最終更新日:2024年05月25日に更新しました。現在までに確認した競馬予想サイトの口コミ数:116,103

競馬予想屋 うま太郎 競馬予想サイトの口コミ・評判・評価と無料予想の徹底検証

▼ 競馬予想屋 うま太郎の無料予想の検証結果

▼ 競馬予想屋 うま太郎の関連サイト情報

▼ 競馬予想屋 うま太郎の無料予想レポート


  1. 【検証①】予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)について徹底検証

    検証①-1-予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の提供場所

    予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの提供する、無料情報(無料予想)の提供場所を見ていく。

    予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料予想を確認する
    ▲ 予想屋 うま太郎の無料予想の提供場所


    予想屋 うま太郎という競馬予想サイトが提供する無料情報(無料予想)だが、無料情報が提供されるタイミングで、メニュータブの「情報公開」を押して確認すると、次のページで予想屋 うま太郎が販売している全コースを確認できる



    検証①-2-予想屋 うま太郎の無料予想(無料情報)の提供内容・詳細

    次に予想屋 うま太郎の提供する、無料予想(無料情報)の提供されるタイミングや、その内容だが、予想屋 うま太郎の場合、無料情報で提供される詳細ページなるものが無かったので、実際に提供された無料情報を見ながら検証しよう。

    予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料予想・無料情報の内容・詳細
    ▲ 予想屋 うま太郎の無料予想の提供内容


    予想屋 うま太郎の無料予想・無料情報の提供時間

    予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)は、毎週土日、レース前日の朝(21:00頃)には予想を確認できるようになる。


    予想屋 うま太郎の無料予想・無料情報の内容

    予想屋 うま太郎で提供される無料情報の内容は、1日1鞍の提供で、提供される無料予想の馬券券種は、基本的に「馬連 5頭BOX」の提供となる。

    点数は10点の提供で、1点あたりの推奨金額の提示はない



  2. 【検証②】予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料予想の検証結果

    検証②-1-予想屋 うま太郎の無料予想を抜き打ち検証

    うま太郎という競馬予想サイトのサイト情報の徹底検証は行ったが、実際のうま太郎の予想精度はいかがなものか?
    そこでうま太郎の無料予想の買い目を抜き打ちで検証してみた。


    2023/02/11(東京11R)に提供されたうま太郎の無料予想検証

    以下、2023/02/11に提供されたうま太郎の無料予想の検証結果である。

    うま太郎という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ うま太郎の無料予想(2023/02/11)

    うま太郎無料予想(無料情報)を2週間ほど抜き打ちで検証してみたが、2/4 ×2/5 ×2/11 ×2/12 ×と、とりあえず4鞍全滅

    今回東京メインのクイーンカップの無料予想を検証する。
    なんと、勝ったハーパー(6人気)は買い目にいるのに、2着ドゥアイズ(2人気)と3着モリアーナ(3人気)が不在という、かなりおかしな買い目だった。

    競馬に常識は通用しないが、仮にも札幌2歳Sを2着し阪神JFを3着したドゥアイズ(2人気)だ。
    短期休養明けとはいえ、みっともない競馬は出来ないところ。常識的に考えても消すなどとはもっての外である。

    そして、夏のコスモス賞を勝利し、ぶっつけで挑んだ阪神JFを2番人気の支持を集めたものの、直線でトモを落として直線でパッタリ止まってしまったモリアーナ(3人気)。
    今回は、馬場先出やメンコなど対応策を考えて巻き返しを狙っていただけに、この馬も常識的に考えて消せないところだろ。

    その両馬をバッサリ切るとは、神経が図太いのか、所詮無料予想だからと単純にオッズ狙いの一か八かの勝負のどちらかであろう。私は後者だと思う。
    両馬から不安要素なんて、一切入ってなかった筈だからだ。

    東京11のレース

    ハーパー(6人気)の他に、メイドイットマム(12人気)、リックスター(9人気)、イングランドアイズ(7人気)、ニシノカシミヤ(11人気)といった人気薄ばかりを選んでいることからも、一発狙いであったことは明白な事実だろう。
    確実性を狙った的中を考えずに、高配当狙いの買い目とは、なんと無責任な予想サイトだろうか。最低だ。



    予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料予想検証
    2023/01/07(中山11R)

    以下、2023/01/07に提供された予想屋 うま太郎の無料予想の検証結果である。

    予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ 予想屋 うま太郎の無料予想(2023/01/07)

