最終更新日:2024年02月29日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:114,645

うまほー! という競馬予想サイトの口コミ、評判、評価、無料情報の検証のまとめ

▼ うまほー!の無料予想の検証結果

▼ うまほー!の関連サイト情報

▼ うまほー!の無料予想レポート


  1. 【検証①】うまほー!という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    検証①-1-うまほー!という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の提供場所

    うまほー!という競馬予想サイトの提供する、無料予想(無料情報)の提供場所を見ていこう。

    うまほー!という競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ うまほー!の無料予想の提供場所


    うまほー!という競馬予想サイトが提供する無料予想(無料情報)だが、会員ページのメニュータブに「買い目公開」とあるので、そこを押すと次のページで確認ができる。


    検証①-2-うまほー!の無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    次にうまほー!の提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容がどのようなものか見ていこう。

    うまほー!の無料予想・無料情報の提供時間

    うまほー!という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)は、毎週土日、レース前日の夜(21:00頃)に予想が提供される。


    うまほー!の無料予想・無料情報の内容

    うまほー!で提供される無料予想(無料情報)の内容は、1日1鞍の提供で、提供される無料予想の馬券券種は、基本的に「ワイド5頭BOX」の提供となる。

    無料情報の場合、点数は10点の提供で1点あたり100円を推奨しているので、不的中だった時は1鞍あたり1,000円のマイナスとなる。



  2. 【検証②】うまほー!という競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証②-1-うまほー!の無料予想を抜き打ち検証

    うまほー!という競馬予想サイトのサイト情報の徹底検証は行ったが、実際のうまほー!の予想精度はいかがなものか?
    そこでうまほー!の無料予想の買い目を抜き打ちで検証しようと思う。

    競馬予想サイトの公開直後は、うまほーのことを既に有料評価しているような検証サイトでは、どこもやたら的中したことになっているので、少しタイミングをずらして無料予想の抜き打ち検証をしてみた。

    うまほー!の無料予想を分析することで、うまほー!の予想精度が、有料コースに参加しなくてもどのようなものか分かってくる。



    2023/06/17(函館9R)に提供されたうまほーの無料予想検証

    以下、2023/06/17に提供されたうまほーの無料予想の検証結果である。

    うまほーという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ うまほーの無料予想(2023/06/17)

    うまほー無料予想(無料情報)だが、久々に見てみると、土曜不的中。日曜は240円のガミだった。
    今回は土曜の「函館9R 下北半島特別」の無料情報を検証する。

    このレースは、富田騎乗の10ジューンオレンジが、グリグリの1番人気に支持されていた。
    プラス体重16キロだが、このメンバーには負けられないと思えるデキだ。

    うまほー!のワイド5頭BOXには勿論選ばれていたのだが、詰めが甘いというか、情報精査が何も出来ていないというか、2,3着馬が選ばれていないのだ。

    うまほーが提供したレース

    言っておくが、このレースたったの11頭立てだぞ?
    幾ら何でも、普通であれば低配当でも良いから一つの出目くらいは当たるものだろう。
    しかも、そこまで荒れたわけでもない。

    うまほー!がワイド5頭BOXに選んだのは、
    2ランフリーバンクス(5人気)
    4ビップシュプリーム(2人気)
    9オラヴェリタス(8人気)
    10ジューンオレンジ(1人気)
    11ハリウッドヒルズ(3人気)
    であり、

    2着に入った北村友一騎乗の5プリモカリーナ(4人気)と、3着に入った浜中騎乗の1シタン(6人気)を見事に切り捨てるという浅はかな情報精査。
    多分、競馬新聞を参考にしているくらいだろうと思う。


    2023/01/21(中山11R)に提供されたうまほー!の無料予想検証

    以下、2023/01/21に提供されたうまほー!の無料予想の検証結果である。

    うまほー!という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ うまほー!の無料予想(2023/01/21)

    うまほー!の抜き打ちで検証した無料予想(無料情報)は初富士ステークスであるが、あろうことか、1番人気でルメール騎乗のパラレルヴィジョンと、2番人気でバシュロ騎乗のスルーセブンシーズバッサリ切るという、うまほー!の無料予想らしくもない暴挙に出てしまった

