最終更新日:2024年05月28日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,134

えぶり 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ えぶりの無料予想の検証結果

  • ■サイト名:
    えぶり
    ■補足情報:

    えぶり」という競馬予想サイトの検証をすると、「えぶり」の登録前TOPに「えぶり」を利用したというユーザーのレビューが紹介されてるのだが、評価機能など無いはずなのに高評価になっている。これには自作自演の疑いがある。…どの評価サイトもインデックスされたばかりで、数日前には「えぶり」に関する情報は皆無だった「えぶり」のソースコードの検証からも、「えぶり」を情報検索で見つけることは不可能だったはず。なのに、集客を目的としたような検証サイトにでは半年前から検証されていたことになっている。これもまた、捏造疑惑ありと見なすべきではないのか。

    ■無料予想(無料情報)の検証結果:
    無料予想の検証期間
    検証中
    無料予想の的中率
    検証中
    無料予想の回収率
    検証中

▼ えぶりの関連サイト情報

▼ えぶりの無料予想レポート


  1. 「えぶり」という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    「えぶり」の無料予想(無料情報)の提供場所について検証

    えぶり」という競馬予想サイトの提供する、無料予想(無料情報)について検証した、まとめページになる。

    先ずは「えぶり」の無料予想(無料情報)の提供場所を見ていこう。


    「えぶり』という競馬予想サイトの提供する、無料予想(無料情報)だが、「えぶり」の有料コースと同じように会員TOPページの緑のボタンのひとつ「プラン一覧」を押す。


    次のページで確認できる販売コース一覧ページの一番下に「無料予想」とあるので、これが「えぶり」の無料予想だ。


    えぶりという競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ えぶりの無料予想の提供場所


  2. 「えぶり」の無料予想(無料情報)の提供内容・詳細について検証

    次に「えぶり」の提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容がどのようなものか検証する。


    「えぶり」の無料予想・無料情報の提供時間

    「えぶり」という競馬予想サイトの無料予想(無料情報)は、毎週土日、レース当日の夜(21:00頃)に予想が提供される。



    えぶりの無料予想・無料情報の内容

    「えぶり」で提供される無料予想(無料情報)の内容は、1日2鞍の提供で、提供される無料予想の馬券券種は、基本的に馬連とワイドでの提供となる。


    点数はどちらの券種も固定ではない。賭け金の方は1点あたり5000円を推奨していることが多い。




  3. 「えぶり」という競馬予想サイトの無料予想の提供内容について検証

    「えぶり」の無料予想を抜き打ち検証

    えぶり」という競馬予想サイトのサイト情報の徹底検証は行ったが、実際の「えぶり」の予想精度はいかがなものか?
    そこで「えぶり」の無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。


    「えぶり」の無料予想を分析することで、有料コースに参加しなくても「えぶり」の予想精度がどのようなものか分かってくる。




    2024/05/11(東京7R)に提供されたえぶりの無料予想検証

    今回検証する「えぶり」の無料予想(無料情報)は、2024/05/11の東京7Rで提供された買い目である。


    えぶりという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ えぶりの無料予想(2024/05/11)

    結果:1-8(不的中)

    「えぶり」が軸馬に推奨した12番マンマリアーレは8着。

    これまでの成績を振り返ってみると新馬戦から4戦は芝を使われ、そこそこは走れていたが詰め切れずの競馬が続いていたため中山ダート1800mを試したところようやく勝利。

    ゴールドシップ産駒ということでその後クラシックに乗せようと芝に戻すも、未勝利時代と同じような感じの走りで詰め切れず。

    オークストライアルで敗れたことで芝に見切りをつけ、ダートに戻して2勝目を狙うも5戦して勝ち切れず。


    中山ダート1800mで未勝利を勝ち上がり、その後も勝ち切れないながらも3着以下なしという成績ならば、すぐにチャンスが来そうに見えたかもしれないが、対して東京コースを避けるかの如く一度も使われていないのには、陣営的には走りが合わないという認識があったのであろう。