    予想屋 うま太郎の無料予想(無料情報)だが、1/7は不的中(上画像参照)で、1/8トリガミ

    今回抜き打ち検証するのは、土曜1/7のニューイヤーSの無料情報検証。
    このレースは、3年前にジャンダルム、一昨年はミッキーブリランテ、昨年はカラテといった、スプリントからマイルまでの重賞で活躍する馬達が勝っている新春の名物レースだ。

    1番人気B.ムルザバエフ騎乗のグラティアスだが、単勝人気は3.9倍と微妙なライン。やはり3倍を越えてしまうと、信用度が揺らいでしまう。
    2番人気は、松岡騎乗のウイングレイテストだ。昨年は中山で全て掲示板に載っており、大崩れはなく軸としても最適であるが、上位人気の中では唯一買い目から切られている。
    3番人気は、M.デムーロ騎乗のエイシンチラー。昨年の同時期に行われた若潮ステークス(3勝クラス)を勝利して以降は、オープンの壁にぶち当たっている。

    そしてレース結果は1着は好スタートから逃げ切りを決めた2番人気ウイングレイテスト
    競りかける馬もなくマイペースの逃げを打つと、直線はしっかり伸びてサクラトゥジュールの猛追をクビ差凌いだ。
    近走の充実ぶりを示した一戦となったが、うま太郎の買い目では抜けである。

    2着にも、買い目から抜けのサクラトゥジュール(6人気)が入った。
    冬場に好成績が目立つ馬であり、狙うべきはココだったのだが、下調べが出来ていなかったのだろう。

    3着に、ようやく買い目で推奨した1番人気のグラティアスが入線したのだが、その他の推奨馬4頭が4着→6着→9着→12着ではどうしようもないカス情報である。

    中山が得意な馬や、冬場の競馬が得意な馬というのは実際にいるのだが、そういった馬を見つけ出す努力をしてもらいたいものである



    うま太郎という競馬予想サイトの無料予想検証
    2022/11/27(東京12R)

    以下、2022/11/27に提供されたうま太郎の無料予想の検証結果である。

    うま太郎という競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
    ▲ うま太郎の無料予想(2022/11/27)

    うま太郎の無料予想(無料情報)だが、初回検証の11/12からはじまり、11/1311/1911/2011/2611/27と、これまでの7レース、全て全滅だ
    今のところ無料情報は的中率0%回収率0%である。

    さて初回の「抜き打ち検証」だが、ジャパンCの無料予想を検証してみた。
    結果はご存知の通り、6ヴェラアズール(3人気)→15シャフリヤール(1人気)→3ヴェルトライゼンデ(4人気)で決まったのだが、なんとなんとこの3頭が1頭も買い目に入っていないという事態に。

    何故、芝に転向してから(3.0.2.0)と全て馬券圏内であり、前走でも京都大賞典を2馬身半差と完勝した上がり馬の6ヴェラアズール(3人気)を切ったのか。

    何故、昨年のジャパンカップを3着と好走したダービー馬である15シャフリヤール(1人気)を切れるのか?
    前走の天皇賞・秋は、明らかにジャパンカップへ向けての叩き台であった。

    何故、日本ダービーでコントレイルの3着であり、オールカマーの勝ち馬ジェラルディーナ(のちのエリザベス女王勝ち)を、屈腱炎から1年4ヶ月ぶりの出走となった鳴尾記念で完封した3ヴェルトライゼンデ(4人気)を切ることができたのか???

    兎にも角にも、うま太郎の買い目は不思議に思えるものであった。
    責任者は目を通していなかったレベルだ。

    うま太郎側が買い目に入れた馬は、
    2[外]オネスト(6人気)→7着
    7[外]テュネス(7人気)→9着
    8デアリングタクト(5人気)→4着
    14ダノンベルーガ(2人気)→5着
    17ユーバーレーベン(10人気)→10着

    と、ここ10年以上馬券に絡んだことがない外国馬2頭に、直線の最後に不利を受けたとはいえ東京コースが苦手な部類に入る川田騎手の乗る14ダノンベルーガ(2人気)。
    牝馬3冠を獲って以来不安定な成績が続く8デアリングタクト(5人気)に、昨年のオークス制覇以降はパッとしない17ユーバーレーベン(10人気)という塩梅だ。

