最終更新日:2024年02月29日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:114,652

merit(メリット) という競馬予想サイトの口コミ、評判、評価、無料情報の検証のまとめ

▼ merit(メリット)の無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    merit(メリット)
    ■補足情報:

    閉鎖 ポジション、ミリオンタイム、頂!馬券塾、競馬チャンピオン、馬券コレクション、勝つために、馬喰商會、競馬ガンガン、ヒーローズ、スピリッツ競馬、ダーツのグループサイト。

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    1ヶ月
    無料予想の的中率
    57%
    無料予想の回収率
    69%

▼ merit(メリット)の関連サイト情報

▼ merit(メリット)の無料予想レポート

  1. merit(メリット)という競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    merit(メリット)の無料予想を抜き打ち検証

    merit(メリット)という競馬予想サイトで提供された無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。

    merit(メリット)という競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/08/15(新潟8R)

    merit(メリット)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証

    8/14小倉7R×札幌1R×札幌5R×8/15札幌6Rが4.1倍のガミで、札幌7R×新潟8R×と、2日だけでマイナス-15万 5400円という恐ろしい結果となった。

    さて今回は、その中の新潟8R買い目検証となる。

    馬連で万馬券となったレースではあるが、本当に獲れないレースであったのだろうか。
    単勝人気は10番人気→3番人気で決まっているのだが、実際こんなレースは腐るほどあるし、こういうレースを獲ってこそ課金する価値のある「予想サイト」と言えるだろう。

    推奨軸馬の◎7チャイブテソーロ(1人気)であるが、前走の7馬身差圧勝は「うまくハマっただけ」という印象もあった。
    使い詰めだったことから、前走後は放牧で一息入れて立て直しし、今回3週続けて除外を食らっていることから、入らない事を見越して早めに投票してここに入った経緯があった。
    丁度良くはなってたようだが、仕上がってからこの夏の暑い最中3週間が経ったことはマイナス要素である。
    鞍上が福永騎手と雖もってことだ。
    実際にレースでは直線の最後に、12ビップエレナ(8人気)との競り合いで力負けしている。

    一方の1着馬▲3トリプルシックス(10人気)は、重馬場のダートを2馬身半差リードしたままシッカリ逃げ切っている。鞍上は先週のダート重賞レパードS(GIII)を55歳にして勝ち切った柴田善臣騎手である。
    その翌日も盛岡のクラスターC(JpnIII)も制覇しており、ノリに乗っていた
    逃げ宣言も出ていたし、ここで狙わないでどうするという状態であった。

    そして相手の6番手(最後)に推奨していた△15メシアン(3人気)が2着。今売り出し中の永野猛蔵騎手である。

    今のトレンドをシッカリと頭に入れておけば、ここまで負けることもなく(2日で15万以上の負け)獲れる馬券も少しづつ増えてくるのではないだろうか。



    merit(メリット)という競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/05/01(東京5R)

    merit(メリット)の無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    競馬予想サイトのmerit(メリット)は無料予想を1日に3つほど提供する。
    5/1だけ見ると東京1R(馬連)×東京5R(単勝)×、(複勝)×東京5R(3連複)×、と全滅だった

    賭け金は5/1だけでトータルで9万円にもなり、言われるままに買っていたら9万のマイナスとなっていたわけだ。

    その中で東京5R(3連複)の検証をしてみよう。
    先ずこのレースを選ぶなら、どう考えてもメジャーエンブレムの初仔の④プレミアエンブレムから行くべきだろう

    騎手を比較してもルメールと嶋田じゃ、格が3つも4つも違う

    前走後は天栄で1ヶ月ほど、じっくりと充電されたとも聞くし、厩舎サイドからも「すでに仕上がってて体はフックラとしていて体調は良好」とV宣言が出ていただろ。
    このサイトの予想師の目は節穴か?

    1着の④プレミアエンブレムは、ポンと好スタートを切ると気持ち良く逃げた。道中で絡んでくる馬はおらず、直線に向いても持ったままで、2F標付近から漸くステッキを2回いれて後続を1馬身半差離してのゴールだ。安心して見れるレースだった。

    2着の⑦マイネルグロンは、プレミアエンブレムの少し背後から見ながら競馬を進めて、直線の入り口で一旦取り付いたが、ジワジワと離されると、ゴール前は追ってきた後続馬を1馬身差凌いでのゴール。

    3着の⑥シゲルシャインは道中、中団後方から運んで直線では出走馬中最速の上がりタイムを駆使して馬券圏内に食い込んだ。

    12頭立てのレースで、本命推奨は掲示板にも(6着)載らないわ2,3着は買い目にも拾えてないわで、一体競馬サイトとしての仕事はなんだったのだろうか。
    血統や体調、そして騎手の技量や好不調も全て網羅すれば、獲れる馬券だと思うが。



    merit(メリット)という競馬予想サイトの無料予想検証
    2021/02/06(中京8R)

    merit(メリット)の無料予想(無料情報)の抜き打ち検証

    土日を通じて最少頭数6頭立ての「茶臼山高原特別」を「鉄板級」と言うくらいだから、3頭で決めてくれるのかと思ったら、まさかの6頭の内5頭も出してくる超チキン予想に驚かされた。