    しかも、パラレルヴィジョンは1.5倍というグリグリの人気であるにも関わらず…「万が一飛べば」という気持ちもわからなくはないが、ちょっと無理があるだろう
    無料予想でこの買い目は無謀すぎると言いたい。

    確かに、パラレルヴィジョンはゲート内で落ち着きがなく、スタートでアオッたところに馬体をぶつけられる不利を受けた。
    反応はひと息で4コーナーも膨れる感じで予想が当たるのかとも思ったが、最後2着馬も交わせなかったのは物足りない。
    あんなアクシデントがあっても3着まで持ってこられたのは、ルメール騎手のなせる技だろう。

    2着に入った8番人気のルルドヴィクスを買い目に入れてあるのに、実に勿体無いものだ。
    ただパラレルヴィジョンかスルーセブンシーズを買い目に入れていた場合は、ルドヴィクスを切ったであろうとは想像できる。

    ワイドで、1,500円・260円・810円付いたのに、実に残念である。
    こういう買い目を見ていると、どう考えても有料で3連単で的中している光景が想像できない。



  3. 【検証③】うまほー!という競馬予想サイトの無料予想の回収率と的中率

    検証③-1-うまほー!という競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、うまほー!という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証結果となる。

    うまほー!という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    10/22 無料予想 -620円
    10/23 無料予想 -230円
    10/29 無料予想 -240円
    10/30 無料予想 -680円
    11/5 無料予想 -1,000円
    11/6 無料予想 -1,000円
    11/12 無料予想 +60円
    11/13 無料予想 -1,000円
    11/19 無料予想 -660円
    11/20 無料予想 +170円


    検証③-2-うまほー!の無料予想の予想精度結果発表

    うまほー!という競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行った、うまほー!の予想精度の結果発表となる。

    もし仮に1点あたり100円1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は10,000円となり、結果払戻しは4,800円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-5,200円だ。


    ここで注意したいのは、うまほー!の「無料予想の推奨金額」は1点あたり100円だったので、1ヶ月の検証でこのような「かわいらしいマイナス収支」で終わったが、忘れてはいけないのはワイド10点で回収率48%というのは決して誉められる結果ではない。ということ。

    基本的にうまほー!が販売している有料情報は3連単予想なので、「無料情報」とは全く異なるものである。
    うまほー!の有料情報を買われるのであれば、ワイド予想の回収率が48%だったということを念頭に置いて有料情報に手を出してほしい。

    うまほー!の無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 70%
    回収率 48%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    うまほー!の検証レポ



うまほー!という競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

アイホース(iHorse)という競馬予想サイトは、アイホースの運営責任者が書いたという書籍を、会員登録特典でプレゼントされると書いてあるのに、どこ探しても情報が見つからないし、アイホースに登録後に確認するとすべてウソだったことが判明。また、アイホースの会員数だが、オープン直後で無名なのに705人って…盛りすぎだろ(笑)

iHorse(アイホース)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 50%(10戦5勝 5敗)
回収率 39%(-12万超)

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は推奨金額が高いので、結果的に68%の、マイナス-19万 7900円のマイナス収支となった。…ウマっち×ウマっちの運営所在地は、スコットランド。ウソだろ?…ウマっち×ウマっちのことを推薦している検証サイトは、今回もかなり怪しいもので、それら集客サイトはどこも回収率がなぜか良くて、運営地などツッコミどころにもスルーだ。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 29%(24戦7勝17敗)
回収率 68%(-19万超)
【悪評】 競馬ファミリー

競馬ファミリーと運営社名が同じということで、1ヶ月かけた無料予想検証でマイナス-17万超え万馬券パークや、マイナス-13万超えウマピース同じ赤字サイトのグループと判明。競馬ファミリー登録時にポイント還元はあるが、検証当時ポイントコースがないので、還元ポイントが使えない。これではもらっても意味がない

競馬ファミリーという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 27%
回収率 39%

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/24

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するギガうまの無料予想(無料情報)は、2024/02/24の中山9Rで提供された買い目である。

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ギガうまの無料予想(2024/02/24)

結果:5-4-2

頭数を鑑み少点数で纏めたのは評価できるが、的中しなかったのでは意味がない。

馬券対象として推奨するも圏外となったのは1.ドンアレスと3.ターコイズフリンジの2頭。

ギガうまが提供したレース

1.ドンアレスは中山芝1800mの新馬戦を2着し、小倉の未勝利戦を勝利しての臨戦で、一見買いの手に走りたくなるが、そもそも新馬戦の内容が時計も含めて平凡で好枠を利して上手く乗れたように映る。

3.ターコイズフリンジも似たようなことが言え、新馬戦の勝ち時計は平凡。
さらには530kgを超える巨漢馬であり、腕力で馬を動かすマーカンドの騎乗技術に負う部分も大きかったし、レース間隔が空いていた分太目を懸念する必要があったのではないか?

