最終更新日:2024年02月29日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:114,652

キャリーオーバー という競馬予想サイトの口コミ、評判、評価、無料情報の検証のまとめ

▼ キャリーオーバーの無料予想の検証結果

▼ キャリーオーバーの関連サイト情報

▼ キャリーオーバーの無料予想レポート

  1. キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想について

    キャリーオーバーの無料予想の提供場所

    競馬予想サイトのキャリーオーバーという競馬予想サイトが提供する無料情報(無料予想)だが、会員ページのはいん倍コースの中に無料情報とあるので、そこの「フリースピン」というボタンを押すと、次のページで確認ができる。

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)を確認する
    提供時間前だと、バナー画像が表示されていない。



    キャリーオーバーの無料情報(無料予想)の詳細

    キャリーオーバーの無料予想の提供時間

    競馬予想サイトのキャリーオーバーでは、毎週土日、レース前日の夜(21:00頃)には予想が提供されている。


    キャリーオーバーの無料予想の内容

    毎週4鞍以上 提供確約」と書かれていたが、実際にはキャリーオーバーから提供される無料予想(無料情報)は1日2鞍となっている。

    提供される無料予想(無料情報)の馬券券種は、私が検証していた期間では基本的にワイド、馬連、3連複の3種で、点数10点ずつとなり、1鞍あたりトータル30点となる。

    基本的には1点あたり500円を推奨しているので、不的中だった場合、1鞍あたり1万 5000円のマイナスとなることが多い。



  2. キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    キャリーオーバーの無料予想の抜き打ち検証

    キャリーオーバーという競馬予想サイトで提供された無料予想(無料情報)の買い目を抜き打ちで土日検証してみた。

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/02/12(阪神7R・阪神9R)

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    やはりというかなんと言うか、この日は阪神で8頭立ての少頭数のレースが3鞍あったのだが、そのうちの2つを無料情報で提供してきた。

    2022/02/12 (阪神7R)
    まずは阪神7R4歳以上1勝クラスだが、[2.8.5.1.7]番人気で上位人気と下位人気を万遍なく入れてきたにも関わらず、1着の6ラボンダンス(1人気)だけが馬券に絡み、2着の3ウォーターアンク(4人気)と3着の7クリノニキータ(3人気)は抜けという有り様だ。

    これなら競馬新聞、いやスポーツ紙の予想を見て買ったほうがまだマシなレベルだ。
    サイトが選んだ5頭は[7.8.4.1.6]着ワイドすら当てられないのだから。

    ここ5走で10着以降が3度もある4ペリトモレノ(8人気→8着)を選んだり、ダート戦は(0.0.0.14)という8ラヴベローナ(7人気→6着)を選んだ理由を聞きたいものだ。

    2022/02/12 (阪神9R)
    そして同じく8頭立て阪神9R春日特別であるが、[6.4.2.8.5]番人気と1,3番人気を抜いてきたのだが、1着にはその3番人気の4ロックユーが入り、同じく抜いた1番人気の6ミスフィガロが猛追してきて3着を確保したのだ。

    前週に怪我から復帰していきなり初勝利を挙げ、土曜はこのレースを含めて5勝の固め打ちの福永祐一が跨るロックユーを切るとは、一体どういうことだろう。
    情報を入手する力も、読み解く力も、まるで素人だ。
    サイトが選んだ5頭は[7.2.5.8.6]着という戦前から予見できた結果だった。

    幾ら8頭立てとはいえ、引退しても不思議でない戦績の1ネバーゴーンアウト(7人気→6着)や、地方からの出戻りで芝での様子を見るだけの5オレオレサララ(6人気→7着)を買い目に入れるとは狂気の沙汰である
    ワイドを当てる前に、単勝か複勝で利益を出せるようになってから、再出発してほしい。



    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/12/04(阪神1R・阪神3R)

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    最低最悪・無料競馬予想サイトランキング」の「1日1Rあたりの平均収支」で最悪ランキングの10位の座を死守している(笑)キャリーオーバー。
    今週同グループサイト?不名誉ランキング2位の「P4」も検証したのだが、2サイトとも無料予想は1日に2鞍の提供している。

    P4と同じで点数も多いので当たるが、当たってもガミることが多く12/4と、12/5の総額、-49,950円の赤字だった(2位のP4よりはマシ)

