的に「馬連・3連複」の提供となる。

    点数は馬券券種によって違うが「馬連」だと5点、「3連複」だと10点の提供となることが多そうだ。



  2. 【検証②】キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証②-1-キャロット(CARROT)の無料予想を抜き打ち検証

    キャロット(CARROT)という競馬予想サイトのサイト情報の徹底検証は行ったが、実際のキャロット(CARROT)の予想精度はいかがなものか?
    そこでキャロット(CARROT)の無料予想の買い目を抜き打ちで検証しようと思う。

    競馬予想サイトの公開直後は、キャロット(CARROT)のことを既に有料評価しているような検証サイトでは、どこもやたら的中したことになっているので、少しタイミングをずらして無料予想の抜き打ち検証をしようと思う。

    キャロット(CARROT)の無料予想を分析することで、キャロット(CARROT)の予想精度が、有料コースに参加しなくてもどのようなものか分かってくる。



    キャロットという競馬予想サイトの無料予想検証
    202210/01(中京1R)

    以下、202210/01に提供されたキャロット(CARROT)の無料予想の検証結果である。

    キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ キャロット(CARROT)の無料予想(202210/01)

    キャロットという競馬予想サイトの初検証だ。
    ある検証サイトでは9戦9勝と書かれていたが、私が検証を開始した途端10/1の2鞍、10/2の2鞍、計4鞍全敗となってしまい、まるで私が疫病神のようである。…ちなみに10/3は月曜定休日で、本日10/4も地方で2鞍不的中だった。

    今回検証するのは土曜中京1Rは2歳未勝利戦だ。
    軸として推奨したのは、福永騎手が乗るグリグリ1番人気の6ハンベルジャイトだ。デビュー戦は上手に立ち回りながらも、直線では勝ち馬のあとを追うように伸びて2着争いを制した直後の連闘である。

    キャロットが指定した買い目の人気順1,7,5,2,4,6番人気という、松田騎手が乗る15マヴォロンテ(3番人気)を切っており、結果的にはその15マヴォロンテ(3番人気)が2着に入るというアンラッキーなもの
    モタれ癖があったのと、馬体重がマイナス10キロだったことから消したのかも知れないがチークピーシズを着けたことでコーナーワークもスムーズになり、マヴォロンテは全てがいい方に出た。

    馬体重が全てではないものの、中3週でガラッと変わるパターンにハマった。当てに行っていた感があったのも否めない。



  3. 【検証③】キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料予想の回収率と的中率

    検証③-1-キャロット(CARROT)の無料予想を、連続、連日、検証するワケ

    前述のようにキャロット(CARROT)は「地方競馬」と「中央競馬」の両方を提供(土日は中央だけ)している。

    そこで当初は分けて検証しようかと思ったが、こっちでも書いたように、キャロット(CARROT)のことを早くから検証していたという検証サイトが7戦7勝や、9戦9勝(私の検証のように連日検証ではなく、抜けてる日もあるのだが、なぜか参加した日は全勝となっている)「100%の的中率」などと書いているものだから、私も「地方競馬予想」と「中央競馬予想」をあえて分けずに、ぶっ続けで31鞍検証することにした



    検証③-2-キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果

    以下、キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証結果を抜き打ちで31レース検証したものとなる。(はじめは9鞍だけを何回かに分けて検証しようかと思ったが、31鞍(31日分)続けることにした)

    キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(10/3、10/17は提供なし)

    10/1 無料予想 -5,000円
    10/1 無料予想 -5,000円
    10/2 無料予想 -2,590円
    10/2 無料予想 -5,000円
    10/4 無料予想 -5,000円
    10/4 無料予想 -5,000円
    10/5 無料予想 -5,000円
    10/5 無料予想 0円
    10/6 無料予想 -5,000円
    10/6 無料予想 -3,330円
    10/7 無料予想 +5,010円
    10/7 無料予想 +6,110円
    10/8 無料予想 -5,000円
    10/8 無料予想 -2,180円
    10/9 無料予想 -5,000円
    10/9 無料予想 -2,960円
    10/10 無料予想 -5,000円
    10/10 無料予想 -5,000円
    10/11 無料予想 +4,900円
    10/11 無料予想 +3,700円
    10/12 無料予想 -5,000円
    10/13 無料予想 +9,110円
    10/13 無料予想 -5,000円
    10/14 無料予想 -2,700円
    10/15 無料予想 +10円
    10/16 無料予想 -3,720円
    10/18 無料予想 -5,590円
    10/19 無料予想 -10,000円
    10/20 無料予想 -9,520円
    10/21 無料予想 -8,500円


    検証③-3-キャロット(CARROT)の無料予想の予想精度結果発表

    キャロット(CARROT)という競馬予想サイトの無料予想の検証を31鞍行った、キャロット(CARROT)の予想精度の結果発表となる。

    もし仮にキャロット(CARROT)の推奨する金額で31鞍すべて、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は17万 1000円になり、結果払戻しは7万 8750円となっていただろう。