    その証拠に今回は初めてブリンカーを付けてきている。つまりは何かを変えないと左回りを上手くこなせないという考えの表れだったのだ。

    それほどまでに左回りに苦手意識があったのだろう。当然、調教でも左回りを何度も試していたはずだ。


    そこで導き出された策がブリンカー装着なのだ。

    馬によっては右も左も関係なく走れる馬はいるが、逆にどちらかを狙ってローテーションを組む馬も多数いる。


    左回りコースは東京を筆頭に中京、新潟と直線が長いコースが多い。対して右回りは、中山コースに代表されるようにコーナーがきついコースが多い。

    つまりは、バックストレッチや直線が長い左回りコースは、しっかりと折り合いがつけられないと走り切れないのだ。


    そしてマンマリアーレは、中山コースを主戦場としてきたのならば折り合いに難がある馬だったのである。


    えぶりが提供したレース

    故のブリンカー装着。

    ブリンカーを装着すれば、全ての馬が集中力が増すという足し算的な効果を期待できるものではなく、馬によっては視界が遮られることに戸惑い本来の走りができないことも普通にある。

    今回はそれがモロに出た感があった。


    左回りがほぼ未知数の馬を軸馬に据えるという発想は、ある意味一発狙いで今回は裏目に出た


    結果論になってしまうが、例えば2着となったアルヴィエンヌは前走で東京ダート1600mを使い6着とそこそこの競馬をしている。

    叩き3戦目でルメールを配してきたのであれば、こちらの方が狙いやすかったのではなかろうか?


    コース適性をもう少し考えれば、組み立てのアプローチも変わってきたというレースであった。




  4. 「えぶり」の無料予想の回収率と的中率について検証

    「えぶり」という競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果

    えぶり」という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の予想精度の検証は抜き打ちで行います。


    「えぶり」の無料予想の予想精度検証結果発表

    まだ「えぶり」という競馬予想サイトの無料予想の精度を評価する基準値をこえるデータが集まっておりませんので、今しばらくお待ちくださいm(_ _)m (抜き打ち検証します)



    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    「えぶり」の検証レポ



えぶりという競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

ウマビッグ(UMABIG)という競馬予想サイトは、1ヶ月の無料予想での検証結果が回収率45%(-16万超)うまスタという競馬予想サイトと、まったく同じ電話番号だった。…ウマビッグの情報検索をすると、1サイトもインデックスされていなかったが、集客サイトは初めからウマビッグ(UMABIG)を絶賛。グループサイトが全然ダメだったのに、急に的中率100%なんてなるか?
…実際にウマビッグの無料予想を1ヶ月かけて検証すると、うまスタより回収率は良かったが、的中率は50%(10戦5勝)(3連複フォーメーション)と半分。やはり初めから絶賛してる集客サイトより、競馬検証.comが検証すると必ず下がるから不思議w

ウマビッグ(UMABIG)という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 50%(10戦5勝 5敗)
回収率 87%(-3万超)
【悪評】 ヒットザマーク

ヒットザマークという競馬予想サイトは、2014年現在から8年も前の2016年に検証した競馬予想サイト。ヒットザマークの運営社は1ヶ月の無料予想精度が的中率0%(14戦0勝)となった「ゴールデンスターズ」や、同じく1ヶ月検証で的中率0%(12戦0勝)の「バビロン」といった、異次元レベルの素人予想を平気で売る有限会社ルーツだ。8年前にはしてなかったヒットザマークの無料予想検証を開始すると、初っ端から2連敗。しかもその内容もヒドイ。… ボートテクニカル、ヴィーナスボート、レッツボート、ボートタウン、中央競馬投資会ウィナーズ、ハイブリッド、プライド、競馬総本舗ミリオン 、プレミアムと同一IP

ヒットザマークという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 11%(18戦2勝 16敗)
回収率 25%(-17万超)
【検討中】 地方競馬の帝王

地方競馬の帝王という競馬予想サイトはサイト内に現金画像を多用しているのだが、それらは捏造したもので、ウソをついていることがバレた集客サイトは完全スルー。初めから地方競馬の帝王を絶賛している不自然な集客サイトはどこも9戦9勝の的中率100%と大絶賛だが、競馬検証.comが検証開始した途端に負け、予想精度的中率16%(19戦3勝 16敗)の、回収率はわずか10%となった。収支結果はマイナス-15万 9800円の大赤字。あれ?的中率100%だったのでは?