    買い目から切った3頭とサイト側が買い目に入れた5頭では、臨戦態勢や調教評価が明らかに違っていたのだが、一体どこをどう見て判断したのだろうか。
    素人としか思えない買い目である。



  3. 【検証③】予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料予想の回収率と的中率

    検証③-1-予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの無料予想の長期検証結果

    以下、抜き打ちで1ヶ月間検証した、競馬予想うま太郎という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証結果となる。

    競馬予想うま太郎という競馬予想サイトの無料情報(無料予想)の検証は、基本的に無料予想の精度を検証開始しはじめた日から毎週提供された無料予想のキャプチャ画像を撮り、収集して的中率回収率などを算出している。(今回の検証で抜けてる日はありません)

    11/12 無料予想 -10,000円
    11/13 無料予想 -10,000円
    11/19 無料予想 -10,000円
    11/20 無料予想 -10,000円
    11/26 無料予想 -10,000円
    11/27 無料予想 -10,000円
    12/3 無料予想 +4,800円
    12/4 無料予想 -10,000円
    12/10 無料予想 -10,000円
    12/11 無料予想 -7,100円


    検証③-2-うま太郎の無料予想の予想精度結果発表

    競馬予想うま太郎という競馬予想サイトの無料予想の検証を1ヶ月間行った、競馬予想うま太郎の予想精度の結果発表となる。

    競馬予想うま太郎の無料予想は推奨金額の提示がないので、今回の検証では他サイトと同じように1点あたり1000円(他の競馬予想サイトでも10点だと1000円推奨が多い)で計算している。

    もし仮に1点あたり1000円1ヶ月の検証期間中、馬券を買い続けたとしたら、かかった賭金は10万円になり、結果払戻しは1万 7700円となっていただろう。

    1ヶ月間で収支結果は、

    マイナス-8万 2300円だ。


    馬連5頭BOXでこの予想精度は、かなりレベルの低い予想

    競馬予想うま太郎の無料予想の検証結果

    検証期間 1ヶ月
    的中率 20%
    回収率 18%


    鬼・検証レポートはコチラ
    ↓ ↓
    予想屋 うま太郎の検証レポ



競馬予想屋 うま太郎という競馬予想サイトの「検証レポート」も見てみる。

▼ 徹底検証した、注目度の高い無料競馬予想サイト

【検討中】 馬争の頂

馬争の頂という競馬予想サイトの所在地はイギリス。馬争の頂には他サイトを真似た「ウソをついてる宣言」が載っていた。これで馬争の頂のグループサイトはがほほ確定だ。馬争の頂の「お喜びの声」もウソだった。馬争の頂の集客サイトは的中率100%の回収率は618%などと大絶賛していたが、競馬検証.comが1ヶ月かけて馬争の頂の検証をしてみると、33戦19勝 14敗の的中率58%、回収率は73%のマイナスー35万 2660円となった。またいつものようにぜんぜん違う結果となった。

馬争の頂という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 58%(33戦19勝 14敗)
回収率 73%(-35万超)
【検討中】 成金競馬道

成金競馬道集客サイト怪しい。…情報検索すると57分前にインデックスされてなかったのに、1ヶ月前から検証していたという。
集客サイトの戦績8戦8勝の的中率100%と、大絶賛だが、競馬検証.comが無料予想を検証した結果回収率27%の、24レースで、マイナスー45万 150円。いくらなんでも乖離しすぎではないのか?

成金競馬道という競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月(24レース)
的中率 29%(24戦7勝17敗)
回収率 27%(-45万超)
【検討中】 アシスト

アシストという競馬予想サイトは、発見直後にアシストの情報検索をしたがアシストの情報は見つからず。しかしアシストには95個もの口コミが既に投稿されていた。アシストの情報が何も無かったのだから探すことさえ不可能だったはずなのに、集客サイトは2ヶ月前から検証していたと言い、その戦績は「9戦8勝」だったそうだ。…しかし、競馬検証.comが1ヶ月かけて無料予想を検証すると、的中率は22%(27戦6勝 21敗)で回収率は19%のマイナス-10万 6120円となった。

アシストという競馬予想サイトの無料予想を徹底検証

検証期間 1ヶ月
的中率 22%(27戦6勝 21敗)
回収率 19%(-10万超)