    ◎5サトノグロワールは、このレースに向けて入念に調整してきたらしく「アッサリ勝っても不思議ではない」といっていた。…だが、何故「時計のかかる馬場は合う。前々で粘り込みを狙う」と言っていたエレヴァルアスールを3着付まで下げるのか。
    ノーマークの先行馬は、得てして前残りするものだろう。

    その前に、「鉄板級」と言っている割に、1着付に3頭を配置するのは如何なものかと思う。
    これじゃちっとも「鉄板級」ではない(笑)

    1着付を◎5サトノグロワールだけにしていたならば、2着付にエレヴァルアスールを入れられたのではないだろうか。3連単なんて一生取れない買い目だ。

    因みに「鉄板級」の2つの無料予想は、中京2Rの方も外れており、コチラはマイナス2万8000円となっている。



  2. merit(メリット)という競馬予想サイトの無料無料予想の長期検証

    merit(メリット)という競馬予想サイトの無料予想の長期検証

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、merit(メリット)の無料予想の検証結果となる。

    merit(メリット)の無料予想の検証は、基本的に検証の開始を始めた日から毎週(3日開催の日も)提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    2/13 無料予想 -28,800円
    2/13 無料予想 -7,400円
    2/13 無料予想 -20,400円
    2/14 無料予想 -30,000円
    2/14 無料予想 -9,000円
    2/14 無料予想 -1,500円
    2/20 無料予想 -28,000円
    2/20 無料予想 -18,000円
    2/20 無料予想 -16,800円
    2/21 無料予想 -28,000円
    2/21 無料予想 -30,000円
    2/21 無料予想 -28,000円
    2/27 無料予想 -13,050円
    2/27 無料予想 -280,000円
    2/27 無料予想 -28,000円
    2/28 無料予想 +87,040円
    2/28 無料予想 -22,800円
    2/28 無料予想 -8,500円
    2/28 無料予想 -17,000円
    3/6 無料予想 -17,280円
    3/6 無料予想 -19,500円
    3/6 無料予想 -28,000円
    3/7 無料予想 -28,800円
    3/7 無料予想 -1,200円
    3/7 無料予想 -4,500円
    3/13 無料予想 -4,800円
    3/13 無料予想 -300円
    3/13 無料予想 -1,500円
    3/13 無料予想 +2,000円
    3/14 無料予想 +16,390円
    3/14 無料予想 -18,300円
    3/14 無料予想 -20,100円


    merit(メリット)の無料予想の検証結果

    merit(メリット)無料予想の検証を1ヶ月間行ったわけだが、もし仮にmerit(メリット)の推奨する金額で1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は92万 6900円にもなり、結果払戻しは52万 4800円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-40万 2100円だ。

    最凶の予想サイトだ。


    merit(メリット)の無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 57%
    回収率 69%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    merit(メリット)の検証レポ


merit(メリット)という競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

アイホース(iHorse)という競馬予想サイトは、アイホースの運営責任者が書いたという書籍を、会員登録特典でプレゼントされると書いてあるのに、どこ探しても情報が見つからないし、アイホースに登録後に確認するとすべてウソだったことが判明。また、アイホースの会員数だが、オープン直後で無名なのに705人って…盛りすぎだろ(笑)

iHorse(アイホース)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 50%(10戦5勝 5敗)
回収率 39%(-12万超)

モーカルという競馬予想サイトは、一見すると詳しく分析された買い目を提供しているように見えるが、実際は競馬場特徴ナビや、JRAのHPからそのまま引用しているだけ。モーカルの利用者の声を検証すると、最古の投稿日が、ドメイン取得日のわずか3日後だった。そんなに早くサイト作って、公開して、予想提供して、的中できるわけないと思うのだが?悪評の多い競馬予想サイトだ。

モーカル地方競馬という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 30%(10戦3勝 7敗)
回収率 8%(-4万超)
【検討中】 じゃじゃウマちゃん

じゃじゃウマちゃんの「利用者の声」は全てに的中画像が付いている。「問い合わせ」から画像は送れないのでメールから送るしかないのだが、皆が同じような画質、同じようなキャプ画像で画像送るか?…これらすべて自作自演の捏造か?
じゃじゃウマちゃんを絶賛する検証サイトは17戦17勝の、的中率100%っていうが、1ヶ月検証したら13戦4勝の、的中率31%、マイナス-17万超えの大赤字だったぞ?(笑)

じゃじゃウマちゃんという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 31%
回収率 33%(-17万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/02/24