地方競馬の帝王という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 約1ヶ月分(19戦)
的中率 的中率16%(19戦3勝 16敗)
回収率 10%(-15万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/26

TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するTORURU(トルル)の無料予想(無料情報)は、2024/05/26の2鞍提供されたうちの片方、東京12Rで提供された買い目である。


TORURU(トルル)という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ TORURU(トルル)の無料予想(2024/05/26)

結果:9-6-4

勝ったシュトルーヴェは、昇級初戦の前走日経賞がいきなりのGII挑戦で勝利している馬ならば、馬が良くなっていると判断できた馬。

本質、左回りが得意な馬なのは戦績から見てもわかる馬で、今回はモレイラ騎乗だ。 買い材料は満載だった。

何故推奨できなかった?


2着シュヴァリエローズは人気こそなかったものの、距離を伸ばして成績が上がってきていた馬。

実際、前走でも今回とほぼ同じ舞台といえる東京2400mのメトロポリタンSで3着と好走しているし、前々走の京都記念(GII)でも4着と悪くない走りをしている。

今回は、ハンデも56kg。買える馬ではないのか?


TORURU(トルル)の推奨にあったダンディズムは8歳の騙馬であり、過度の期待はどうか?。

今年は小倉で1勝して入るものの、早い時計の決着に難がある馬。実際に、前走の新潟戦では1秒も負けての10着。

少頭数を見込んでの参戦としか思えない馬だ。これのどこをどう推奨できた?

適当としか思えない

TORURU(トルル)が提供したレース

同じく推奨のメイショウブレゲは典型的なステイヤー。時計の速いこの距離で、太刀打ちできるとは思えない馬。

OP実績は芝3000mの万葉Sのみ。しかも、当時は54kgの斤量だった。

この馬も、どう考えても時計勝負では分が悪すぎる。


この組み合わせで当たる方が無理である。




2024/05/25

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想は日曜の提供は無く、土曜のみだということに最近気づいた。

今回検証するセントラル競馬の無料予想(無料情報)は、2024/05/25の東京8Rで提供された買い目である。


セントラル競馬という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ セントラル競馬の無料予想(2024/05/25)

結果:9-4-15(不的中)

勝ったコースタルテラスは1勝クラスで2着、3着が各2回あり、1番人気も4度あった馬なら、状態さえよければ勝ち負けできる力があった馬と判断出来る。

ただ、直近の成績が今一つのため手が出し辛い状態にもあったことも事実。ならば、手を出すには復調のきっかけや変わり身を感じさせる必要があったが、前走の中山戦で久々の掲示板確保の4着と復調の兆しを見せていた


実際今回変わり身を見せ勝利したのだが、その理由には「転厩」という要素があったのは想像に難くない。

厩舎が変われば調教方法も変わるのは当然で、実際前走で変わっていたではないか?


つまりは、前走で走る仕上げを掴んでいたのだ。ならば、過去の実績からも注意しなければならなかったはず。

何かが変わって成績が上向いたのだから、ここをチェック出来なかったのは残念なところ。


3着ブッシュテソーロは、中央でデビューし1戦したのみで佐賀競馬に転出。この時は、芝での一戦であったため度外視できるもの。

その後、佐賀で3連勝して中央に復帰した馬なら、ダート適性が高かったと判断できただろう。

あとは佐賀の3連勝が中央の1勝クラスで通用するかどうかというところだが、叩きつつ着順を上げていたのであれば警戒は必要だったはずでは?


逆に推奨にあった11スーパーマンは、今回初ダートなら走らせてみなければわからない馬(結果4着)。 ここは、一回様子見が妥当ではなかったか?

同じく推奨にあった14番ルージュアズライトは、浦和からの転入初戦(結果6着)。 この馬も様子見が必要ではなかったか?

6アッティラは、いかにも詰めが甘い馬というのは成績を見れば明らか。オシェア騎乗で新味が出ることを期待したかもしれないが、ずっとそれなりの騎手を乗せながらも結果が出なかったのであれば、過剰な期待であったと映る。

セントラル競馬が提供したレース

結果としては、様子見が妥当と言える馬2頭が馬券にならなかったため不的中となったのだが、そもそも様子見状態で出走させてくるのであれば、送り出す厩舎も騎乗する騎手も手探りのはず。

ならばこの組み合わせは安易であったと言えよう。