無料予想のある、優良競馬予想サイト

競馬予想サイトの、無料予想の抜き打ち検証

競馬予想サイトの抜き打ち検証」は、競馬予想 サイトが提供した無料予想を抜き 打ちで検証したものになります。

2024/05/19

アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するアナタノケイバの無料予想(無料情報)は、2024/05/19の京都10Rで提供された買い目である。


アナタノケイバという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ アナタノケイバの無料予想(2024/05/19)

結果:6-2-3(不的中)


「アナタノケイバ」の推奨馬9カーペンタリアは、昨年の12月に復帰して8→11→12→12着

前走は最下位だった


3歳時に3勝しているが、この時騎乗していたのはレーン2勝、ルメール1勝。

その後3着が一回あるが、休みを挟んでここ4戦は見る影もない。

休み明け2戦は、ともに1番人気に推されていたが8→11着。

この2戦を含む復帰後の4戦は、全て後ろから数えた方が早い着順。

一体このどこに変わり身を感じられるのか?

結果、今回も最下位では全く見る目がないとしか言えない。


1アレグロモデラートは、3勝クラスに上がって格上挑戦の牝馬限定重賞愛知杯で4着があるが、この時のハンデは51kg。3走前の中山牝馬Sも格上挑戦。

50kgのハンデであったが見せ場もなし。


今回は自己条件とは言え56kg。

詰まるところ、軽ハンデで出られるレースにしか現時点では活路のない馬。しかも今回は別定戦。

前進の余地は、どこにあると感じたのか?


8ヒヅルジョウはこれくらいの距離が得意な馬で、前走の5着で復活の兆しが見えたかに思えたかもしれないが、これまでの実績を見てもわかるように後ろから言って何頭抜けるかという競馬ばかり試している馬。


それでいて52kgで5着

今回は56kg、どうやったら前走以上のパフォーマンスが出せると判断できたのか?


複勝狙いということで穴目の馬に触手が動くことはわからないでもないが、馬券になるためにはあくまで走れる状態にあるという前提が必要。

今回のこの3頭にはなかった。


アナタノケイバが提供したレース



2024/05/18

トッカという競馬予想サイトの無料予想を抜き打ち検証

今回検証するトッカの無料予想(無料情報)は、2024/05/18の新潟10Rで提供された買い目である。


トッカという競馬予想サイトの無料予想の抜き打ち検証
▲ トッカの無料予想(2024/05/18)

結果:3-10(不的中)

結果勝ち馬が漏れていたことによって馬券は成立しなかったが、勝ったノーブルクライは2024年の1月に戦列に復帰してから4戦して掲示板を外したのが1回、内2回は新潟、東京コースと左回りで馬券に絡んでいた。

特に前走の荒川峠特別は、後方から進んで上がり最速の脚で0.2秒差2着。

この時は内回りコースであったが、今回は外回りなら追走が楽になる分決め手が発揮しやすいという状況設定。案の定、最速の上がりで差し切った。

騎乗した丹内騎手も新潟リーディングがかかっていたのであれば、勝負の鞍だっただろう。


元々左回りが得意なら、この開催で勝ち上がりたかったところ。

決め手が生きる外回りに条件好転、ジョッキーは勝負騎乗。

血統的にもフィットするハーツクライ産駒であり、これから良くなる明け4歳馬。と、買い要素はふんだん

何故推奨しなかった?


逆に推奨に上がっていたマルクパージュは、未勝利勝ちが芝の1400m、その後2着が2度あるが、ともに芝1400mなら本質この距離は合わないという疑念はなかったか?

血統は悪くないが、常に400kgそこそこの馬体で出走してきているようにいかにも非力

小さいから馬力がないとは一概には言えないが、メリットとは言い難い。

2走前の内容が良かったことからさらに距離を伸ばしてきたが、今回は距離云々よりも非力なために荒れ馬場で力を発揮できなかったようだ。

実際に、2走前はラスト34.8秒で上がってきての4着であったが、今回は出走馬中最遅の38.1秒もかかっての10頭立て9着。


敗因は荒れ馬場と距離だろう。

ここを何故読めないのか?

トッカが提供したレース

もう一頭の推奨馬サンズオブタイムは、2歳時の新潟未勝利で2着があったものの今年は既に6歳。

それまでにただの一度も左回りを経験していないのであれば、陣営の見立ては右回り巧者。

ならば、何故今回の左回りで変われると言えよう?この辺りを俯瞰できていれば組み立ても変えられたはずである。