    2021/12/04 (阪神1R)
    阪神1Rから飛ばすのはイイとして、9頭立ての2歳未勝利戦くらいはキッチリ当てて欲しいものだ。
    因みに、ワイドが1点だけ当たっていたが、450円なので2,250円の配当。全券種を買い目通りに買うと、馬券代の合計15,000円から2,250円を差し引き12,750円の赤
    1日の初っ端からマイナススタートでは気持ちも凹む

    買い目を精査すると、勝ち馬であり2番人気のアクティブバイオ削られていた
    1番人気のニューダイアリーズ(M.デムーロ)と2番人気のアクティブバイオ(団野)をどちらか切らないといけないルールでもあるのか?
    おそらくM.デムーロと団野騎手を天秤に掛け、必然的に団野騎手のアクティブバイオが切られたのだろう。
    こうなってくると、サイコロだったり鉛筆に番号を振って転がして決めるレベルだ。

    2021/12/04 (阪神3R)
    続く、阪神3R9頭立ての2歳未勝利戦だ。これら2つのレースを選んだ時点で本気で当てに行ってるはず、なのだが。

    このレースに至っては、信じられない結果となった。
    キャリーオーバーは1,3,6,9番人気の4頭買い目から切ったのだが、その1,3,6番人気で決まるという、アメージングな結果となった。
    こうなって来ると、馬券がヘタクソというよりは、運が無さすぎで怖いくらい。
    1番人気と3番人気の馬を切り捨てているのは、出走表を見ないで買い目を出しているのではないかと疑いたくなる。



    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/09/12(中山2R)

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    2鞍提供あったが残念
    中山2Rの買い目検証だが、この買い目を見て最初に思ったのは、1〜6番人気から1番人気を切っただけ手抜き予想ってこと。

    配当狙いで1番人気の7 ウロボンだけを買い目入れず高配当が生まれることを期待でもしたのか

    7番人気以降の人気薄を入れていないのは、もしかすると予想作成者は1番人気の7 ウロボンを切るか、2番人気の3 ヴァプンアートを切るかで少しは悩んだのかもしれない。

    1着の5 マイネルアルザス(3人気)は、関係者がかなり色気を見せていた。
    2着の7 ウロボン(1人気)の陣営は「まだ緩さがあるものの前向きさが出て来た」と前向きな姿勢だった。
    3着の3 ヴァプンアート(2人気)も「使う毎に走りが洗練され、ここは勝機十分」というコメントだった。

    このレースの買い目を見る限り、会員を儲けさそうとは思っていないようだ。
    …まぁ無料予想だから。というのもあるのかもしれないが、10頭立てのこのレースを当てたところで、馬連560円、3連複320円で低配当になることはあらかじめ予測はついていた筈である。
    要するに、配当の堅そうな午前中のレースを選択して「当たってる」ように見せたいのだろう。



    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/06/05(東京8R)

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    東京8R、結果としては2番人気1番人気3番人気で決まったレースである。
    そして見解の前に、このレースはこの日「最も出走頭数の少ない9頭立て」であることを忘れてはならない(笑)

    1着の⑤ブライトギフトであるが、前走をソエ(管骨骨膜炎のこと)で取り消したがその影響はなく、久々でもシッカリ調教を積み能力を出し切れる状態だった。

    2着の⑥ディオスバリエンテだが、買い目から消しているということは、何か問題でもあったのか、不安情報でも入ったのか、…まぁどっちでもないんだろうけど。

    前走のプリンシパルSも勝ち切れなかったことでダービー出走は叶わなかったが、もともと初戦で破った②③着馬はのちの重賞③②着馬だ。
    「どう転んでも素質上位」と不安要素はなく、厩舎としては勝ってこの後はラジオNIKKEI賞を予定しているので、取りこぼせない思いがあったらしいが、2着だった。

    3着の①ノーダブルディップは「前走は力を出せなかった」と反撃ムードだった。

    馬券に絡んだ2頭以外は、③トウキョウボーイ(7番人気)、④ワタシヲマッテル(6番人気)、⑦グットクルサマー(5番人気)を選んでいるということは、上位人気の2頭と下位人気の3頭を選ぶという図式でも初めからあったんじゃないだろうか。だとしたら実に浅はかな考えだが、はたしてどうだろう。

    人気を中心に馬券を考えると、このように簡単なレースも獲れなくなる。



    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/02/27(中山10R)

    キャリーオーバーの無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    キャリーオーバーの無料予想(無料情報)は1日2鞍提供だ。
    2/27は両方とも外れ、2/28は1鞍的中したもののワイド1.9倍のみだったので、土日の結果は、マイナス-5万 9050円となった。