    31鞍の収支結果は、

    マイナス-9万 2250円だ。


    キャロット(CARROT)の無料予想の検証結果

    検証期間 31鞍
    的中率 48%
    回収率 46%

    他の検証サイトでは7戦7勝9戦9勝「100%の的中率」と書かれていたが、実際のところは
    31戦6勝で、勝率は…19%だった。

    キャロット(CARROT)の無料予想の勝率

    検証期間 31鞍
    勝率 19%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    キャロット(CARROT)の検証レポ



キャロットという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【悪評】 バビロン(BABYLON)

バビロンという競馬予想サイトの検証当時、5ヶ月も前から100万超えを当て続けてるように実績紹介していたが、競馬検証.comが1ヶ月かけてバビロンの無料予想を検証すると(しばらく提供もなかったので運営すらしてなかったようだ)的中率0%(12戦0勝 12敗)で、回収率0%のマイナス-17万円超えの収支結果となった。何が100万超えだ。完全に自作自演の捏造だろう。また、バビロンは社名も公開しているのでグループサイトがすぐ判明したのが、1ヶ月半検証して全滅だったゴールデンスターズの運営社だ。

バビロン(BABYLON)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 0%(12戦0勝 全滅)
回収率 0%(-17万超)
【検討中】 地方競馬の帝王

地方競馬の帝王という競馬予想サイトはサイト内に現金画像を多用しているのだが、それらは捏造したもので、ウソをついていることがバレた集客サイトは完全スルー。初めから地方競馬の帝王を絶賛している不自然な集客サイトはどこも9戦9勝の的中率100%と大絶賛だが、競馬検証.comが検証開始した途端に負け、予想精度的中率16%(19戦3勝 16敗)の、回収率はわずか10%となった。収支結果はマイナス-15万 9800円の大赤字。あれ?的中率100%だったのでは?

地方競馬の帝王という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 約1ヶ月分(19戦)
的中率 的中率16%(19戦3勝 16敗)
回収率 10%(-15万超)
【悪評】 成金競馬道

成金競馬道集客サイト怪しい。…情報検索すると57分前にインデックスされてなかったのに、1ヶ月前から検証していたという。
集客サイトの戦績8戦8勝の的中率100%と、大絶賛だが、競馬検証.comが無料予想を検証した結果回収率27%の、24レースで、マイナスー45万 150円。いくらなんでも乖離しすぎではないのか?

成金競馬道という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月(24レース)
的中率 29%(24戦7勝17敗)
回収率 27%(-45万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/06/16

ケイバ一番星という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するケイバ一番星の無料予想(無料情報)は、2024/06/15、6/16の2日にわたって提供された全4レースの中から2つ選んで検証を行った。

ケイバ一番星が提供したレース

2024/06/15 (東京10R 立川特別)

初めは6/15の1鞍目東京10Rで提供された買い目である。

結果:8-10-16


結果的に16番ニシノスピカを推奨出来なかったがために馬券は成立しなかった。 この馬を入れられなかった理由はなんだ?

昇級初戦ではあったが、ローテーション的には叩きつつ状態が上がってきていた感で、実際過去の戦績を見ても叩きながら調子を上げていくタイプ。コース相性も上々で、何度も騎乗している津村騎手の連続騎乗なら馬の癖も知り尽くしていたはず。

大外枠は一見不利に映ったのかもしれないが、行く馬を見ながらレースを組み立てられるという利点もある。今回はその辺りが上手くいったが、ここを何故見落としたか?


逆に推奨にあった3番スペンサーバローズは前走を勝っての昇級戦。勢いを買っての推奨はわからないでもないが、過去の成績を見ても馬券になったのはただの2回だけ。

若干間が空いたのも気になる。穴男原優介騎手の一発という淡い期待はあったかもしれないが、やはりあくまでも一発屋という評価が妥当。狙いすぎではなかったか?


4番のミエノナイスガイは狙えなくもない感じだが、前走騎乗した津村は16番ニシノスピカを選んでいるなら鞍上内田騎手で乗り下がり。ならば、選ぶのは津村騎乗の西野スピカではなかったか?


12番ウインザナドゥは、全キャリアで最も距離が短いダート1400m。この距離で買われる根拠は何処にあったのか?

結果的には上位人気馬同士で決着したレースなら、振り回しすぎたようである。



2024/06/16 (東京11R スレイプニルS)

続けて6/16の2鞍目東京11Rで提供された買い目の検証だ。

結果:8-14-12


軸推奨クールミラボーは、2走前に3勝クラスを勝って前走が昇級初戦のOPで3着。東京ダートの2100mで、鞍上ルメールなら狙いたくなるのもわからないではないが、実際に勝ったメイプルリッジの前走は重賞の平安Sで0.3秒差5着。ともにこのコース得意だが、前走で使ったレースと結果を見ればこちらを選べなかったか?


東京→ルメールという選択肢はわからないでもないが、今回はそれよりもシッカリ狙える要素があった馬がいたのにもかかわらずにルメールを推奨したのは安易ではなかったか?

推奨に上がっていなかった2着ホウオウルーレットも成績こそ今ひとつであったが、重賞で揉まれてきていた馬

重賞を使われてきた馬とOPやリステッドレースを使われてきた馬をしっかり比較すれば、組み立ても変わってきてよかったレースだった。