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

ウマっち×ウマっちの無料予想(無料情報)の予想精度を1ヶ月かけて検証すると、的中率は29%(24戦7勝17敗)で回収率は68%の、マイナス-19万超のマイナス収支となった。

その後も定期的に抜き打ち検証をしているのだが、先日だと2/24と、2/25の2日間だけの無料予想の収支結果を見てもマイナス-11万 9200円である。

あまりにインパクトのあるマイナス収支だから、その対策だろうか。日曜に提供された無料の3連単予想は「スペシャルアカウントでのみ提供なんて小細工をしていた。
(てっきり空売りするのかと思ったが、スペシャルアカウントで提供した予想も的中結果に載っていなかったので、不的中だったようだ)

さて、今回検証するウマっち×ウマっちの無料予想は、2024/02/24の中山11R 幕張Sで提供された買い目である。

馬連と、3連単の2券種提供なので順に見ていこう。

ウマっち×ウマっちという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ウマっち×ウマっちの無料予想(2024/02/24)

券種:馬連
買い方:流し

結果:2-5

軸馬推奨の1.スズハロームは、中山マイルで未勝利戦を勝ち上がっており、一見適性ありと判断できそうだが、未勝利と3勝クラスではメンバーの質が全く異なるので、そこをもって適性ありと判断するのは早計ではなかったか?

さらにはその後、積み上げた2勝は芝1400mでのもの
ならば現状は1400mがベストであり、勝ち負けするには距離が長かったとように映る。

またその2勝は中京、京都でのもので、小回り中山は向いていなかったとジャッジできていてもよかったはずだ。
近走が安定していたことを踏まえての推奨であったのだろうが、少し安易ではなかったか?


券種:三連単
買い方:フォーメーション

結果:2-5-7

1着推奨の11.ディオスバリエンテは中山で2勝して入るものの、実際使われたレース数は3度。
一見巧者にも見えるが、実際には東京コース中心に使われてきており、その数11度なら陣営の見立ては左回り巧者というのは明らか

さらには今回は大外枠
開幕週ということを考えれば、ここは大きな不利であり、この状況で勝ち負けを期待するのは無理があったのではないか?

デメリットが2つ重なっている上でのウマっち×ウマっちの推奨には疑問符がつく。
トラックバイアスを考えれば、割引であったことは判断できてよかったのではないか?

対して勝ち馬2.ニシノスーベニアは前走が1枠1番で3着、今回は2枠2番なら既に前走で勝ちパターンの競馬が出来ており、枠にも恵まれていた。
この馬を一列上げるのが本筋ではなかったか?

ただ3着が抜けているので話にはならないが。

ウマっち×ウマっちが提供したレース

結果としてはここも開幕週という馬場状態を考慮すれば、もう少し違ったアプローチが出来ていてもよかったレースで、実際に馬券になった馬は3頭とも比較的内目の枠を引いている
コース攻略」とはこの辺を見るべきものだ。



2024/02/24

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するギガうまの無料予想(無料情報)は、2024/02/24の中山9Rで提供された買い目である。

ギガうまという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ ギガうまの無料予想(2024/02/24)

結果:5-4-2

頭数を鑑み少点数で纏めたのは評価できるが、的中しなかったのでは意味がない。

馬券対象として推奨するも圏外となったのは1.ドンアレスと3.ターコイズフリンジの2頭。

ギガうまが提供したレース

1.ドンアレスは中山芝1800mの新馬戦を2着し、小倉の未勝利戦を勝利しての臨戦で、一見買いの手に走りたくなるが、そもそも新馬戦の内容が時計も含めて平凡で好枠を利して上手く乗れたように映る。

3.ターコイズフリンジも似たようなことが言え、新馬戦の勝ち時計は平凡。
さらには530kgを超える巨漢馬であり、腕力で馬を動かすマーカンドの騎乗技術に負う部分も大きかったし、レース間隔が空いていた分太目を懸念する必要があったのではないか?

いずれにせよ、両頭とも開幕週の高速決着にいきなり対応できるとは言い難かった。

方や馬券になった4.マイネルフランツは、このクラスで2着し時計も優秀なら目処の立っていた馬。
血統的にも中山得意のゴールドシップ産駒、ここを素直に評価できなかったのが悔やまれる。

3着2.リアレストは、中山の未勝利戦を勝っての臨戦であったが、勝ち上がりまでの3戦で使われたレースは全て中山芝。
レース慣れが見込めた馬でもあり、東京戦をパスしてここまで待機していた。
狙ったレースでの仕上げにあったのが明らかなら、その部分を読み解けてもよかったはず。

結論として、馬券になった馬はある程度の実績が既にあった馬で、馬券にならなかった馬は未知の力に期待するしかなかった感。

この時期の3歳馬なら、実績重視が賢明であったと言える結果であった。