最終更新日:2023年12月10日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:113,520

プロ競馬ロジック という競馬予想サイトの口コミ、評判、評価、無料情報の検証のまとめ

▼ プロ競馬ロジックの無料予想の検証結果

▼ プロ競馬ロジックの関連サイト情報

▼ プロ競馬ロジックの無料予想レポート


  1. 【検証①】プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    検証①-1-プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)の提供場所

    プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの提供する、無料予想(無料情報)について検証した、まとめページになる。
    先ずはプロ競馬ロジックの無料予想(無料情報)の提供場所を見ていこう。

    プロ競馬ロジックという競馬予想サイトが提供する無料予想(無料情報)だが、会員TOPページに入ると大きく「完全無料」と記載されたボタンがある。平日だと地方競馬の無料情報で、週末になると中央競馬の無料情報が提供される。(下画像参照)

    プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ プロ競馬ロジックの無料予想の提供場所



    検証①-2-プロ競馬ロジックの無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    次にプロ競馬ロジックの提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容がどのようなものか検証する。


    プロ競馬ロジックの無料予想・無料情報の提供時間

    プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料予想(無料情報)は、毎週土日、レース当日の朝(12:00頃)に予想が提供される。

    他の競馬予想サイトに比べると、かなり提供される時間が遅い
    (今のところ「後出し」はないが、要注意だ)


    プロ競馬ロジックの無料予想・無料情報の内容

    プロ競馬ロジックで提供される無料予想(無料情報)の内容は、1日1鞍の提供で、提供される無料予想の馬券券種は、基本的に3連単フォーメーションでの提供となる。

    点数は24点の提供で1点あたり400円〜500円を推奨している。不的中だった場合、1鞍あたり9,600円〜12,000円のマイナスとなる。



  2. 【検証②】プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証②-1-プロ競馬ロジックの無料予想を抜き打ち検証


    2023/07/22(福島9R)に提供されたプロ競馬ロジックの無料予想検証

    以下、2023/07/22に提供されたプロ競馬ロジックの無料予想の検証結果である。

    競馬検証.comの長期検証の開始から2週間計4レース、全て不的中プロ競馬ロジック無料予想(無料情報)だが、今回抜き打ち検証するのは土曜福島9R伊達特別

    プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ プロ競馬ロジックの無料予想(2023/07/22)

    プロ競馬ロジックが指定してきた買い目は、
    5ニューノーマル(1人気)戸崎→2着
    7レッドバレンティア(4人気)石川裕→7着

    既にこの時点で、どちらも1着となっていない為に不的中である。
    5ニューノーマル(1人気)は昨年の未勝利戦以降勝ち星に恵まれていないが、前走でも1勝クラスの特別戦で2着とジワジワと実力を上げてきた経緯がある。

    一方の7レッドバレンティア(4人気)は、前走7戦目にして漸く未勝利を勝ち上がったヒヨッコであり、流石に荷が重いだろう。
    しかも鞍上は、昨年のチャンピオンズCで初GIを制したものの、その後はパッと冴えない石川裕騎手である。

    3ランプシー(2人気)津村→6着
    4フルール(7人気)菅原明→1着
    10ラエール(8人気)石橋脩→8着

    そして、2,3着対象の相手に選んだ3頭であるが、このレースの中だと戸崎の次に勝ち星を挙げている菅原明騎手(44勝)が騎乗する4フルール(7人気)を、1着指定に上げられないのが[プロ競馬ロジック]が3流競馬サイトたる所以だろう。

    フルールが1勝クラスに昇格してからは、勝ち馬から1秒9差の11着→0秒7差の5着と、着実に実力を上げてきていただけに、そこを読み取れなかったプロ競馬ロジックの予想担当者は残念極まりなし

    プロ競馬ロジックが提供したレース

    まあ、1勝クラスに昇格してから2戦連続で勝ち馬から0秒4差と善戦していた、3着の12エリダヌス(3人気)Mデムーロを切ってしまったことは、競馬サイトとして失格の烙印』を押されても文句は言えないだろうな。

    予想する段階で、過去の成績ぐらいは見直してほしいものである。



  3. 【検証③】プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料予想の回収率と的中率

    検証③-1-プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果

    以下、抜き打ちで1ヶ月間かけて検証した、プロ競馬ロジックの無料予想の検証結果となる。

    プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(8/5だけ抜けてしまいましたが、的中実績にも載っていないし、不的中かと思われます)