    さてその中から中山10R無料予想ひどい買い目を出して来たな、と思ったので検証してみよう。

    今回の馬の人気を見れば一目瞭然で、どこまで本気だったのか分からないが、完全に一か八かの予想だ。

    9頭立てのレースなのだが、上位3頭が買い目に1頭もいないというのも、ある意味「奇跡」にかけたのだろうか?(無料予想だから)…だとしたら勘弁してもらいたい。

    1ココフィーユ(7人気)
    3エバンタイユドール(9人気)
    5フォワードアゲン(4人気)
    7ストームリッパー(8人気)
    8アップライトスピン(2人気)


    6ダディーズマインド(1人気)の担当者が「開幕週のここを目標に乗り込んだ。今回はチャンスだと思っている」と意気込んでいた話や、9ミトロジー(3人気)の担当者が「前走は発馬で後手に回ったが連対した。状態はいいので何とかしたい」と漏らしていた話、2エフティイーリス(6人気)の担当者が「蛯名騎手にお願いしたのだが鬼気迫るものがあった。執念を見せてくれると思う」と熱く語っていた話。

    …そんな情報が色々とあるが、このような情報を全てシャットアウトして無謀な予想を非会員に提供したのか、それとも情報が無いのか

    キャリーオーバーの運営の社内で「1番人気は買い目に入れるな」とか「人気のない馬は後ろから3頭は入れるように」などという意味の分からない縛りでもあったか?と、疑いたくなるような内容だった。



  3. キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の長期検証

    キャリーオーバーの無料予想の検証

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の検証結果となる。

    キャリーオーバーの無料予想の検証は、基本的に検証の開始を始めた日から、できる限り毎週(3日開催の日も)提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出しています。

    11/28 無料予想 -10,150円
    11/28 無料予想 -15,000円
    11/29 無料予想 -15,000円
    11/29 無料予想 -950円
    12/5 無料予想 -10,450円
    12/5 無料予想 -14,050円
    12/6 無料予想 -15,000円
    12/6 無料予想 -3,600円
    12/12 無料予想 -15,000円
    12/12 無料予想 +9,250円
    12/13 無料予想 -7,400円
    12/13 無料予想 -7,550円
    12/19 無料予想 -15,000円
    12/19 無料予想 -15,000円
    12/20 無料予想 -13,050円
    12/20 無料予想 -15,000円
    12/26 無料予想 -15,000円
    12/26 無料予想 -15,000円
    12/27 無料予想 -15,000円
    12/27 無料予想 -15,000円


    キャリーオーバーの無料予想の検証結果

    キャリーオーバーという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月(20レース)行ったわけだが、もし仮にキャリーオーバーの推奨金額通り、1点あたり500円1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった軍資金は30万円もかかり、結果払戻しは7万 7500円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス 22万2950円だ。


    キャリーオーバーの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 67%
    回収率 26%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    キャリーオーバーの検証レポ


キャリーオーバーという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【悪評】 競馬ファミリー

競馬ファミリーと運営社名が同じということで、1ヶ月かけた無料予想検証でマイナス-17万超え万馬券パークや、マイナス-13万超えウマピース同じ赤字サイトのグループと判明。競馬ファミリー登録時にポイント還元はあるが、検証当時ポイントコースがないので、還元ポイントが使えない。これではもらっても意味がない

競馬ファミリーという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 27%
回収率 39%

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は推奨金額が高いので、結果的に68%の、マイナス-19万 7900円のマイナス収支となった。…ウマっち×ウマっちの運営所在地は、スコットランド。ウソだろ?…ウマっち×ウマっちのことを推薦している検証サイトは、今回もかなり怪しいもので、それら集客サイトはどこも回収率がなぜか良くて、運営地などツッコミどころにもスルーだ。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 29%(24戦7勝17敗)
回収率 68%(-19万超)

モーカルという競馬予想サイトは、一見すると詳しく分析された買い目を提供しているように見えるが、実際は競馬場特徴ナビや、JRAのHPからそのまま引用しているだけ。モーカルの利用者の声を検証すると、最古の投稿日が、ドメイン取得日のわずか3日後だった。そんなに早くサイト作って、公開して、予想提供して、的中できるわけないと思うのだが?悪評の多い競馬予想サイトだ。

モーカル地方競馬という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 30%(10戦3勝 7敗)
回収率 8%(-4万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/24

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマっち×ウマっちの無料予想(無料情報)の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は68%の、マイナス-19万超のマイナス収支となった。