いずれにせよ、両頭とも開幕週の高速決着にいきなり対応できるとは言い難かった。

方や馬券になった4.マイネルフランツは、このクラスで2着し時計も優秀なら目処の立っていた馬。
血統的にも中山得意のゴールドシップ産駒、ここを素直に評価できなかったのが悔やまれる。

3着2.リアレストは、中山の未勝利戦を勝っての臨戦であったが、勝ち上がりまでの3戦で使われたレースは全て中山芝。
レース慣れが見込めた馬でもあり、東京戦をパスしてここまで待機していた。
狙ったレースでの仕上げにあったのが明らかなら、その部分を読み解けてもよかったはず。

結論として、馬券になった馬はある程度の実績が既にあった馬で、馬券にならなかった馬は未知の力に期待するしかなかった感。

この時期の3歳馬なら、実績重視が賢明であったと言える結果であった。



2024/02/24

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマっち×ウマっちの無料予想(無料情報)の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は68%の、マイナス-19万超のマイナス収支となった。

その後も定期的に抜き打ち検証をしているのだが、先日だと2/24と、2/25の2日間だけの無料予想の収支結果を見てもマイナス-11万 9200円である。

あまりにインパクトのあるマイナス収支だから、その対策だろうか。日曜に提供された無料の3連単予想は「スペシャルアカウントでのみ提供なんて小細工をしていた。
(てっきり空売りするのかと思ったが、スペシャルアカウントで提供した予想も的中結果に載っていなかったので、不的中だったようだ)

さて、今回検証するウマっち×ウマっちの無料予想は、2024/02/24の中山11R 幕張Sで提供された買い目である。

馬連と、3連単の2券種提供なので順に見ていこう。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマっち×ウマっちの無料予想(2024/02/24)

券種:馬連
買い方:流し

結果:2-5

軸馬推奨の1.スズハロームは、中山マイルで未勝利戦を勝ち上がっており、一見適性ありと判断できそうだが、未勝利と3勝クラスではメンバーの質が全く異なるので、そこをもって適性ありと判断するのは早計ではなかったか?

さらにはその後、積み上げた2勝は芝1400mでのもの
ならば現状は1400mがベストであり、勝ち負けするには距離が長かったとように映る。

またその2勝は中京、京都でのもので、小回り中山は向いていなかったとジャッジできていてもよかったはずだ。
近走が安定していたことを踏まえての推奨であったのだろうが、少し安易ではなかったか?


券種:三連単
買い方:フォーメーション

結果:2-5-7

1着推奨の11.ディオスバリエンテは中山で2勝して入るものの、実際使われたレース数は3度。
一見巧者にも見えるが、実際には東京コース中心に使われてきており、その数11度なら陣営の見立ては左回り巧者というのは明らか

さらには今回は大外枠
開幕週ということを考えれば、ここは大きな不利であり、この状況で勝ち負けを期待するのは無理があったのではないか?

デメリットが2つ重なっている上でのウマっち×ウマっちの推奨には疑問符がつく。
トラックバイアスを考えれば、割引であったことは判断できてよかったのではないか?

対して勝ち馬2.ニシノスーベニアは前走が1枠1番で3着、今回は2枠2番なら既に前走で勝ちパターンの競馬が出来ており、枠にも恵まれていた。
この馬を一列上げるのが本筋ではなかったか?

ただ3着が抜けているので話にはならないが。

ウマっち×ウマっちが提供したレース

結果としてはここも開幕週という馬場状態を考慮すれば、もう少し違ったアプローチが出来ていてもよかったレースで、実際に馬券になった馬は3頭とも比較的内目の枠を引いている
コース攻略」とはこの辺を見るべきものだ。