    7/15 画像リンク -12,000円
    7/16 画像リンク -12,000円
    7/22 画像リンク -12,000円
    7/23 画像リンク -12,000円
    7/29 画像リンク -12,000円
    7/30 画像リンク -12,000円
    8/5 画像リンク -12,000円
    8/6 画像リンク -12,000円
    8/12 画像リンク -12,000円
    8/13 画像リンク -12,000円


    検証③-2-プロ競馬ロジックの無料予想の予想精度結果発表

    プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行った、プロ競馬ロジックの予想精度の結果発表となる。

    もし仮にプロ競馬ロジックが推奨する賭け金で1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は12万円になり(8/5だけ1日抜け)、結果払戻しは0円だっただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-12万円だ。


    プロ競馬ロジックの無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 0%
    回収率 0%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    プロ競馬ロジックの検証レポ



プロ競馬ロジックという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【検討中】 リホラボ

リホラボチェッカーの口コミを見ると「登録できない」や「エラーでサイトが見れなくなった」などの投稿があり、以前から稼働できていなかったことが挙げられている。その後もエラー表示こんな状態だったのに、「解体新書」では2ヶ月半前から検証してたと言う。…他にも指摘すべきことが沢山見つかるが、完全スルーだ。これだと流石にリホラボとの繋がりを疑われても仕方ないだろう。

リホラボという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 10%
回収率 43%
【悪評】 競馬ファミリー

競馬ファミリーと運営社名が同じということで、1ヶ月かけた無料予想検証でマイナス-17万超え万馬券パークや、マイナス-13万超えウマピース同じ赤字サイトのグループと判明。競馬ファミリー登録時にポイント還元はあるが、検証当時ポイントコースがないので、還元ポイントが使えない。これではもらっても意味がない

競馬ファミリーという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 27%
回収率 39%
【検討中】 じゃじゃウマちゃん

じゃじゃウマちゃんの「利用者の声」は全てに的中画像が付いている。「問い合わせ」から画像は送れないのでメールから送るしかないのだが、皆が同じような画質、同じようなキャプ画像で画像送るか?…これらすべて自作自演の捏造か?
じゃじゃウマちゃんを絶賛する検証サイトは17戦17勝の、的中率100%っていうが、1ヶ月検証したら13戦4勝の、的中率31%、マイナス-17万超えの大赤字だったぞ?(笑)

じゃじゃウマちゃんという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 31%
回収率 33%

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2023/12/03

競馬キャンプという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

競馬キャンプという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ 競馬キャンプの無料予想(2023/12/03)

競馬キャンプ無料予想(無料情報)だが、12月3日(日)のチャンピオンズCは正直、2着の⑦ウィルソンテソーロのピックアップは苦しかったと思うが、実績を掘り下げてみるとダートに限って言えば9戦7勝

その7勝は全てある程度先行して勝ちに行ってのもの。
前走のJBCクラシックも勝ちに行ったが最後はバテてしまったのであれば、戦法を変えてくる可能性は考える余地はあった。
実際、差しに回ることを示唆しているコメントも出ていた。

あわせて、今回馬券対象としてピックアップされている②メイショウハリオと前走で0.4秒差であったのであれば、同等の扱いができてよかったのではないか?

中央のG1のメンバーに入って重賞実績が交流重賞しかなかったのであれば、これだけのメンバーに入れば評価を下げざるを得なかったかもしれないが、勝ったレモンポップの評価を下げているように、捻りを加えているのであれば、ここも捻ってもよかったのでは。…と、思う。

競馬キャンプが提供したレース

ただ、勝ったレモンポップと同じ列、つまりはレモンポップを1頭目から外していたのであれば馬券としては成り立たない。

レモンポップが3着以下になれば、馬連の配当は上がるという希望的観測が垣間見える組み合わせであるが、レモンポップを嫌う要素は「距離」と「外枠」だけであったはず。

今年のフェブラリーS・G1を勝った際にも距離不安は囁かれたが、陣営としてもその点は百も承知で、1600mに対応できるように調整し勝ち切った。

今回も、始動戦を1600mの南部杯に選んで2着を持ったままで2秒千切っているなら、既に1800m仕様に馬は造られていたのだ。

臨戦過程は余裕残しの状態で、ノーダメージで勝ち上がったように上々で状態もピークだった。

大型馬でありながら機動力に長けており、絶好のポジションを見つければ、すぐに其処を取れる馬。
今回は走り終わった後で杞憂に終わったが、鞍上の坂井瑠星も距離と枠の不利を考慮しスタート後、直ぐに先手を主張。これは最短距離を通ることによりスタミナの消耗を避けるという騎乗であったが終わってみればゴール後もまだ余裕があった。

誰が1800mは保たないと決めたのか?