その後も定期的に抜き打ち検証をしているのだが、先日だと2/24と、2/25の2日間だけの無料予想の収支結果を見てもマイナス-11万 9200円である。

あまりにインパクトのあるマイナス収支だから、その対策だろうか。日曜に提供された無料の3連単予想は「スペシャルアカウントでのみ提供なんて小細工をしていた。
(てっきり空売りするのかと思ったが、スペシャルアカウントで提供した予想も的中結果に載っていなかったので、不的中だったようだ)

さて、今回検証するウマっち×ウマっちの無料予想は、2024/02/24の中山11R 幕張Sで提供された買い目である。

馬連と、3連単の2券種提供なので順に見ていこう。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマっち×ウマっちの無料予想(2024/02/24)

券種:馬連
買い方:流し

結果:2-5

軸馬推奨の1.スズハロームは、中山マイルで未勝利戦を勝ち上がっており、一見適性ありと判断できそうだが、未勝利と3勝クラスではメンバーの質が全く異なるので、そこをもって適性ありと判断するのは早計ではなかったか?

さらにはその後、積み上げた2勝は芝1400mでのもの
ならば現状は1400mがベストであり、勝ち負けするには距離が長かったとように映る。

またその2勝は中京、京都でのもので、小回り中山は向いていなかったとジャッジできていてもよかったはずだ。
近走が安定していたことを踏まえての推奨であったのだろうが、少し安易ではなかったか?


券種:三連単
買い方:フォーメーション

結果:2-5-7

1着推奨の11.ディオスバリエンテは中山で2勝して入るものの、実際使われたレース数は3度。
一見巧者にも見えるが、実際には東京コース中心に使われてきており、その数11度なら陣営の見立ては左回り巧者というのは明らか

さらには今回は大外枠
開幕週ということを考えれば、ここは大きな不利であり、この状況で勝ち負けを期待するのは無理があったのではないか?

デメリットが2つ重なっている上でのウマっち×ウマっちの推奨には疑問符がつく。
トラックバイアスを考えれば、割引であったことは判断できてよかったのではないか?

対して勝ち馬2.ニシノスーベニアは前走が1枠1番で3着、今回は2枠2番なら既に前走で勝ちパターンの競馬が出来ており、枠にも恵まれていた。
この馬を一列上げるのが本筋ではなかったか?

ただ3着が抜けているので話にはならないが。

ウマっち×ウマっちが提供したレース

結果としてはここも開幕週という馬場状態を考慮すれば、もう少し違ったアプローチが出来ていてもよかったレースで、実際に馬券になった馬は3頭とも比較的内目の枠を引いている
コース攻略」とはこの辺を見るべきものだ。



2024/02/24

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するギガうまの無料予想(無料情報)は、2024/02/24の中山9Rで提供された買い目である。

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ギガうまの無料予想(2024/02/24)

結果:5-4-2

頭数を鑑み少点数で纏めたのは評価できるが、的中しなかったのでは意味がない。

馬券対象として推奨するも圏外となったのは1.ドンアレスと3.ターコイズフリンジの2頭。

ギガうまが提供したレース

1.ドンアレスは中山芝1800mの新馬戦を2着し、小倉の未勝利戦を勝利しての臨戦で、一見買いの手に走りたくなるが、そもそも新馬戦の内容が時計も含めて平凡で好枠を利して上手く乗れたように映る。

3.ターコイズフリンジも似たようなことが言え、新馬戦の勝ち時計は平凡。
さらには530kgを超える巨漢馬であり、腕力で馬を動かすマーカンドの騎乗技術に負う部分も大きかったし、レース間隔が空いていた分太目を懸念する必要があったのではないか?

いずれにせよ、両頭とも開幕週の高速決着にいきなり対応できるとは言い難かった。

方や馬券になった4.マイネルフランツは、このクラスで2着し時計も優秀なら目処の立っていた馬。
血統的にも中山得意のゴールドシップ産駒、ここを素直に評価できなかったのが悔やまれる。

3着2.リアレストは、中山の未勝利戦を勝っての臨戦であったが、勝ち上がりまでの3戦で使われたレースは全て中山芝。
レース慣れが見込めた馬でもあり、東京戦をパスしてここまで待機していた。
狙ったレースでの仕上げにあったのが明らかなら、その部分を読み解けてもよかったはず。

結論として、馬券になった馬はある程度の実績が既にあった馬で、馬券にならなかった馬は未知の力に期待するしかなかった感。

この時期の3歳馬なら、実績重視が賢明であったと言える結果であった。